エントリー

2017年03月の記事は以下のとおりです。

本格始動!のはずでしたが。。。

今年に入って、比較的に早い時期から寒さに耐えながら走行してきましたが、2月に体調を崩して、それがなかなか長引いてしまい、すっかり出遅れた感が強かったのですが、やっと先週末に瑞浪で走りました。

レースに向けて、エンジンの慣らしもありましたので、弱った体のリハビリです。

慣らしも順調に終わり、全開走行で老体にムチを打ち、なんとなく良さそうなセットも見つかったので、有名な速いシニアのドライバー君と少し一緒に走りました。

近くを走ると、彼らの速いところと僕の速いところと、なかなか興味深いデータも取れて、有意義な遠征になりました。シニアとマスターズの重量差もあるので、その辺りを加味すると、まずまずの状態で土曜日を終えて、日曜日も朝から2基目のエンジン慣らしです。

2基目のエンジン慣らしを終えて、昨日のデータをもとに細かくセット変更をしたところ前日よりももう少し上向いたので、午後からは積んでいたウエイトを全部、降ろして、ジュニアMAXのエンジンを積んで、ジュニアMAXのデータ取りです。

5キロほど重量オーバーなので、正確なデータではありませんが、チームのジュニア勢とも一緒に走ってバトルの練習相手も出来ました。

初めて乗ったジュニアMAXは、外から見るのとは違って、沢山の発見がありました。瑞浪開幕戦に向けて、大きく前進出来たと思います。

さて、来週末も瑞浪に行きます。チームからの参加台数も多いですし、大変ですが、出来るベストを尽くすのみです!

  • 2017/03/18 20:47

鈴鹿選手権開幕戦

先週末は鈴鹿選手権の開幕戦がありました。今回はチームから6台が参戦しました。

スーパーSS組のナオさんとマコちゃん、そしてヤマシタさんは今年からタイヤが変更になったため、このオフシーズンにテストが必要だったのですが、このレースウイークまで、誰も新タイヤを履いていませんので、かなり厳しい状況でのスタートです。

そんな中、手探りのタイトラでナオさんが8位、マコちゃんが14位で、ヤマシタさんが18位です。思った通りの状況ですが、なんとか少しでも上位を目指します。

予選がスタートしますが、ナオさんのエンジンが掛からずにローリングから大きく遅れて、せっかくの8位スタートでしたが、最後尾からのスタートとなってしまいます。

しかし、セット変更が上向いたナオさんはファースティストラップを出しながら9位まで順位を回復します。マコちゃんも11位まで上がり、ヤマシタさんも14位でフィニッシュです。

少しずつ上向いてきた3人ですが、決勝ではまたナオさんが迷走して10位に落としてしまい、ヤマシタさんも18位まで落ちてしまいます。そんな中、決して本調子ではないですが、マコちゃんは表彰式まであと一歩の7位でチェッカーを受けました。

今年から採用されたブリヂストンの新しいタイヤは季節が変われば、また様子が違ってくると思うので、やはりレース前にきちんとテストをする必要がありそうです。

ジュニアMAXに参戦したセナ君とヤスダ君はタイトラでヤスダ君が8位となんとか上位で戦えそうなポジションに残ります。しかし、セナ君はまだまだ鈴鹿そのものが、攻略出来ていないので、後方のポジションです。

予選がスタートして、スタートで7位に上がるヤスダ君ですが、この辺りのドライバーはバトルも上手く、最後は10位までポジションを下げてフィニッシュです。

セナ君も、少しポジションを上げましたが、まだまだ後方からは抜け出られていません。

そして決勝がスタートして、今度はスタートで下がるヤスダ君です。その焦りからか最終コーナーで飛び出して最後尾まで落ちてしまいます。そこから抜いて上がりますが、パッシングが決まらずに、ラップタイムで大きく劣る後方のドライバーを簡単に抜けません。1台抜くのに時間を掛けすぎて、13位まで戻った時には12位のドライバーは遥か彼方で、彼の追い上げはそこで終了です。

セナ君ですが、スタートで行き場を無くして最後尾まで順位を下げます。そこからはペースも上がらずに、今回は厳しい状況のまま終了かなと思われたファイナルラップで、突然、それまでのラップタイムを大きく更新します。走り方の何かを掴んだようです。次に繋がるレースになったと思います。

アバンティのマスダ君は、前日までのタイムが出せれば、そこそこのポジションを走れるかもと思いましたが、タイトラが15位と、実力を出せずに終了です。本人曰く、「今日は気持ちの問題で上手く走れていない。」との事です。予選も同様で、特に良い雰囲気はありませんが、飛び出した選手もいて、12位で決勝に臨みます。

決勝がスタートして、トップグループで多数が消える大波乱があって、マスダ君は一気に6位になります。そのままの順位でフィニッシュ出来れば、初めての表彰式と思われましたが、彼よりも後方スタートのドライバーに抜かれて7位でチェッカーを受けました。

彼が言うように、レースは気持ちが大事です。レース日に実力を出し切るためには強い気持ちが必要です。レースの雰囲気に飲まれずに、大事なポイントで良いパフォーマンスを出せるようなしたいですね。

開幕戦が終わり、まだまだ課題が多いみんなですが、シーズンは始まりました。今年も可能な限りベストなレースを目指したいと思います。

  • 2017/03/09 09:23

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed