エントリー

反省とお詫び。

  • 2010/12/14 07:37

今回の白糸3時間耐久に参加されたみなさんには気まずい終わり方になってしまった事とレギュレーションの変更等が事前に徹底されていなくて、当日に戸惑う形になった事も慎んでお詫び申し上げます。

何人かの方からお怒りのコメントを頂きましたので、内容を説明させて頂きます。

まず、みなさんが戸惑われた点の多くは、今までのレギュレーションを徹底させてもらった事にあって、レギュレーションの大きな変更点と呼べるものは、ガソリンの配布と給油方法の変更のみと理解しております。夏の耐久までは持ち込みのガソリンを各自使用していたいました。それと一般的な給油ポンプを主催者側で支給していたものを、給油はポンプを使わなくても良いと変更しました。

この2点は初めての試みだったので、当日に多少の混乱を招いてしまいました。

次に、カメラマンに付いて「スパイ疑惑」がありましたが、この女性は通常に当社ホームページのギャラリーの写真を撮影していたに過ぎず、もし、一部のチームのノウハウを盗むためにとすると、パドック内は自由にみなさんが見て歩ける白糸ですので、撮影しなくても見えるのではないでしょうか?

次に、白糸のパドックでの調理に関しては、今回、何故出来なかったのかは申し訳ありませんが、私の指示ではありませんので、解りかねます。白糸スピードランドさんの方で、禁止されたのかもしれません。元々はパドックでの火気使用は禁止されていたはずですので、一部のチームに黙認と言う形を採っていたのが他のチームからクレームとして、白糸さんに入ったのかもしれませんね。

次に、グレンブルチームの16号車は車検を違反無く通過しています。

当社がメンテナンスした他のチームのエンジンが車検失格になった点ですが、これはかなり昔にメンテナンスさせて頂いたもので、今回、使用したのがこのエンジンとは車検でエンジンを開けるまで私は知りませんでした。「エンジンは何処でメンテナンスされていますか?」との私の質問に「グレンブルーさんです。」と言われた時にはびっくりしました。このチームのエンジンはヘッドガスケットがつぶれて薄くなってしまっていた点とプラグ加工を施していた点での失格となりました。

ご存知のようにKTエンジンのヘッドガスケットは長時間使用すると、薄くなってしまいます。そのためにレース直前に新しいヘッドガスケットを交換する方が多いです。またプラグの加工ですが、このチームはかなりのブランクがあって、以前に出場した頃には規制が無かった部分ですので、プラグもそのまま使用したようです。急遽、参戦が決定した事で準備と用意が間に合わなかったのが原因で、私のアドバイス不足でした。昨日、このチームのドライバーさんを訪ねさせて頂いて、アドバイス不足をお詫びさせて頂きました。

あと、車検終了時にドライバーのみの計量をした点ですが、これは不正を暴くための配慮です。「それが解っていたら違うドライバーを最後のドライバーにしたのに。」とのご指摘がありましたが、最後のドライバーだけが朝の計量時のウエイトを確保していれば良いのではありません。3時間の長丁場ですから、全ての参加ドライバーが朝の計量時のウエイトを守ってもらわなければなりません。今回の違反ドライバーのように朝の計量で何らかの形でウエイトを所持して計量を受けて、その後の走行でそれを外して走る事はあきらかな違反です。それを見つけるために最終のドライバー計量を行いました。これは抜き打ちで行わなければなりませんので告知しませんでした。この件はドライバーもしくはチームがレギュレーション違反をするつもりで朝の計量に臨んだのですから、「悪意のある違反」と言われても仕方ないのではないでしょうか?

次にピット回数を確認するスタッフが犬を傍らに置いていた点に付いては、ご指摘の通りで、不快に思われた方もいたと思いますので、お詫びさせて頂きます。申し訳ありませんでした。

最後になりますが、今回のもろもろの変更点ですが、一番みなさんが戸惑われたのは、車検ではなかったかと思います。本来、車検はレース後に行われるのが通常ですが、まさしく「草レース」のスタンスだった白糸レースは車検も事実上は無い状態でした。したがってエンジンやガソリンに違反している参加者がいるかもしれないと言う疑念の中でのレースでした。

私としては、いくら「草レース」であってもまじめに違反なく参加してくれているドライバーさんがいるのに違反者がいるとしたらそれはやはりつまらないものですし、まじめに参加してくれている参加者に申し訳ないと思いました。

車検を実施するのはレギュレーションの変更ではありません。違反の無いエンジンであれば、何も問題はありません。しかし、前述した中にあるように、以前は違反じゃなかった点とか、以前は使用出来たヤマハパーツが年式で使用不可になっていたりするので、その点は、エントリーをお受けする以前に、エントラントさん、もしくは担当メカニックさんにお伝えしてありますし、また私がカートを確認させてもらって相違点を指摘させてももらいました。その上でのエントリー受理ですので、突然の変更との解釈はちょっと違うのではないでしょうか?

「事実上、車検の無い白糸は他のコースでは使用出来ないチューナップエンジンも暴かれないのだから使える。」となってしまったら
それでなくても参加者の少なくなっている状況で白糸シリーズにとって不利益にしかならないと思ったので、通常の車検をやる事にしました。

以前にも違反エンジンが横行した時には車検を実施して、悪意のある違反者には失格とさせてもらいました。

「せっかく楽しかった草レースをつまらないものにしてしまった。」とのご指摘も解ります。私ももっと良い解決方法があったのかもと反省しています。スマートなやり方にならなかった点はお詫びしますが、やはり楽しい草レースと言うのは、参加者のレベルが高すぎたりしないだとか、ちょっと古いカートでもなんとかトップ争いが出来るとかであって、エンジンやガソリン、タイヤなんかを違反しまくりでもお咎めなしとは違うと思っています。

もう一度、楽しい草レースに戻すための最終戦でした。私のレース運営のまずさで不快な想いをされた方には改めてお詫び申し上げます。

ページ移動

コメント

TONO

当日参加していたチームの者です。中心的な立場にいた者ですが、当日のレギュレーション及び参加規約については塚本さんの考えも良く理解できますので、次回からは文書にした参加規約の作成をお願いします。私はバイク関係のレース経験が長いのですが、筑波・TI・モテギ・那須スピードランド・西仙台ハイランドウェイいづれの草レースともに参加申込みの書類と同時に規約が文書で示されていました。今回グレンブルーに都合の良いようにという誤解を招いたのもそういった背景だと思います。また私の過去の経験では厳しすぎる規約のため、私自身参加できなかったレース(もて耐やB.O.T)もありそういったレースは現在参加者も少なく草レースとして維持が困難になっています。今までのグレンさんのレースが子供達の育成とカムバックオジサン達が楽しめるレースだっただけに今回の運営はがっかりです。我々のチームに塚本さんの規約に合わなかったことも理解しますが、我々のチームは本選ではメカ登録者・ドライバー以外は1人もピットレーンには立ち入っていません。グレンさんのチームの人達の人垣で私はほとんど自分のチームの走行が見れませんでした。(証拠の写真もあります)人に厳しく開催するのであれば自分のチームもどうにかして下さい。草レースを愛する者の苦言です。今回のコメントも事後の言い訳に聞こえます。

ボス猿

TONOさん、コメントの書き込みありがとうございます。ご指摘の通り、秩序もあって、緩さもあるレースを私も理想と考えてはいたのですが、なかなか思ったようになりませんでした。今後もみなさんのご意見を参考にみんなが楽しめるレースを目指したいと思います。

あと、ピットレーンで当チームの関係者が多くいた点ですが、観客とピットクルーの線引きが難しく、当然、ピット作業には登録メカニックしか携わってはいなかったと思うのですが、ご指摘のとおり、ピットレーンでレースを観戦していたチーム員はいたかもしれません。

今回、車検やピットクルーの登録の徹底は、一部のチームのみに、有利な展開が生じないように、イコールコンディションを目指したつもりでした。ですから他にも例を挙げると登録カメラマン以外、撮影禁止にしたつもりもありませんでしたので、当ホームページのギャラリーの写真を撮影するカメラマンにクレデンシャルの発給もしていませんし、観客の観戦ポイントの制限もしませんでした。

全てを一流レースのようにガチガチにしたかった訳ではないので、それで良いと思っていましたが、車検やピットクルーの制限を設ける事で厳しくなる部分があるのであれば、全てを厳格に取り締まるべきだったのかもしれません。私としては、緩さの中にも最低限のルールを徹底したかっただけなのですが、不快に思われた方が多いのであれば、それも今後の課題としたいと思います。

今回は貴重なご意見ありがとうございました。

  • 2010/12/16 00:55:00

外野

一言申し上げます。

一連のコメントを見ると、レギュレーションとか参加規約が厳しいとの指摘をされていますが、スポーツをする上にはルールが存在し、これを守るのは当然です。みなさんがいわれる草レースでも同じではないでしょうか。厳しいとかゆるいとか言う前にレギュレーションに合ったエンジンを持ち込み、正々堂々と戦う姿勢が大事です。不正をする者を排除すれば一時的に台数は減るかもしれませんが、それでも不正を許さないグレンブルーの姿勢に賛同する人は多いと思います。必ず台数は増えると信じています。その上で雰囲気は草レースで牧歌的にすればいいと思います。

一連のコメントで、論点がパドックとか犬とか草レースにいってしまっていますが、問題は悪意ある違反ではないでしょうか。これを正当化するための論戦にしか見えません。

  • 2010/12/16 18:55:00

レース大好き人間

私はレンタルのレースに出ていた者ですがレーシングの3時間耐久も観戦させてもらいました。
楽しそうですね~。いつか私も出てみたいです。

外野さんの意見に同感です。
悪意がないのに車検で失格になってしまったチームは、
ほんとにお気の毒だと思います。主催者側にも反省すべき
点は多くあったのではないでしょうか。しかし抜き打ち
検査で違反になったチームが、自分たちが犯した違反を
すべて主催者のせいにしているのはおかしいのではないでしょうか
検査がなければ何でも有りなのですか?検査がないなら重量を
ごまかしてもいいのですか?いくら草レースでも重量をごまかすのは
手のこんだ悪意ある違反ですよね。重量違反よりも草レースに犬がいることの方が重大ですかね~?
でも犬なんていましたっけ?気づきませんでした
それからギャラリー拝見しました。いい写真を沢山載せていただいて有難うございます。
いい思い出でになりました。
もしかしてあの写真がスパイ容疑?

  • 2010/12/16 21:00:00

BS

私にも言わせてください。中年ドライバーさん、草カートファンさん、TONOさん、そして塚本さんの説明も読ませていただきました。私も失格を主催者のせいにするのはおかしいと思います。主催者側は当然のことをやられたと理解できます。規則はこのホームページにも公表してありますよね。

「事前にわかっていれば最終ドライバーを重いドライバーに変更したもの」と、ばれなければいいと認めてますよね。最悪です。

  • 2010/12/16 22:04:00

参加者A

参加者の皆様、主催者様、先日はお疲れ様でした。
大きな事故も無く、個人的には楽しかったのですが、
色々と問題もあるようなので、少しコメントさせて下さい。

部外者なので、詳細はわかりませんが、コメント欄をざっと読むと
 ①ドライバー単体重量が朝から大きく減った
 ②車体との合計重量が規定を満たさなかった
の何れかが発生した、との理解です。

①であれば、悪意のある無しは不明ですが、
明らかな規則違反と思います。
ただし、②であるならば、当日の説明を聞いた私の理解も、
朝の計量さえクリアすれば重量はOKとの認識でした。
というのは、車体重量はガスの量によっても数キロは軽く変わります。
耐久レースで、最後にガスを満タンにするチームは無いでしょう。
これによって、規定を満たしていない、というのは後出しと感じます。
朝のミーティングでも車体重量はこの重量を用いる、と明言されていました。
もし、ウェイトを積んで、外してというのだったら論外ですが・・・

真相は分かりませんが、今回の件は主催者様、参加者様とも反省があるかと思いますので、
この経験を生かして、より良い次回の開催となることを願って止みません。
くそ寒い山奥で同じ趣味に興じる仲間が減るのは寂しいですので、
今後も開催、参加されることを願います。

PS.ボス猿様、まだリザルトは出ないんでしょうか?
   何週回ったか、立ち位置が分かりません・・・
   (何回回ったかは分かります ^^;)

  • 2010/12/17 01:26:00

白糸にいました

参加者Aさんへ    平均体重と車両重量とで145kgの規定は明記されていますし、当日のドライバーミーティングでも主催者側からの説明はありました。レース終了後にこの規定を満たしている必要があるわけです。レース後の再車検で10g不足とかで失格することはよくあるる事です。それを見込んで大めに燃料を積むことは常識です。しかし今回の違反は少なくとも燃料タンク満タンの重量より重い重量の違反が最終ドライバーの計量で発覚したことです。レースに参加している者なら理解されていると思いますが、再車検の内容は発表されるわけがありません。発表すればこういうことが起こるからです。まさに①の事態が起こったわけです。   私も自分達が犯した違反を主催者のせいにするのはおかしいと思います。

  • 2010/12/17 07:06:00

参加者A

白糸にいました さんへ
回答ありがとう御座います。
①ですか、、、深刻ですね。

さて、私も主催者のせいにするつもりはありません。
しかし、総合重量145kgはたしかに明記されていますが、
車体重量にについては、詳細の記述はありません。
そして、朝のミーティングでタイトラ後の重量を車体重量とすると明言されたので、日本語として、私のような誤解をするのも、ありがちかと思います。
FIAの競技規則には明記されているのかも知れませんが、私のように草レース専門の人間は、あまり真面目に読まないと思われますので、このような箇所は記載頂ければ、より過失が減ると思います。
ただ、FIAの競技規則を真面目に読まないのを正当化するつもりはありません。
過失であれ、違反は違反ですから。

それに乾燥重量で規定を満足しない車両は、最初、最後は満足しても、レース中は違反状態で走行している可能性が高いわけです。
車両重量=乾燥重量と明記して頂ければ問題ありませんし、その場合は乾燥状態で計測を行う方が適切と考えます。

私もフェアに競いたいと考えていますので、違反を取り締まることについて、何の反論もありませんが、
同時に規約を明確にして頂ければ、過失での失格も減り、より盛り上がるかと思います。
主催者様も罠を張って、失格させてやろう、などとは考えていないと思いますので、
曖昧な部分をクリアにした上で、違反には厳しく対処頂きたいと思います。

  • 2010/12/17 08:34:00

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/15 22:12:23

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/22 12:23:19

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/25 13:46:44

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/10/27 10:40:25

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/11/03 18:59:04

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/11/08 21:51:00

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/11/09 15:17:20

承認待ち

このコメントは管理者の承認待ちです。

  • 2020/11/21 18:08:12

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

新着コメント

Re:レベルが上がってます♪
2020/11/24 from 承認待ち
Re:じじいなりに。。。。
2020/11/24 from 承認待ち
Re:流石はプロ。
2020/11/24 from 承認待ち
Re:若いじゃ片付けられない?
2020/11/24 from 承認待ち
Re:地方選手権
2020/11/24 from 承認待ち

過去ログ

Feed