エントリー

2013年03月の記事は以下のとおりです。

上達しています。

昨日は春休みって事で、ジュニアスクールがありました。今回のスクール生は小学4年生と2年生の兄弟です。

お兄ちゃんは4年生なので、座学の理解もある程度は期待出来ますが、2年生の弟君には難しい話は理解不能な場合が多いです。

しかし、今回の2年生君は、自分のオンボード映像をしっかりと見ながら、僕の指摘する問題点に真剣に向き合って、コース上で改善にトライしていました。

お兄ちゃんも、4年生とは思えないくらいスムーズにタイムアップしていって、最後は初回のスクールとしては、とても素晴らしいタイムを記録して終了しました。座学の理解も十分出来て、最後のオンボード映像は、僕の指摘ポイントをほとんどクリア出来ました。

最近、白糸ジュニアスクールに現れる少年たちは、とても粒ぞろいで、みんな今後がとても楽しみです。昨日の兄弟君も大変、楽しんでくれたようなので、次回に続くと良いですね。

さて、昨日はユウキ君が練習に来てくれました。ジュニアスクールと重なったので、インストラクターのように、ジュニアスクール生を先導してもらったりしました。頼もしい先輩ってところです。

昨日は雨が降って、路面が濡れてしまった時間帯もあり、半乾き路面、ドライ路面と、色々と走れました。ユウキ君にとって、とても有意義な練習になったと思います。

インストラクターのお手伝いをしてくれたので、お礼に僕も一緒に走ったのですが、レースと同様のウエイトを搭載しているのに、以前よりも格段に上手に走っています。

軽いウエイトでは、とんでもないタイムを記録するユウキ君ですが、フルウエイトとなると重たいカートのコントロールに苦戦していました。しかし、昨日の練習でワンステップまた上がったようで、後ろから見ていても、とても良いラインを走ります。本当に上達したなって感じです。

もちろんまだ若干の修正は必要ですが、現状でも十分なレベルになって来ています。次回の白糸レンタルレースで、台風の目になるかもしれません。

しかし、ユウキ君は僕が白糸のコースにいる時に現れる不思議な才能を持っています。平日にコースにいる事はあまりないのですが、昨日はジュニアスクールがあったので、コースにいました。前にもこんな事がよくあって、不思議だねーなんて話した事があります。面白い事があるものです。

さて、次の白糸レンタルレースが近づいて来ました。エントリー予定の方は、お早めのエントリーをお待ちしています。

  • 2013/03/26 20:04

本当にポンコツです。

昨日の鈴鹿は、決勝を完走する事は出来ましたが、結果は8位と微妙な順位でした。

好調だったテストと違い、流れが変わって来た土曜日を終えて、それでもタイム自体は参加ドライバーの中でも良い部類にいました。

しかし、いくつかの問題点が克服出来ずに決勝日を迎えて、その辺りから、歯車がかみ合わないレースになってしまいました。

まずタイトラですが、今回の問題点のひとつでもある、良いタイムが出るまでに時間が掛るって事から、時間切れでベストラップに到達出来ませんでした。

残り時間の最後の最後でタイムが出始めて、最終周のアタックが完結していたら、ポールポジションが獲れたと思うのですが、引っかかってしまって4位になってしまいます。

タイム差は本当に僅かで、トップと100分台の僅差でした。

気を取り直して、予選で挽回したいところでしたが、スタート直後の2コーナーで激しく追突されて、スピンしたところにさらに後続に突っ込まれて、再スタートした時には、トップグループは遥かかなたでした。

再スタート後9位まで回復します。しかし、この時に問題点の2点目に気が付かなければならなかったのですが、ほとんど単独走行だった事とパッシングしたドライバーが後方のドライバーだったので、僕とのタイム差が激しく、あまり苦戦せずに抜いてしまい、その問題点に気が付きませんでした。

予選のファースティストラップは僕となり、単独で走っていた時に出したタイムがトップのドライバーよりもかなり速かった事も、問題を上手く隠してしまい。「タイムも他のドライバーよりもかなり速いから、このまま決勝に行こう。」となってしまいました。

この2点目の問題点とは、単独走行だと速く走れるけれど、誰かをパッシングに行くには厳しい仕様だと言う事です。

誰かのスリップに入ると、単独で稼げるエンジン回転よりも、高くなって、前のドライバーを抜く事が出来るので普通ですが、不思議なくらい、単独の回転数とスリップについた時の回転数が一緒で、この事から、パッシングがとても難しくなってしまっています。

鈴鹿は高速サーキットですから、ヘアピンでインに飛び込むにもエンジンの高回転部分が重要になります。最終コーナーでも同じです。

この高回転部分がまるでリミッターに当っているかのように、まったく伸びない事から、コーナーの飛び込みで前のドライバーのインにカートを付ける事が出来ません。

仕方が無いので、立ち上がりで横に並んで、次のコーナーでインに並べるように並走するのですが、それでもトップエンドが伸びない事から、長いストレートで抜かし返されてやり直しです。

そんな事を決勝で繰り返して、なんとか隙をついて裏ストレートエンドでイン側に飛び込めたのですが、やはり伸びが足らずに、あっさりと閉められて接触、またしても再スタートです。

ここでもやはり単独で走るとスピードは遅くなくて、一気に前のドライバーに追いつきます。ファイナルラップでかなりあった差を詰めて、5位争いに追いつきましたが、笑っちゃうくらい抜ける気配も無くて、そのまま大人しく付いて行くだけでした。

またしても難しいMAXエンジンを仕上がられなかっただけですが、タイトラでポールを逃がして予選で追突。この2ヒートの結果がほんの少し違っていたら、決勝に臨む前に何か違ったセットを試せたのですが、それすら出来なかった事が悔やまれます。

そろそろ本当にポンコツになった自分を理解して、頭を切り替える必要があります。なまじタイムが出る瞬間があるためにレースに期待が掛りますし、結果が悪くてがっかりもします。

ポンコツなんだときちんと思えれば、今回ももうちょっとでポールポジションも獲れそうだったし、予選や決勝でも単独タイムはとても速かった事に満足出来ると思います。

今回は難しいMAXエンジンで間違いなく一歩前進したので、そこも喜べるポイントのはずです。

次回の参戦クラスに悩む事になりましたが、早々に決定して、どちらかのテストをしっかりとこなしたいと思います。

あ~、しかしレースは難しい。毎回、今度こそ!って思って参戦しますが、いつも何かに阻まれて、がっかりの帰り道になります。チャンピオンを獲るとか、優勝するとか、いったいどうやるんだっけ?って感じです。

4月も鈴鹿はあります。どうしたもんだろ???

  • 2013/03/25 21:43

うーん。

今日から鈴鹿です。比較的に好調だった先週を考えると、レースでも良いポジションを走りたいと思ってしまいますが、レースはそんなに簡単ではありません。きちんと全てを仕上げなければ、良い結果は望めないので、今日の走行がとても大事です。

今日の4回の走行で、いろいろなテストを実施しましたが、結論から言うと、なんだか満点からはほど遠い感じです。

一番悩ましいのがシャーシーで、履き慣れないヨコハマタイヤの良いところが探せませんでした。やはりヨコハマタイヤでレースを常に戦っているドライバーさんは、うまく仕上がっているようです。

エンジンも決まらないシャーシーに引きずられて、今一歩ですので、明日はどこかで、タイヤを含めたシャーシー全般を良い方向に導かなければならないと思っています。

明日は今日よりも気温が下がるようなので、その辺も難しそうです。

でも、このところ決勝を走れていない僕なので、明日こそきちんと決勝を完走して、レースを楽しみたいと思います。頑張ります!

  • 2013/03/23 19:19

色々と楽しい1日でした。

昨日はF-1が開幕戦を迎えましたね。

カムイ君がいない事はとても残念ですが、やっぱりF-1は面白いです。昨日のレースも、ライコネンはやっぱり凄いし、アロンソはやっぱり素晴らしい。ハミルトンもベッテルもバトンもその他のドライバーもみんな持ち味があって、見ていてとても楽しめました。

しかし、ライコネンの優勝は読めませんでしたね。タイヤに優しいロータスの2ストップ戦略が決まったって事ですが、そんな単純な話じゃなくて、ライコネンだから成し得た優勝でした。

アロンソも同じように、アロンソらしさ全開のレースでしたね。

来年はレギュレーションが大幅に変更になるので、今年のようにチームの実力が均衡したレースが見れなくなるかもしれません。

そんな観点からも今年のF-1は見逃せませんね。

そして、昨日はミッフーの鈴鹿挑戦2戦目のために鈴鹿に練習に行って来ました。

昨日の鈴鹿は、暖かい気温の影響でグリップも高く、先月までの極寒のツルツル路面とは、また違った難しさがありました。

ミッフーは積極的に周回を重ねて、鈴鹿のコース攻略に努めました。タイムはもう一歩のところで頭打ちになりましたが、前回の鈴鹿よりも、スムーズに走れていましたので、もろもろのセットが合えば、楽しいレースになりそうです。

昨日はマコちゃんも走りました。かなりの好タイムを連発していましたが、本人的には、あまりにも良いタイムが出過ぎて、逆にレース当日に嵌まりそうな気がすると、不安げでした。でも、レース当日は、また色々なセット変更で立ち向かっていけば良いので、きっと大丈夫だと思います。

そして、僕も久しぶりにMAXエンジン搭載して、テストで走りました。

何時の頃からか、MAXエンジンで良い仕様が見つからずに、厳しいレースになっていたのですが、昨日は本当に良い状態で走れました。

MAXエンジン+ヨコハマタイヤのマスターズ仕様で走ったのですが、ヨコハマタイヤが無かったので、(もちろん買えばあるのですが。。。。)トレンタのフーミンさんから、処分予定のユーズドタイヤをありがたく頂いて、(どこまで貧乏なの?)急いで装着して走りました。

路面状況が良かった事もあって、ユーズドタイヤですが、コースレコード辺りでまでタイムを詰められましたし、MOJOタイヤを履いたシニアとも、それなりに楽しくバトルが出来ました。このままこの好調さを維持できればと思います。

しかし、昨日は終日エンジンは好調で、好調と言うのか普通に走れると言うのか解りませんが、ジェットを変えれば、とても顕著に反応してくれますし、排気バルブを1ノッチ動かせば、はっきりと違いが解ります。こんな具合だと、MAXエンジンは謎ではなくて、本当に普通のエンジンです。ですが、ここから突然、不思議モード全開になって行くかと思うと不安がいっぱいですが、まずは良いパフォーマンスで走れた事を素直に喜んで、あとは御祈りでもしようと思います♪

レースは今週末です。どうなるでしょう?

  • 2013/03/18 21:00

コースレコード樹立!

先週の日曜日にマスダ君が白糸レンタルのコースレコードを樹立しました。

以前のレコードタイムはガクちゃんさんが、2010年に記録した44秒792だったのですが、成長著しいマスダ君が44秒769を記録して、見事にニューレコードを樹立しました。

最近の白糸レンタルは色々な変更を経て、44秒台が厳しくなって来ていましたので、この記録更新は嬉しいニュースですね。

現在、スピードだけを比べたら、間違いなく白糸レンタル最速はマスダ君だろうと思っていたのですが、このニューレコード樹立によって、文句無く白糸レンタル最速男って事ですね。

しかし、だからと言ってマスダ君が連戦連勝するかと言うと、そこは簡単には行きません。レースはスピードだけではないので、マスダ君にも、まだ伸ばして欲しい分野があります。だからレースは面白いんです。これから、追われる立場になりましたが、今よりもワンステップさらに成長してもらって、みんなを引き離しちゃうのも面白いですよ。

さて、セバスチャンさんがコメントを寄せてくれていましたが、今週末にF-1が開幕します。カムイ君が出れない事はとても寂しいですが、見所は満載の2013年です。やはり1年間楽しませてくれそうです。(僕のレースはしょっぱいレースが続いていますが、流石に全戦しょっぱいって事も無いと思います。神様がちょっとトイレにでも行って目を離した隙に良いリザルトを奪取しようと思います♪)

  • 2013/03/15 18:35

ステップアップ

昨日の白糸は朝一番から団体さんの到着で、忙しいスタートとなりました。

団体さんがお帰りになってからも、新規のお客様や常連さんが、次々に現れて、久しぶりに盛況となりました。

4月のレースまでの日曜日がバイクレースや貸切で、レンタルカートが走れる日がないため、この日に集中したようです。

4月のレースは、エントリーを表明されている新規チームさんがいたりしますし、他にもかなりのチームが参加希望されているので、エントリー受付開始から、すぐに参加枠が埋まる可能性があります。参加希望のチームやドライバーは今週末から受付開始しますので、お早目のエントリーをお待ちしています。

さて、昨日はレンタルカートだけではなくて、レンタルレーシングも走りました。

4月の鈴鹿に参戦予定のミッフーや中部連合のマスダ君も走りました。

そして、白糸レンタルレースのスーパールーキーのユウキ君もレンタルレーシングでレーシングカートデビューしました。

先週もデコボコ兄弟君達がレーシングカートデビューしましたので、白糸シリーズで修行中のジュニア君達が続々と、レーシングに乗り始めています。

先週の兄弟君も初めてのレーシングカートとは思えないくらいスムーズに乗り始めましたが、考えてみるとレンタルカートで培った基礎が無ければ、小学生が簡単にはレーシングカートを操れません。

昨日のユウキ君も、とても小学3年生が乗っているとは思えないくらいしっかりと走りました。さらに初めてのレーシングカートとは、だれも思わないくらいのタイムも記録しました。

やはり白糸レンタルは安全で、そしてしっかりと基礎が学べるので、ジュニアにはもってこいですね。

これからも白糸レンタルから、ジュニア、大人を問わず、レーシングカートにステップアップして欲しいと思います。

しかし2週続けて初めてのレーシングカート走行にお付き合いしましたが、まさに末恐ろしい感じです。今後も継続して練習していけば、すぐにレースに出れるレベルになると思います。

もちろんレースは簡単ではありませんので、すぐに上位を走れるわけではありませんが、スピードで負けなければ速いドライバーの走りも近距離から見れます。自分に足りないものが解ったりしますので、どんどんとレベルアップしてくれると思います。

徐々にでも、レーシングカート人口が増えてくれる事は嬉しい事ですね♪

  • 2013/03/11 18:08

ここからがまた、面白い♪

今日は、白糸でジュニア君達のレベルアップのために、花粉症に悩まされながら頑張りました。

レンタルカートで順調に成長を続けている兄弟ドライバー君達が、今日からレーシングカートに乗り始めました。

レンタルカートとレーシングカートとは、パフォーマンスの面で、かなりの違いがありますが、根幹の部分は同じなので、二人とも、今日が初めてのレーシングカートとは思えないくらい、スムーズに走ります。

セクションを重ねるごとに、どんどんとタイムアップして行きますが、体力的な部分も違いが大きく、夕方の最終セクションは走らずに終了しました。

初日としては、十分な成長を遂げる事が出来ましたので、まずは良いスタートが切れたと言えると思います。

セクションとセクションの間の座学の時間には、ちょっと難しいタイヤについてのお勉強をしました。

こう言った難しい話を小学生にしても、「何の話?」って顔をして、ほとんど記憶にも残らない事が多いのですが、この兄弟君は、座学をとても真剣に聞いてくれます。

全てを理解するのは、もちろん無理だと思いますが、タイヤの構造や性質を知る事は、レーシングドライバーには、とても重要な事なので、断片的でも心のどこかに引っかかってくれていれば、何かの瞬間に、答えが繋がったりするものです。

レベルアップして、一段、階段を上がる時はそんなものです。聞く耳を持つかどうかは、大きな違いって事ですね。

これからもボス猿塾の塾生として純粋培養していって、速くて、強くて、クレバーな、およそ隙のないドライバーを目指したいと思います。

過去のレース結果の最悪記録を更新してスタートした2013年鈴鹿開幕戦が終わって、がっかりとげんなりと、むなしさで、沈んでいたボス猿ですが、ジュニア君の成長を手助けできる、このお仕事に就けている幸せに感謝して、次に気持ちを切り替えたいと思います。(ボス猿ブログの更新が滞っておりましたが、今後もまた頑張って書いて行こうと思います。みなさん。これからもお付き合い頂ければと思います。宜しくお願いします。

  • 2013/03/03 20:12

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed