エントリー

深呼吸して。。。。

  • 2012/06/25 18:38

昨日のF-1は、映像を見ていた日本人の多くが、深いため息をついた事でしょう。

僕もカムイ君の走りを祈るような気持ちで見ていたので、スタートでジャンプアップして、グロジャンのインを伺える位置で走行していた序盤は、「今回こそ!」と思っていました。

しかし、1回目のピットインでタイヤ交換に手間取り、ライコネンやアロンソに先行されて、その後、セナと接触してしまいます。

セナとの接触は、セナに非があるとの裁定でしたが、際どいタイミングでノーズを入れたのも事実ですから、やはりピットインで失った順位を何処かで取り返そうと、焦っていたのかもしれません。

ドライバーの心理的には、とても良く解りますが、ピットでタイムロスして、順位を失うことは、トップチームにも起こる事なので、それでも動じないハートの強さが必要です。

評価の高いチームメイトに、追いつく絶好のチャンスだったとか、来年のシート確保のためにとか、色々な事が頭の中にあると思いますが、今の閉塞した状況を打破するために、そう言った雑念をカットする必要がありますね。

それこそ、深く深呼吸して、自分の力を強く信じるしかありません。レースはメンタルスポーツなので、気持ちで負けたり、焦りが出てしまった段階で良い方向には行きません。

F-1までたどり着けたカムイ君は、非凡な才能の持ち主なのは間違いないはずですから、もう一度初心に帰って、自分の力を信じることが重要な気がします。

さて、優勝のアロンソは本当に凄いドライバーですね。パッシングの仕方とタイミング、ペースカー開けで冷えたタイヤでのプッシュも素晴らしいとしか言えないですね。

ベッテルのリタイヤは単純にメカトラですが、アロンソの勝利への執念が呼び込んだように思えました。

しかし、素晴らしすぎるアロンソとは対照的に、お粗末なクラッシュも沢山ありましたね。特にベルニュのクラッシュは、「それは、無いだろ。。。。」と唖然としてしまいました。

本人は、「自分が抜いて前に出たと思ったから、コーナーリングを始めたら、接触した。」とか言ってましたが、あきらかに、まだコバライネンは横にいましたし、コーナーにターンインするタイミングでもなかったので、本当のところは牽制するつもりでステアリングを切ったら、思いのほか、急激に車が動いて、接触したとかでしょうね。あれは、酷かったですね。

さて、終わってみると、表彰台の3名は、みんなフェラーリドライバー経験者で、タイトル獲得経験があります。

優勝のアロンソは母国グランプリって事とあまりにも劇的な優勝で感無量って感じでしたし、3位に入ったシュー様は、まさかの表彰台で大喜びって感じです。

そんな中、一人、冷静だったのが、ライコネンで、優勝したかったのが、出来なかったし、元々、アイスマンって言われるくらいクールな男なので、そんな事よりも早くシャンパンを飲ませろ!って所でしょう。

カムイ君はこの先しばらくは、外野になんだかんだと騒がれると思いますが、負けないで頑張ってもらいたいと思います。

さて、昨日も白糸でジュニアスクールを行いました。幼稚園の年長さんで、まったくの初めてのお子さんです。

始めは、慎重なスタートでしたが、徐々にペースも上がって、最後は、まずまずな仕上がりでした。

僕の話もちゃんと聞ける状況でしたので、次のスクールを楽しみにしてくれてるようです。

このところ、ジュニアスクールの受講者さんが、増えて来てくれているので、これからも、この楽しい競技の普及に努めていきたいとおもいます。ガンバロー。

ページ移動

コメント

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/09/03 20:40:51

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:瑞浪シリーズ
2020/11/29 from 承認待ち
Re:瑞浪SL最終戦
2020/11/29 from 承認待ち
Re:瑞浪MAXシリーズ最終戦
2020/11/29 from 承認待ち
Re:瑞浪MAX開幕戦
2020/11/29 from 承認待ち
Re:白糸ジュニア増殖中♪
2020/11/29 from 承認待ち

過去ログ

Feed