エントリー

雨&スリック

  • 2014/07/14 20:41

昨日の白糸走行会は、午前中のうちには雨が降ってきてしまいましたが、せっかくなのでみんなでレインタイヤを履かずにスリックで走りました。

今回は、参加台数が少なかったので、僕もみんなと一緒に走って、スクール形式となりました。

滑る路面に最初はみんな、おっかなびっくりでしたが、オンボード映像を確認しながら、細かくラインを説明したり、雨の中の走らせ方の説明を繰り返しするうちに、かなりの進歩を遂げました。

朝と夕方では全くの別人と思えるような変貌ぶりで、レイン走行の極意の一部分は伝えることが出来たと思います。

でも、ヤスダ君やサワダ君といったジュニアドライバー程は、ミッフーやヤマグチ君達、じじいドライバーは伸びしろがない感じです。

これはやはり、感性の問題で、感受性豊かなジュニアにはかなわなくても仕方ないですね。

それでも、頑張って走っていたので、最後はかなりまともになりました。

先日の鈴鹿は、いきなりの雨に翻弄されたヤスダ君とサワダ君の二人でしたが、今回の走行会をレース前に実施出来ていたらと本当に悔やまれました。でも、次のレインレースが楽しみです。

今回の参加メンバーは少数でしたが、グレンブルー走行会の重要性を理解してくれているメンバーばかりなので、しっかりとレベルアップ出来たことは僕も嬉しく思っています。これからもチームのみんなの為になる企画を実施していきたいと思います。次は瑞浪です。今から楽しみですね♪

ページ移動

コメント

ミッフー

走行会、お疲れさまでした。

僕はスケジュールの都合で、午後からの参加でしたが、レイン路面でドライタイヤでの走行は、かなり勉強になりました。今更…?って感じもしますが…

けど僕的には、レーシングでのレイン路面、ドライタイヤでの走行はかなり久しぶりだったので、勉強がてら楽しい時間でした。

また参加したいので、その時は宜しくお願いします。

  • 2014/07/16 01:37:00

ボス猿

ミッフー、日曜日はお疲れ様でした。

天候は雨でしたが、有意義な一日になりましたね。

レイン+スリックは、どうやってタイヤを温めるかが鍵なのですが、タイヤが濡れているので、ドライとは比較にならないくらい温まりません。

その温まりにくい状況でも、温め方によっては、かなりの差が出ます。

さらに、とても曲がりにくい状況なので、路面の僅かなアンジュレーションを上手く利用する事も大事です。

水の量を瞬時に把握して、ステアリングに感じる小さな反応を感じ取る事が大事です。

この僅かな入力を感じ取る事が良いトレーニングになるんですね。

次回のレイン路面で、また試してください。

  • 2014/07/16 21:44:00

元祖 伝説の男!!

伸びしろがない、じじいドライバーです。。
  
久しぶりのレーシングが、レイン路面だったので「また2コーナーで消えないでよ。」とか周囲の冷やかしもあり、ちょっぴり緊張しました。

まあ、伸びしろがないなか、アクセルを待つ「忍耐力」が若干アップした気がしますし、ボス猿秘伝の走行ラインも伝授頂きました。

またレーシングで走行する前の午前中には、会社の若い子達とレンタルカートで模擬レースをしました。

ファステストラップは、その若い子に奪われてしまいましたが(坂倉君、次はノーウェイトで勝負だ!)、僕の背後にピッタリ張り付いたボス猿さんから、弱点を指摘いただき、とても貴重な一日を過ごせました。

また、走行会のお誘いお願いします。

  • 2014/07/17 23:40:00

ボス猿

お!ヤマグチ君も久しぶりの書き込みだね。

「じじいは伸びしろが。。。」にだいぶ反応していますね。

僕を含めて、年齢を重ねてくると色々な部分が衰えてきますが、向上して行く部分もあります。

それは、若手のドライバーよりも、色々な事を経験しているはずなので、技の引き出しみたいな部分も違いがあるはずですし、場数を踏んでいることで、自分のテンションをコントロール出来たりとか、他にも、重たい路面や今回のような、ちょい濡れ路面の攻略だったりも経験値で差が出たりします。

体力もあって、感性も鋭い若いドライバーと戦うためには、ちょっと違ったアプローチが必要な時もあるので、戦術やセットアップ能力も含めて、若手には無い部分で、頑張って行って下さい。

でも、僕もいまだに鈴鹿のコースを走っていて、新しい発見があったりします。それこそいったい何年、走っているんだ?と思っちゃうくらい鈴鹿は走っています。

それでも、「うん?なんかここって、こんな路面の時には、有りかも?」なんて事があったりするんだから、まったく奥が深いとしか言えません。

前にも書いたことがありますが、サッカーのキングカズが現役に拘る理由を「サッカーが好きだから、そしてもっと上手くなりたいから。」って答えていたのがとても印象的でした。

その世代を代表する中心選手でい続けて、一流の中の一流の選手なのに、みんなが引退する時期を過ぎても、自分はもっと上手くなれると思って努力しているって、とてもカッコいいですね。

ただの一流じゃなくて、超一流だからこそ辿り着けた境地なのかもしれませんね。

「伸びしろが無い。」とは書きましたが、「伸びしろが少ない。」に訂正しておきますね。ヤマグチ君♪

  • 2014/07/18 10:21:00

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/20 23:45:05

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:さぁレースだ♪
2023/02/02 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/31 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/30 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/29 from 承認待ち
Re:武者修行ツアー!
2023/01/18 from 承認待ち

過去ログ

Feed