エントリー

2015年08月の記事は以下のとおりです。

レイン走行

昨日は瑞浪に行ってきました。予報通りに終日、雨でしたが、僕は新しい排気バルブのシステムのテストで走りました。

昨日はSLレースの1週間前でしたが、コースはとても空いていて、ちょっとびっくりです。僕がカートを始めた頃は雨でも晴れでも関係なくレース1週間前にはコースはびっしりでした。そういえば最近は雨になると走らない人が多いですね。初心者のうちは特に雨練習が有効で、雨が降ると仕事を休んででも走りに行ったのですが、時代の流れでしょうか。

そんな訳で昨日はクラス分けもなく、ひたすら走れたので、かなり走り込めました。稲葉兄弟はフレッシュに近いレインタイヤを装着して、走り始めたのですが、夕方には見事なくらいすり減って、山じゃなくて模様になっていました。

クラス分けもないので、彼らを見つけると走行ラインのチェックで、僕が前を走ったり、後ろから追走したりも出来ました。レインのラインはドライと違ってみんな思い思いのところを走っていますが、やはり速く走るためには理屈にあったラインをトレースする必要があるので、1セクション走ったあとは、「どうしてそこを走れていないのか?」とかの質疑応答の時間も持てました。

そんな訳で、昨日は充実した1日になりました。今週末のレースで良い結果を期待したいと思います。

さて、僕のテストですが、前回のレースで苦しめられた序盤の症状は、まったく現れずに、ゼロ発進も問題ありません。これが持続するのであれば、レースでも期待が持てそうです。

しかし昨日はレイン路面だったので、出来ればドライでもテストをしたいと思います。

うーん、普通はこれで全面解決で、大喜びのはずですが、何せ僕はヘンテコなので、1度くらい普通に走っても、まったく油断なりません。今回も「きっとまだまだこんなもんじゃないはず!」って強く思っています。なので、次のレースウイークにどんなに好調でも、決勝のチェッカーをトップで潜り抜けるまでは、気が抜けません!(笑)

  • 2015/08/31 13:23

夏の鈴鹿決勝日

先週の鈴鹿はチームから3名が参加しました。

まずヤスダ君ですが、かねてから苦戦を強いられていた曲がったシャーシーが乗り換えとなり、今回から僕が使用していたマラネロになりました。

割と長い期間、曲がったシャーシーで格闘していましたので、これから本番ってところです。

ヤスダ君の参加クラスは激戦のSSクラスなので、参加台数も45台ですし、メンバーもツワモノ揃いです。

まずタイトラですが、B組の9位です。まだまだ乗りなれていない感じはあるので、仕方ないのですが、かなり速いセクターもあって、もう少し準備期間があればと思われました。

それでも、周りのドライバーは有名なドライバーが多く、それなりに楽しそうです。

しかし、予選のスタートで直前のドライバーがカブらせてしまい、加速出来ていません。ヤスダ君が後ろから押す形でスタートが切られて、反対列のドライバーに一気に抜かれて17~18番手までポジションを落としてしまいます。

予選通過ラインが14位までなので、いきなり黄色信号ですが、そこから冷静に抜いて上がって、ファイナルラップでも1台抜いて11位でフィニッシュです。

決勝のグリッドは22位です。

決勝がスタートして、オープニングラップでポジションを守れずに、一気に順位を下げてしまいます。一度、劣勢に立つと、一気に順位を下げてしまうので、この辺りもレースを上位で戦う上で大事な部分です。

厳しい序盤が過ぎると、ヤスダ君のペースも上がって来ますが、1台抜く間に前の選手が逃げて行くので、最後は19位まで順位を上げましたが、そこで終了です。

今回は、チェンジしたカートに慣れる時間が足らなかった部分も大きかったので、次回までにはもう少し走れると思います。次も楽しみにしたいと思います。

ナオさんとヤマシタさんのクラスも参加台数こそSSほどではないのですが、実力のあるドライバーが上位には多数いるので、簡単ではありません。

ナオさんは、比較的に好調な土曜日を終えましたが、やはり決勝日の路面とフレッシュタイヤの攻略が課題で、疲弊してきているシャーシーも手伝って、もう一歩の出来です。それでも予選ヒートでトップグループでレースを進めて、5位でフィニッシュしますが、まさかの重量失格です。決勝は最後尾スタートです。

決勝がスタートして、オープニングラップに中盤以降のドライバーがスタートディレイと勘違いして、スローダウンです。ナオさんも仕切り直しと判断したようですが、実はスタートは切られていて、この一件で、上位陣と中段以降のドライバーとの差が決定的になってしまいました。

最後は2周を残して自主的にピットに戻り、次に決勝を走るヤスダ君に路面状況を伝えてくれました。その結果、限られた時間ではありましたが、ヤスダ君のシャーシーを再調整して決勝のグリッドに着きました。

ヤマシタさんは予選ヒートまで、決して良い仕上がりとは言えませんでしたが、決勝で追い上げて10位フィニッシュです。次回はさらに上位フィニッシュを目指して欲しいと思います。

なかなか思うような結果に繋がらないレースが続きますが、みんなのレベルも上がって来ているので、あともう少しのプラスアルファで、良い結果も訪れると思います。次のレースも頑張りたいと思います。

  • 2015/08/20 13:13

夏の鈴鹿

今週は鈴鹿に来ています。毎年、この夏の鈴鹿は全国から多くのドライバーが集まるので、参加台数がどのクラスも膨れ上がって、予選落ちが発生するクラスもあります。

今回はヤスダ君が出場するSSクラスが44台のエントリーを集めたので、10台が予選不通過となってしまいます。まさに激戦です。

ナオさんとヤマシタさんのクラスは、予選落ちはありませんが、20台を突破していますし、上位陣はキャリアも豊富なベテランが多くて、やはり簡単には上位は走れません。

今日も暑い1日でしたが、頑張って走って、色々なテストをしました。その結果、ある程度のベースは出来ましたので、あとは明日の状況に追い付いていくだけです。

明日も暑いようです。熱中症対策をしっかりとして、良いレースをしたいと思います。チームのみんなー!応援よろしくねー。

  • 2015/08/15 19:56

瑞浪SL決勝日

昨日の瑞浪SLは、なんとなく良さそうな感覚でスタートしました。

ジュニア勢で好調だったのがリヒト君でタイトラが僅差の4位、予選が3位の選手と接触してフロント周りを損傷し、大きくタイムダウンしている間に5位に落ちました。それでも接触まではトップグループ4台の中で一番良さそうな仕上がりだったので、決勝に期待が掛かります。

しかし、決勝スタート直後のヘアピンで、後方のドライバーが止まり切れずに追突。まさに撃墜される形でストップしてしまいます。その後、再スタートしましたが、単独での走行になって上位進出は叶いませんでした。

マヒト君、ユウキ君、オオモリ君も尻上がりに良くなりましたが、簡単には抜けずに1台抜く間に前が離れていってしまうので、やはり上位まで順位を回復する事が出来ませんでした。

サワダ君も前日から好調で、タイトラで一時は電光掲示板の4位にいましたが、その後のアタックが完結しないでいる間に、9位まで落ちて終了です。

それでもタイム的にはかなり僅差の中で、周りには表彰台に上るようなドライバーが並んでいます。

予選ヒートでは、やはりスタートが鬼門で、密集している時間帯にどんどんと順位を下げてしまいます。レースが落ち着いてからは、一進一退で、頑張りましたが、12位でフィニッシュです。

そして決勝がスタートして、今回もやはりスタート直後にポジションを守れずに順位を下げてしまい、その後も前を走るドライバーに上手く押さえ込まれて、最後は16位でフィニッシュです。

最終順位は厳しいものになりましたが、前回までのレースとは比較にならないくらい進歩したと思うので、次回に繋がるレースだったと思います。

ヤマシタさんは、急遽、決勝日のみ走る事になったので、タイトラから思うような仕上がりにならずに、予選、決勝と思いつくセット変更を施しましたが、決めきらないカートと格闘しながら終了してしまいました。今週の鈴鹿で鬱憤を晴らして欲しいと思います。

最後にマスダ君とキクチ君、トノサキさんの3人が出場したアバンティクラスですが、タイトラでキクチ君が嬉しい初ポールを獲得します。

今年からレーシングカートのレースを本格的に始めた彼は、このレースが4レース目です。ここまでの3レースはマイナートラブルやらコースアウトやらで落としてきましたが、今回は上手く噛み合っているようです。

タイトラ2位にはマスダ君が入り、グレンブルーワンツー体制となりました。

トノサキさんのタイトラは6位です。彼もまたレーシングカートのレース参戦2戦目なので、まだまだな部分が多いです。これからどんどんと良くなると思います。

予選ヒートがスタートして、順調にトップをひた走るキクチ君です。後続をまったく寄せ付けずに、ぶっちぎりのトップチェッカーになりました。

マスダ君はスタートで3位に下がってからは、逆に4位の選手の猛追を退けるのが精一杯で、なんとか3位でゴールです。

トノサキさんは、タイトラよりもかなり良い状況で走れていましたが、抜くことがまだ難しく、順位は6位のままです。

そして決勝です。

予選までは落ち着いて見えたキクチ君ですが、緊張からスタートで失敗して2位に落ちます。その後もあきらかにキクチ君のペースは周りにドライバーよりも良さそうなのですが、ミスも目立ち、予選のようには逃げられません。

それでもトップに立ったり2位に落ちたりを繰り返しながら、ファイナルラップはトップで通過して、そのまま逃げ切れるかと思いましたが、タコツボでインに飛び込まれて、そのままアウトで立ち上がった結果、若干の接触と共にコースアウト。レースのほとんどをリードしてきましたが、最後の最後で2位に落ちてしまいました。

レース後、相手のドライバーさんはコントロールタワーに呼ばれましたが、お咎めなしです。僕も見ていましたが、彼が押し出した形ではなく、行き場が無かったキクチ君がコースアウトしたようです。それでもレース後に謝罪に来てくれました。レースはどうしても多少の接触になってしまう場合もありますが、レースが終われば、相手を思いやる気持ちが大事です。

マスダ君は、もう一歩スピードが無くて、決勝も予選同様に3位争いです。その3位争いも、マスダ君が2コーナーでインに飛び込んで、併走する形で接触。裁定はマスダ君のパッシングが原因で起きた接触という事になって、彼にはペナルティが課されました。

相手のドライバーさんはスピンをして、順位を失いましたので、当然の裁定だったと思います。マスダ君もレース後に謝りに行ったようですが、相手のドライバーさんに、迷惑をかけてしまった点は大いに反省して欲しいと思います。

このアクシデントもあって、トノサキさんが3位に繰上げとなりました。グレンブルーワンツーで始まったレースでしたが、結果は2位、3位ともう一歩の結果になりました。

今日はキクチ君の優勝かなと思えた仕上がりだったので、2位は残念でしたが、彼のキャリアを考えると、この結果も仕方の無いことかもしれません。こんな経験をしながら、成長して行くんだと思います。

なんとなく、良さそうな雰囲気で始まった今回のレースでしたが、結果よりも内容は成長が伺えた週末だったと思います。

苦手だったパッシングが決まるようになったチーム員もいましたし、スピードそのものが、レベルアップしたチーム員もいました。レースは結果が出ないと厳しいですが、なにより厳しいのは進歩が伺えないことです。

一回一回の練習の仕方、レースとレースのインタ-バルの過し方。
これら全てをいかに効率よく実施するかによって、伸び幅に違いが出てきてしまいます。

次のレースもすぐやってきます。落ち込んでいる暇は無いので、自分に出来る努力をし続けるのみです!みんなで一緒にがんばりましょう!

  • 2015/08/10 19:40

瑞浪SLシリーズ

今週は瑞浪SLです。

昨日はゲリラ豪雨で雷もコース脇にビシバシと落ちて、僕たちはピットの中でただただ避難でした。

今日も日中はかなり暑かったですが、豪雨にはならずにすみました。

さて、今回は9台が参加します。前回優勝のケンタはお休みなので、誰かが優勝の二文字を獲得して欲しいと思いますが、どのクラスも激戦なので、簡単な事ではありません。

今日も色々とテストを繰り返しましたが、高い気温と路面温度の影響で、常に速く走り続ける事は、なかなか難しかったです。明日も同じだと思うので、変わり続ける状況を追いかけて行きたいと思います。

明日も、もちろん暑いです。チーム一丸となって上位進出を目指したいとおもいます。頑張ります‼

  • 2015/08/08 19:56

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed