エントリー

2013年05月の記事は以下のとおりです。

お知らせ。

雨が続いています。今年の梅雨入りは早いらしいので、これから先は雨を嫌っているとなかなか走れない事になってしまいます。

ドライバーのセンサーの感度を上げるのには、レイン走行はとても有益なので、雨が降ったら練習に行くくらいの気持ちで頑張って欲しいと思います。

さて、そんな梅雨真っ只中の6月23日の日曜日ですが、初めての試みとして、通常のレーシングカートの走行時間(例えば、9時から9時半、10時から10時半)をグレンブルー走行会って形で1日、白糸スピードランド様から借り受けました。レンタルカートのお客様とグレンブルーレーシングのチーム員さんが、時間を決めて、走る予定です。したがって、この日は一般の持込みレーシングカートの走行時間がありません。レーシングカートはグレンブルーチーム員さんだけとなります。

この日は、バイク走行のお客様は通常通りの時間(レンタルカートはカートの時間に走るので、例えば、9時半から10時、10時半から11時)の30分間を夕方まで走行してもらう予定です。

ちょっと解りづらいのですが、要するにバイク走行の方は通常の日曜日と思ってもらえれば良いです。

1時間を半分に割って、30分間をレンタルカートとグレンブルーチーム員が模擬レースやらスクールやらで楽しみたいと思います。みなさん、沢山の方の参加をお待ちしています。参加費用等はショップまでご連絡下さい。お待ちしています。

  • 2013/05/30 19:13

白糸シリーズ第3戦

昨日はモナコGPがあったにもかかわらず、白糸レンタルシリーズの事を書いちゃいます。

耐久レースは11チームが参加してくれて、なかなかの盛り上がりでした。

まず、タイトラですが、「ケンタウロス」がぶっちぎりのポールポジションを獲得します。このチーム、スピードは抜群です。

予選では昨年のチェンピオンの「静岡県中部連合軍」がトップチェッカーで、「ケンタウロス」が2位、3位には久しぶりに復活した、「AMT」が入ります。

そして、決勝です。スピードに勝る「ケンタウロス」が逃げますが、ピットの渋滞に2回も嵌り、トップ争いから一旦は脱落します。

「ケンタウロス」に変わって、トップに立った、「AMT」もやはりピット渋滞に2回嵌り、トップ争いから脱落です。

有力チームがピット渋滞で後退する中、トップに立ったのが、「静岡県中部連合軍」です。最後は「桃園レーシング」さんと後方から返り咲いた「ケンタウロス」が同一周回で凌ぎを削りますが、やはり「静岡県中部連合軍」がトップチェッカーを受けました。今回は助っ人にユウキ君を起用した彼等は嬉しい今期初優勝です。2位に「桃園レーシング」で3位に「ケンタウロス」が入りました。

今回はランキングトップの「もう中学生」が欠場したので、今回、高ポイントを獲得したチームがランキングでは上位に来たと思いますが、有効制なので、まだまだどうなるか解らない感じです。

さて、スプリントですが、タイトラでマスダ君がトップです。2位に開幕から2連勝しているケンタが入り、3位にはアキヤマ君が入りました。4位以降はまさに激戦で4位から8位までの5人が45秒7台の僅差で続きます。スリップを上手く使わないとポールポジションは獲れないので、みんな必死です。

予選はケンタがトップの2位にマスダ君、3位にユウキ君が入りました。

そして決勝です。アウトラップの速いケンタがまずは逃げます。2位争いが激化した事もあって、かなりのマージンを築きますが、ショウが2位に立って、必死の追走が始まります。

ファイナルラップの前の周に追いつきますが、周回数を勘違いしていたショウはファイナルラップまで仕掛けません。

当然、ファイナルラップはインを抑えるケンタです。ショウも隙を伺いますが、抜ける間合いは存在せず、ケンタの3連勝で幕を閉じました。残り周回を確認するのは大事な事なので、次からは必ず確認してくれると思います。

3位には、ヤマグチ君やユウキ君のアタックを凌ぎきったマスダ君が入りました。

レーシングで肋骨を痛めてしまった彼は、耐久でユウキ君の助けを借りて、スプリントは痛みを必死に堪えて、なんとか3位入賞を捥ぎ取りました。この3位はシリーズの最後で効いてくるような気がします。

レースが終わってショップに集まり、レースの反省やら、スキルアップのヒントやらで話はとても盛り上がりました。白糸のレーシングカートレースが盛況だった頃は、グレンブルーから20人以上が参加していたので、レースの後の食事会も沢山のチーム員が楽しんでくれていました。今はレンタルレースですが、グレンブルーチーム員登録をしてくれているドライバーさんも多く、昔のように大勢でレース後の食事会が出来るようにまたなると良いですね。

さて、6月は白糸レンタルレースはないですが、しっかりと練習して、レベルアップに励んでもらいたいと思います。遠征も組みますし、白糸でも模擬レース形式が出来るように考えたいと思いますので、みんなで楽しく頑張りましょう!

  • 2013/05/27 16:55

明日はレース♪

明日は白糸レンタルシリーズ第3戦です。天気も良さそうだし、季節も良いので、久しぶりにレースラップが44秒台に突入するかもしれません。

耐久レースはフルグリッド近辺ですし、スプリントも2クラス開催です。まだまだタイトル争いは絞れませんが、この第3戦の結果でなんとなく見えて来るかもしれません。

耐久ですが、今回は初出場のチームが2チームあります。やはり初出場のチームが常に現れてもらわないと発展はないので、しっかりと楽しんでもらって次もリピートしてもらえればと思います。

さて、明日はF-1もあります。今回はモナコです。たった今まで予選を見ていましたが、雨上がりの濡れてる路面を攻めるトップドライバー達、ガードレールギリギリに攻めないとタイムが出ないモナコで、セミウエット路面でスリックって嫌過ぎます。そして凄すぎます。

そしてメルセデス+ロズベルグ、予選は本当に速いですね。自分の方が格上で、サラリーも格差があるハミルトンは、予選でロズベルグに負け続けて、「マシンが決まってない!」みたいな事を言い続けていますが、そろそろカッコ悪いですね。一時のマッサのように、あんまり負け癖が付くと、ドツボにハマって復活に苦労する事になるので、なんとかしないとマズいかもしれません。

しかし、あれだけ速いハミルトンを負かし続けるロズベルグ、そんなのがゴロゴロいるのがF-1です。やはり面白いです。

僕のレースは7月まで無いので、しばらくは白糸レンタルレースとF-1で楽しみたいと思います♪

  • 2013/05/25 22:08

次々に。

先週はとても忙しい1週間で、ブログも滞ってしまっていました。

その中でも、この土日はなかなかの忙しさで、まず土曜日に瑞浪に行って来ました。

マスダ君がレースデビューに選んだのが瑞浪のアバンティで、その初走行と、やはりレーシングカートの購入が決まったヤスダ君も走行しましたし、ユウキ君、ナオさん、ヤマシタさんも走行しました。

天候にも恵まれて、みんな有意義に過ごしました。ほとんど徹夜に近い状況で土曜日を終えて、日曜日は早朝から白糸です。日曜日も引き続き、マスダ君とユウキ君が走り、そこにケンタも加わりました。

ケンタもレーシングカートのレースを休止していましたが、7月の瑞浪で復活する事になって、体慣らしで走りました。

ニシ君も結婚を機に、やはりレースを休止していましたが、7月の鈴鹿か瑞浪で復活します。

最近、白糸レンタル出身のみんなが次々にレーシングカートに移行して来ていますが、そこに復活組が加わって、かなり賑やかになって来ました。

これからも瑞浪や鈴鹿に楽しく遠征しながら、白糸でのジュニアスクールやレンタルカートレースも充実させて、そこからのステップアッパーが誕生すると、本当に良い感じになりそうです。

レーシングカートのレースが冷え込んで来ている時期ですが、やはりこの競技の楽しさは圧倒的なので、頑張って布教活動に努めたいと思います。

さて、今週末は白糸レンタルレースです。ここも文句なく楽しいレースですので、みんなでしっかりと楽しみたいと思います♪

  • 2013/05/20 22:32

難しいセッティング

レースに出場して良い成績を残す。これがなかなか難しいわけですが、一番悩ましいのがセッティングです。

ドライバーの力量ももちろんですが、同じ力量であれば、勝負を決するのは、セッティングと戦略です。

戦略も非常に重要ですが、まずはセッティングの重要性に付いて考えてみると、レース出場を決めて、まずは練習に行ったりしますが、練習日の路面と決勝日の路面が違ったりします。

レースは新品のタイヤで戦う事が多いと思いますが、練習日には中古タイヤで走っているのに、決勝日には新品で走る。これだけでも難しい問題が次々に発生します。

しかし、参戦経験が増えてくると、なんとか想像力を駆使して、頑張って決勝日を走ります。しかし決勝日と言っても、朝一番の路面と決勝が行われる午後の路面とでは大きく様子が違う場合があります。タイトラの路面、予選ヒートの路面、そして決勝の路面とその時の状況でセッティングはガラっと変わったりします。こんな事からレースは難しいとなります。

そもそもレーシングカートのレースはワークスと言われるようなトップチームから参戦するような有名ドライバーと、プライベートチームから参戦する発展途上のドライバーとのタイム差があまりありません。

トップドライバーもセットが外れているカートで戦う場合は本来のパフォーマンスを発揮出来なかったりしますし、発展途上のドライバーでも、セットが決まれば、上位陣を脅かす事が出来ます。これがレーシングカートの魅力のひとつです。

でもやはり、トップドライバー、トップチームは過去の経験から、セットの方向性を見失う事が少ないですし、セットが外れてしまったカートでもトップドライバーは技を駆使して、ラップタイムの落ち込みを最小限に留める事が出来る。だからやはり彼らは常に上位に顔を出し続ける事が出来ます。

レースに参戦して、良い結果を頻繁に出せるようになるには、長い道のりになります。しかしカートレースは他のモータースポーツのように、プライベーターでは、どんなに頑張っても上位進出が無理ってわけではないので、夢は持てます。

カートレースにこれから参戦する予定のドライバーさんは、学ぶ事は多いですが、一歩ずつ前進して行って、上位を常に走れるドライバーになって欲しいですね。

チームとして、みんなに良いレースをしてもらうように頑張るのが僕の仕事なので、これからも難しい局面に立ち向かいたいと思います。みんなで一緒に頑張りましょう!

  • 2013/05/10 22:09

よし♪よし♪

今日は白糸にいました。ユウキ君はエンジンを育てるためにひたすら走る予定で、マスダ君は遂にマイカートのシェイクダウンです。

その他にも、ヤスダ君、ミッフー、アキヤマ君といったメンバーがレーシングレンタルで走りました。

ユウキ君は頑張って200周以上走りましたので、まずは第一段階終了です。

注目のマスダ君は装着していたタイヤが年代物過ぎたので、タイムは平凡ですが、生きの良いタイヤを履けば、間違いなくかなりの好タイムが出せそうです。

そして、伸び盛りのヤスダ君は今日もまた、飛びきりジャンプアップしてしまいました。タイムでミッフーのコンマ1秒落ちまで来たので、がっつりと対決出来そうです。今日は海外出張に行かれていたお父さんが久しぶりに帰国されて、ヤスダ君の走りを見に来てくれました。

前回、日本でヤスダ君の走行を見た時とは、本当に別人のように走る彼に、かなりの衝撃を受けていました。ユウキ君に続いて、是非、レーシングカートのレースに挑戦して欲しいと思います。

そしてアキヤマ君ですが、レーシングカートに乗るのは本当に久しぶりのはずが、ミッフーのコンマ3落ちまで来て、体重の違いを考えると、こちらも十分なタイムです。

みんな良い感じに伸びて来ているので、このまま突っ走って欲しいと思います。まさに、よし♪よし♪ってところですね♪

  • 2013/05/05 22:47

鈴鹿サーキット

先週の鈴鹿が終わって、次の鈴鹿は7月です。およそ2ヶ月のインターバルがありますが、その間にシャーシーをどうするかを決めなければなりません。

前回の鈴鹿は急遽、ショップに保管されていた、モデルは古いけれど、あまりくたびれていない中古シャーシーで参戦しましたが、前回まで使用していたシャーシーも修正機に掛ければ、直るかもしれないとの事なので、シャーシーっていったいどのくらい使えるのかを検証する意味でも、ちょっと考えています。

僕のカートはすでに、過去に1回、修正機で修正した事があります。その時はきちんと直って、走りにまったく問題はありませんでした。2回目の修正でどんな感じになるのかが解りませんが、戦闘力が戻るのならば、それもありかと思っています。

マラネロ社のニューモデルが前回の鈴鹿でお披露目となって、親分のところの有力ジュニアドライバー君が使用しました。

リザルト以上の手応えがあったようなので、そろそろニューシャーシーも良いかなとも思っています。(あたりまえですが。。。)

どちらにしても、きちんとテストをしたいのですが、鈴鹿は特殊なサーキットで、レーシングカートの走行日が一月に2回か3回しかありません。それも平日だったりするので、みんなと走れる週末は本当に貴重です。

2ヶ月のインターバルと言っても、なかなか走れないので、準備を早急に進めて、走れる日に走るしかありません。

そんな鈴鹿サーキットで上位を走れるようになるのは簡単ではないのですが、鈴鹿は素晴らしいサーキットなので、人気は抜群です。

毎年行われる鈴鹿の世界選手権やワールドカップで来日する外国人ドライバーも鈴鹿が世界でナンバーワンだと言います。

僕自身も海外レースに初めて参戦した時に、「本場ヨーロッパのコースってどんなに凄いんだろう。」とかなりの期待をしていたのですが、鈴鹿を走りなれている僕には、「えっ?ここなの?」って感じで期待が大きかったのもあって、ちょっとした衝撃でした。

その後、違う国のサーキットも走りましたが、鈴鹿を越えるようなコ-スはありませんでした。

そんな鈴鹿に頑張れば日帰り練習が出来る所に住んでいるので、やはりこれからも鈴鹿には行きたいと思っています。

でも、ミッフーとかは、練習時間があまりとれない鈴鹿よりも瑞浪の方が、参戦しやすいのではないかと思い、「次は瑞浪に出ちゃう?」と話したのですが、やはり鈴鹿が良いようです。

鈴鹿のコースが面白いのはもちろんですが、参戦してくるドライバーやチームのレベルが高いのも魅力ですし、鈴鹿の持つ雰囲気や世界最高峰のカートコースでレースが出来るってところも、ミッフーの心を掴んだようです。

ですが、僕は瑞浪も大好きです。鈴鹿とはまた違った難しさがありますし、面白さもあります。沢山練習出来るのも良いポイントです。

今後は白糸で育てて、瑞浪に遠征レースをして、鈴鹿にも挑戦してもらいたいと思っていますので、これからレースを始めるドライバーさん達には、バランス良く、色々なコースで色々な能力を吸収してもらいたいと思います。

ミッフーの次に白糸レンタルからレーシングカートのレースに参戦するのは、誰でしょう?楽しみですね♪

  • 2013/05/04 09:43

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed