エントリー

2019年08月の記事は以下のとおりです。

瑞浪SLシリーズ

先週末に瑞浪SLシリーズがありました。チームからは3台が出場しました。

4月からカートに乗り始めたハヤトが出場するSSクラスは、10代の若いドライバーと全日本やMAX等を経験した後に、SSクラスに出場して来ているドライバーとが混在する、激戦のクラスです。

瑞浪のノービスと鈴鹿のSSには出場経験がありますが、瑞浪SSは初参加のハヤトは、ビリでもなんでも経験値をあげるための参戦です。

タイトラは気負い過ぎて、飛び出すしスピンするしで散々で18位です。さらに予選ヒートもローリングでサイドボックスが脱落するメカトラを発生させて、1周も出来ずに終了。ここまで悪い流れのど真ん中って感じです。

決勝は最後尾スタートです。しかし、そこから毎周のように抜いて上がって、追い付けたドライバーは全て抜ききって、13位でゴールしました。タイム的にもまずまずでしたが、パッシングポイントでのスピードが良くて、予選から走れていたらと悔やまれたレースでした。でも、ハヤトが大きくレベルアップ出来たのは間違いないので、次のレースが大いに楽しみとなりました。

ミッフーも普段は瑞浪ジェントルマンですが、今回はスポットでKTマスターズに出場しました。前日から良い状況と悪い状況とがあって、あいかわらず読めないミッフーです。

しかし、タイトラは4位でまずまずなポジションです。予選ヒートがないKTマスターズはいきなりの第1決勝がスタートします。

スタート直後はキャブがひどくズレていて、順位を下げましたが、キャブが合ってからは良いパフォーマンスを発揮して、最後は5位でフィニッシュです。ファースティストがミッフーで、ハヤト同様にタイム以上にパッシングポイントでのスピードが高く、楽に抜きに行けていたので、序盤に順位を下げた事が残念なレースでした。

気を取り直して、次は第2決勝です。これは第1レースの1位から8位までをリバースして行われる形で、その結果、ミッフーは4番手です。前にいるのは第1レースでミッフーよりも後ろでゴールした選手達なので、今度こそスタートを決めて、表彰台に上って欲しいと思いましたが、今度はスタートでカブらせて、最後尾まで落ちてのスタートです。

しかし、第1レース同様にスピードがとてもあって、どんどんと抜いて行きます。ファイナルラップには3位に立って、タコツボに向かいますが、後続のドライバーをブロックするためにインベタのラインを通り、物凄く気持ちよくクロスを掛けられて、4位でフィニッシュでした。もともとブロックラインなんて通らないミッフーが負い詰められて取ったブロックラインでしたので、仕方ありません。

今回のハヤト&ミッフーもKTコンビは、エンジンやキャブの良いところが見つけられて、とても良いパフォーマンスでした。次は鈴鹿でも頑張って仕上げて行きたいと思います。

最後にセナですが、タイトラ、予選と2位で通過して、決勝もファイナルラップは2位通過しましたが、彼はミッフーとは逆にヘアピンをブロックしなかった事で飛び込まれて、なんとか11コーナーで差し替えしたかったのですが、インに行くのかアウトに行くのかの判断を一瞬躊躇した結果、前のドライバーのバンパーを押してしまう結果になって、2位でゴールしましたが、ペナルティで3位となりました。

今回のセナはヒート中にぴったりと後続に張り付かれても大きなミスをせずに、安定して走れていました。最後のバトルはちょっと甘さが出てしまいましたが、だんだんと良いレースが出来てきています。このままもうワンステップ上がって欲しいですね。

3人が三人共に得るものが大きかったレースでした。次も頑張りたいと思います。

  • 2019/08/30 15:59

鈴鹿選手権

先週末に鈴鹿選手権がありました。チームからは3名が参加しました。

なかなか思うようなレースにならないりくは、今回もタイムトライアルで後方に沈みます。こうなるとバトルで前に出れない事が災いして、後方のままレースを終えることが多いのですが、今回はレースヒートで頑張って戦えて、最終リザルトは16位でした。

まだまだ上位に進出するには厳しいですが、今までのレースとは少し違ったレースになって、こうした積み重ねで、強さだったり、上手さだったりを見に付けていけるので、次のレースでも頑張ってトライして欲しいと思います。

セナもタイトラはもう一歩でしたが、予選ヒートでしっかりと戦えた結果、34台フルグリッドの中で決勝スタート12位です。

決勝がスタートしていつものようにスタートを決めて、オープニングラップで9位まで上げます。しかし、そこからは防戦一方になって最終リザルトは22位でした。

彼もまたバトルのスキルが上向いてきているので、確実に前進してくれているようです。ここからはもう少し走りの精度を高めていければ、順位はどんどんと上がってくると思います。次のレースが楽しみです。

さて、私のレースはこれが最終戦という事で、4連勝とシリーズが掛かった結構大事なレースです。

タイトラはうまく行きませんでした。引っかかったのもありますが、もう一歩、良いフィーリングになりませんでした。

前日から、シャーシがしっくりと来なかったので、タイトラの感覚から、予選ヒートまでに大きく仕様変更を施します。

予選ヒートは4番手からですが、変更したセットアップが上向いた結果、トップチェッカーを受ける事が出来ました。

決勝に向けて、路面や気温の変化を考えると、少し変更したいポイントもあったのですが、悩んだ結果、予選とほぼ同じ状態で決勝に臨むことにします。

決勝がスタートして、無難に1~2コーナーをクリアして、少しだけマージンを作ってコントロールラインに戻ってこれましたが、そこからは後続のドライバーを引き離せずにレースが進みます。路面が予選とはやはり違っていて、なかなか思うように走れません。

後半重視にしていた事もあったので、しばらくは我慢の状態で走りましたが、10周を過ぎた辺りでさらに接近されたので、遠目の間合いで飛び込まれても嫌なので、いつもよりは少しだけ早く、残してあったマージンを削って、最後のアタックをした結果、ここで少し引き離す事に成功、あとはミスをしないように集中してなんとか優勝することが出来ました。

終盤のアタックでファースティストも取れましたし、これで文句を言ったら贅沢ですが、今回、スポットで出場してきた若くて速いドライバー君が後ろにピッタリと張り付いていたので、些細なミスも許されない厳しいレースでした。レースで勝つのはやはり簡単ではないと改めて思った週末でした。

これで開幕4連勝、全勝でチャンピオンになれました。これはクロックシャーシの性能とNEKシートのお陰です。そして悩んだ時にアドバイスをしてくれる親分やすーさん、そして今回はアカサカの小笠原代表にも貴重なお話を伺う事が出来ました。いつも本当にありがとうございます。

まだ8月ですが、今年、予定していたレースは終了です。あとは体力と感覚の維持のための走行と、どこかのレースに出れれば良いなと思っています。

  • 2019/08/16 14:00

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

白糸シリーズ2020開幕戦
2020/03/16 16:35
2020年鈴鹿開幕戦
2020/03/11 09:17
2020年白糸シリーズ
2020/02/11 21:43
瑞浪MAX第7戦
2019/12/06 12:00
SL全国大会2019
2019/11/15 15:22

新着コメント

Re:やっぱりね♪
2020/04/03 from 承認待ち
Re:APGウインターカップ
2020/04/02 from 承認待ち
Re:APGウインターカップ
2020/04/01 from 承認待ち
Re:APGウインターカップ
2020/04/01 from 承認待ち
Re:APGウインターカップ
2020/04/01 from 承認待ち

過去ログ

Feed