エントリー

2015年05月の記事は以下のとおりです。

瑞浪SLシリーズ

今日から瑞浪です。今回はチームから8台が参戦します。今日の瑞浪はとても暑くて路面温度も非常に高く、なかなか難しい1日でした。

路面も重いこともあってタイムは厳しいですが、それはみんなが同じ条件なので、その中でいかに上手く走らせるかで、大きな差が出たりします。明日も暑いと思うので、しっかりと状況に追い付いて行きたいと思います。ガンバロー!

  • 2015/05/30 21:21

噛み合わない週末

先週末はスズカ選手権がありました。チームからは僕とマスダ君、それに当日入りの強行軍で参加したヤスダ君の3人が参戦しました。

まずヤスダ君ですが、現状として、シャーシーの状態が思わしくなく、厳しい状況が続いていますが、今年は受験生と言う事もあり、まったくレースをしないよりは、体を慣らす程度に参戦するスタンスであるために、厳しい状況のままの参戦です。さらに今回は当日入りのぶっつけ本番なので、公式5分のタイトラ5分で、そこそこのキャブレーションとそこそこのシャーシセット模索しなければ、なりません。

しかし、意外にそこそこでは走れました。タイトラはA組の20位です。トップとは1秒のビハインドです。予選までに考えられるセット変更を施してグリッドに着きます。

20番スタートのヤスダ君は、なんとか14位まで上がらないと、敗者復活戦行きとなってしまいます。

予選がスタートして、緊張からか、バットスタートのヤスダ君は2コーナーを立ち上がって来た時には、最後尾に落ちていましたが、そこから徐々に抜いて上がって、ファイナルラップを15位で通過します。

見守る僕たちは「あと1台!」と応援にも力が入ります。

自分の順位が解っていたのかは分かりませんが、なんとかヘアピンで抜いて14位に上がって、フィニッシュラインを通過することが出来ました。

予選のラップタイムはトップグループのコンマ3秒落ちまで詰めることが出来ました。これは彼のシャーシーの状態を考えると、かなり頑張ったタイムと思われます。

そして、決勝ですが、今度も超が付くバットスタートでまたしても最後尾です。その後、少しずつ抜いて上がりましたが、重くなった決勝の路面では、よい状況では走れなくて、結果は26位でした。

今回はキャブレーションが状況に合っていたので、なんとか食い下がれました。次回も細かくテストをして、少しでも上位を目指してほしいと思います。

次にマスダ君ですが、決勝用のエンジンを土曜日に失って、2番基でのレースになってしまいます。

その2番基もライフ的に、かなりいっぱいいっぱいでスピードがありません。

彼もまた、厳しい状況での参戦になってしまいましたが、これもレースですので、与えられた環境で頑張るしかありません。

まずは、タイトラです。エントリー台数33台ですので、タイトラは重要です。しかし、いきなり躓いて26位です。

予選も振るわずに、23位フィニッシュと、なかなか上位進出は厳しそうです。

そして、決勝ですが、基本的に持ちタイムが悪すぎて、良い状況では走れることはなく、20位で終了です。

今回は、コース入りの段階から、予定が二転三転して、悪い方向への選択が重なって、その悪い流れを断ち切れないままレースが終了してしまった感じです。次回の教訓にして欲しいと思います。

最後に僕ですが、今年の僕を苦しめていた新型EVOエンジンのパーツに不具合がある事が確定したらしく、今回のスズカから暫定処置として旧型パーツが使用可能となったので、ひとまずは、ヤバい症状からは解放されました。

その甲斐あって週末を通じて、タイム的には上位の速い若手に、大きく離されることなく、走れていました。

しかし、新型パーツで今まで走っていたこともあって、タイムはまずまずでも、レースで必要な戦闘力では、一歩も二歩も足りない感じです。

これを、なんとかしたいと思いつくセットを試しましたが、どれも決まらずに、結局は、「もう一歩セッティング」でレースに臨むことになりました。

タイトラが始まって、コースインと共に、シャーシー的に厳しい事が解り、フロントタイヤの摩耗を意識して、早々にピットに戻りました。

僕のアタックが完結した時には、トップとコンマ2秒程だったので、なんとかシングルグリッドは確保出来たと思い、予選、決勝のために、ピットに戻ったのですが、意外なことに、タイム差は僅かで、コンマ1秒に大勢が犇めいていて、僕のグリッドは14位になってしまいます。

ちょっと予想外でしたが、シャーシーの方向性は見えたので、良さそうなセットで予選に向かいます。

しかし、オープニングラップのS字で、後方のドライバーに追突されて、スピンを喫して、最後尾まで落ちてしまいます。

その後また、抜いて上がりましたが、18位までで終了です。

思っていた通りに単独でのタイムは遅くなくて、スタート位置さえ悪くなければ、トップ争いに加われるタイムです。

決勝に向けて、ポジションも悪いこともあり、シャーシーセットで少しテスト的な事を施して、グリッドに着きます。

そして、決勝がスタートして、今度は2コーナーで、前の接触を避けて、またしても最後尾です。

そこからまた抜いて上がりましたが、今度は最終コーナーで激しく追突されて、今日、何度目かの最後尾に逆戻りです。

最後は、また少し抜いて、結局は20位でフィニッシュです。

テストと思って施した仕様は、ちょっとやりすぎて、序盤が苦し過ぎました。マッドクロックで、初めてのスズカだったので、データ取りと思って、今回は色々と試しました。良い勉強になりました。

しかし、鈴鹿は相変わらずに接触をしても、何もお咎めなしです。参加者のモラルの問題でもありますが、やはり危険な行為にはペナルティを課さなければ、参加者の安全は確保出来ないと思います。

今回も、怪我をしたドライバーさんがいたようですが、平均アベレージが高いスズカサーキットなので、大きな事故を未然に防ぐ意味でも、毅然とした対応で、ジャッジしてもらいたいと思います。

あとは、参加するドライバーが意識を高くもって、接触や事故のないレースを全員が目指してほしいと思います。周りのドライバーから「あいつ、いつも危ないことをするよな。」とか「あんなヤツ出なければ良いのにな。」等、思われているとしたら、悲しいはずなので、周囲のドライバーに一目置いてもらえるような、クリーンなドライバーを目指してほしいと思います。

しかし、5月のレースはしょぼかった、決定的にダメダメなレースではなくて、状況がちょっと違えば、全然違った結果になったと思うので、物事が噛み合わないと、こんなにも結果が悪くなるんだなと、改めて思いました。次のレースまでにしっかりとテストをして、どんな状況でも、対応出来るようにして行きたいと思います。

今週末は瑞浪SLシリーズです。5月最後のレースなので、終わり良ければ。。。になるように頑張って欲しいと思います。

  • 2015/05/28 15:00

うーん、なんとかしたい。。。

今日も鈴鹿です。今日はとてもタイトなクラス分けで、走行枠は10分間が4回です。今日からみんなフレッシュタイヤを装着してレースシュミレーションを行っていますが、僕はユーズドのまま走りました。

例の症状は完全に消せたのですが、新型パーツを利用しているドライバーの中には、症状も出ないしスピードもあるって人がいて、彼等は旧型パーツで症状を消した僕より中間加速に優れているようです。

せっかく症状が消せてもスピードが伴わないと、やはり厳しいので4回しかない走行枠の2回を使って往生際悪く、新型パーツの良いところを探しましたが、新型パーツを装着すると、面白いくらいに症状が出ます。相変わらず僕にだけ出るのが不思議ですが、速くて症状も出ないドライバーさん達とは何処かに違いがあるんだと思います。

さらに瑞浪では問題なかった僕のニューシャーシーも鈴鹿では今一歩で、こちらももう少し何とかしなければと思っています。旧型パーツを使用することでヤバイ症状は完全に消せたので、EVOエンジンに旧型パーツの組み合わせの美味しいところを、早く導きだしたいと思います。

でも、明日の前半は雨予報です。ある意味チャンスかもしれませんが、決勝がドライになるのなら、タイトラ、予選を使ってテストの時間が欲しいところです。

旧型パーツの使用が認められても、すぐに良いパフォーマンスを発揮できるとは思っていなかったので、ある意味予想通りです。取り合えず、症状が消えたので一歩前進です。

明日はさらにもう一歩前進して、パフォーマンスの向上に努めたいと思います。

さて、マスダ君ですが、まだまだ鈴鹿で良い状況に辿り着いていません。今日の4回では特に進歩するところまで行かずに終了です。もう少し練習時間を取ってしっかりと走り込んでパフォーマンスを上げないと、今のポジションから上がるのは厳しい感じです。

明日は彼も試練のレースになると思いますが、頑張って現状から抜け出して欲しいと思います。みなさん!明日のミラクルに期待して下さーい♪

  • 2015/05/23 20:18

やはり違います♪

今日から鈴鹿です。予定されていた走行枠は少なかったのですが、走行希望者がそんなに多くなかったのでクラス分けが緩和されて、当初の予定の倍の時間を走ることが出来ました。

これはラッキー!とばかりに若手に混じってじじいも頑張って走りました。まずは旧型のパーツが解禁になって、これで本当に僕を苦しめていたトラブルが顔を出さないのかが心配でしたが、まったく問題ありません。

タイム的にも体感的にも、あれだけ厳しい状況だったのが嘘みたいに普通に走ります。これで上位のドライバーとは基本的にタイム差はあまり感じられません。

今日も決して絶好調って訳ではありませんでしたが、その割りにはそんなに離される事もなく走れました。明日はもう少し煮詰めて、決勝で高いパフォーマンスが発揮できるようにしたいと思います。

こんな時にしっかりと結果を出しておかなければならないと思うので、メカニカルトラブルや接触に気を付けて、良い状況で決勝ヒートを走りきりたいと思います。

そんな訳で、明日も最善を尽くして、しっかりとテストをこなしたいと思います。頑張ります!

  • 2015/05/22 20:17

白糸レンタルシリーズ第3戦

先週末の白糸レンタルシリーズは気持ちの良い晴天の中で行うことが出来ました。

今回は耐久に8チーム、スプリント55とスプリント70に各10台が参戦してくれました。

まず耐久ですが、今回も最後まで同一周回で3チームが争う激戦になりました。そしてその激戦を制したのがショウとヤスダ君が組んだ「もう高校生」でした。2位に「桃園」さんで3位に「まだ俺」さんが入りました。

この結果、現段階でのシリーズリーダーは「桃園」さんで、2位に「まだ俺」さん、3位に今回は欠場となった「バンディーニ」です。

お馴染みのチームが続いていますが、注目はシリーズ4位の「Lazo」さんで、新しいチームですが、マメに練習にも来てくれて、着実に実力を上げてきているので最終戦の頃には優勝争いの中心にいるかもしれません。

さて、スプリントですが、55キロクラスはヤスダ君が制しました。予選、決勝とキクチ君とのバトルになりましたが、決勝はライバルから抜け出して、見事に優勝となりました。2位にキクチ君、3位にリヒト君がファイナルラップにマヒト君を抜いて、表彰台の一角をもぎ取りました。

この結果、シリーズリーダーに立ったのが昨年のチャンピオン、キクチ君で2位にリヒト君、3位にマヒト君と稲葉ブラザーズが続きます。今回優勝のヤスダ君は開幕戦を欠場している事と、前回のレースが4位だったので、シリーズも4位です。昨年もキクチ君と最後の最後までチャンピオンを争っただけに、実力はあります。後半戦の巻き返しに期待したいと思います。

スプリント70クラスですが、優勝は今回もケンタです。ケンタに関しては実力的にちょっと抜け出てしまっているので、多少の事ではひっくり返せない感じです。2位にはミッフーが入りました。最近のミッフーは大きなミスが減っているので着実に上位を走り続けています。

3位はハラグチ父が入りました。なかなかの熱い走りを披露してくれて、場内を沸かしてくれました。次回以降も大いに期待したいと思います。

これにより70クラスのランキングですが、シリーズリーダーがケンタで2位にミッフー、3位にリョウタ君です。

今回も楽しいレースが沢山見れました。白糸レンタルシリーズはグレンブルーRTに所属しているドライバーが多く参戦しています。彼等はレーシングカートのレースにも出ていますが、修行の一環として参戦しています。

今回も随所で彼等の成長が伺えるシーンを観ることが出来ました。例えばヤスダ君ですが、彼はスプリントの予選でトップを走っていて、キクチ君の追撃を受けていました。そして遂に1コーナーで並ばれるのですが、若干ですが、並び方が不完全で、「ガッチリと閉めれば、なんとかなるか?」なんて事も頭には浮かんだかもしれません。でも、キクチ君もあの位置まで並んだからには引くことは困難で、ヤスダ君が閉めれば接触は避けられないシーンだったと思います。

誰でもトップを明け渡したくはありません。でも、接触して後方に沈むのは無しなので、予選って事もあり、彼はラインをキクチ君に残してクリーンに2位に落ちました。さらにそのままアウトに残りそうなポジションでしたが、意識的に急いで下がり、3位を走るユウマ君が繋がってインに飛び込んでこようとしていたのを阻止しました。あのままアウトに残っていたら一気に3位に落ちていたところでした。

こんな風に白糸レンタルでも十分にレースのお勉強が出来ています。

70クラスのケンタですが、彼はどんなカートに乗っても上位を走ります。白糸レンタルは僕が極力、個体差を無くしていますが、それでもどうしてもコンマ数秒は差があると思います。それを最後に調整しているのがタイヤです。

速い車両はその分、タイヤは厳しい物を装着しています。だから、前を走るカートにコーナーで追い付いて直線で離されると、すぐに「○○号車は」エンジンが遅い!」とかって話になりますが、ケンタ辺りはそれでも、その車両の強みのインフィールドセクションで抜いて、上位を走れる訳です。

レーシングのレースでも、同じことが言えます。トップスピードが速ければピックアップが厳しかったりしますし、逆もあります。そもそも、完璧な状態で決勝のグリッドに付いているドライバーがどれだけいるのかを考えると、各自が足りない部分を足りている部分で補って戦っているはずです。

白糸レンタルはレーシングのレースを主戦場にしているドライバーには良い修行の場になっていると思いますし、白糸レンタルそのものでも十分に楽しめていると思います。

色々な人が楽しめてためになるレースとしてこれからも頑張って運営していきたいと思います。

さて、今週末は鈴鹿です。ヤスダ君とマスダ君、それに僕も参戦します。ヤスダ君は土曜日まで修学旅行なので、日曜日入りの強行軍です。さらに彼のクラスは45台のエントリー台数でバリバリに予選落ちがあります。皆さん!応援よろしくねー♪

  • 2015/05/19 16:20

もしかしたら。。。

今年の僕は、MAXエンジンのクラスに絞って参戦していますが、今年から導入されたMAXエンジンのニュータイプのEVOエンジンにすっかり手を焼いています。

このブログにもレース結果の報告等で書いていますが、なかなか思うように走れていません。色々と試しましたが、原因は解ったけれど有効な対策がなくて、なんとかレギュレーションを変更してもらって、具合の悪いパーツを使用しないでも良いようにしてもらえないかと思っていました。

先日の瑞浪2連戦の時にも輸入元のエンジニアさんに、その辺りの話を進言したのですが、なかなか簡単には行かないんだろうなと思っていました。ところが次の鈴鹿から旧タイプのパーツを暫定処置として使用できるようになるみたいです。まだ正式発表はされていないようなので不確かな情報ですが、まず間違いないみたいです。

最初は何でこんな症状が出るのか不明でしたから、それこそいろんな事にトライしました。やっと原因が解ったけれど、現行のレギュレーションでは打つ手がなくて、旧タイプのエンジンに戻すしか選択肢が無かったので、今回のレギュレーション変更は嬉しい限りです。

鈴鹿は来週なのですが、もうかなりトーンダウンしていて、本国から対策パーツが届くまでしばらくレースをお休みにしようかと思っていました。そんな中で飛び込んできた朗報なので、一気にやる気が出て来ました。(なんて単純なんだろう♪)

「症状が出なければこっちのもんだ!」とは思っていませんが、悩みが大幅に減ることは間違いありませんし、症状が怖くてパッシングに行けなかったのが、今まで通りに抜きに行けます。

取りあえずは、この暫定処置の間にしっかりと結果を出して、対策パーツが日本に入って来たら、また何かと問題が発生するかもしれないので、常にテストをし続けるしかないって事ですね。

レースの世界は常にこんな感じなので、それに追い付いて行けないと上位を走り続けることは出来ません。まったく貧乏なオヤジには厳しい世界です。

さて、取りあえずは久しぶりに楽しみな鈴鹿です。あとは結果が伴うとより良いのですが。。。

  • 2015/05/15 22:25

快晴!

今日も瑞浪にいます。快晴でとても気持ちが良いです。びっくりするほどダメダメだった先週のMAXから一週間、幸いな事にお仕事が鬼のように忙しくて落ち込む暇もありません。今日はチームのみんなの練習日で9名が走っています。

僕はヤマシタさんと、ヤスダ君のシャーシチェックで走りました。シャーシのタイプも違うし体格も違うので2台のカートはポジションも違いますが、だからと言ってタイムに影響してしまってはテスター失格なので、かなり窮屈ですが、なんとか走れました。

シャーシも新車の間は問題ないですが、1年、2年と使っていると本人が気がつかないところでタイムを失っていたりします。コンマ1秒を争う競技なので、些細なことの積み重ねが大事です。

午後も天気は良いようです。充実した練習日にしたいと思います。

  • 2015/05/10 12:01

全てが裏目に。。。

昨日の瑞浪MAXシリーズ第3戦はレインレースになりました。僕は前日の第2戦で、どうしてもエンジンが低中速で吹けていかない症状が消せなかったので、ぶっつけ本番ですが、タイトラで旧型エンジンで出走する事にします。

それと言うのも第2戦で僕とトップ争いをした、2台がいずれも旧型だったからです。しかし、テストなしなので、キャブレーションを含めて、「こんなもんかな?」って感じの状態です。

タイトラが始まって、「こんなもんかな仕様」は、どうにもならない位走りません。エンジン回転で1500回転位回りません。当然、タイムも遅く、総合の13番手です。

ここで予選ヒートまでに旧型を諦めてでEVOエンジンに戻すか?それともキャブレーション等を変更して旧型で行くのか、悩みましたが、EVOエンジンに戻しても症状は消せないので、もう一回、旧型で勝負する事にします。

予選ヒート1回目がスタートします。しかし、状況はタイトラよりもエンジン回転は上がりましたが、その分ピックアップがありません。決勝に向けて追い上げ開始をしなければならなかったのに逆に順位を下げて10位フィニッシュです。

もう後が無いので予選ヒート2はEVOエンジンに戻します。苦渋の決断ですが、仕方ありません

予選ヒート2がスタートして、9位スタートから4位まで回復します。今回は雨でクラッシュが続出していたので、予選ヒートから1列ローリングです。そのため後方からの追い上げは厳しくなっています。周回数も7周なので、これが限界でした。

EVOを積むとやはり症状が出ます。でも、ラップタイムは上位陣と同等になりました。 決勝に向けて、思い付く症状緩和の対策を施します。そしていよいよ決勝です。

僕はヒート1が10位でヒート2が4位なので、グリッドは9番手です。レイン路面にシャーシは良い感じなので、ここから本気で優勝を目指します。

しかし、決勝がスタートして、予選ヒート2よりも、何故か症状が悪化してしまって、まったく走りません。それでも、少しでも上位を目指します。

しかし、パッシングに行ってもその後に待ち受けている加速しないゾーンに突入するとまた抜かし返されて、「こりゃ外から見ていると抜き損ねているように見えるんだろうな。。。」とか考えながら走ります。

どうにも運転しにくいのは低中速を過ぎて高速域に入るとターボが掛かったように急激に加速し始める事です。ちょうど1コーナーを抜けた辺りで加速を始めるのですが、雨量も多くて、視界がまったく無い状態で、前を走るカートに急速に近づいてしまい、追突しそうになって、なんとか回避しようと減速したら水に乗ってスピンしてしまいました。

なんともしょうもない終わり方でしたが、振り返ると前日の接触ハーフスピンから、流れが変わってしまって、全てが悪い方向に向いてしまいました。タイトラでのギャンブルも、もうちょっとベストに近ければ、なんとか予選ヒートで模索出来たと思いますが、あまりにも外れすぎていて、ちょっと合わせ切れないと判断しました。

予選ヒート2の状態も症状は出ていましたが、決して遅くはありませんでしたが、レースが1列ローリングって事と追い上げのレースでしたから、パッシングに行って失速する可能性が高かったため、仕様変更となりました。

それもそれほど大きな変更ではなかったのに、あれほど一気に悪化したのも予想外で、悪い流れの時には、全てが悪い方向に向くんだなと改めて思いました。

マッドクロックになって、レインはある程度走れていたので、シャーシは素晴らしかったです。それだけになんとかしたかったのですが、上手く行きませんでした。

次にマスダ君ですが、レインレースになったお陰で、少し上向きました。シングルポジション辺りは走れていましたが、決勝は序盤に抜きに行って接触しそうになり、避けてスピンしてしまいました。

その後、追い上げましたが上位進出にはなりませんでした。

さて僕のゴールデンウイーク2連戦は、まったく良いとこなしで終了してしまいましたが、MAXエンジンのセットアップでまた前進出来た事もありました。この敗戦を無駄にしないように今後に活かして行きたいと思います。

  • 2015/05/05 09:02

想定外

今日は瑞浪MAXシリーズ第2戦でした。今回はゴールデンウイークなので、参加台数が多くて僕のクラスは41台がエントリーしました。その関係でタイトラは2クラス分けとなりました。

組分けは抽選で決定して、僕は1組を引いたのでトップバッターでアタックです。昨日の走行が終わってから一晩誰も走っていないので、2組の方が有利かと思いますが、くじなので仕方ありません。

僕はなんとか1組のトップを獲得しましたが、2組のドライバーの中に僕のタイムを上回ったドライバーが2名いたので、僕は総合3位でC組のトップです。予選ヒートは3クラス分けの総当たり戦です。

この総当たりはどうしても有利、不利が生じます。どの組が不利かと言うと僕が振り分けられたC組が一番不利です。どうして不利かと言うと、スタートが全てアウト列になる事と、B×Cが最初にレースをして次にA×Cがレースをするのですが、A組はタイトラ後の1レース目ですが、c組はすでにB組と対戦していますので、2レース目となり、タイヤの磨耗を考えるとやはり不利と思われます。

最後にA×Bが対戦しますが、このヒートはお互い2レース目同士なので、平等です。

そんなことを言っていても仕方ないので、頑張るしかありません。1回目の予選ヒートはスタートして序盤でトップに立ちましたが、ファイナルラップに抜かれて2位フィニッシュです。

次の予選ヒートもスタートで、例の症状が出て4位まで下がりますが、また挽回します。2位まで戻って、フィニッシュです。

これで決勝のグリッドは3位です。ここまでは、想定通りです。例の症状が消せない僕がなんとか狙えた最上位だったと思います。

そしていよいよ決勝です。スタート直後の1コーナーで2位に立って2コーナーでトップに立ちました。その後、2位になったりトップに立ったりしていると3位の選手が追い付いてきて、バトルは3台になります。前回優勝のトップのドライバーは、今回も素晴らしいスピードで、僕と3位の選手との2位争いが始まった事もあって少しずつ逃げて行きます。

ラスト2周でタコツボで3位に落ちて、13コーナーで抜き返しに行きますが、抜ききれずに並走したまま最終コーナーに並んで入りました。しかし2台で通過する事がちょっと無理で、縁石いっぱいまで避けましたが接触してハーフスピンで万事休すです。

相手のドライバーも僕にラインを残してくれましたし、僕も残したので、なんとかなるかと思いましたが無理でした。ここまで上手く走れていましたし、最後のパッシングもタコツボの並びでイメージしていたんで、狙い通りだったのですが、最後の最後で想定外のハーフスピンでした。これが流れが無いときの結末ですね。

マスダ君は昨日よりも、タイムを落として、なかなか厳しいレースでした。予選ヒートと決勝も奮わずに最後は19位でフィニッシュです。僕もマスダ君も気持ちを切り替えて明日の第3戦に臨みます。明日はなんとかフィニッシュまで持って行きたいと思います。頑張ります❗

  • 2015/05/03 21:56

充実した2日間

今日も瑞浪です。今日も大変暑い1日でした。

僕は今回のレースから新しいシャーシを使用します。そのためしっかりとテストをしなければならなかったので、昨日と今日の2日間は色々なメニューをこなせて良かったです。

セッションの全てをフルに走って、データ取りを実施しました。思ったような動きになった事もありましたし、「そんなふうになっちゃうの?」って事もありました。

最終セッションにはそこそこの仕上がりまで来ました。あとは明日の決勝までにより仕上げたいと思います。

マスダ君もだいぶ上向きました。トップグループとはまだ言えませんが、第2グループの先頭にはいると思います。彼もまた明日の決勝までにもうワンステップ上がる予定です。お楽しみに♪

  • 2015/05/02 21:36

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed