エントリー

2012年10月の記事は以下のとおりです。

やっと、まともになりました。

先週の日曜日にユウガがAPGで2位になりました。

ARTにシャーシーを変更して2戦目なのですが、シェイクダウンの時に起きたマイナートラブルは、以外と根が深く、次から次に新手のトラブルが襲って来て、ARTでの初戦も2位を走行中にメカトラブルが発生して、自分でピットに戻り、リタイヤとなりました。

その後も、まともに走れない状況が続きますが、遂にトラブルを引き起こす元凶を突き止める事が出来て、それを改善したところ、全てが良い方向に転がり始めます。今回のレース前日には、コースレコードも非公式ながら更新する好調さです。

しかし、レース当日はレインコンディションとなって、ARTでのレイン走行データの少なさから、優勝には届きませんでした。

今回は、トラブルの虫を燻りだすのに時間が掛りすぎて、まともな状況で走れたのはレースウイークになってからだったので、その中では頑張れたレースだったと思います。本当はドライで戦いたかったところですが、それは次回におあずけで、次に向けてレインのテストもしておきたいと思います。

あいかわらず、レースは難しいです。沢山、悩みましたが、解決出来たので、(原因を発見したのは、親の愛パワー炸裂のお父さんでした。)やっとこれから本領発揮です。どのくらいのパフォーマンスなのかが楽しみです♪

  • 2012/10/31 22:11

やっぱり、努力は人を裏切りません♪

昨日は、シジョウさんが、練習に来てくれました。

5月のレースに練習なしで、いきなりレースデビューを果たした彼は、その後も、定期的に練習とレース参加を重ねてきましたが、ちょっとした、格闘家を負かすんじゃないかと思えるほどの体格の持ち主で、上背もありますし、筋肉量もハンパないので、初走行当時は86キロ程の体重でした。

その後、ダイエットも頑張って、(ダイエットって言っても、贅肉も無さそうなのですが。。。。)80キロまで落としました。

しかし、それでも80キロあるので、精度の高い走りをしなかれば、良いタイムは出せません。

5月からここまで、細かいポイントを補正しながら、少しずつタイムアップを遂げてきましたが、昨日はかなりのレベルアップに成功して、僕とのタイム差もかなり詰まりました。

そんなシジョウさんに、ご褒美として、誰よりも早く次の最終戦で予定している、ハイギアード仕様のカートに乗ってもらいました。

最初は、タイムダウンしたのですが、最終的に、タイムアップに成功して、回転を落とさないで走るメカニズムを掴んだようです。

やはり、努力は人を裏切りません。地道な練習をきちんとこなして、他人のアドバイスに耳を傾ける謙虚さが、シジョウさんを短期間でここまでに成長させてくれたんだと思います。

最終戦まで、あまり時間がありませんが、希望者にはハイギアード仕様のカートで練習出来るように考えています。これは、なかなか良い練習になりますよ♪

  • 2012/10/27 18:35

やっぱり、頑張らねば!

昨日は平日でしたが、ジュニアスクールがありました。

5歳のお子さんだったので、お父さんのお休みの水曜日に、来てくれました。

始めは、ブレーキとアクセルの操作で手一杯って感じでしたが、徐々に慣れてきて、恒例のお父さんと一緒に走る時間帯では、やはりとても楽しそうに走っていました。

年齢的に、1回のスクールでは、インストラクターのロープは外せませんでしたが、次回か、その次辺りでは、単独での走行も可能と思います。

そして、昨日はもう一人、前回がデビュー戦だった、スーパージュニアのユウキ君も走りに来てくれました。

学校が午前中で終わったらしく、夜からお仕事のお父さんを叩き起こして、来てくれたようです。

レースから、若干のインターバルが開いていたのと、平日の路面って事で、1回目の走行は、あまり良いタイムではありません。

2回目の走行ですが、エンジンのテストが必要なカートがあったので、僕もユウキ君と一緒に走る事にします。

1回目の走行後に指摘した箇所を、修正しながら走り、まずまずなタイムまで来ます。

そして3回目、僕もエンジンの仕様を再度変えたので、今回も一緒に走ります。

すると今度は、完全に見切ったらしく、一気にタイムアップして、僕の後ろに迫ります。

急激なタイムアップだったので、道を譲り、後ろに付いて走ります。

1回目、2回目で指摘したポイントがかなりのレベルで補正されていて、その上、安定度もあり、ほとんど隙がありません。

徐々に僕を引き離しながら、好タイムを連発して終了です。

タイムは平日の路面って事を考えると、とても素晴らしいもので、最初に彼が白糸に来た時に感じたとおり、非凡な部分を沢山持った、ドライバーのようです。

ここで、今日のタイトルです「やっぱり、頑張らねば!」は最終戦のウエイト搭載です。

現在の10キロ搭載のままで、ユウキ君を最終戦に出すと、昨日の僕と同様に、白糸レンタルレースの上位陣が全員、ぶっちぎられそうです。

これは、現状のユウキ君のためにも、あまり良い事では無いと思うので、頑張ってウエイト制を導入しようと思います。

う~ん、しかし僕の甥っ子のショウの出始めの頃を考えても、ジュニアは10キロ搭載で、ちょうど良かったのに、昨日のユウキ君を後ろから見ていると、完全に、これはまずい!って思いました。

まず、ジュニアにありがちな大きなミスが無いんです。前回のユウキ君は、まだ大きなミスを連発していました。しかし、昨日は僕との走行で完全にワンステップ上がったようで、ちょっと手が付けれなくなりそうです。

彼がレースまでのインターバルで、再び感覚を忘れてしまうのか?それとも、昨日で完全に掴んでしまったのか?は解りませんが、僕は、なんだか掴んだような気がします。

現状から大幅に増えるウエイトで、ラップタイムは落ちる方向に向くはずですが、ラインを含めた走りの部分を、もっと煮詰めて行ければ、きっとタイムも戻せるはずです。

さて、本当に頑張ろうっと!

  • 2012/10/25 19:18

間に合うか?

今日は午後から神奈川県に行って来ました。

なんのために行ったかと言うと、大量の鉛を購入するためです。

何故、大量に鉛を購入したかと言うと、白糸レンタルカートレースで、ドライバーの体重をなるべくイコールにするために、軽いドライバー(耐久の場合はチーム)にウエイトを搭載するためです。

現在、ジュニアドライバーには10キロのウエイトを積んでいます。また、表彰台に立ったチームには次のレースで10キロのハンデウエイトを搭載してもらっています。それとは別に、ドライバーのウエイトをなるべくイコールにするようにするつもりです。

最終戦にあたる11月4日に、このイコールコンディション化を実施出来るかは微妙ですが、なんとか頑張って間に合わせられればと思っています。

これが、上手く機能すれば、重量級の方達には朗報となると思いますし、現在、トップグループを走る常連ドライバーさん達も、上位を走っているのは、決してウエイトが軽いからではないと証明出来るチャンスになると思います。

レーシングカートのレースでは、一部のクラスを除いて、体重が70キロを超えてくると、どうしてもウエイトオーバーになります。

そうなると、かなり上位を走る事が厳しくなります。

ですが、レンタルカートのレースは色々な体格の方が、楽しめるのが理想です。

次に、このウエイトのイコール化によって、もうひとつ面白いトライを同時にする予定なのですが、それは、ギアレシオの変更です。

現在のギアレシオは、ちょっとローギア―ドに設定されています。これは、白糸レンタルレースを始める前のテストで、僕が設定しました。本当はもう少し、ハイギアードの方がタイムは速かったのですが、エンジン回転を下げないで走る事が出来ない初心者さんと上級者さんの、タイム差が激しく出てしまう点と、重量級の方と軽量の方とのタイム差も大きくなってしまうので、現在のギアレシオになりました。

しかし、このローギアード化は別の問題を内包してしまいました。それは何かと言うと、エンジン回転がメーカーの推奨回転よりも、かなり高くなってしまい、その事で、高回転まで回るエンジンと推奨回転プラスアルファしか回らないエンジンとで、タイム差が出てしまう問題です。

これを、バルブクリアランスやら、キャブの調整やらで、イコールになるように頑張って来ましたが、ハイギアードになる事で、エンジン回転が下がりますので、トップエンドの伸びの違いは大幅に減ると思われます。

それと、あと一点なのですが、オーバーレブで使用している事で、エンジンの寿命が短く、走行中の振動も多い事で、マフラーもたびたび折れます。これもかねてから出来れば、解決したい問題でした。

今回の変更は、ウエイトを揃える事で、有利不利が減り、イコールになる事で、ハイギアード化も出来るって、一石二鳥を狙った作戦なのです。

しかし、朝のタイトな時間で、ドライバーの計量もしなければなりませんし、車両のくじ引きが済んだ後に、ウエイトを積まなければなりませんので、参加者のみなさんの協力なくしては、難しいと思っています。

他のレンタルカートコースに相談したら、「そこまで、こだわったレースにしているところは、無いですよ。」と半ば呆れられちゃいましたが、長くレースに携わって来て、やはり遊びであっても、公正で、有利不利の無いレースじゃないと、本気になれないんじゃないかと思っています。

なんとか最終戦に間に合わせたいと思っていますので、みなさんの協力、宜しくお願い致します。

  • 2012/10/22 21:51

厳しい世界です。

韓国GPはカムイ君にとって、悪夢のようなレースになりましたね。

スタートで誰かに追突されたようなコメントをカムイ君は出していますが、それでも、「自分のミス」と男らしく非を認めて、バトンとロズベルグに謝罪していました。鈴鹿で表彰台に立って、評価も上がったところでのトラブルで、またしても、来期のザウバー残留に黄色信号が灯ったような報道が多いです。

カムイ君自身は、あまり1レースの結果に右往左往はしていませんが、周りはそうは行きません。

なんとか、来年もF-1を走るカムイ君が見たいと思っているので、どうにか、ならんのか?とヤキモキしちゃいます。

金銭的な面を抜きに考えると、カムイ君の評価はチーム内でも高いですし、F-1関係者の評価も同じく高いです。

ですが、F-1チームのランニングコストはバカみたいに高く、どうしても、中堅以降のチームは、足らない参戦費用をドライバーに持ち込ませる状況がほとんどのようです。

それ故に、ペレスのようなビックスポンサーを持たないカムイ君は実力はあっても、チームに残れないって事になりそうなのですね。

日本は本当にダメですね。モータースポーツに対する感心が低すぎます。

バイクも車も世界で通用する一級品を作っているのに、F-1のテレ中継すらしていないんだから、びっくりです。

もう少し、モータースポーツの世界でも、ナショナリズムがあれば、ホンダもトヨタもブリヂストンも撤退して、唯一、日の丸を背負って頑張っているカムイ君を、支援する企業が出てきそうなものなのに、「お金持って来れないから、クビ」ってなったら、せっかく世界に通用する日本人が、活躍する場が無くなっちゃう訳です。

もう既に、カムイ君のシートは無いのか?まだスポンサーさえ、持ち込めば、カムイ君で決まるのか解りませんが、本当に、なんとかなりませんかね。

お金、あるところには、あると思うんですけど。。。。

  • 2012/10/17 17:22

瑞浪走行会

昨日は瑞浪にレーシングレンタルを持って、走りに行ってきました。

これで、この企画も3回目になりますが、1日、瑞浪のコースを堪能して、その後、美味しい飛騨牛のお店で瑞浪の走りに付いて、盛り上がりながら夕飯を済ますのが恒例になっています。

昨日も快晴の中、1日みんなで楽しんだ後、飛騨牛のお店に直行です。

この企画の目玉でもある、「美味しい夕飯」を、僕はかなりセールストークに盛り込んでいて、今回も「高速サーキットの瑞浪はメチャメチャ楽しいですし、その後の夕飯も、とても美味しいので、みんなで行きましょう!」的な事を言って誘っていたのですが、なんと!この日は臨時定休で、美味しい飛騨牛は食べれませんでした。

みんなの視線が冷たいかな?と、とても心配になりましたが、優しい参加者さんからは、ブーイングも無く、違うお店で夕飯となりました。(参加者のみなさん、ごめんなさい。次回は大丈夫だと思いますので、また行きましょう!)

昔も菅生でタイヤテストがあって、マコちゃんがメカニックで手伝いに来てくれた事があったのですが、1日、頑張って働いてくれたマコちゃんに、「仙台の街にいつも行っているメチャメチャ美味しい牛タンの専門店があるので、食べに行こう!」と意気揚々と、街に繰り出したら、この日に限って、そのお店がお休みで、でも、仙台は牛タンのお店がハンパ無いくらい乱立しているので、違うお店にしようって事になり、入った事の無いお店に入ったら、マズくはないのですが、美味しくも無く、マコちゃんに期待させるだけさせておいて、「こんな味でゴメンネ。」と思った事がありました。

でも、これに懲りずに瑞浪走行会、またやります。みなさん、奮って参加して下さい。よろしくお願いします。

  • 2012/10/15 18:46

ウソだろ?

僕の事を知ってくれている方や、このブログ、もしくは掲示板時代から、見てくれている奇特な方は、知っていると思うのですが、僕の右腕は、何年も前から、かなり厳しい状態です。

最初は指の関節が、酷く痛んで、整形外科や整体、鍼灸に至るまで、効果あるかもと思える事は全て試して来ましたが、なかなか良い方向には向きませんでした。

指の関節から始まった異常は、やがて手首に移って来て、その後、肘に来ました。

上腕が痛むようになり、次に肩が痛むようになりました。

さて、指はどうなったかと言うと、一時の痛みは無くなって、違和感はあるものの、我慢できないレベルではありません。

肩の前側が痛かったのが、現在はどちらかと言うと、肩甲骨の方に移行して来ています。

「これは、もしかして、このまま行くと、背中から腰に来るのか?」とか、「そろそろ、ゴールで、この先、痛いところが無くなるのか?」とか、考えていたのですが、今朝、変化がありました。

な、な、なんと!左手の指が痛いんです。。。。がーん!マジ?

そんなバカな?ウソだろ!と思いましたが、数年前に右の指が痛みだしたときによく似ています。

あれは、何年前だろう?十分に遠い昔だと思うのですが、右の痛みがこの先どうなるのか解らない内に、左も始まるの?とちょっと、背中が寒くなっちゃいました。

確か、右手が最初に痛みだした時には、食事でお箸を持てなかった記憶があります。う~ん、今度はお茶碗か?本当に神様の意地悪って感じです。

ちょっとした、使い過ぎで、ここから右手と同じ道を辿ると決まった訳でないので、思い過ごしであって欲しいと切に願うボス猿でした。ちゃん♪ちゃん♪

  • 2012/10/11 21:43

今年も最後まで解りません。

白糸シリーズも残すところ1レースになりました。

耐久レースは「中部連合」がタイトルを獲得しました。本当は今回の表彰式で発表してあげれば良かったのですが、まったく気づきませんでした。(ゴメンね♪)

1レース残して、チャンピオンってカッコ良すぎですね。来年はハンデウエイト20キロにしてもらいましょう(笑)

耐久はそんな感じですが、スプリントはまだまだ解りません。

有効6戦ですし、最終戦はポイント1.5倍ですので、最後の最後まで誰がチャンピオンになるのか、まったく解りませんね。

現在、ランキングトップはマスダ君です。2位にショウ、3位にミッフーです。

実質的に、この3人の争いになるようです。しかし、この3人のポイント差は有効を考えると、本当に僅差です。2年連続チャンピオンのミッフーが3位から、3年連続のタイトルを捥ぎ取るのか?または今年、急成長のマスダ君がランキングトップから、磐石に決めてしまうのか?はたまた、今回優勝のショウが2連勝して、打倒!ミッフーを果たすのか?色々と考えると、とても楽しみな最終戦になりそうです。

あまり、ヒートし過ぎて、3人まとめて接触!リタイヤとかは勘弁して欲しいので、ほどほどに頑張って下さい。よろしくね♪

  • 2012/10/10 17:54

そりゃ、そうだよ。

昨日はF-1鈴鹿と白糸レンタルレースがあって、ニュースが沢山なのですが、まずは、カムイ君が遂にやりましたね。

予選3位スタートから、こんどこそバッチリのスタートで、1コーナーまでに2位に立って、ピットインでマッサに抜かれたけれど、速いバトンの猛攻も凌いで、3位表彰台を実現しました。

今まで、同僚のペレスばかりが、良い結果を出して、カムイ君には不運しか訪れなかったけれど、今回の鈴鹿は、ザウバーで可能な最良の結果だったと思います。

そりゃ、そうだよね。そんなにいつまでも不幸は続かないはずです。これで残りのレースで、表彰台をバシバシとゲットして欲しいですね。

さて、白糸シリーズですが、朝から予定外の雨で、ウエットスタートです。耐久で、圧倒的に強さを発揮している、中部連合は、10キロのハンデウエイトを積んでいるのに、またしてもタイトラでポールを獲得します。2位に昨年の王者AMT、3位に久しぶりの参戦となった、だんごが入ります。

予選でも、中部連合の強さは変わらずに、トップフィニッシュです。

2位にはレイン路面で速さを魅せた「けんちゃん てっちゃん」が入るはずでしたが、なんと!1周手前で、ピットインしてしまいます。どうやら周回数を間違えたみたいです。

その結果、2位にはAMT,3位にだんごとタイトラと変わらない面子が並びます。

そして、決勝です。徐々に路面は乾いて、ドライとなります。中部連合とAMT,そしてだんごの三つ巴となりますが、最終的にはだんごが僅差で中部連合を抑えて優勝しました。

2位に、中部連合、3位にAMTが入りました。

そして、スプリントです。今回は2クラス分けでのレースです。

予選Aのタイトラはケンタがポールを獲得します。2位にジュニアのヤスダ君、3位にミッフーです。

予選Bはヤマグチ君がトップで2位にアキヤマ君、3位にシュンです。

予選ヒートAですが、トップはケンタ、2位にヤスダ君、3位にイトタクちゃんが入ります。

予選ヒートBはトップにヤマグチ君、2位にショウ、3位にアキヤマ君です。

予選結果でデビ1行きかデビ2行きかが決まるのですが、シリーズを引っ張るミッフーが予選で奮わず、まさかのデビ2行きとなってしまいます。

いよいよ、決勝です。まずはデビ2からですが、優勝は、やはりミッフーで2位にシュン、そして今回がデビュー戦のスーパールーキーユウキ君が3位に滑り込みます。

ユウキ君は、カートに乗り始めて、僅か一ヶ月そこそこの、ど新人ですが、物凄いペースでタイムアップを遂げて、前日の練習では、過去のルーキードライバーのタイムをぶっちぎった、物凄いタイムで走っていました。

当然、期待と注目が集まりますが、予選までは、カートの乗り味が合わなくて、苦戦を強いられました。ですが決勝でまた進化を遂げて、嬉しい表彰台をゲットする事が出来ました。ラップタイムも素晴らしく、ファースティストラップはユウキ君が獲得しました。

彼のキャリアを考えると、これからがとても楽しみなドライバーの出現です。順調に伸びていって欲しいですね。

昨日は、ジュニアスクールも出来ましたし、白糸初走行のジュニア君も沢山来てくれました。

最近特に、ジュニア君が増えてくれているので、本当に彼等の今後が楽しみです。

さて、白糸シリーズも11月4日が最終戦です。週末の練習日がイベント開催の関係で、ほとんど無いのが悩みの種ですが、平日は空いてるので、こそ練、お待ちしています♪

  • 2012/10/08 17:42

あぁ、シューミー。。。。

シューマッハー様が引退を表明しましたね。ハミルトンがメルセデス入りして、来期のシートを失う形になった、シューミーでしたが、下位チームで走るには大物過ぎますし、かといってフェラーリでマッサの後釜を狙うのも、なんだか違いますし、いったいどうなるんだろう?って思っていましたが、やっぱり引退するんですね。

年齢的に、復帰してもそんなに長いシーズンを戦えない事は解っていましたが、表彰台に1回立っただけで、優勝も無いまま引退ってのが、どうにも残念ですね。

こうなると、シューミーの復活は、やめとけば良かったって思われそうです。

伝説の男は一人、孤高の存在でいた方が、良かったのかもしれません。

アイルトンセナが生きていたら、ベッテルやアロンソとの勝負を見てみたいと思うのと一緒で、今の現役トップドライバーと、かつての天才ドライバーは同じ時期を生きていなければ、やはり本当の戦いにはなりません。

シューミーが復帰しても、かつての「皇帝ミハエル」ではなかったので、こんな結果でも仕方ない事なのかもしれません。

そうなると、伝説は伝説のままでいて欲しかったファンは多いかもしれませんね。

でも、僕はシューミー自身が、まだF-1マシンでレースがしたかったんだと思うので、周りがどう思っても、彼が良ければそれで良いんだと思います。

伝説の男は伝説の男ではなくなっていたけれど、あの年齢と長いブランクで、あれだけの走りはやはり流石はシューミーと思います。こんどこそ引退で、F-1を走るシューマッハーは見納めですが、残りのレースで優勝目指して欲しいですね。

さて、僕は12月の鈴鹿の前に何処かのレースにテストを兼ねて出場したいと思っていますが、スケジュール調整とアバンティが盛況なシリーズを探さなければなりません。意外とこれが難しい。。。。

  • 2012/10/04 19:06

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed