エントリー

2014年07月の記事は以下のとおりです。

狙い通り。

昨日は瑞浪に行ってきました。

前日がMAXのレースだった事と、昨日は鈴鹿がSLライセンス所持者の走行日だったので、瑞浪は、きっと空いていると思い行ってきました。

今週末も瑞浪に行きますので、参加者はヤスダ君とマスダ君、キクチ君の3名でしたが、クラス分けもありませんし走行台数もとても少なくて、狙い通りの一日になりました。

キクチ君は2回目の瑞浪遠征で、かなりの上達が見られました。瑞浪シリーズ参戦を目指して、是非、継続して頑張って欲しいと思います。

ヤスダ君とマスダ君の二人は瑞浪シリーズに参戦中で、次のレースが目の前ですので、チーム内で参加者の多い時には、あまり出来ないのですが、ヤスダ君とマスダ君のカートに僕が乗って、ロガーで違いを探る作戦と、ヤスダ君はスキルアップのために、KTエンジンよりもパワーのあるアバンティで走りました。

ロガーでのデータ比較も狙い通りに違いを確認出来ました。各コーナーでのボトムの回転数の違いや、ライン取り等、これからの走りに役立ててほしいと思います。

ヤスダ君は初めてのアバンティをしっかりと乗りこなして、前回優勝のマスダ君と遜色なく走れました。

天気も良く、がら空きのコースで、みんないつもよりも沢山の周回数をこなして、実り多い一日になりました。

ヤスダ君、マスダ君はまだまだ初心者ですが、レースは初心者だからと言って、ハンデがある訳ではないので、レースに出るからには出来る限りの準備をして、少しでも良いリザルトを目指してほしいと思います。

さて、ヤスダ君、マスダ君、各自の課題は色々あって、ひとつクリアすれば、確実にレベルアップする訳ですが、どうやってクリアするかが問題で、ただただ走り続けるだけでは、1年掛かっても、5年掛かってもクリア出来ない壁みたいな問題を短期間で越えて行ってもらうために、常に色々なトライを考えています。

僕の持論ですが、カートレースに情熱を傾けられる期間は人それぞれで、僕のように20年以上も、この競技を楽しんでいる人も沢山いると思いますが、例えば5年間、レースに夢中になって、精一杯頑張って、卒業するとすると、出来るだけ早く一流と呼ばれるようなレベルに駆け上がれれば、それだけ長く一流として、レースを楽しめるので、グレンブルーでレースを始めてくれた人には出来る限り、最短距離で一流への階段を駆け上がってもらいたいと思っています。

そのために、僕自身がドライバーとして、ここまでやってきて、失敗だったと思えたこと、回り道したなと思えたことは、出来るだけ省いて、チームのみんなに、頑張って行って欲しいと思っています。

僕が提案する、諸々のトライは、過去の僕の経験からのアドバイスなので、半年先、一年先に「なるほど!」と思ってもらえるようになると思います。

そんな訳で、これからもみんなのスキルアップのために、色々な練習方法を提案して行きますので、頑張って習得して行って、早く優勝候補と呼ばれるようなドライバーに成長して欲しいと思います。頑張ってね~♪

  • 2014/07/22 19:22

雨&スリック

昨日の白糸走行会は、午前中のうちには雨が降ってきてしまいましたが、せっかくなのでみんなでレインタイヤを履かずにスリックで走りました。

今回は、参加台数が少なかったので、僕もみんなと一緒に走って、スクール形式となりました。

滑る路面に最初はみんな、おっかなびっくりでしたが、オンボード映像を確認しながら、細かくラインを説明したり、雨の中の走らせ方の説明を繰り返しするうちに、かなりの進歩を遂げました。

朝と夕方では全くの別人と思えるような変貌ぶりで、レイン走行の極意の一部分は伝えることが出来たと思います。

でも、ヤスダ君やサワダ君といったジュニアドライバー程は、ミッフーやヤマグチ君達、じじいドライバーは伸びしろがない感じです。

これはやはり、感性の問題で、感受性豊かなジュニアにはかなわなくても仕方ないですね。

それでも、頑張って走っていたので、最後はかなりまともになりました。

先日の鈴鹿は、いきなりの雨に翻弄されたヤスダ君とサワダ君の二人でしたが、今回の走行会をレース前に実施出来ていたらと本当に悔やまれました。でも、次のレインレースが楽しみです。

今回の参加メンバーは少数でしたが、グレンブルー走行会の重要性を理解してくれているメンバーばかりなので、しっかりとレベルアップ出来たことは僕も嬉しく思っています。これからもチームのみんなの為になる企画を実施していきたいと思います。次は瑞浪です。今から楽しみですね♪

  • 2014/07/14 20:41

本当に難しい週末

昨日の鈴鹿は、タイトラ前には雨になって、みんなで急いで雨支度です。

ナオさんや、マコちゃん、ヤマシタさん達は鈴鹿の雨も経験豊富ですが、ヤスダ君とサワダ君は出来ればドライでレースをさせてあげたかったのですが、こればかりは仕方ありません。

いきなりの雨に、思うように走れない二人はタイトラで後方に沈みます。考えてみれば、レイン路面を走った事のないサワダ君はそれこそ可愛そうなくらい、まともに走れません。

初めてのレースが鈴鹿って事でも緊張するでしょうに、履いた事もない無いレインタイヤをタイムトライアルでいきなり装着して、コースインですから、そりゃ、厳しいでしょうって感じです。

公式の7分間はスピンの嵐で、恐る恐るなんとかスピンしなくなったら、もうタイトラで、それでも徐々にペースを上げてきていましたが、タイトラは5分間ですから、1分以上掛かるレイン路面では回れても3~4周なので、せめてあと5周くらい走れれば、ぜんぜん違ったラップになったのではないかと思います。

気持ちを切り替えて、予選で追い上げるしかありません。

ヤマシタさん達のクラスもウエット路面のタイトラになって、ここで、まずナオさんが計測ラップに入る前にメカトラでコース脇にカートを止めて、まさかのタイトラ、ノータイムとなります。

見ていた僕たち全員が「マジか?」と思った矢先に、今度はヤマシタさんが、速度差のあるドライバーの動きを読み間違えて、これまたまさかの接触で、そのままグラベルに停止して、やはり計測前なので、タイトラ、ノータイムです。

どよーんとした空気が流れる中、マコちゃんだけは、なんとかA組の7位でタイトラを終えます。

ヤマシタさんとナオさんも予選で追い上げるしかありません。

ヤスダ君達の予選が始まり、路面はドライです。まずヤスダ君がオープニングラップの混雑で玉突き事故にあって、1周も出来ずにリタイヤです。ここまで実力をまったく発揮出来ずにデビ2行きが決定してしまいます。

サワダ君はローリングに遅れてしまい、自分のポジションに戻れずに、最後尾からのスタートです。全てが初めて尽くしの中で奮闘しましたが、残念ながら25位フィニッシュで彼もまたデビ2行きとなります。

ナオさん達のクラスの予選がスタートします。

無事にスタートを決めて、順調に順位を上げていく最後尾組のナオさんとヤマシタさんです。マコちゃんも徐々に順位を上げて、最後は4位でフィニッシュです。

ナオさんが9位のヤマシタさんが11位でなんとか予選通過となります。

サワダ君達のデビ2決勝がスタートします。

最後尾スタートのヤスダ君は今度は無事にスタートを決めて、トップよりも速いラップタイムで追い上げますが、終盤に直前を走る2台のカートがバトルの末に接触してコースを塞ぐ形になって、コースオフして避けて、再スタートしましたが、24位で終了です。レース中のタイムが2番手だっただけに、悔しい結果だったと思います。

サワダ君も、初めての決勝を無事に走りきり、18位でフィニッシュです。

今回は参加台数が62台の超激戦だったので、デビュー戦のサワダ君にとっては、全てが厳しい状況だったと思います。ですが一足先にレーシングカートのレースにデビューしたヤスダ君は4レース目にして、スピードではすでにかなりの位置まで駆け上がっています。サワダ君もすぐにレースを楽しめるようになると思います。

ヤマシタさん達のクラスも予選落ちがある激戦で、決勝のグリッドはマコちゃんが7番手でナオさんが17番手、ヤマシタさんが21番手スタートです。

ドライ路面なので、スリックタイヤを装着してグリッドに全員が並んでいたのですが、スタート直前に雨が降り始めてます。

しかし、そのままの状態で全員がスタートして、濡れた路面にスリックタイヤと言う、難しいレースになります。

そんな中、順調に順位を上げていく、追い上げ組の二人です。マコちゃんもしっかりと上位をキープしたままレースが進みます。

ファースティストラップを連発しながら追い上げるナオさんは、最後は7位まで追い上げて終了です。まったく、タイトラノータイムが悔やまれるレースになりました。

ヤマシタさんもナオさん同様に速いラップで追い上げましたが、終盤に接触して、レースを終えます。

マコちゃんは、最後は若干順位を下げて、10位でフィニッシュです。

今回も色々な事がありました。急に降り始めた雨によって、思うようなタイトラにならなかった人もいました。結果的にその影響を最後まで挽回しきれませんでした。

メカトラ、接触等々、これらはレースを優位に戦う上では、あってはならない事ですが、残念ながらゼロにはなかなかなりません。

ですが、最小限に留める事は出来るはずなので、原因を外に求めずに、自分が何か出来たのではないかと考えて、トラブルゼロを目指して欲しいと思います。

最後にハラグチ君は鈴鹿のスクール生として、2戦目の鈴鹿に挑戦しました。前回は初めてのレースでしたので、思うようなレースになりませんでしたが、今回は前回よりも進歩が見られたレースでした。

しかし、まだまだこれからの部分も多く見受けられたので、継続してレースに出続けてもらいたいと思います。

ハラグチ君の次のレースはグレンブルーチームから出場する、瑞浪のX30です。こちらも前回よりも是非、ジャンプアップして欲しいと思います。

  • 2014/07/07 19:52

難しい週末

今日から鈴鹿です。天気予報がコロコロ変わるので微妙ですが、今日は終日ドライ路面でした。

天候が安定していないので、真夏のように日差しが厳しいと思ったら、今にも雨が落ちて来そうだったりして、今日も難しい一日になりました。

ヤスダ君とサワダ君のクラスは62台のエントリーですから、半端な仕上がりでは、デビ1進出は無理そうなので、なんとか少しでもマージンを持てるように奮闘しましたが、もう一歩仕上げきれないで終了です。

ヤスダ君は先週の大クラッシュの影響も多少はあるみたいですし、サワダ君は今回がデビュー戦なので、当然ですが、1周でも多く走らせてあげたいってところで、現状では二人とも、明日はどんな感じで終われるのかまったく、予想がつきません。

ナオさん、マコちゃん、ヤマシタさんのクラスですが、このクラスも予選落ちのある激戦区ですので、やはり頑張って仕上げないと上位入賞は厳しそうです。

ヤマシタさんと、ナオさんは、良さそうな感じですが、やはりもうワンステップ上を目指したいところで終了してしまいました。明日は今日のデータを基に、もう少し上向かせたいと思います。

マコちゃんは、シャーシーを新車に変えてから、試行錯誤を繰り返していますが、まだ攻略しきれていないようです。焦らずに煮詰めてもらいたいと思います。

ハラグチ君は、今回は僕の監督下にないので、見守るだけですが、頑張っているようです。沢山、テストして、沢山、悩んでもらいたいと思います。

明日も、微妙な天気になると思いますが、頑張って追いついて行きたいと思います。

  • 2014/07/05 20:54

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed