エントリー

2014年09月の記事は以下のとおりです。

白糸走行会

今週末は白糸走行会です。レーシングカートの模擬レースが中心ですが、僕も一緒に走る予定なので、パッシングの練習やらもやって行きたいと思います。

鈴鹿や瑞浪でレースをし始めると、白糸を走る機会が減りますが、白糸をきちんと走れないうちは、他のサーキットに行っても、トップグループを走ることは出来ないので、こんな機会は逃さずに、しっかりとトレーニングして欲しいと思います。(白糸を上手に走れると、他のコースで間違いなく上位を走れます。不思議ですね♪)

さて、来週末はMAXフェスティバルです。僕はギリギリまで悩みましたが、頑張って出場する事になりました。

そして、もう一人、僕よりもさらにギリギリまで悩んでいたのが、マスダ君です。

先週の瑞浪MAXシリーズにノービスクラスで初参戦した彼は、難しいMAXエンジンの操縦に、自分のレベルアップの鍵があると判断して、残るMAXのレースはMAXフェスタだけなので、参戦案が急浮上した訳です。

そして悩んで出した結論が、僕と同じクラスへの参戦でした。

ノービスクラスにも1回しか出ていませんし、それも思うようなタイムまで到達出来ませんでしたが、今回はフルパワーのMAXエンジンなので、かなりのガッツを発揮してもらわないと、厳しいと思われます。

しかしそれを踏まえて、今が頑張る時と判断して、結果を度外視したうえでの参戦となりました。

体力面も厳しいと思いますし、エンジンパワーにタイヤのグリップと、先週のノービスクラスよりも、およそ8秒は速くなるので、まったくの別世界です。

かなりの苦戦が予想されますが、MAXフェスタは予選ヒートも4グループ分けの総当り戦なので、3回戦います。さらにその後、プレファイナルがあって、決勝があるので、とにかく沢山走れます。

今の彼のウイークポイントを徹底的に鍛え上げてくれると思いますので、レース終了後の彼のコメントに期待したいと思います。

かなりの頑張りを見せないと参戦表明に漕ぎつけられなかったと思うので、今回の彼の決断は、自分を高めたい気持ちの表れとして、評価したいと思います。

頑張れ!マスダ君!僕も目一杯応援するよー。(同じクラスのライバルだが♪)

  • 2014/09/26 18:12

上手く行く時には。。。

昨日は瑞浪MAX最終戦がありました。

今回はノービスクラスにマスダ君が出たので、僕も一緒に出ることにしました。

マスダ君は初めてのノービス車両に、馴染む事が先決ですが、走れる時間が少ないので、キャブを含めたセット変更も、同時進行で進めます。

マスダ君は決定的に遅いコーナーがあって、それはアバンティに参戦している時にも同じなのですが、MAXエンジンの方が顕著にタイムに現れて、そこがクリア出来ないと、かなり厳しいレースになりそうです。

昨日のレースも区間タイムで測ると、まさに問題のコーナーだけが異常に遅くて、トップグループとのタイム差は全てそこにあるようでした。

レースの結果はタイトラが中段で、予選、決勝と中段から抜け出せずに終了しました。

しかし、課題が明確になりましたし、ヒントも掴んだようなので、引き続き、トライして行って欲しいと思います。

さて、僕のレースですが、前日からとても速くありません。

履いているタイヤが古いのが一番問題なのは解かっていたのですが、今回はマスダ君のついでに出たので、モチベーションも低く、当日にフレッシュタイヤを履いてから考えようって感じです。

公式練習が始まって、僕は昨日のグリップしないダメタイヤのままなので、キャブレーションのチェックだけが目的です。しかし、それさえも古いタイヤとフレッシュタイヤでは大きな違いがあるので、一発タイムを狙うタイトラは「きっと、こんな感じ♪」みたいに想像するしかありません。

公式練習でフレッシュタイヤを履く猛者もいたのですが、その割には僕は7番手と、それなりです。

いよいよタイトラです。アタックラップに入る頃には、先ほどまでのダメタイヤとの違いを確認しながら、予選のセットを考えます。

今回はタイトラだけ2クラス分けになったのですが、僕の順位は3番手です。

思ったとおりにキャブレーションもかなり違いがあって、シャーシーセットと合わせて、予選の仕様に悩みます。

とりあえず、良い方向と思える仕様で予選に臨みます。スタートポジションは6位です。

予選がスタートして、2コーナーまでに上手く2位まで上がります。

しかし、ストレートが決定的に遅く、インフィールドも良い感じとはとても呼べない仕上がりで、徐々に順位を下げて、最終的には5位でフィニッシュです。

しかし、みなさんとバトルをした結果、確かな方向性が見えたので、あとは、何処までその仕様を突き詰めるかだけです。

次は決勝なので、やりすぎれば、一気に下位に落ちると思いますし、足りなければ、大きな改善は望めません。

考えに考えた結果、自分的にはかなり頑張った仕様で決勝に向かいます。

決勝がスタートして、今度は普通に5位で2コーナーに入ります。

その後、タコツボで4位に立って、そこからは、全てタコツボで順位を上げます。

2位に立った段階で、そのドライバーとバトルになって、トップは逃げていきます。

しかし、僕を含めた上位陣でそのトップのドライバーを追いきれそうな人はいなかったので、もうひとりの速いドライバーが追いついて来る前に、なんとか2位を確保する作戦に切り替えます。

ストレートエンドで抜かれて、タコツボで抜かし返すを繰り返している内に、終盤になって、トップを走っていたドライバーにエンジントラブルが発生して、2位争いがいきなりトップ争いに変わります。

僕をトップに残り2周となり、タコツボまで来ます。

タコツボコーナーにターンインしようとした瞬間に、僕の後ろのドライバー達が多重クラッシュを起こして、一気に4台が止まります。

残り1周半で、これから最後の攻防って意気込んでいたのですが、まさに拍子抜けって感じです。

そのままファイナルラップはスローダウンしながらも、2秒以上は引き離して無事にチェッカーを受ける事が出来ました。

久しぶりのMAXエンジン搭載のレースで優勝する事が出来て、マスダ君のついでに出た割には、こんな事もあるんだなって感じです。

決勝に向けての仕様変更は思ったようになった部分と、上手く行かなかった部分とありました。ストレートタイムは狙ったようにはなりませんでしたが、インフィールドのタイムはかなり向上しました。

これをベースに、より戦闘力が高い仕様に辿り着ければ、もう少し楽しめるかもしれません。

レースの表彰式があって、次にシリーズ表彰だったのですが、僕は1レース欠場していますし、他のレースもたいした順位じゃなかったので、そそくさとバスで着替えていたら、エイコーさんのスタッフが僕を呼びに来て、「ボス猿さん!シリーズ表彰があります!」との事、僕は、「シリーズに入った?何位だろ?5位くらいに入れたのか???」と不思議な気持ちで発表を待っていたら、なんと!2位でした。なんでだろ?

しかし、僕のレースにも、上手く行く時が極々たまに訪れます。次は何時の事やら。。。

  • 2014/09/22 18:54

瑞浪MAX

今日から瑞浪に来ています。今回はマスダ君がノービスクラスに初挑戦します。

h初めてのMAXエンジンに悩みながら、テストを繰り返しますが、基本的にアバンティの時と遅いコーナーは一緒で、ドライバーさんに化けてもらうしか無さそうです。

僕も今日はピリッとしませんが、タイヤが古いので、なんとも言えません。明日のフレッシュタイヤに期待したいところですが、タイヤが良くなればなったで、別の問題が起きてくるのが僕なので、過度の期待はしないようにしています。

明日はマスダ君としっかりとレースを楽しんで帰りたいと思います。

マスダ君はいるけど、明日は晴れ♪

  • 2014/09/20 21:44

瑞浪シリーズ

昨日は瑞浪シリーズでした。チームからは11台が参加しました。

まずはジュニアクラスの4人ですが、決勝結果はユウキ君が3位でした。

ユウキ君は予選でペナルティを受けて、最後尾スタートだったので、嬉しい表彰台だったと思います。

今回はリヒト君が好調で、タイトラ、予選と2位で通過したのですが、決勝はアクシデントもあって後方でフィニッシュとなりました。

マヒト君は、原因不明のエンジン不調を改善できずに終了してしまったのですが、レースが終了してから原因が解り、レース中に見つかられなかった事が悔やまれました。

オオモリ君はコースオフしたりもあったので、結果は後方で終了しましたが、タイムは、かなり上がって来たので、次からに期待が持てると思います。

次にサクライ君とヤマシタさんのクラスですが、タイトラで好調のヤマシタさんでしたが、イエローフラッグ無視で失格になってしまいます。せっかくの上位スタートがなくなってしまい、予選は最後尾スタートです。

予選、決勝と、追い上げが期待されましたが、思うように進まずに速さを披露できずに終了です。

サクライ君も、細かいセットが上手く機能していないらしく、予選まではスピードが足りていませんでしたが、決勝はだいぶ改善されました。しかし、予選のスタートが悪く、追い上げは叶いませんでした。

ナオさんとヤスダ君、サワダ君のクラスはナオさんが予選までの不振がキャブの仕様変更で激変して、一気に5位までかけ上がりますが、最後は接触で終了です。やはり追い上げはリスクを伴うので、最初から実力を発揮して上位発進するようにして欲しいですね。

サワダ君は、今回も公式は絶好調で、なんと5位を獲得します。しかし、タイトラからは、中段になって、なかなか上手く上がってこれません。まだまだ勉強中です。

ヤスダ君は大幅なセット変更で臨んだ結果、ちょっと上向きました。次回は今回解った事からさらにセットを進めていきたいと思います。

最後はマスダ君とウエハラさんのクラスですが、今回、好調なマスダ君は、タイトラで千分の一秒差で2位となり、予選も2台のマッチレースで2位フィニッシュ。決勝も予選同様の2台の争いで、最後は厳しいブロックを打ち破れずに、残念ながら2位フィニッシュです。

しかし今回の相手は昨年のチャンピオンで、常に独走していたドライバーなので、レース歴10レースにも満たないマスダ君が、肉薄出来たことは、かなりの成長が伺えます。まずは一歩前進ってところでしょう。

ウエハラさんは、徐々に良くなって来たのですが、やはり最後はパッシング技術の問題で、抜きあぐねるシーンが多く、上位進出とは行きませんでした。次回に期待したいと思います。

11台参戦して表彰台が二人とまだまだですが、少しずつ結果が出てきているので、次のレースが待ち遠しいですね。

  • 2014/09/08 18:02

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed