エントリー

瑞浪SLシリーズ

  • 2016/07/13 16:59

先週末に瑞浪SLシリーズがありました。今回はアバンティに初挑戦のタシロッチと高橋名人、それにサワダ君の3名が参加して、ジュニアに稲葉兄弟とセナ君の3名が参加しました。

ジュニアクラスは常にタイム差も少なく、実力が拮抗した中でのレースが多く、今回も接戦となりました。

セナ君は最近、MAXエンジンでのトレーニングで、着実に伸びてきています。まだ安定度でもうひとつですが、レース序盤で上位陣と互角に戦えるようになってきました。

レースが安定してからは、やはり引き離されてしまいますが、この調子で伸びていってくれればと思います。

稲葉兄弟は前回のレースから、練習走行の時間が取れなかったので、土曜日の走行が重要でしたが、雨となったので、ぶっつけ本番の決勝日になりました。

タイトラ、予選とテストをしながらのレースでしたが、決勝ではどのセクターをとっても大きな問題点はなく、最高速も互角でしたが、勝負所のパフォーマンス不足があって、二人とも頑張りましたが、表彰台には届きませんでした。

細かな点の煮詰めがなかなか進まない現状を打開して、また表彰台に立ってもらいたいと思います。

アバンティ組は、謎のパフォーマンス不足に悩むサワダ君と、それとは対照的に絶好調なタシロッチです。

名人は初参加と言う事と、瑞浪の走行経験そのものが大幅に足りていないので、今回はお試し参戦の色が濃く、まずはキャブレーションの良いところを模索するところから始まって、順調にレースを楽しめていましたが、決勝はクラッチトラブルでリタイヤとなりました。

次回はより準備も頑張ってもらって、上位進出を目指してほしいと思います。

さて、サワダ君ですが、初めての1周タイトラで苦戦も覚悟していましたが、それ以前にキャブが上手く合わなくて、劇的に遅いです。予選、決勝と諸々のトライをしましたが、どうしてもエンジンに力がなくて、上位には届きませんでした。

タシロッチは前日に僕が走行して、ある程度の状態にしてあったのと、1周タイトラは慣れたもんなので、上出来の2番手を獲得します。

しかし、予選からはレース感の鈍さが露呈して、決勝もタイムは良いものの持続せずに、残念な5位フニッシュでした。体力も厳しかったようなので、彼が昔の実力を発揮するには、もう少し掛かりそうです。

今回は残念なリザルトとなりましたが、実力的に大きな差はないと思われるので、引き続きテスト&トレーニングを続けて行きたいと思います。

さて、今週末は鈴鹿です。今回は僕とナオさん、ヤマシタさんにヤスダ君の4台が参戦します。僕が出場するMAXクラスは59台のエントリーです。前回同様にデビジョン制となるので、タイトラ、予選が重要です。スピードを出しつつ、若いドライバーにぶつけられないように、しっかりとデビジョン1に生き残りたいと思います。

またみんなで頑張って来ます!

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:つま恋
2020/11/26 from 承認待ち
Re:白糸カートレースシリーズの延期のお知らせ
2020/11/26 from 承認待ち
Re:地方選手権
2020/11/26 from 承認待ち
Re:今回、勝てなくて何時勝つの?
2020/11/26 from 承認待ち
Re:みんな頑張っています。
2020/11/26 from 承認待ち

過去ログ

Feed