エントリー

2014年03月の記事は以下のとおりです。

雨が。。。

昨日は白糸シリーズでした。

天気予報は100パーセントの雨予報で、さらに雨脚も強く、風も強いとの事で、レインも楽しい♪なんて言ってられないレベルになったらどうしよう?とかなり心配な中でスタートしました。

耐久レースのタイムトライアルの時は、まだなんとかなったのですが、予選ヒートの頃には、10コーナーから最終コーナーの辺りが全面で大きな水溜りになってしまい、走行困難な状況です。

そのため、決勝ヒートを30分の2ヒート制に変更して、なんとかレースは成立しました。

この厳しいレースを制したのは、初表彰台が優勝と最高の形になった、「アオイネオンチーム」です。

前日にたまたまお会いする機会があって、「一度くらいは優勝したいです!」と仰っていたのが、翌日に優勝する離れ業をやってのけてくれました。流石にみなさん、嬉しそうでした。

2位には、これまた初めての2位表彰台の「稲葉兄弟」です。

昨年からウエット路面を練習する機会が多く、今回も良い形でレイン路面を走れていました。やはり精進しているとレベルアップしてくるものですね。

3位には、「もう中学生」が入りました。難しいレースでしたが、ロスを最小限に留めて、頑張ったチームが上位に入りました。

残念ながら、午後のスプリントは中止となり、早めの解散になりました。天気予報が午後の方が悪かったので、これ以上は危険と判断して決定しました。スプリントにエントリーしてくれていた方達には大変申し訳ありませんでしたが、参加者の皆様の安全を最優先に判断させていただきました。次回も楽しく安全に、そして本気で遊んでいただければと思います。

次回のチームのイベントは4月13日の瑞浪遠征です。沢山の方の参加をお待ちしています。

  • 2014/03/31 13:01

あと一歩が。。。

昨日の鈴鹿は、朝方こそ寒かったですが、日中は汗ばむ陽気でした。

まずは、僕のタイトラからスタートです。

結果は2位と順位はまずまずなのですが、コースインしてタイヤの美味しい時間帯でエンジンがタレてしまって、良いアタックになりませんでした。そのため、ポールポジションの前回優勝のドライバーにコンマ4秒も引き離されています。

前日から速いタイムで走っていたので、覚悟はしていたのですが、コンマ4秒はレースにならないかも?と厳しいレースが予感されます。

ナオさんとヤマシタさんのタイトラは前日のセットから大幅に変更したナオさんが4位とまずまずな滑り出しです。しかし、こちらもトップの選手のタイムは素晴らしく、もっとパフォーマンスを上げていかなければ、太刀打ちできない感じです。

ヤマシタさんのタイトラですが、結果は11位です。前日の状態を考えると、もう少し上のポジションを狙えたと思うのですが、ニューシャーシーのデータが乏しいこともあって、フレッシュタイヤで臨むタイトラはテスト不足で、これからってところです。

予選ヒートも僕が先です。

フロントロー発進で、今回も上手くスタートでトップに立ちます。みんなのタイヤが温まりきるまでに、ある程度のマージンは築けますが、5周を過ぎる頃には、ポールの選手が一気に追いついてきます。

ここでもタイトラで感じたように、エンジンがタレるような感覚は直らずに、厳しい状況が続きます。

終盤にトップを明け渡しますが、ファイナルラップの最終コーナーでインに飛び込んで、決勝のポールポジションは僕になります。

ナオさんとヤマシタさんの予選は、ナオさんが3位のヤマシタさんが、15位です。ナオさんも仕上がりは決して良くはないのですが、なんとかワンポジションアップです。

ヤマシタさんは課題のスタートが上手く決まらずに、順位を下げてしまいました。決勝は鬼門のスタートを決めてもらいたいと思います。

そして、決勝です。

ポールスタートなので、特に問題なくトップで1コーナーをクリアします。決勝は序盤に逃げない作戦です。予選よりも周回数も長いので、施したエンジンがタレる対策を延命させる意味でも、あまり本気のアタックはしないで速い前回優勝のドライバーに付いて行く事にします。

思ったとおりにすぐに2位に落ちます。

その後は、僕と前回優勝のドライバーと一騎打ちになるように、後続が離れていくまで、ひたすら2位を走ります。

彼とマッチレースになるのを期待していたのですが、1台だけ追走してくるカートがあります。

なんとなく、その3台目のドライバーさんとの三つ巴になりそうな雰囲気だったので、1度だけトップに出ますが、すぐに抜き返されて、やはり心配していた三つ巴になってしまいます。

どうしてもストレートが伸びない僕は、追走してきたドライバーさんにも抜かれて、3位に落ちます。

すぐに抜き返して、2位に返り咲くことも出来ましたが、トップが逃げてしまいそうだったので、3台目のドライバーさんの後ろで、トップとの距離が詰まるのを待ちます。

トップとの距離が無くなった段階で3台目のドライバーさんがトップに仕掛けたので、僕も付いていって、2位に戻ります。

いよいよファイナルラップになって、僕は最終コーナーで仕掛けてトップでチェッカーを受けるシナリオだったのですが、前回優勝のドライバーさんに1コーナーまでに並び掛けられて、そのバトルでトップのドライバーさんとの間にギャップが出来てしまい、必死に間合いを詰めましたが、最終コーナーまでに後ろに追いついただけで、残念ながら2位フィニッシュになりました。

今回もとても速かった前回優勝のドライバーさんの前でフィニッシュ出来たのは良かったんですが、途中までは僕の思惑通りにレースが進んでいただけに、なんとも残念なレースでした。

次に、ナオさんとヤマシタさんの決勝です。

3位スタートのナオさんは、うまくスタート決めて、2位に立ちます。しかし、トップを追えるほどのスピードは無くて、逃げていくトップに対して、2位争いを3台で展開する形です。

途中、2位に立つ場面もありましたが、終盤まで4位を走ります。

レース後半に周回遅れのドライバーが現れて、何故か、コースからは青旗が提示されず、そのためか、解っていないのか、ナオさんの前に入ったその周回遅れ君は、半周はナオさんの前に居座って、結果、一人が抜け出てしまいます。トップと2位が単独になって、最後はナオさんと後続で3位争いです。

なんとか3位を守ってチェッカーを受けて、久しぶりに表彰台に上がるナオさんでした。

ヤマシタさんは、またしてもスタートで下がってしまって、かなり後方からの追い上げです。

レースが進むにつれて、どんどんと順位を回復していって、最後は12位でフィニッシュです。スタートで下がらずに逆に上がっていたらと思うレースでした。

僕はなかなか思うようにならないレースが続いていますが、今回はスピードが無かったのに、ポールポジションポイントも貰えましたし、2位フィニッシュで高ポイントも貰えました。ダメなレースでしたが、内容的には良かったので、次に繋がるレースでした。次回のレースもすぐですので、早めに対策を立てて、スピードも追い求めて行きたいと思います。(それがなかなか難しい。。。)

  • 2014/03/24 12:13

鈴鹿選手権第2戦

今日から鈴鹿です。

今日の鈴鹿は気温も低く、さらに風も強くて、もうすぐ4月になるのに、すっかり冬に逆戻りって感じです。

朝一番のセクションは昨日の雨の影響で、コースは濡れています。

僕はコースインはしましたが、そこそこで切り上げます。

2セクション目からは、ドライ路面になったので、テスト再開です。

今日の4回の走行を終えて、僕はいつも通りで、そんなに速くもなく、遅くもなくってところです。

ナオさんは、かなりハマっていて、明日は何かを大幅に変更しなければ、上位進出は難しそうです。

ヤマシタさんは、ナオさんよりは速いですが、もう少し仕上げ切れていない感じです。明日に期待したいと思います。

明日は今日と違って、かなり暖かくなるようなので、きっとナオさんも、上向くような気がします。僕ももう少し上向くつもりです。。。

  • 2014/03/22 19:37

絶妙に。。。

今週末は、鈴鹿選手権です。僕とナオさんとヤマシタさんが出場します。今年はSL全国大会が鈴鹿であるので、ナオさんなんかは、密かに狙っているようです。是非、頑張って欲しいと思います。

さて、僕は昨年の11月くらいから体調が悪くて、不規則な食事の時間を規則正しく改めたりしていたのですが、なかなか回復しません。

間食を一切やめて、食事内容にも気を配り、夕飯も6時頃には済ませて、その後は就寝まで、お腹が減ってもひたすら我慢の生活です。

そのため、朝の5時には空腹で目が覚めると言う、なんとも修行僧のような生活を続けています。

それでも良い方向に向かないので、なんでだろう?と流石にちょっと心配になって来ました。

さらに、この1ヶ月で体重がどんどんと落ちてきて、昨年の11月と比べると、6キロも落ちました。

規則正しい食事時間や油物を控えた食事が減量の要因ならば良いのですが、内臓系の疾患だと困るので、遅ればせながら先日、病院に行ってきました。

僕のイメージだと、まずは血液検査とか尿検査とかして、先生の問診を受けてから、最終的には胃カメラとかの検査の予約を翌週くらいに入れる形になるんだろうと思っていました。

病院に行って、思ったとおりに検査が進み、先生の問診です。

先生:「どうしました?」

ボス猿:「昨年の11月頃から体調が悪くて、あまりにも長く不調なのと体重も6キロ落ちたので、診察を受けに来ました。」

先生:「去年の11月から具合が悪かったのに、何で今日まで我慢しちゃったの?」

ボス猿:「とても忙しい毎日を送っているのと、病院が嫌いだからです。」

先生:「う~ん。ちょっと気になるねえ。よし!明日、胃カメラ飲もうか?」

ボス猿:「え?明日ですか?来週とかじゃなくて?心の準備も出来てないのに?って言うか、そんなに緊急に検査が必要なほど悪いって事?」

と、ちょっと動揺を隠せない僕に、先生は、「うん!かなり前から具合が悪いんだから、すぐに検査した方が良いよ。」との事。

そんな訳で昨日、胃カメラの検査を受けてきました。

病院が大嫌いで、胃カメラなんてもってのほかで怯えるダサダサの僕に、看護婦さんが「今はカメラも小さいですし、楽な検査方法もあるので、大丈夫ですよ。」と慰めのお言葉。

看護婦さん:「ハ~イそれでは、ボス猿さん、検査方法は三通りあります。」
「まずは、完全に寝ちゃう方法です。これは楽ですが、麻酔をするので、その日はお仕事は行けないと思ってください。」

ボス猿:「う~ん、楽チンなのは、良いけど、仕事に行かないのは無理かも。。。」

看護婦さん:「それでは、次は鼻からカメラを入れる方法で、これは口から入れるのより、だいぶ楽です。でも花粉症の方は鼻血が出ちゃうので、ダメで~す。」

ボス猿「僕。。。花粉症です。。。」

看護婦さん:「う~ん、それだと昔ながらに口からいれるしかありませんね。」

そんな訳で、診察台の上で、オエオエ言いながらなんとか検査を受けたのでした。

結果は急性胃炎でした。胃がんとか胃潰瘍とかじゃなかったのが確認出来たので、良かったです。

それと、体重が落ちたので、カートに乗っても、疲れ方がだいぶ違います。鈴鹿の開幕戦の頃よりも3キロは落ちたので、ちょっとはタイムアップするかもしれません。辛い検査を受けたので、きっとちょっとは良いことがあるはずです。きっと!

  • 2014/03/21 13:11

タイミング

日曜日にグレンブルー走行会がありました。

今回も初参加のチーム員君や新人さんが参加してくれました。

前回のレンタルレースで、初参加にもかかわらず、好走を見せたキクチ君は早くもレーシングに挑戦しました。

そして今回も短時間でしっかりと走れるようになっていたので、これからますます面白くなってくると思います。

今回はレンタルカートの参加者さんが少なくなってしまったので、急遽、スクールに切り替えて、僕と一緒に走ったり、オンボード映像を確認したりしながら、各自のスキルアップのお手伝いをさせていただきました。参加者さんからは「これはこれで、良かったです。」と言っていただけたので良かったです。次回はレース形式で楽しめるように沢山の方の参加をお待ちしています。

さて、レーシングですが、いつもどおりに模擬レース三昧になりました。今回は僕もKTクラスのカートを1台用意して、みんなと一緒に走りました。正周り、逆回りとレース形式で走って、ベストラップを更新したチーム員も多かったです。レベルアップは走れば必ず出来るわけではありません。色々な機会がうまく重なったタイミングで出来るものです。ですので、何時走るのか?どこで走るのか?誰と走るのか?がとても大事です。

白糸グレンブルー走行会はチーム員のための企画なので、このような企画を大いに利用して欲しいと思っています。

今回のように、こうして各自のレベルアップが見えると主催する僕も嬉しいです。次回は4月20日です。季節も良いですし、チーム員みんなでワンステップ上がれるように頑張りましょう。

  • 2014/03/18 14:50

瑞浪シリーズ

昨日は瑞浪シリーズ開幕戦に行って来ました。

レースデビューのチーム員が多いので、みんな緊張ぎみです。

レースで結果を出す事は簡単ではないので、デビューレースで良い成績を望むのは難しいのですが、それでも少しでも良いリザルトを出したいものです。

そんな訳で、超初心者軍団の瑞浪組みの今回の結果は、ヤスダ君が9位、サクライ君が10位、ユウキ君が2位、リヒト君が5位、マヒト君が6位、マスダ君が2位、ウエハラさんが6位、イワマさんが8位でした。

この中で、表彰式に出れたのは、ユウキ君とマスダ君です。

マスダ君は今回が3レース目です。前回も2位でしたが、今回はトップも走りましたので、次回は是非、表彰台の真ん中に立ってもらいたいと思います。

ユウキ君は今回がデビューレースです。優勝は昨年のチャンピオンを獲得したドライバーで、土曜日の練習から、独壇場の速さでした。

ユウキ君は、かなり頑張りましたが、今回は2位となりました。

それでも、予選、決勝と2位を走り続けて、経験値で勝る他チームのドライバーを引き離してゴールしました。

次回のレースでは、今回の優勝ドライバーに少しでも近づければ良いなと思います。

表彰式には出れませんでしたが、稲葉兄弟も、ヤスダ君も他のみんなもしっかりと1レース分のトレーニングが出来たと思うので、これからも、精進してもらいたいと思います。

さて、これから毎週のように何処かでイベントが続きます。自分のレベルを上げるためには何が必要かを見極めて、1回、1回の走行機会に集中して欲しいと思います。

まずは、今週末の白糸グレンブルー走行会です。沢山の参加をお待ちしています。

  • 2014/03/10 22:54

瑞浪シリーズ開幕戦

今日から瑞浪に来ています。

今日の瑞浪は、朝からかなりの寒さで、3月って事で、ちょっと油断していたところもあって、マジで厳しい一日になりました。

しかし、ドライバーのみんなは雪がチラつく中、明日のために頑張って走りました。

今回の参戦メンバーは8名です。

今日、走行したのは、稲葉兄弟にヤスダ君、ユウキ君にサクライ君とマスダ君の6名です。

みんなで色々とテストを繰り返しながら、一日を終了しました。

超初心者軍団のグレンブルー瑞浪組ですが、各自、今出来るベストな状態で、明日のレースに臨みたいと思っています。

一日が終わって、滑り出し好調なチーム員もいれば、もう一歩も二歩も、レベルアップが必要なチーム員もいますが、明日の事は明日になって見なければ分らないので、気を引き締めて頑張って欲しいと思います。

さて、待ちに待った瑞浪の開幕戦です。明日も寒いそうですが、レースが楽しすぎてドライバーは全然気にならないんじゃないかと思います。(僕は寒くて死にそうですが。。。)

  • 2014/03/08 22:38

最終調整

昨日は瑞浪に行って来ました。9日の瑞浪シリーズの開幕戦に向けて最終調整です。

昨日の瑞浪は、朝方まで降った雨の影響でレイン路面でのスタートになりました。

瑞浪に到着した時にはすでに青空だったので、路面はまだ濡れていましたが、全員がスリックでコースインしました。

今回の参加メンバーはサクライ君にヤスダ君、稲葉兄弟にイワマさん、ウエハラさんと、ハラグチ君です。

この中でウエハラさんとハラグチ君は、瑞浪初走行です。セミウエット路面から完全ドライ路面までを走れたので、有意義な一日になりました。

ハラグチ君はチーム外のドライバーさんでしたが、瑞浪を走るに当り、グレンブルーレーシングレンタルを利用してくれました。

高校1年生の彼は初めての瑞浪、初めてのシニアMAX、そしてスリックでセミウエット路面でのスタートと、厳しい状況が重なりましたが、午後の時間帯にはシニアMAXの常連組に混ざって、互角に走れていました。

レース参戦の経験は無いようですが、基礎からしっかり学んだようで、すぐにでもレースデビュー出来そうです。

ハラグチ君はチームのみんなと一緒に楽しく走り、一日が終わって、夕食をみんなで食べた後に、グレンブルーチーム員になる事になりました。これからレースデビューに向けて、親御さんを交えてしっかりと計画して行きたいと思います。

さて、今週末の瑞浪に参加するメンバーで昨日、走行出来たみんなも、なかなか有意義に過ごせました。稲葉兄弟はレースデビューですので、昨日は僕の所に走り方の質問に何回も来ました。僕のタコツボの走り方を見て、自分との違いを教えて欲しいとか、内容は様々でしたが、とても良い事だと思います。

雨上がりのスタートって事もあって、路面は決して良くは無かったのですが、ヤスダ君は自己ベストタイムを記録しました。

今までは、フレッシュタイヤを装着した時に、ベストタイムを更新して来ましたが、今回は路面も悪いし、タイヤも本当に厳しいものでした。この日に走行していた同じクラスのライバルの中で、かなりのタイム差で走れていましたので、大きな自信になったと思います。

先週の白糸の優勝でも証明しましたが、順調にレベルアップしているようです。

サクライ君も自己ベスト更新こそ、なりませんでしたが、安定ラップでは、今までで一番の出来でした。彼もまた地道な努力が実を結びつつあるようです。レースでは、前回のデビュー戦よりも良い結果を得られると良いなと思います。

ウエハラさんとイワマさんのアバンティコンビはウエハラさんが瑞浪を初走行で、イワマさんがアバンティ初挑戦です。

序盤は瑞浪の走行経験のあるイワマさんが、かなりの好タイムで走れているのに対して、ウエハラさんは大きく差を付けられていましたが、徐々に瑞浪にも慣れて、最終セクションには、かなり肉薄したタイムまで来ました。

この二人も、とても楽しく一日走れたようで、今週のレースデビューが待ち遠しいようです。

ここまで各自、やれる事は精一杯頑張って来たと思うので、ここまで来たら自分に自信を持って、レースに臨んでもらいたいと思います。 

しかし今回、レースデビュー組みが5人に昨年に1レースだけ出場して、今回がレース歴2戦目のドライバーが2名、レース歴3戦目のドライバーが1名と超が付く初心者軍団ですが、彼らの今後の成長がとても楽しみです。デビュー組みも、少ないとはいえ、参戦経験のあるドライバーも、毎レース、一歩ずつステップアップして行って欲しいと思います。

出場ドライバーとは対照的に、今回、メカニックでチームを手伝ってくれるメンバーが強烈で、マサヤにケンタに王子と、「何で君らは出ないの?」と不思議に思える面々です。彼らが出れば、優勝争いに参加してもおかしくないのに、何故かメカニックなんですから笑っちゃいますね。

さて、来週の今頃は、前日のレース結果が出ている訳ですが、ニコニコしているチーム員もいれば、ため息しか出ないチーム員もいるかもしれません。大事な事は、1レースの結果にあまり一喜一憂せずに、良かった事、失敗した事をきちんと分析して、次のレースに活かしてもらいたいと思います。

楽しいレースウイークの始まりです♪

  • 2014/03/03 21:36

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed