エントリー

2011年08月の記事は以下のとおりです。

白糸シリーズ第7戦

昨日の白糸シリーズは残暑厳しい中での開催となりました。

耐久レースのエントリーは予想通り、超過してしまったので、せっかくエントリーを希望して頂いたのに、お受けできずにスプリントに変更してもらったり、常連チームにお願いして、メンバーに加えてもらったりしました。次回のレースもエントリーの超過が予想されますので、参加予定の皆様は、なるべく早いエントリーをお願いします。第8戦のエントリー受付は本日からとなります。沢山の方の参加をお待ちしております。

さて、今年初めてのフルグリッドの耐久レースはやはり見ていても面白かったです。昨年のように常にエントリーが超過するようなら、カートの増車をしたいと思います。そうなると、ますます白熱したレースになると思います。

まずは、タイムトライアルでトップタイムを叩き出したチームは「AMT」です。僅差で続くのが「ますだおかもと」で、そのタイム差はおよそ100分の4秒です。3番手は「ちーむコドモ」です。ここも僅差です。

予選レースで波乱が起きて、「ちーむコドモ」のエンジンがブローしてしまいます。その結果、トップチェッカーを受けたのが「ますだおかもと」で、2位に「AMT」。3位に初出場の「TEAM松浦しゅんすけ」が入ります。

迎えた決勝ですが、後方からエンジンを積み替えた、「ちーむコドモ」が怒涛の追い上げとなるはずが、急遽、積み替えたエンジンが不振で、まったく精彩を欠いてしまって、頑張って走ってくれたのですが、どうにもならない状況でした。「ちーむコドモ」のメンバーにはご迷惑をお掛けしました。エンジンブローの原因はまだ解りませんが、スペアエンジンの調子をもっと把握して置くべきでした。申し訳ありませんでした。次回はこのような事が無いように頑張りますので、また、参加して下さい。

他にも耐久レース中にガソリンホースが破損するトラブルが出て、大きくタイムロスしてしまった初出場の「Team.a」さん達にもご迷惑をお掛けしました。お詫びいたします。初出場で頑張ってくれていましたが、これに懲りずにまたの参加をお待ちしております。

さて、決勝ですが、「ますだおかもと」と「AMT」の一騎打ちでしたが、徐々に「ますだおかもと」が差を広げて、嬉しい初優勝を達成しました。2位に「AMT」3位には、後方からの追い上げとなった「だんご」が入りました。

午後のスプリントもエントリーが今年最多で3クラス分けとなりました。栄えあるデビジョン1に出場するためには、予選で各クラス3位までに入らなければならないので、かなりの狭き門です。

まずは、予選A組のトップはタクヤ君で、予選B組のトップがオオキ君です。そして予選C組のトップが僕の甥っ子のユウです。

他にも、ケンタやミッフー、ショウやマスダさんと言った実力者が揃いました。波乱もありましたが、やはり流石はデビ1と言えるメンバーです。

惜しくもデビ2に行ってしまったのが、コウタ君にユウ君、シュン達です。このメンバーはもちろん、デビ1でトップ争いをしてもおかしくないのですが、今回のデビ1は本当に厳しくて、ちょっとした事でデビ2となりました。

デビ3のメンバーですが、初出場の人や不運があった人もいました。それでも、レースは十分楽しめたようです。

まずは、デビ3の決勝ですが、トップでチェッカーを受けたのが、アキヤマ君です。本当はセカンドグリッドからの出場でしたが、練習のために最後尾からスタートして、全員を抜いて優勝してしまいました。予選の接触が無ければ、デビ1に行けるドライバーなので、魅せるところは魅せないとってところでしょうか。

2位には、長沼さんが入りました。そして3位には、イトウさんが入りました。みんな、表彰台でのシャンパンファイトは楽しそうでした。

次にデビ2ですが、優勝はコウタ君となりました。前回はデビ1で優勝した、コウタ君は、自ら5キロのハンデウエイトを装着しての参戦でした。元々積んでいる10キロのウエイトと合わせて、15キロを搭載した事になりますので、頑張った結果と思います。

2位には、カワキタさんが入りました。この方もまた、新人さんですが、スピードのあるドライバーなので、今後が楽しみです。

3位には、ユウ君が入りました。耐久がエンジントラブルで不本意な順位で終わったので、スプリントはきちんと表彰台に立ちました。次はデビ1に行けると良いですね。

最後に、デビ1です。このレースはメンツがメンツなので、とても見応えのあるレースでした。しかし、ここでも、オオキ君の燃料ホースが破損するトラブルが出てしまい、リタイアとなりました。新品を前日に装着しているので、原因が不明なのですが、解明して今後、このような事のないようにしたい思います。オオキ君が最後まで走れていたらもっと面白いレースとなったと思うので、とても残念でした。

さて、激戦のデビ1を制したのはユウでした。トップグループのメンバーはみんなが優勝してもおかしくないくらいの状況でしたが、混戦を利用してスパートしたユウが逃げ切りました。2位にはケンタが入りました。そして3位にはミッフーが入りました。

いつも思うのですが、スプリントデビ1は本当に見ていて面白いハイレベルなレースになっています。動画もすぐにアップしますので、是非、ご覧下さい。

今回は参加者さんが多かったのに比例して、トラブルも多く出てしまいました。重ねてお詫びいたします。現在、有効な対策を考えています。次回に期待してもらえればと思います。

第8戦はすぐですので、気合を入れて対応していきますので、よろしく願い致します。

  • 2011/08/29 23:01

ゲリラ豪雨。

最近、天気が不安定で、突然、激しい雨が降ってきたりしますね。

グレンブルーの自動車部門の展示場は最近、洗車した水が道路に染み出してしまうのを防ぐ為に、改修工事を施しました。(貧乏なのに。。。。)その結果、昨日みたいな豪雨では、水の逃げ道が減ったために、展示車輌が冠水しそうになります。

それを防ぐ為に、また工事をするのですが、まだ職人さんの日程が整っていません。

昨日は車輌を非難させましたが、このところ、かなりの頻度で豪雨になるので、油断出来ません。早く工事をしたいと思っています。

さて、明日は白糸レンタルレースです。このところ、成長著しいオオキ君も出場します。白糸レンタルがレーシングカートのレースを戦う上で重要な、加重移動や、タイヤのサイドウオールの使い方などを学ぶのに、もってこいなので、伸び盛りのオオキ君は一気にレベルアップを狙います。

今回の耐久はフルグリッドとなりましたので、久しぶりに楽しめますね。(午後のスプリントは3クラス分けです。)

明日はゲリラ豪雨は勘弁願いたい。。。。

  • 2011/08/27 15:16

やっぱり、厳しい地方選

昨日のユウガのレースは結果から言ってしまうと、タイトラのパフォーマンスを維持出来ずに、予選から苦戦が始まってしまったようです。それでも、5位の順位をなんとかキープしていたのですが、決勝はスタートで下がってしまって、そこから順位を回復する事が出来ずに、9位でフィニッシュとなりました。

何が問題だったのかは、解りませんが、初めてのコース、初めてのレインタイヤとあまりにもデータが無かった事がレースを厳しいものにしたと思います。

全日本と併催だった事でスケジュールが物凄くタイトで、頑張って、木曜日からコースインしたのですが、走行出来たのは、1日に15分を3回です。

初めてのコースをドライバーが攻略するのにも時間が掛かりますし、ドライバーの走りが安定してからじゃないと、細かいセットまでは、煮詰められません。

今回は僕もコースに帯同出来ませんでしたので、練習走行が終わって、お父さんと電話でやりとりをするスタイルでした。

それでも、タイトラまでは、良いパフォーマンスでした。これは、かなりの頑張りをドライバーが見せたからだと思います。

予選、決勝と、セットが噛み合わなかったのは、雨の量とか、気温とかが、変化して行く中で、ベストなセットに持って行けなかったのが原因です。ですが、ドライバーに走行経験が無いのと同じように、今回の菅生は僕も初挑戦でしたし、(僕が全日本選手権とかで走っていたコースとは、現在の菅生はかなり違ってしまっているので)現場にいたお父さんも初挑戦です。言い訳になってしまいますが、レインのセットは本当にバリエーションが沢山あって、ちょっとした事がレースの結果を分けてしまいます。

ここで、重要なのは、ドライバーはコースに飛び出した後は、どんなに乗りにくいカートでも、それでレースを戦わなければなりません。乗りにくい事を理由に負けてしまえば、やはり、結果は出ません。ユウガを速く走らせて、良い結果を出させてあげたいとみんなが思っていますが、必ずしも、ベストなカートで決勝を戦えるわけではないので、そんな時に、ドライバーの技の引き出しが沢山あると、難しいカートをなんとか操って、厳しい戦いでも、良い結果を出せたりします。

まだまだ、若いユウガには酷な話ですが、これが出来るかどうかで、シーズンを通じて、常に上位に顔を出せるかどうかが決まってきます。

そんな意味で考えると、スポットで参戦したユウガの挑戦は速さも十分に見せましたし、試練もありました。とても有意義な遠征だったのではないでしょうか。

今回はユウガとお父さん、お母さんにオオキ君も一緒に菅生に行きました。行き帰りの車中やホテルで年齢の近いユウガとオオキ君はそれはそれは、楽しかった事と思います。

楽しい夏休みになったと思いますし、とても良い経験が出来たと思うので、次回のレースで成長した姿が見れると良いですね。とても楽しみにしています。

  • 2011/08/22 18:35

地方選手権

今日は宮城県の菅生で全日本選手権があって、併催で地方選手権も開催しているのですが、この大会にユウガが出場しています。

中学に入って、陸上競技で活躍しているユウガは今年のレース活動が陸上の大会と重なってしまう事が多くて、ここまで出場出来たレースは僅かに1レースです。

そのレースは以前、このブログでも紹介しましたが、ステップアップしたX30に、ほとんど、ぶっつけで出場したにもかかわらず、ぶっちぎりの優勝でした。

今度は地方選手権ですし、コースも走った事もない菅生です。まともなレースにはならなくても練習と思って出場を決めたようですが、タイムトライアルではトップとコンマ2秒差の5位でした。

週末の練習走行はドライでしたが、今日からはいきなりのレインです。当然、雨の菅生も初めてなので、全てが手探りですが、そんな中でも良いパフォーマンスを発揮しています。

この後の予選、決勝ともっと厳しいレースが続くと思いますが、頑張ってもらいたいと思います。また結果報告しますので、お楽しみに♪

  • 2011/08/21 13:26

鈴鹿決勝

昨日の鈴鹿も3日間連続で暑い一日でした。

朝のタイトラはマコちゃんとヤマシタさんのクラスからで、結果はマコちゃんが2位でヤマシタさんが6位です。

マコちゃんは昨年のチャンピオンですので、タイトラで上位獲得はもはや順当って感じですが、頑張ったのはヤマシタさんです。

還暦を目前に控えたヤマシタさんは、土曜日に良いセットが見つかって、今までの課題だった、タイトラでもマコちゃんにコンマ1秒ちょっとに詰め寄っています。

予選がスタートして、マコちゃんがトップでフィニッシュします。これで決勝のポールポジションを獲得して、3ポイントをシリーズポイントに積み上げます。

ヤマシタさんは8位と順位を下げますが、調子を落とした訳ではないので、決勝で巻き返してもらいたいところです。

そして、いよいよ決勝です。マコちゃんは、序盤にかなり逃げるのですが、暑い気温と重たい路面にペースが鈍り始めて、後続に追いつかれてしまい、一時は5位まで落ちてしまいます。

しかし、そこからまた盛り返して、3位でファイナルラップに突入して、さらに上位を狙いますが、チャンスは訪れずに、そのままゴールでした。結果、ランキングでは2位のままです。

ヤマシタさんは、序盤のタイムが上がらずに、順位をかなり下げてしまいますが、中盤からはペースをアップして、次々に抜いて上がって、最後は10位でフィニッシュです。

後半のペースを序盤から出せると良かったのですが、セット的に後半重視に向き過ぎていたようです。

次に、ナオさんとオオキ君のクラスです。まずはナオさんのタイトラは、走りに精彩を欠いていて、昨日のトラブルを引きずってしまっているのか、A組の13位と厳しい位置です。

それに対して、前日から大変身したのが、オオキ君で、スリップを狙ったアタックが決まった瞬間に、リーダーボードのトップにオオキ君のゼッケンが点灯します。コンクリートウオールで見ていた僕達はあまりの変身ぶりに、思いっきり、どよめいちゃいました。

オオキ君は集団の先頭に出てしまって、これ以上のタイムアップは望めそうになかったですし、そのまま走らせると、後ろのドライバーにスリップを使われるだけなので、すぐにピットに入れる指示を出しました。

その後、タイトラが終了するまでに3位まで落ちますが、彼のここまでの戦歴を考えると、大健闘の3位だと思います。

参加台数50台の夏の鈴鹿は各地の猛者が集まっています。スポットで参戦したオオキ君の走りは素晴らしいものでした。

予選がスタートして、まず、ナオさんのエンジンが掛かりません。原因は解っていて、掛からないと言うよりも掛けづらいエンジンを掛けられなかっただけなのですが、そのままリタイヤで敗者復活戦行きになります。

一方、期待のオオキ君はあきらかに、自分よりも実力が上のドライバーに囲まれて、さぞや、大苦戦と思われましたが、意外にもスタートして、順位を2位に上げる好走を見せます。

しかし、レースが落ち着くと、レース巧者の上位陣に少しずつ抜かれますが、それでも良いバトルをしています。結果は、5位とまだまだ上位で踏ん張っています。

決勝出場を掛けた敗者復活戦にナオさんが出場します。しかし、僅か6周で15台くらい抜かないと、決勝には残れません。でも、いつものナオさんなら、なんとかなるかもしれないとみんなが思っていたのですが、スタートしてすぐにアクセルが開かなくなるトラブルが出て、最後は自分でピットに向かい、またしてもリタイヤと本当に、実力の欠片も出す事なく、ナオさんの夏の鈴鹿は終わってしまいました。今頃は、どんよりとしている頃だと思いますが、ナオさんの最大の弱点がまともに出てしまったレースでした。次のレースに期待したいと思います。

そして、大注目のオオキ君の決勝です。スタートで順位を下げますが、大混戦の中で一気に下がりかねない中、今回のオオキ君は本当に成長を見せます。

オオキ君のバトルの相手は、昨年のチャンピオンとかランキング2位の人とかですので、格上の相手に一歩も引かずに、何年もその位置で走っているかのように完全にトップグループの一人としてガッツリとバトルしています。

予選ではもう一歩、パッシングが決まりませんでしたが、決勝ではそれも開眼したようで、綺麗に抜いて行きます。見応えのあるバトルで、8位集団のトップに立って、ファイナルラップに突入します。

ヘアピンまでは抜かれる間合いはありませんでしたが、現在、フォーミュラーにステップアップして、タイトルを獲得しまくっているドライバーにかなり、リスキーに入られて、バランスを崩して、最終コーナーまでに一気に順位を落としてしまいます。クリーンなドライバーなので、危険なパッシングではありませんでしたが、彼くらいの実力者にあれだけ厳しいレースをさせたのはオオキ君が手強かったからだと思います。

最終結果は、13位でしたが、その順位以上の内容だったと思います。

さて、ナオさん同様に忘れてしまいたいのは僕のレースも同じで、比較的、良いセクションも多かった週末を終えて、周りのドライバーさんからも、「まだまだ十分に、トップグループで走れるんですね。」とか言われて、自分でも、「なんだか、そんなに負けていないかも?」なんて思いながら、タイトラに向かいます。

しかし、タイトラはA組の14位と、いきなり厳しいスタートです。原因は、色々とあるのですが、どれも些細なもので、トップとコンマ4秒ちょっと負けてしまいます。

レベルが高く、参加台数も多い、激戦の鈴鹿ですから、ちょっとした失敗でこんな感じになってしまいます。

気を取り直して、予選で挽回するしかないのですが、予選でも4~5台くらい抜いたところで、混戦の中でアウトに押し出されてしまいます。失った順位をまた取り戻し始めますが、今度は1コーナーで抜きに行って、抜いたドライバーのさらに前のドライバーの動きを読み間違えて、危なく追突する形になって、回避してハーフスピンを喫してしまいます。

これで致命的に順位を落として、その後、抜けるだけは抜きましたが、ブロックが厳しいドライバーも多くて、15位フィニッシュと予選通過まであと一人でしたが、残念な敗者復活戦に回ります。

敗者復活戦の先頭に立ってレースを走りますが、2位の選手とバトルになって、まずは決勝に進出する事が大事なので、おとなしく譲って、2位フィニッシュとなります。

決勝は30番手からの追い上げです。良い流れに乗れない事も問題ですが、混戦の中で水温が上がる事も問題で、周りのドライバーさんに聞いても僕の水温は特別、高いようで、もっと水温対策を施さなければならなかったようです。

そんな不安材料を抱えながらですが、それでも出来る限りのジャンプアップをするつもりで、決勝に臨みます。

シグナルブラックアウトでいよいよ決勝がスタートします。

いつものように、1コーナーで数台を抜いて、2コーナーでさらに抜きますが、立ち上がりの部分で多重クラッシュが発生していて、笑えるくらいの全面通行止めになっていました。

僕も急減速でほとんど止まりそうな速度まで落としますが、ゆっくりと接触して、その後、再スタートしますが、当然のように大幅な遅れで、なんとか最後尾に追いついて、またしても抜いて行きます。しかし、誰かの後ろに付くと、急激に水温が上昇してしまい、重く走らなくなったエンジンと格闘しながら、結局は25位でフィニッシュです。

やっぱりMAXは面白いです。しかし、難しい。またちょっと解った事もありましたし、謎な部分もありました。水冷でありながら、この夏の時期は完全にラジエターがプワー過ぎて、話になりません。

これはロータックス社のコストダウンのためなのか、それとも、より難しくするためなのか解りませんが、間違いなく水冷ってところと排気バルブ、それとデロルトのキャブレターって事が複雑にリンクしていて、摩訶不思議なエンジンになっています。全ての謎を解き明かして、方程式のように答えを導き出せるような日が来るだろうか?と思えるMAXエンジンです。

今回のレース結果は良いとは言えませんでしたが、金曜日、土曜日と、現在のMAXクラスのトップドライバーと互角に走れて十分に楽しめました。また機会があったら出場したいと思います。

さて、今回の鈴鹿で一番の事件はオオキ君の変身です。若いドライバーはきっかけを掴めれば、一気に伸びます。前回の鈴鹿でもちょっと変身しましたが、今回のほうが大変身でした。ここからのオオキ君のレースはかなり楽しめるのではないでしょうか?次のレースが待ち遠しいですね♪

  • 2011/08/15 22:50

やっぱり4回走っちゃいました。。。

今日も、昨日同様に暑い一日でした。今日は3回走って、良い感じで速攻で撤収して、9時には就寝って作戦でしたが、1回目のフレッシュタイヤですでに、排気バルブが外れるトラブルに見舞われて、せっかくのフレッシュタイヤでのテストが台無しになってしまいます。

仕方がないので、2回目も同じ仕様で走りました。3回目は決勝ヒートの予行練習ですから、レースラップの16周をこなします。

しかし、ここでもチェーンが焼き付くトラブルが出て、ラップタイムは水温の上昇と共に、どんどんと落ちて行きます。

16周以上は連続周回する予定だったので、激烈に遅いまま、走り続けます。チェーンが焼き付いていたのはピットに戻ってから気が付いたので、水温の上昇と加速しない現象はセットの問題と思っていたんだから、困ったものです。

そんな訳で、仕方なく、4回目に突入して、最後は周りのみんなもタイムダウンしていたために、なんだか良く解らないまま、終了です。

ちょっと、ダメな土曜日を過ごしてしまいましたが、明日に引きずらないようにしたいと思います。

僕以外のみんなも、暑さと重たい路面に負けない仕様を模索しましたが、最終セッションでそれなりになりました。ナオさんとオオキ君のクラスは参加台数が多いので、ちょっとした事でタイトラの順位が大きく違って来ます。どの辺りのポジションで予選に出れるかが楽しみですね。

今日はヤマグチ君が家族を連れて、帰省の途中に鈴鹿に来てくれました。彼が現役の頃に良く参加していたシリーズがこの鈴鹿選手権です。きっとかなり懐かしかったと思います。暑い中での観戦でしたが、現在のチーム員とも楽しそうに話していたので、また来て欲しいですね。(今度は決勝日にね♪)

さて、明日も暑いと思います。僕のRMCクラスも予選落ちがありますので、まずはタイトラで、そこそこのポジションを獲得したいと思います。(それが、そもそも難しい。。。。)

  • 2011/08/13 21:02

やっぱり難しいMAX

今日から鈴鹿に来ています。今日は4セクションしか走れませんが、僕は1回目をキャンセルしたので、走行は3回です。

今日も素晴らしく暑い一日で、フェィスマスクをして、ヘルメットを被ると、あまりの暑さにかなりのトーンダウンです。

それでも、決勝日に少しでも速いマシンで戦うためには、暑いなんて言っていられません。無理やりにでもテンションを上げて、コースに飛び出します。

今日からレンタルエンジンで走ります。先週の僕の不思議ちゃんエンジンと違って、すこぶる快調に走ります。

高速域は若干、厳しいものの(それは僕がデカイから?)低速のトルクは素晴らしく、水温も高い季節なのに、グイグイと加速します。

1回目の走行が終わり、予定通りのメニューで2回目を走ります。

すると、「そうなるの???」と少し、思っていたようにはならなくて、3回目に(これが今日の最終セクションです。)これも予定のメニューをこなすのですが、そこで、なんとなく方向性が見えました。タイムは去年の古タイヤなので(いつまで使うんだ!)あまり良いとは言えませんが、シャーシーの動きは悪くないので、そのお陰で、なんとか普通のタイムで走れています。

明日は、朝一番でフレッシュタイヤを装着して、タイトラのシュミレーションを行い、2セクション、3セクションと全て、レースを意識したシュミレーションを行う予定です。

したがって、明日も3セクションで終了の予定なのです。しかし、2セクション目が予選シュミレーションで3回目が決勝シュミレーションとなれば良いのですが、、敗者復活戦のシュミレーションが3回目に入るので、やっぱり4回かも??なんて、言いながら撤収作業を終えて、それなりに、疲労感とともに、コースを後にしました。

暑さは本当にヤバイです。そんなに周回していないのに、暑さでやられて、夕方にはグッタリです。明日も暑いと思うので、そろそろ暑さに体が慣れてくれないかなと淡い期待を持っています。

さて、土曜日になるとフレッシュタイヤを下ろすドライバーも増えるので、路面も一変します。中にはテンションが上がりすぎたドライバーがレースでもないのに、ぶつけてきたりしますので、十分に注意しながら、明日のメニューをしっかりとこなしたいと思います。

  • 2011/08/12 21:02

酷暑!!

昨日は全国的に、この夏一番の暑さを記録したところが多かったようですが、今日も負けじと暑いですね。

明日から鈴鹿ですが、夏の鈴鹿は参加台数が多いために、金曜日からクラス分け走行になります。

金曜日が20分が4回で土曜日が15分が4回です。

僕のRMCクラスでも1周回るのに、50秒前後掛かるので、1セクションで走れる周回は限られます。

さらに、セット変更でピットに飛び込む事を考えると、ますます少なくなります。

今年のシリーズを戦っているドライバーはある程度のベースがありますので、そのデータの中で走る訳ですが、夏の鈴鹿に一発勝負の人は、少ない走行枠に苦戦を強いられる事も多いと思います。

僕も久しぶりのRMCですから、もっと色々と試したい事があったのですが、先週の状態があまりよろしくなかったので、まずは普通に走ることが目標です。

今回のRMCには、いつも以上に有名なドライバーが集結していますので、そんな中で走れる事は良い経験ですね。

レースウィークを通じて、暑さはかなりのレベルらしいので、体調に気をつけて、しっかりと楽しんでこようと思います。

  • 2011/08/11 11:46

鈴鹿練習会

昨日は鈴鹿に行って来ました。メンバーは僕と、オオキ君、ニシ君にヤマシタさんの4人です。

暑さも厳しく、みんなバテバテでしたが、頑張って走行しました。

ヤマシタさんは先日のクラッシュで、シャーシーが修理不能な状態になってしまったので、ユーズドですが、タイプの違うカートのシェイクダウンです。

来週がレースですので、タイプが違うのはどうかなと思いましたが、走行を開始して、すぐに以前のカートと同じように走れていましたので、問題ないようです。

それどころか、以前のカート以上に乗り易いようで、好タイムを連発していました。来週のレースが楽しみです。

ニシ君は来週のレースには参加クラスがないので、出場しませんが、せっかくの鈴鹿練習なので、いつものように広島から参加してくれました。今日は仕事ですし、帰りの道程を考えると、かなりの強行軍ですが、いつも、練習不足が原因で、レースで苦戦を強いられているので、この頑張りは良い方向に向くと思います。(昨日は前回のレースよりも良い走りが出来ていました。)

オオキ君も今回の鈴鹿に、いつもの参加クラスは無いのですが、修行のために激戦のSSクラスに参加します。今回の参加台数は49台です。予選通過ラインは28番手までで、それ以降は敗者復活戦に回らなければなりません。出来れば、順当に予選を通過して、少しでも上位でレースが出来ると、良い練習になると思います。

昨日はフレッシュタイヤも下ろして、レースを意識したシュミレーションも出来ました。タイムも良いタイムが出ていましたので、楽しめそうですが、僕がヤマシタさんのカートを借りて、一緒に走った時に、幾つか改善したいポイントがありましたので、レースでは、この辺りが良い方向にシフト出来るかが大きな鍵となりそうです。

最後に僕ですが、久しぶりのMAXクラスで、エンジンを載せる段階から、足らない部品が出たりして、なんとも、ドタバタでしたが、なんとか走行出来ました。

しかし、タイヤは去年の古タイヤしかなくて、(新品は売ってるよ~♪)グリップはかなり厳しく、スライドを抑えるのに四苦八苦しながらの走行でした。

さらにエンジンもほったからしだった事に腹を立てているらしく、ストレートの真ん中くらいから、一切伸びて行かない不思議ちゃん仕様になっていて、トップエンドではKTエンジンを抜くのがやっとでした。

そんな訳で、タイムは望める訳もないので、諦めて、体の慣らしと割り切って走りました。

エンジンが不調で、グリップも低いので、残念ながら体には優しい仕様になっていて、暑さは厳しかったですが、筋力的には余裕があって、ちょっと拍子抜けです。レースでは路面も出来るでしょうし、エンジンもタイヤも良いものを使うので、そうなると別世界です。あまり日数はありませんが、筋力トレーニングを強化して、最後の追い込みを掛けたいと思います。

夏の鈴鹿はグレンブルーの恒例行事です。レギュラー戦に組み込まれている人はシリーズの事を考えなければなりませんが、僕もオオキ君もレギュラーのクラスでは無いクラスに出場するので、思いっきり楽しみたいと思います。

来週の今頃、このブログに弾んだ気持ちで結果報告を書けるか、または、ドナドナが頭に流れながら、ため息交じりに書くかは、解りませんが、精一杯みんなで頑張ってこようと思います♪

  • 2011/08/08 11:53

8月は盛況かも?

いつの間にか8月になっちゃいました。真夏のレースが続きますが、今月の白糸レンタルレースに新チームもしくは新人さんの参戦表明が多数あります。

震災以来、参加台数も若干、減っていたのですが、今月のレースは久しぶりにフルグリッドになるかもしれません。

昨年から始まった白糸レンタルレースですが、徐々に参加者さんが増えて来て、レベルも上がって来ていました。このまま行くと、カートの台数を増やさないといけなくなるなと思っていたので、震災で、小休止しましたが、これからまた、もっと盛り上げて行きたいと思います。

さて、毎日、暑い日が続いていますが、暑いのは以外と慣れてしまいますね。鈴鹿に行っても、金曜日は、死ぬほど暑い!と思っていても、土曜日、日曜日と進むにつれて、暑さもそれほど感じなくなります。

今回は体力の厳しいMAXクラスにエントリーしたので、暑さくらいは克服しておかないと、話にならないと思うので、しっかりと体を慣らしておこうと思います。

その問題の鈴鹿に向けて、筋トレと減量に励んでいますが、マジで厳しいです。本当に年齢を感じます。予定ではしっかりと仕上げて、キレキレで走れる予定でしたが、目標には届きそうにありません。

キレキレじゃなくて、ヨレヨレになりそうですが、それでも楽しみなんだから、バカですね。予選が終わった頃には、出場した事を後悔してそうですが、それでもきっと、無駄なあがきで頑張るんだろうと思います。来年は解らないので、ここからは常に何時辞めても悔いがないように1レース、1レースをしっかりと楽しみたいと思います。

  • 2011/08/03 13:08

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed