エントリー

魅せたねぇ~

  • 2010/06/30 00:00

昨日のF-1はウエバーのクラッシュにヒヤリとさせられましたが、それ以外は下位のチームもトップチームに肉薄するタイムを出していて、見ごたえのあるレースでしたね。

ただ、パッシングがし難いコースなので、そう言った意味では単調になりがちでした。

そんな中で、やはり魅せたのが可夢偉君ですね。ウエバーのクラッシュでペースカーが入って、かなりの車両がピットに向かったのに、可夢偉君はコースに残ったのはかなり勇気のいる作戦だったと思います。

リスタート時に3位にいた可夢偉君ですが、周りは一流ドライバーです。そこへお世辞でも速いとは言い難いマシンでそのポジションに居座るのは、結構ハートの強さがいると思います。

事実、可夢偉君の後ろにはバトンちゃんが絶えず隙を伺っていた訳で、パッシングがし辛いコースだけに、遅いマシンで隊列にふたをするようなシチュエーションは厳しい以外の何者でもないと思います。

しかし、彼はバトンに抜かれないだけではなくて、見ていてもバトンが仕掛けるシーンもあまり見られませんでした。

そして、なんと言っても、最後の最後でピットに飛び込み、アロンソの後ろでコースに復帰して、あのアロンソを抜き去って、さらにファイナルラップの最終コーナーでブエミをも刺したのは素晴らしいを通り越して、感動ものでしたね。

僕が驚いたのは、前回のレースでオープニングラップでさっかくジャンプスタートを決めたのに、自分のミスでリタイヤしていたので、今回もポイント確実のポジションを走っているのに、アロンソ辺りに仕掛けていって、接触リタイヤなんて事になったら、どうしましょう?とか思わないんだろうかって所です。

フェラーリのドライバーでワールドチャンピオンだとか考えるようじゃあんな芸当は出来ないって事ですね。

しかし、ピットイン後に戻った位置がアロンソの後ろで、「あ~残念!」って思ったけれど、可夢偉君的には、アロンソの後ろに戻って、アロンソ、ブエミと立て続けて抜いたほうが、圧倒的に良かったですね。

世界中が注目するオフィシャル映像にしっかりとリプレイ付きで写っていましたね。

残り少ない周回で、ソフトのフレッシュを履いたのだから、速くて当たり前と思われますが、それだけではないのは間違いありません。

コースがコースだから仕方ないのですが、アロンソとブエミの抜き方は、ほとんどカートのパッシングでしたね。

今までの日本人F-1ドライバーとはあきらかに違う、何かを持っている可夢偉君に期待しちゃいましょう。

しかし、ウエバーのクラッシュのオンボード映像ですが、綺麗な青空が映し出されてゾッとしましたね。僕もクラッシュして宙に舞って、視界に青空が見えたことがありますが、この後に地面に叩き付けられる衝撃に備えた記憶が蘇りました。(あの時は新車を数周でオシャカにしたのでした。。。。)

まぁ、ウエバーに怪我がなくて良かったです。今年のウエバーにはかなり期待しているので、クラッシュで怪我をして、数戦出場出来ないなんて事になったらせっかく、ここまで良いレースをしているだけにもったいないですからね。

しかし、ウエバー。。。。なんでぶつかっちゃったの????

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:7月も忙しい!
2020/11/25 from 承認待ち
Re:良い季節
2020/11/25 from 承認待ち
Re:寒くてもタイムアップ!
2020/11/25 from 承認待ち
Re:なんで??雪ばっかり。。。。
2020/11/25 from 承認待ち
Re:鈴鹿
2020/11/25 from 承認待ち

過去ログ

Feed