エントリー

白糸マンデーレース

  • 2011/07/27 12:55

日曜日に白糸マンデーレースがありました。天気が不安定で、突然の豪雨もあるかもとの予報でしたが、白糸ウエザーはほぼ、完璧に予報を覆して、雨のないレースでした。

今回の耐久レースは7チームが参戦してくれて、ランキングトップの桃園レーシングさんとランキング2位のNLSさん、それにレギュラー戦でトップを独走しているAMTさん、さらに、夏休みなので、レギュラー戦の実力チーム、ちーむコドモもエントリーしてくれました。

まず、タイトラですが、ちーむコドモがトップタイムを叩き出します。今回のちーむコドモはショウ&ユウコンビです。

ユウ君は先日のレギュラー戦でレースデビューして、早くも2戦目です。

タイトラ2位にNLSさん、3位にAMTと続きます。ランキングトップの桃園さんは4位です。

予選ヒートですが、タイトラ同様にちーむコドモが逃げ切ります。2位にNLS、3位にAMTと上位陣は変化ありません。

そして、決勝です。トップグループからまず脱落したのはAMTです。ピットインのタイミングが悪くて、大幅なロスとなって、一気に下位まで下がります。

代わりに上がって来たのがYoseatumeさんで、表彰台圏内で走ります。

トップから5位までが同一周回で争っていましたが、終盤にはNLSと桃園さんが抜け出して、ランキングワンツーの一騎打ちとなります。そして、最後まで、トップを明け渡さなかった、NLSさんが優勝となり、2位は桃園さんと思われた最後のピットインで、気が緩んだのか、痛恨のパイロンタッチでペナルティを受けてしまいます。その結果、まさかの3位降格となって、2位には最後まで諦めずにプッシュしていた、ちーむコドモが入りました。3位に桃園レーシングさん、4位に最後尾からの追い上げが光ったYoseatumeさんが入りました。

この結果、ランキングでNLSさんと、桃園レーシングさんが同点で並ぶ事になり、最終戦まで、どこがチャンピオンを獲得するのかが解らない展開になっています。

マンデーレースは当初の予想に反して、なかなかハイレベルな戦いとなっています。レギュラー戦でトップを独走している、AMTも、ちょっとした事で上位から脱落してしまうくらいなので、レギュラー戦同様に、最後まで面白いシーズンになっています。

レギュラー戦と言えば、マンデーレースのランキングトップ、桃園レーシングさんが、8月のレースに参戦表明してくれました。お休みの関係でレギュラー戦は出場が難しい桃園さんですが、10月のマンデーレースまでのインターバルで、レベルアップを果たすつもりでの参戦みたいです。楽しみですね。

さて、午後のスプリントですが、抽選で分かれたA組、B組で予選までを戦って、決勝は予選の上位がデビ1、それ以降がデビ2となって、決勝を戦ってもらいます。今回の予選ボーダーラインは3位と厳しく、みなさん、必死にデビ1行きを目指します。

A組のタイトラから始まって、ポールはショウです。2位にミッフー、3位に桃園さんのエース、マエダさんが入ります。B組のタイトラはトップにyoseatumeのスズキさん、2位にモリック、3位にNLSのスギモトさん入ります。

予選Aはショウが制してデビ1決勝のポールとなります。2位にミッフー、3位にマエダさんで、最後までパッシングのタイミングが得られなかったユウ君はデビ2行きとなります。

予選Bは3位からジャンプアップのスギモトさんがトップ通過、2位にモリックで3位にスズキさんが入りました。ここまでがデビ1です。

そして、いよいよ決勝です。、まずはデビ2からですが、ポールから発進のユウ君が安定した速いラップを刻み続けて、独走で優勝となります。前回のレギュラー戦でデビューして、耐久とスプリントを共に2レース消化したのですが、全て表彰台に立ってします。スプリントはデビ2ですが、デビ2とは言え、緊張のスタートを切って、接触やコースアウトの危険も潜り抜けて、最後までフィニッシュするのは、彼のキャリアを考えると、優しい事ではありません。次回も期待したいと思います。

そして、2位には桃園のスギウラさんが入ります。3位に久しぶりの参戦となったクロキさんが入りました。

最後はデビ1決勝です。ショウを先頭に序盤は進みますが、2位にミッフーが立った辺りから、完全にショウとミッフーのマッチレースとなって、毎周のようにトップが入れ替わりながらレースは進みます。

そして、いよいよファイナルラップです。ショウを先頭にコントロールラインを通過しますが、ミッフーが3コーナーで仕掛けて、トップに立ちます。最後まで、ショウもパッシングを狙って行きますが、隙はなくて、流石はデビ1とみんなが思える、レベルの高いバトルを制したのはミッフーでした。ショウが2位で3位にスギモトさんが入りました。

決勝終了後、ミッフーとショウが「楽しかった~♪」と談笑していたのが、印象的でした。接触もなく、綺麗なバトルは勝っても負けても楽しいのかもしれませんね。

この結果、スプリントのランキングでトップに立ったのがミッフーでそれをスギモトさんとショウが同点で追う展開です。

やっぱり、レースは面白いですね。レーシングカートのレースはもちろん面白いのですが、コスト面や、体力、速いマシン作りにも大きな労力が要ります。それを考えると、白糸レンタルは素晴らしすぎるバランスです。参戦コストに対して、レースの面白さがハンパないので、もっと沢山の人に知ってもらって、今よりも参加してくれるドライバーが増えれば、面白さも倍増すると思います。

現在、この面白さを理解してくれている人は周りにいる予備軍の人を口説いてもらえればと思います。みんなで、今以上に面白いシリーズにしてもらえればと思っています。宜しくお願いします。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:ショップブログ開設
2020/08/01 from 承認待ち
Re:なかなかのセンスです。
2020/07/26 from 承認待ち
Re:ウェンズデイレース
2020/07/12 from 承認待ち
Re:酷暑!!
2020/07/05 from 承認待ち
Re:瑞浪MAX第7戦
2019/12/10 from ボス猿

過去ログ

Feed