エントリー

2012年12月の記事は以下のとおりです。

2013年シリーズ

今年も残り僅かとなりました。2012年もあっと言う間でしたが、もうすぐ2013年がやって来ます。

2013年白糸レンタルカートシリーズのスケジュールが決定致しました。

第1戦: 1月27日

第2戦: 4月 7日

第3戦: 5月26日

第4戦: 8月18日

第5戦:10月27日

第6戦:11月24日

来年は開幕戦が1月27日と今年より若干、早いですが、雪の影響はあまり心配ないと思います。寒いのは寒いと思いますが、レースになるとみんな一生懸命に走ると思うので、寒さもあまり感じないと思います。(走っていないときには厚着して、頑張りましょう♪)

年明けの6日がエントリー受付開始となります。シーズンインまですぐですので、お正月に太らないようにしましょう(僕の事です。)

今年も1年間、白糸シリーズを盛り上げてくれたみなさん、ありがとうございました。来年もみんなが楽しめるレースにするために、頑張って行きたいと思います。来年もよろしくお願い致します。

それではみなさん、良いお年をお迎え下さい。

  • 2012/12/29 16:55

ジュニアスクールは順調です♪

今日は最近走り始めた、男の子の兄弟君のスクールです。

3年生と5年生の兄弟ですが、体格的にはほとんど同じで、身長も体重もほぼ同じです。

ジュニアレンタルで走り始めた二人ですが、前回のスクールから、大人用に乗り換えています。

今日は大人用に乗り換えてから2回目のスクールです。

朝は路面が濡れていて、レインのラインを覚えてもらう為に、僕と一緒に走りました。路面の水量によって、通るラインがまるで違うのがレインの難しいところですが、何パターンかのラインを走りながら、グリップの違いを確認してもらいます。

路面はどんどんと乾いてきて、ドライになって行きます。

ドライになって、前回のスクールで記録したタイムを大幅に短縮して、今日も良い感じで終了しました。

タイムはやがて、壁が来ますが、壁にぶち当たった時の対処法なども説明しながら進めていますので、このままある程度のレベルまで上がってくれると思います。

兄弟と言っても、タイプの違う走りをする二人は、お互いが良い刺激になっているようです。二人の良い部分を伸ばして、押さえ込んでしまいたい部分を徐々に取り除いて、バランスの良いドライバーを目指してもらいたいと思っています。

明日もスクールがあります。明日のスクールは白糸レンタルシリーズに参加してくれている方で、ジュニアではありません。

大人の方のスクールも、もちらん大歓迎です。走りのお勉強をしたい、向上心のある方募集してま~す♪

  • 2012/12/23 18:44

寒いは寒いのですが。

今日は、新しくレーシングカートを始める方のシェイクダウンにお付き合いして、白糸にいました。お買い上げ頂いたのは、マラネロです。

最近の白糸は、早朝と夕方はやはり寒いですが、日中は、ポカポカと暖かな日差しのおかげで、そんなに寒く感じません。

今日のお客様は、ドリフト等の経験者さんなので、すぐにコツを掴んで、良いタイムで走り始めました。

ここで有りがちなのが、センス良く走れてしまう方は、すぐに良いタイムが出始めます。何故、良いタイムが出るかと言うと、タイムが出ない人に比べて、コーナーリング中にアクセルを開け始めるポイントが手前なわけです。すると旋回Gが発生して、あっと言う間に、ドライバーさんの体力を奪ってしまいます。

遅いタイムで走っている方は、結構長い時間、コースに留まっていられるのですが、初心者さんなのにセンス良く、良いタイムで走る人は、体力的に、そんなに長くコース上にいられないんです。

今日のお客様も、体力的にかなり厳しそうでしたが、頑張って走って、初日としては本当に素晴らしいタイムを叩き出して終了しました。また一人、カートの魅力にやられちゃった人が白糸に誕生しました。次の走行も間を開けずに、頑張って走ってもらいたいと思います。

そんな訳で、もう十分に寒い白糸ですが、雪もありませんし、日中は、かなり暖かいです。寒そうだからと敬遠している方は是非、頑張って走ってもらいたいと思います。

  • 2012/12/12 17:57

気が抜けて~

鈴鹿の最終戦が終わって、今年もタイトル獲得とはならず、いけそうな雰囲気だけを味わって終了しました。なんだか、すっかり気が抜けてしまいましたが、そんな事を言っていると、今年と同じ事になりそうなので、そろそろ気合を入れなおしたいと思います。

今年を振り返ると、昨年が同点でランキング2位と、かなり惜しい結果だったので、今年こそはと、色々と煮詰めてレースに臨みましたが、周りのドライバーもそれは同じで、上位陣のレベルは相当に上がってきています。今年のランキングは6位と昨年よりも後退しました。

思えば、MAXクラスに参戦し始めた年もランキング2位で、惜しいところで、チャンピオンを逃しました。

何も解らないで参戦していた点を反省して、2年目は色々とテストを重ねて臨みましたが、やはり1年目よりも後退してしまいました。

3年目もチャンピオン獲得は叶わず、その後、MAXクラスのタイトルは、4年目でなんとか獲得するのですが、この流れと同じだとすると、avantiクラスのチャンピオンは来年も無理?って事になってしまいます。(本当にそうなると、ちょっとコワイですね。。。。)

元々、王子やニシ君、ケンタが出場するから、僕もついでに参戦ってノリだったのが、何時の間にかそれなりに頑張ってレースしていました。しかし、なかなか上手く行かないもんですね。

今年はスピードで大きく負けていないのに、ノーポイントやそれに近いレースが多く、これが敗因でした。

参加台数が増えてくると、予期せぬトラブル等で、前の方でフィニッシュ出来ない事も出てきます。やはり、接触に巻き込まれないで、エンジントラブル等を出さない事が大事ですね。

昨年と同じで、最終戦が終わって、シャーシーも曲がってしまったので、来年用のカートを考えなければなりません。今年のカートも誰も乗ったことがなかった新しいモデルだったので、良い仕様に辿り着くのに、ちょっと苦戦しました。

じじいが乗っても簡単に乗りこなせるイージーなカートが良いのですが、何が良いだろう?早めに決めて、早めのテストをこなしていかなければ開幕戦で上位を狙えません。急いで決定したいと思います。店に程度の良い、中古のモルビドが。。。。

  • 2012/12/08 18:00

ラストレースの結末

昨日は、鈴鹿とAPGで最終戦がありました。鈴鹿は寒かったですが、雨や雪にはなりませんでした。しかし、APGは決勝で雪が降って、とても寒い最終戦になりました。

まずユウガですが、タイトラは4位とまずまずの滑り出しです。予選で、激化するバトルを観察しながらの走行で、あまり無理をせずに決勝に賭ける作戦です。決勝は5位スタートです。

しかし、決勝から、レインタイヤを装着してのレースになり、オープニングラップで接触があって、後方にドロップしてしまいます。

追い上げ開始で頑張りましたが、ファイナルラップで6位に追いついて仕掛けます。しかし、最終コーナーまで勝敗はもつれて、ほんの僅かな差で7位フィニッシュでした。ユーズドレインを使用したのですが、上位陣はフレッシュタイヤを装着していて、その点を考えると、頑張った7位だったと思います。来年もまた頑張ってくれると思います。

さて僕の鈴鹿ですが、前日に曲がったシャーシーは、なかなか厳しくて、ブレーキングで激しく左を向いてしまう、この冷えた路面では、心臓に悪い乗り物になってしまっています。

コーナーも左コーナーで顕著に曲がらない事もあって、体重移動をフルに使って、なんとかレーシングラインに乗せる感じです。

そんな、厳しい状況ですが、冷えた路面で、みんなもあまり良いタイムを刻めずにいるようで、タイトラ次第では、なんとか上位フィニッシュも狙えるかもしれません。

そして、タイトラです。誰かのスリップを使わせてもらおうかと思いましたが、僕が後ろに忍び寄ると、みんな減速して、前に出されてしまいます。

前日の走行で、僕がトップタイムみたいなガセネタが流れているらしく、僕のスリップ狙いのドライバーさんがいるようです。

「ふふふ。。。。僕の遅さを知らないな。」とか、つぶやきながら、なんとかスリップを使わせてくれそうなドライバーを探します。

あまり、上手く決まりませんでしたが、タイトラの結果はB組の3位とまずまずです。

予選がスタートして、すぐに2位に立ちます。トップと僕の2台のペースが回りよりも良かったので、2台のマッチレースになります。

序盤はこのスリリングマシーンでどうやって、抜いていこうかと悩みましたが、徐々に慣れて、オーバーテイクのイメージも出来たので、一気に間合いを詰めて、抜きに行こうと思ったら、ヘアピンで失速して、僕はエンジンかキャブの何処かが、また壊れたと、手を上げて、リタイヤを覚悟しましたが、失速は数秒で、また、加速し始めます。

その後、開いてしまったトップとの車間を再び詰めますが、踏みつけたシャーシーは僅か数周で、戻り始めて、パッシングに行けるような状態ではなくなってしまいます。

予選のファースティストラップは僕になりましたが、とても優勝出来るような状態ではないので、決勝はどうしたもんだろうと思案に暮れます。とりあえず予選で感じた、リアセクシャンの感覚を頼りにセットを変更して、少しでも向きを変えやすいように考えます。

予選で起きた失速は、リードバルブが割れていたので、その影響か?とも思いましたが、その後もベストラップを出していたので、なんだか、不思議な感じです。その他、点検出来るところはしましたが、特に問題は発見出来ずに、決勝になります。

ところが、決勝がスタートして、コースインとともに、失速症状が現れて、ローリングにも遅れてしまいます。吹けたり、失速したりを繰り返しながらの走行で、キャブ調整をしなおしたら、まともに吹けたので、ローリングで自分のポジションに戻ろうとしますが、時間切れで、本来のポジションよりも、後方からスタートです。

ストレートではしっかりと加速しましたが、1コーナーで再び失速して、さらに前方では接触があって、通行止めのような状態です。

エンジンは吹けないし、前はふさがっているしで、どうにもならずに、ゆっくりと僕も通行止めの一員になって、その後再スタートしますが、やはり失速、加速を繰り返す症状は治らずに、そのままピットに向かいます。

ピットで確認しますが、外観的には、やはり異常は見つからずに、もう一度、コースに戻ろうかとも思いましたが、症状が治らなければ、コースにいるのも危険なので、諦めてリタイヤとなりました。

苦しみながらも、なんとか上位で決勝に臨めたのに、最後は、やっぱり僕らしい結末になりました。

曲がってしまったシャーシーは、修正達人のすーさんのところに置いてきて、帰りは、物凄いスピードで撤収を完了させて、(決勝走っていないので、早いんです。)尻尾を巻いて帰ってきました。

最後はやはり、僕らしい結末になっちゃいましたが、今回も僕なりに頑張りましたので、これで良しとするしかりません。来年はさて、どうしましょう?ゆっくりと考えるとします。

今年も1年、僕の不思議なレースに付き合ってくれた、とくさんと、いつもコースでトラブルが起こると助けてくれる、すーさんやトレンタさんには本当に感謝しています。来年も何かに出れれば、またよろしくお願いします。

  • 2012/12/03 15:35

今年のラストレース!

今日から鈴鹿に来ています。今日の鈴鹿はお日様が出てみたり、曇ってみたり、曇るとかなりの寒さになって、「流石は鈴鹿、寒い!」とか言ってる内に、雨も降り出して、なかなか厳しい一日でした。

今回の鈴鹿は3回しか走行時間がなくて、出来るメニューも限られています。1回目の走行は、僕のavantiクラスがトップバッターで、朝一番のとても冷たい路面でグリップが低く、コースアウトやスピンが続出していたので、また巻き込まれたら最悪と、あまり集団に入らないように走りました。

しかし、予選落ちが出る今回のavantiは、集団を避けても、次から次に誰かが現れます。「これは、なかなかデンジャラスだな。」と真剣に走るのを諦めます。2回目には路面温度も上がって、ちょっとはグリップしてくるはずです。

それでもなんとか、エンジンのフィーリングは確認出来たので、すぐに2番基に載せ換えます。

2回目のセクションも渋滞の中、なんとか隙間を探して走ります。しかし、最終戦だからなのか解りませんが、テンションの高いドライバーが多く、3回もぶつけられて、この回も、なんだかよく解らないまま、終了です。

3回目の走行の前に、シャーシーが曲がってしまっているのを発見して、昨年の最終戦のように、今回も曲がったシャーシーとの格闘が始まります。3回目の走行は、走っては踏みつけて、一番ましなポイントを探します。タイムももうひとつですが、1番基エンジンのフィーリングは悪く無さそうなので、明日は、直線番長で頑張るしかなさそうです。(僕が直線番長って無理があるか?でかいのに。。。。)

今回はまた、鈴鹿とAPGが同じ日にレースがあって、APGにはユウガが出場します。今年の第2戦だったか、今回と同じで、2箇所に分かれて、レースになりましたが、APGでユウガが優勝して、鈴鹿で僕が優勝しました。ユウガとは今回も二箇所でダブル優勝ね♪と約束して来ましたので、必死に頑張ろうと思います。

頑張るぞ~っと!

  • 2012/12/01 18:21

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed