エントリー

鈴鹿

  • 2011/10/03 21:35

鈴鹿の結果ですが、僕とニシ君のアバンティは最終戦だったので、チャンピオンが決定しました。

他はナオさんのKTもオオキ君のX30も12月に最終戦があります。

前日はそこそこだったナオさんですが、タイトラで路面の状態にシャーシーが合わないらしく、どうにもタイムが上がりません。

予選では1コーナーのクラッシュの煽りを受けて、そのままストップ。敗者復活戦行きとなります。

敗者復活戦は11番手からしっかりと6位に食い込んで決勝進出となります。

決勝の最後尾から追い上げますが、ナオさんのシャーシー対策は十分な状態とは、ならなかったようで、苦しみながらの決勝となって、終了です。時々、こんな症状になるナオさんですが、きちんとテストをして、原因を解明していと思います。

次にオオキ君ですが、上向いた調子を維持したいところですが、あまり良い状況とは言えず、タイトラでも後方となってしまいます。

予選でスタート直後の1~2コーナーでクラッシュを避けて、ダートに飛び出してしまい、集団から大きく遅れます。

決勝は、かなり上向きましたが、スタート位置が悪かったので、中段で終了です。X30ではもう少し修行がいるようです。

さて、最後は僕とニシ君のアバンティです。まず僕は前日までの不調を引きずりながらのレースとなりましたが、タイトラで上手くアタック出来て、セカンドタイムとなりました。ニシ君はフレッシュタイヤを上手く活かせずに、かなり後方です。

今回はエントリー台数が27台と、今年最多となったので、タイトラは重要です。

ポールポジションを獲得したドライバーはランキングでは関係のないドライバーなので、僕とタイトル争いをしている鈴鹿のライバルは僕の後ろからのスタートになりました。

予選がスタートして、僕はトップに立ちますが、スピードがある訳ではないので、当然、抜かれたりもします。

しかし、すぐに抜き返して、そのままトップを走ります。

残り2周となったところで、2位のドライバーに1コーナーで抜かれて、順位を下げます。

ストレートの速い、そのドライバーの直後に付けますが、ファイナルラップの裏ストレートで離されて、抜ける間合いではなくなってしまい、「これは2位かな?」と思ったところで、トップの選手が3コーナーでオーバーランをします。

抜く気が無かった僕ですが、ガラ空きのインに自然にカートは向いていて、トップに立てるかと思ったのですが、急激にインを閉められて接触してしまいます。

かなりの衝撃でフレームが曲がったらしく、右コーナーがまったく曲がりません。

接触直後の失速で3位に落ち、最終コーナーまでなんとか走りますが、アウト側から抜きに来たドライバーに激しくぶつけられて、2台共にスピンでコースを塞ぐ形になってしまいます。

直後を走っていたドライバーさん達は頑張ってよけてくれたのですが、次々と向かってくるカートの中の1台が真正面から僕に衝突して、僕のカートは大破してしまいます。僕は腰と尾てい骨を打ちつけますが、クラッシュ直後はアドレナリンのせいで、痛みはまったく感じずにいました。(お昼休みが終わる頃には、酷く痛み始めて、現在は座っていられないほど痛いです。シートも割れていたので当然ですね。)この混乱を上手く切り抜けたニシ君の決勝グリッドは8位です。

僕のカートはフレームが激しく持ち上がってしまっていて、ホイールベースも大幅に狂ってしまいましたし、絞りの部分はペシャンコにつぶれていました。

激しいクラッシュに沢山の人が僕の様子を見に来てくれましたが、シャーシーの損傷の酷さにすっかり同情されてしまいました。当然、決勝リタイヤによって、タイトル獲得も不可能になる事から、慰めの言葉をかけてくれる人もいました。

最終コーナーで接触したドライバーは車検場でも謝ってくれましたし、パドックに戻ってからも現れて、重ねて謝罪を受けました。

直接、タイトルを争っていた相手だけに、咄嗟の判断で起きたアクシデントだったと思いますし、済んだ事ですから、仕方ありません。ただ、まだ予選だった事を考えると、残念な接触だったと思います。

そんな訳で、メカのとくさんと、「どこまで、バラす?」と使えるパーツの選別をする形でしたが、だんだんと、このままリタイヤして決勝をコンクリートウオールから見守るのは、なんだかとても悔しくなって来て、ダメでも良いので、なんとか直せる部分は直して、グリッドには付きたいと思い、とくさんやすーさん、チームのみんなの手を借りて、ダメもとの修復作業を開始します。

僕たちのパドックの前を通る人達は、あそこまで曲がったカートを直すのか?と興味津津です。中には他のショップのオーナーさんで、「そんなのがちゃんと走ったら、クラッシュしてカートを買い替える人がいなくなるよ。」なんて言う人もいました。確かにその通りだと思います。ミリ単位のアライメントを調整するセッティングが勝敗を左右したりするのですから、つぶれてしまったパイプや何センチも狂ってしまったフレームをどう直しても、とてもまともに走れるとは思えません。

ともかく、まずはグリッドにカートを並べて、ローリングに飛び出して、どうにもならないと思えば、素直にピットに戻れば良いと思いました。

何もしないで終わりたくなかっただけで、修復中も「無駄な事をしてるなぁ。」と思いながら作業していました。

みんなの協力があって、なんとか形だけは、元に戻りました。パイプは潰れたままですし、寸法もメジャーで測って、ある程度合ってるってだけですが、とにかく、グリッドに付けられそうです。

いよいよ決勝の時間です。僕のグリッドは23番手です。

とくさんが、グリッドまでカートを運んでいると、沢山の人が「決勝に出れるんですか!?」と、とても驚いていました。

そして、コースインです。ローリングでウエービングをしていると、右コーナーは酷く曲がりませんが、左コーナーはそれほど酷くありません。ローリングでピットに戻る事はなさそうです。

そして、いよいよスタートです。1~2コーナーで上手く数台抜いて、3~4コーナーでも抜けます。その後も抜いて、1周目で10台ほど抜く事が出来ました。

そのまま順位を上げ続けますが、トップ3台はかなり逃げてしまっています。

すると、前方に4位の選手が見えて来て、なんと!それはニシ君です。いつも酷い土曜日のせいで、なかなか結果が出なかったニシ君が上位を走っています。やがて、ニシ君に追いついて、パスして4位に立ちますが、シャーシーの状態はどんどんと悪化してきていて、右コーナーだけではなくて、左コーナーも曲がらなくなって来て、先ほど抜いたドライバーにも抜かれそうです。

もっと軽度な修正でも、走っているうちに、どんどんど元に戻って来てしまうのがシャーシーなので、常識では直すようなシロモノでは無かった僕のマラネロはいよいよ厳しい事になって来ました。

しかし、僕とタイトル争いをしている、もう一人のライバルもトップに立ったり、2位になったりしています。僕がこのまま4位で終わった場合、彼が2位なら僕がチャンピオンです。彼が勝った場合は同点になって、彼の方が優勝回数が多くなるため、僕はランキング2位となってしまいます。

どちらにしても、僕は4位でフィニッシュが絶対条件なので、なんとか4位を守りながら、前を走るライバルの様子を見つめるしかありません。

そして、いよいよファイナルラップとなり、僕は4位でフィニッシュしますが、ライバル君も優勝して、本当にあと一歩の同点での2位となってしまいました。

チェッカーを受けて、車検場に戻ると、周りのドライバーから凄く驚かれました。パドックに戻る途中でも沢山の人から握手を求められて、優勝した訳でもないですし、チャンピオンも逃したのですが、みんなとても喜んでくれました。

僕自身も、タイトル獲得出来なかった事と優勝出来なかった事は悔しい事ですが、諦めずにみんなでカートを修復して、厳しいレースで、精一杯最後まで走った事で、不思議と清々しい気分でした。

お昼ご飯も食べずに、僕のカートの修復をしてくれた、とくさんや滝本さんが僕の追い上げをとても喜んでくれたのも嬉しかったです。

ニシ君ですが、最後は8位フィニッシュです。

そんな訳で、今年もチャンピオンとか獲れませんでしたが、久しぶりに集中した決勝だったように思います。

しかし、シャシーも無くなっちゃって、いよいよ本当に潮時でしょうか?今シーズンも終わりに近づいて、またこの難問との格闘が始まります。

ページ移動

コメント

とくさん

日曜日は非常にお疲れ様でした。

体は、あれから大丈夫でしょうか??

そこらじゅう痛くありませんか??

後から、非常に悔しく思うのは僕だけでしょうか?(ドライブいしているのは僕ではないのですが)

しかし、とてもめまぐるしく楽しい1日でした
                    ヽ(^o^)丿

さ~来年どうしましょう  (@_@;)

  • URL
  • 2011/10/05 17:37:00

ボス猿

体はあちこち痛いです。まったく気が付いていなかった打撲が後から解って、紫色になっているところが沢山あります。

そして、もちろん悔しいですね。だけど、決勝をリタイヤしなかった事で、タイトル獲得まで、あと一歩ってところまで詰め寄れたのは本当に良かったです。

正直、あそこまで抜いて上がれるとは思わなかったので、曲がらないとか、路面がどうだとかって、普通は思うのに、走れるだけで、奇跡みたいなもんんだったから、「贅沢は言えない!」って気持ちでした。外から見ていたら、「全然、普通に走ってるじゃん!」ってところも、笑っちゃいますね。

いろいろな事があった、一日でしたが、激遅い金曜日に始まって、ちょっとはマシになった土曜日。そして、速くもないけれど、上手くまとめたタイトラで、タイトル獲得の可能性は高まったように思いましたが、やっぱり僕のレースはこんなもんですね。

とくさんのおかげで、決勝は楽しめたので、良しとするしかありませんね。

さて、来年はどうしましょう?アバンティの台数が増えてくれれば、アバンティも良いですし、X30とかもエンジンが安定していて、魅力がありますね。(ただ、ウエイトがオーバーしてしまうのが問題です。)

MAXは参加台数も参加ドライバーのメンツも豪華ですから、楽しいですが、謎が多すぎて、テストをよほど、しっかりこなさないと話にならないのが問題です。

年齢的に厳しい事になって来ているし、金銭的にも万全のレースは難しくなっています。やっぱりホビー感覚で出れるカテゴリーが良いですね。

なんか無いかなぁ?

  • 2011/10/05 19:34:00

伝説の男?

ボス猿さん、とくさんはじめ、参加された皆さまおつかれさまでした。

同点という事で、非常に悔しい思いをされたと思いますが、最後まであきらめない事を、みなさんに教えていただきました。
  
自分としては、今だ、決勝日に応援に行けてないので、是非、来シーズンも走ってもらって、トップチェッカーを受けて帰ってくるボス猿さんを見たいです!(そして、勝利のハロハロを食したいです。)

あと、私事ですが、今度の白糸レンタルに出場しますので、よろしくお願いします!

  • 2011/10/05 21:57:00

ボス猿

「勝利のハロハロ」って意味のわかるチーム員はほとんどいませんね。これは昔、鈴鹿選手権のFSAクラスで優勝すると賞金が出ていた時代の事で、僕が優勝すると、その賞金でチームのみんなと帰り道にあったミニストップで、ハロハロを食べた事が良くあったんです。(そんなに高額ではないので、みんなにハロハロをご馳走するるのが当時のチーム内ブームでした。)

チームのみんなも、僕が優勝した事でテンションも上がっていて、「今回も勝利のハロハロいくぞ~!」って感じでした。

ヤマグチ君はやっぱり、昔のグレンブルーを良く知っているので、僕が忘れてしまっているような事を良く覚えていますね。

さて、今月の耐久はエントリーの出足が良いので、早くエントリーに来て下さいね♪

  • 2011/10/05 22:40:00

Y-MAX

あのクラッシュの後でも決勝グリッドが27台だったことがとっても不思議でしたが、そんなことになってたんですね!
曲がったフレームでも4位になれてしまうなんてスゴイです!
自分はオンボードカメラを付けていたんですが、完全にコースは塞がれていましたね。

ボス猿

Y-MAXさん、書き込みありがとうございます。先ほど、Y-MAXさんのホームページを拝見させて頂きました。今回のレース動画がアップされていて、予選のクラッシュ直後の映像もあって、改めて、クラッシュの規模が大きかった事が解りました。

Y-MAXさんの決勝ヒートも残念でしたね。今回は参加台数が多かったと共に、接触やコースアウトも多かったように思います。最終戦って事で、みんな気合いが入りすぎていたのかもしれませんね。

僕自身も予選の接触は、悔やまれるものでしたが、譲れるレベルとそうじゃないレベルがあるので、今は仕方なかったと思っています。

アバンティはKTクラスとMAXクラス辺りの中間を埋める良いカテゴリーだと思うので、参加台数がもっと増えると良いですね。

これからのY-MAXさんのご活躍を期待しています。

  • 2011/10/07 17:33:00

とくさん

見たくないと思いますが下記URLにて最終周の最終コーナーが映っています。

http://www.youtube.com/user/aobirel

  • URL
  • 2011/10/07 23:05:00

ボス猿

ビデオ撮影していた方がいたのですね。残念ながら僕の最初の接触シーンは写っていませんが、僕のシャーシーがご臨終する瞬間が写っていますね。

動画になると、あまり迫力がありませんが、実際にはかなりの衝撃でした。

狭い隙間をすり抜けるニシ君も写っています。この日のニシ君はいつもと違って、本当に頑張っていたのがこんなところにも現れていますね。

流石はとくさん、よく見つけたね。探せばまだあるかな?

  • 2011/10/08 00:15:00

伝説の男?

自分も、先ほど動画を拝見させて頂きました。
想像以上のアクシデントで、かなりの衝撃をうけました。

ボス猿さん、最終コーナーのあの車速で、よくぞご無事でした。不幸中の幸いとは、まさにこの事ですね。

  • 2011/10/08 01:02:00

ボス猿

年齢のせいでしょうか?後から色々と症状が出て来て、現在は尾てい骨と腰が痛くてきちんと椅子に座れません。さらに、一昨日から首と背中がパンパンになってしまい、ちょっとでも横を向こうとすると、激痛が走ります。

本当に、歳は取りたくないですね。

明日はジュニアスクールがあります。ヘルメットが被れるだろうか。。。。

  • 2011/10/08 12:34:00

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/08/26 20:36:44

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/08/27 09:35:25

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/08/31 00:55:46

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/16 07:29:57

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/04/04 13:12:52

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/04/05 20:08:29

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/04/29 15:32:18

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/04/29 22:13:20

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/05/02 17:08:18

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/06/02 10:11:10

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2021/06/06 16:32:21

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:さぁレースだ♪
2023/02/02 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/31 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/30 from 承認待ち
Re:さぁレースだ♪
2023/01/29 from 承認待ち
Re:武者修行ツアー!
2023/01/18 from 承認待ち

過去ログ

Feed