エントリー

2011年12月の記事は以下のとおりです。

なんとか無事に。

今日の白糸は、普段はあまりお見かけしない県外の方達が沢山、走っていました。

いつもはバイクの方が賑わっている、白糸スピードランドですが、バイクの方達の方が、レースに参戦している人が多くて、シリーズが終わった今、短いオフになっているようです。

そんな訳で、レーシングカートの走行者さんが、所狭しとパドックを埋めていて、カートのパドックは満杯です。(その割りにコース上を走っているカートはそんなにいないのですが。。。。)後から来たレーシングカートの常連さんはバイクの方に止めたりしていました。

走りなれない白糸って事もありますし、お見かけしたところ、初心者さんも多いらしく、コースのあちらこちらで、スピンやコースアウトしていたりして、たまたま遊びに来ていた競技長が3コーナーで、押しがけを補助したり、コースアウトしたマシンを引っ張り出すのを手伝ったりと大忙しです。

僕達も黄旗を出したり、突っ込んで飛ばされたクラッシュパットを直したりと、レーシングカートの時間帯は目が離せない感じです。

しかし、大きなクラッシュもなく、無事に走行を終えることが出来たようです。

今日は、レーシングレンタルのお客様もレンタルカートのお客様も多数いらっしゃいましたが、こちらも無事に一日を終える事が出来ました。

今年は今日で、レンタルカートの営業は終了です。新年明けての営業ですが、お正月の営業はバイクとレーシングカートの走行者さんでコースが凄く込み合う事から、自粛致します。

新年の営業は7日の土曜日からとなります。

レンタルカートをお正月に乗りたかったお客様には申し訳ないのですが、7日以降のご来場をお待ちしております。

そんな訳で、ちょっとデンジャラスな一日も無事に終わり、そしてもちろん今年一年間、レンタルカートの走行やレースでお怪我された方もいらっしゃらなかったので、来年もまた、安全面に配慮しつつ、楽しい、白糸レンタルカートにしたいと思います。今年一年、ありがとうございました。来年もまた、よろしくお願い致します。

  • 2011/12/30 17:22

白糸レンタル最終戦

昨日は白糸レンタル最終戦がありました。

この日の白糸はこの冬で一番の冷え込みを記録して、とても寒い中でのスタートです。

午前中の耐久レースは前戦にチャンピオンを確定させていた「AMT」が流石のレースで優勝しました。

2位にはヤマグチ君と王子が組んだ、「レジェンド92」が入りました。

そして、3位は「こども」が入賞しました。

シリーズ後半まで「AMT」とタイトル争いを演じてくれた「チーム天」は年末の忙しさから、最終戦は欠場となりました。1年間、レースを沸かしてくれたチームだったので、とても残念でしたが、また来年も楽しくレースをしてもらえればと思います。

さて、午後のスプリントはランキングトップのガクちゃんさんとランキング2位のミッフー、同じく同点で並んでいる王子、そして、後半戦に怒涛の追い上げのマスダさんにタイトル獲得のチャンスがあります。

しかし、ガクちゃんさんは、「チーム天」のリーダーなので、午後のスプリントも欠場です。

まさかのシリーズリーダーの欠場により、3つ巴のタイトル争いとなりました。

各自、緊張の最終戦は、王子もミッフーもマスダさんも厳しいポジションでのタイムトライアルになって、なんと、王子がデビ2行きになってしまいます。

ミッフーとマスダさんの二人もデビ1にこそ残りましたが、優勝争いは難しそうです。

それでも、徐々に順位を回復して来たミッフーが有利にレースを進めます。

そして、いよいよファイナルラップです。マスダさんの前を走るミッフーは4位で通過します。そのままの順位でチャンピオン確定なのですが、そこはプライドの問題で、表彰台に立たずに2011年を締めくくれないとばかりに、ヘアピンで仕掛けます。

一瞬は3位に立ちますが、止め切れずに、2位のショウに追突してしまいます。

そこに後続が巻き込まれて、その間隙を突いた、マスダさんが2位に立ち、そのままフィニッシュです。

ミッフーは5位でチェッカーを受けて、有終の美は飾れませんでしたが、ポイント集計の結果、やはりチャンピオンはミッフーで2年連続のタイトル獲得です。

2位には、後半の追い上げが功を奏して、マスダさんとなりました。

3位には、1年間、シリーズを引っ張り続けた、ガクちゃんさんが入りました。最終戦に出場してくれていたら、どうなっていたんだろうと考えると、こちらも耐久同様にとても残念でした。

震災やら不況やらで、厳しい2011年でしたが、なんとか全ての行事を終えることが出来ました。

2012年は一から出直しの気持ちで、参加者のみなさんに楽しんでもらえる大会にしたいと思います。

さて、夜はグレンブルー忘年会でした。今回はチーム員ではないのですが、鈴鹿でメカニックとして、メンバーを支えてくれた、タキモトさんも参加してくれてます。

実はタキモトさんは、昼間のレンタル耐久とスプリントにも参加してくれて、思いっきり、そしてどっぷりとグレンブルーイベントを楽しんでくれました。

愛知県から3時間掛けて、さらに夜は宿泊までして、参加してくれました。来年はドライバーとして、復活してもらって、一緒にレースを楽しみたいと思います。

毎年忘年会は、なかなか走れないチーム員さんも参加してくれて、昔話や来年の活動に付いて、楽しくお話するのですが、恒例のビンゴやジャンケン大会もあって、あっという間の3時間でした。

1年もあっという間に過ぎて行きますが、来年もまた、年末にはみんな集まって、ワイワイと楽しく盛り上がれれば良いなと思います。(出来れば、来年はチャンピオン続出が良いのですが、今年は僕がすでに2位だし。。。。)

  • 2011/12/26 16:47

2012年は何をやろう?

あっという間に12月も終わろうとしています。何時の間にか、明日はクリスマスイブです。

ついこの間、2011年が始まって、王子とケンタとニシ君が出る、アバンティに僕も出ちゃおう♪なんてノリで今年はアバンティに出ましたが、ケンタも王子も気づけば、レーシングカートのレースは休止状態で、最終戦まで頑張って出場したのは、僕とニシ君だけでした。

かなり有利に最終戦を迎えた僕でしたが、予選でトップを走りながらもクラッシュでシャーシーがご臨終するイタイ結果になって、結局、タイトルも獲得出来ずに、何回目かのランキング2位って言う、微妙な結末になりました。

しかし、1年を通じて、楽しくレースが出来ましたし、痛そうなクラッシュもあったのに、たいした怪我もしなかったので、まぁ良い1年だったと思います。

今年は、主にアバンティに出ましたが、他にもMAXとX30に出ました。

来年は何に出るのか決めていませんが、何にも出ないのはつまらないので、何かには出ようと思います。

しかし、アバンティは体がラクチンなのですが、MAXとかX30は、かなり体力的に厳しいです。来年はまたひとつ年を取るので、さらに厳しくなって行きます。

そもそも、MAXにしてもX30にしても、僕が出ると、かなりの確立で最年長です。それなのに、上位に食い込みたいと思っているんだから、図々しい限りです。

でも、難しいと思えば思うほど、チャレンジしたくなるんだから、困ったもんです。

体力にあったアバンティに出るのか?性懲りも無くチャレンジし続けるのか?さて、どうしましょう??

  • 2011/12/23 21:43

初走行♪

日曜日に愛知県にある石野サーキットに行って来ました。

石野サーキットはオープンして5年ほどの比較的、新しいコースです。

チームグレンブルーは白糸スピードランドでチーム員を育てて、鈴鹿や瑞浪と言った、メジャーなコースに遠征するのが、今までのパターンでした。

今回はレンタルカートの輸入元のCRGジャパンさんから、「石野サーキットは施設もスタッフもとても素晴らしいので、是非、一度、走りに行って見てください。」との強力プッシュがあったので、みんなで一度、行ってみようかって事になりました。

今回のメンバーは僕と、ナオさん、マコちゃんにヤマシタさん、そして広島から遠征のニシ君です。

僕は、鈴鹿で苦戦したマラネロのニューモデルのテストと、レーシングレンタルのスペアエンジンの慣らしも兼ねて走ります。

ニシ君も来シーズン用のニューエンジンの慣らしで、マコちゃんもシリンダーを新調したので、やはり、慣らしです。

ヤマシタさんもエンジンをOHしたので、慣らしと、慣らしが無いのはナオさんだけです。

コースに到着すると、CRGさんの言うように、スタッフのみなさんが、とても感じ良くて、施設も屋根付きピットには電気コンセントもありますし、ピットには作業台も置いてあります。

コースを見渡せるタワーの2階には、お客さん用の休憩室も完備されていて、確かに走行する人の立場に立った、良いコースでした。

とりあえず、寒さに震えながら、慣らしを終了して、なんとなくコースに慣れた所で、お昼になって、早速、暖かい休憩室でみんなで昼食を食べて、午後からはエンジンの特性を石野サーキットに合わせて、シャーシーのセットも変更して、タイムアップを目指します。

今年、一番の寒さって事とタイヤがしょぼい事もあって、レースでの上位タイムには及びませんが、それでも、石野マイスターさんがいたとしたら、この条件でも出せるであろう、目標タイムを設定して、それに向けてセット変更を繰り返します。

午後からはクラス分けになってしまったので、4時からの極寒時間をパスすると、30分を2本しか走れません。

走った事の無いコースに行って、短い時間で走り方やエンジンの仕様、シャーシーのセットアップを模索するのは、とても楽しいですし、良いトレーニングになります。こうしたトレーニングがドライバーを育てるんですよね。

そんな訳で、レースでも無いのに、必死で走って、細かくセットを変更しながら、なんとか最後には目標タイムまで詰める事が出来ました。

鈴鹿や瑞浪とは、エンジンの仕様がちょっと違っていて、まだまだ仕上げ切れませんでしたが、次に行くときには、もっとコースに合わせた仕様で行けると思うので、まだタイムアップ出来ると思います。

しかし、僕のニューシャーシーはSLタイヤや軽い路面では、やはり普通に走ります。今回の遠征メンバーの中でも、僕が一番時計でしたし、感覚的にも悪い感じは無くて、鈴鹿の苦戦ぶりが嘘のようです。

まったく、カートは奥が深いです。シャーシーのしなりとかは、路面やタイヤのグリップに大きく左右されるので、やはり特性にあっているとか合っていないとかをセットで合わせるのは、限界があるのかもしれません。

しかし、鈴鹿の決勝の状況から、もう少し変更を進めれば、タイム的には近づけるかもしれません。

まだまだテストが必要って事ですね。

新しいコースに行って、シャーシーのテストも出来ましたし、エンジンの慣らしも出来ました。

短い時間で、レベルアップするトレーニングも出来たので、充実した遠征だったと思います。

これからもチャンスがあれば、走った事の無いコースに遠征に行きたいと思います。

さて、今週末は白糸レンタル最終戦です。寒さを吹き飛ばすような熱いレースになると良いですね。

  • 2011/12/20 15:57

マンデーレース最終戦

月曜日にマンデーレースの最終戦がありました。

残念ながら、耐久レースはエントリーが5チームに満たなかったので、不成立となってしまいました。したがって、第5戦終了時点のランキングがそのまま、今年のランキングとなって、マンデーレースのタイトルは「桃園レーシング」さんが獲得しました。2位に「NLS」さん、3位に「yoseatume」さんが入りました。

「桃園レーシング」さんと「NLS」さんは、1年間デットヒートを繰り広げていたので、最終戦で決着を付けて欲しかったのですが、叶わなくて残念です。

空いてしまった午前中の時間を、スクールと模擬レースの時間に当てて、どちらも格安料金で楽しんでもらいました。

すでにレース参戦をしている人達ですが、それでもスクールでは、各自の問題点が見つかって、皆さんタイムアップしてくれました。

模擬レースも少ない周回数で数をこなす形で、スタート直後の混雑の抜け方や冷えたタイヤでの、タイムアップも頑張れたと思います。

午後は、予定通り、スプリントレースを開催しました。

こちらも、エントリーが少なくて、寂しい最終戦となりましたが、レギュラー戦の成長株のマスダさんも修行のために出てくれて、見事に優勝しました。2位にはマエダさんが入り、3位にはスズキさんが入りました。

そして、シリーズタイトルですが、ランキング上位に付けていた、スギモトさんが、マンデースプリントのタイトルを獲得しました。2位には、レギュラー戦の成長株、マスダさんです。終盤に怒涛の2連勝が効きました。

3位には、僕の甥っ子のショウが入りました。最終戦を欠場しましたが、序盤の貯金で3位入賞です。

スプリントレースが終わってからの時間で、レンタルレーシングも格安料金でご利用頂きました。マスダさんが、レーシングに初挑戦しましたし、他にも元レーシングカートドライバーさん達が利用してくれて、懐かしのレーシングカートを堪能しました。

レースは不成立だったり、エントリーが少なかったりで、残念な形でしたが、スクールや模擬レース、レーシングレンタルとみなさんが思いのほか、喜んでくれたので、とても良かったです。

あっという間の1年間でしたが、残るレースはレギュラー戦の最終戦だけです。沢山のチームとドライバーさんに出場してもらえればと思います。よろしくお願いします。

  • 2011/12/14 21:22

難しかった最終戦

昨日の鈴鹿は、天気予報が外れて、朝から雨が降ったり止んだりしていて、路面は濡れてしまっています。

その後も路面が乾いたかと思ったら、また濡れてしまったりを繰り返しますが、午後の決勝では全クラスがドライとなりました。

チャンピオンの掛っているマコちゃんは、決勝でトップを走ったりもしましたが、最後は3位でフィニッシュとなり、残念ながら2年連続のチャンピオン獲得は叶いませんでした。

しかし、最後まで、トップグループを走り、充実した1年だったので、ランキングは2位ですが、本人的には、楽しい1年だったようです。

同じクラスのヤマシタさんも、ニューシャーシーでの参戦で、決勝はかなりのスピードまで来ていました。来年に繋がるレースとなったと思います。

ナオさんとシュンのクラスはタイトラでナオさんが9位のシュンが10位です。

ナオさんの9位はちょっと不本意かもしれませんが、シュンの10位は頑張った結果と思います。今年はレーシングカートのレースに出場していませんでしたし、鈴鹿のレースも2回目なので、もっと苦戦を覚悟していました。フルグリッドに近い鈴鹿ですから、この後の予選をきちんと戦ってもらいたいと思いました。

しかし、予選も決勝も二人して接触するダメレースになってしまい、楽しみにしていた鈴鹿は、厳しいものになりました。

最後にオオキ君と僕のX-30は、絶好調のオオキ君に対して、ニューシャーシーの良いところを見つけられない絶不調の僕とで面白いくらい対照的なスタートとなりました。

まず、オオキ君は自己ベストの9位でタイトラを終えて、上位陣との差も僅かです。

一方、僕はまったくまともに走れずに15位と厳しいポジションからのスタートです。

予選がスタートして、オープニングラップで9位くらいまで順位を上げますが、酷い入り方をしてくるドライバーが多く、接触を回避するために、順位を下げます。

決定的だったのは、3コーナーでインに入って来たドライバーが止まり切れずに、僕をコース外に押し出す形になって、しっかりとダートを徐行して、コースに戻りましたが、大きく順位を下げました。

その後、また抜いて上がりましたが、未だに良いセットを見つかられずに、ぶっつけのテストで走っているため、大幅なポジションアップは出来ずに、14位とワンポジションしか回復出来ませんでした。

オオキ君も途中で接触を回避したりして、11位とポジションを下げる事になりました。

タイトラから、セットを大幅に変更しながら、ギャンブルに出ている僕ですが、少しも症状は改善されません。決勝はホイールベースを変えて、グリッドに付きます。(これもぶっつけのために、どんな動きになるのかまったく解らないのですが。。。。)

スタートでいつものように、ジャンプアップを決めて、9位くらいを走ります。いままでのパターンだとスタートの混乱が落ち着くと、一気にタイム差が出始めてしまうのですが、ホイールベースの変更で少し上向いたシャーシーのおかげで、一気には置いて行かれません。

激化するバトル助けられながら、なんとか集団には付いています。

しかし、その段階で初めて、エンジンの仕様が厳しい事に気が付きます。

タイトラも予選も立ち上がりが苦しかったのですが、それは決まっていないシャーシーのせいで、旋回スピードが低い事から来るのだと思っていいました。しかし、それなりの旋回をしてもエンジン的に、ピックアップが無くて、途中でキャブのバランスを大きく変えたり、水温を上げたり下げたりしながら、レースをしましたが、少ししか改善出来ずに、上位陣を打ち破るような走りは出来ませんでした。

結局、最後は8位でチェッカーを受けて、目標にしていた6位入賞には届きませんでした。

オオキ君は僕に抜かれた後に、後方のドライバーに乗り上げられて、シャーシーにダメージを負ってしまって、頑張って走りましたが、その後の追い上げも不可能となってしまいました。

タイトラ、予選と順位以上に好調だっただけに、とても残念な結末になりました。

しかし、X30のトップドライバーと互角に走れた事は今年の序盤戦を考えると、大きく成長した結果だと思うので、その部分では、良かったのではないでしょうか。

レースはとても難しいスポーツなので、沢山のファクターが複雑に絡み合っていて、時として、理不尽なくらい厳しい結果になる事があります。進歩しているのは今回のレースで、本人も親御さんも感じられたと思います。鈴鹿でオオキ君がトップチェッカーを受けて、ガッツポーズする姿を見るのもそんなに遠くではないと思うので、頑張って精進してもらいたいと思います。

さて、今年も残り僅かとなりました。今年のグレンブルー忘年会は12月25日です。場所と時間はまた告知しますが、沢山のみなさんに参加して頂き、楽しい会にしたいと思います。(参加、不参加を早めにショップにご連絡下さい。レーシングカート関連の方もレンタルカート関連の方もどちらもお待ちしています。)

  • 2011/12/05 19:06

鈴鹿前日走行

今日は天気予報通りに、朝から雨です。午後には上がるかも?と淡い期待もありましたが、結局、最後までウエット路面でした。

今日は15分を4回走れたのですが、僕は2セクション目から走り始めました。

エンジンの慣らしをしなければならなかったので、少しでも水が減ってからと思い、1セクション目を走りませんでした。

慣らしが終了して、明日の天気を考えると、その後は走らなくても良いかと思ったのですが、ニューシャーシーのレイン特性は昨日のドライ同様に厳しいもので、レイン路面ではありますが、細かいセット変更で、バランスの良いポイントを探す事にしました。

3セクション目にはドライタイヤを装着したドライバーも現れて、路面的にはレインなのですが、雨上がりの明日のタイトラを想定しての事かもしれません。

特に、有力と思われるドライバーが頑張ってウエット路面をドライタイヤで走っているのを見て、実力のあるドライバーだからこそ、どんな路面になっても良いように、努力しているんだと思いました。チームのみんなにも見習ってもらいたいポイントですね。

そんな訳で、最終セッションは僕もドライを履いてコースインしたかったのですが、セットを煮詰めきれずにいたので、最後までレインタイヤで走りました。

長年の経験をフルに生かして、ウエット路面を走りながら、明日のドライ路面を想定してのセットアップなのですが、まったく自信がありません。もっと走りこんでデータを採らないと、かなり厳しいことになりそうです。

チーム員で今日走ったのは、ヤマシタさんとオオキ君です。ヤマシタさんは、朝一番から、精力的に走りました。明日の事だけを考えると、走らなくても良かったかもしれませんが、貴重な鈴鹿の走行日にレインのデータを採る、絶好のチャンスなので、しっかりと先を見据えて走ったようです。

オオキ君は僕に促されて、3セクション目から走りましたが、レイン経験の少なさから、かなりの苦戦を強いられていました。明日のレースには生きないかもしれませんが、来年もまたレースはあります。今日の走行が何処かで、生きてくると思います。

さて、明日は今日と違って、良い天気のようです。ドライでレースになると思いますが、今日、感じた感覚が何処まで合っているのか楽しみです。きっと、「こんなはずでは。。。。」って事になりそうですが、誰も乗っていない新しいモデルを選んだ段階でこんな事も覚悟していたので、明日は、どんなに乗りにくくてもベストを尽くすだけです。新しい物好きのじじいの挑戦は続くです♪

  • 2011/12/03 19:15

鈴鹿最終戦

今日から鈴鹿に来ています。天気予報は雨だったのですが、朝になったら、予報も変わり、路面は濡れているものの、徐々に乾き始めて、ドライタイヤで走行出来ました。

僕は新しいシャーシーのセットアップも進めたいですし、エンジンの慣らしもあります。路面は悪かったのですが、何時までも去年の古タイヤを履いていても仕方ないので、午後の時間から、フレッシュタイヤを装着しました。

すると、思ったようにシャーシーが動きません。心配していたように、ダメダメタイヤの時に感じていた感覚とフレッシュタイヤのそれとは、かなりの開きがあって、何箇所か変更しながらセットを進めましたが、まだまだ上位陣とは差があると思われます。

明日は雨のようなので、決勝日にレースが進行していく中で、模索していくしかないようです。やはりニューシャーシーは簡単ではありませんでした。

オオキ君も先週の走行日に感じた感覚とフレッシュタイヤとは違いが大きいようで、思ったようなタイムが出ていません。

彼もニューシャーシーですが、前回と同じモデルなので、問題は無いはずです。しかし、フレッシュタイヤの美味しいところを使えていないのが原因のようです。

甥っ子のシュンですが、一日走って最後に計量したところ、ノーウエイトなのに、大幅に最低重量を超過してしまっています。明日からは搭載量の少ないガソリンタンクに変えて、軽量化をするつもりです。

明日からはナオさんとマコちゃん、ヤマシタさんも合流しますので、賑やかな遠征になりそうです。

  • 2011/12/02 20:30

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed