エントリー

2011年03月の記事は以下のとおりです。

今年のF-1

今年もやっとF-1が開幕しましたね。開幕戦が情勢不安で流れたので、F-1ファンは痺れを切らしていたと思います。

今年は去年と比べて、レギュレーションが変更になったり、タイヤがピレリになったりと変化の多いシーズンになりましたが、その多くは、F-1をもっと面白くするために考えたものが多いです。

可変ウイングなんかはコース上でのパッシングを増やす事が目的ですし、ピレリタイヤもソフトとハードの違いを顕著にする事で、戦略のバリエーションを増やしたり、各チームのマシン特性の違いも出やすくなっているようです。

走る実験室のF-1ですがF-1サーカスなんて呼び方があるように、多くのファンを楽します使命があります。

したがって、どうやったら面白いレースになるのかはとても大事なポイントですね。

さて、そんな今年のF-1ですが、まずまずな滑り出しだったのかもしれません。一番心配していたピレリタイヤも3ピットのドライバーもいれば、ワンピットのドライバーもいました。

自分のところのマシン特性やドライバーのタイヤマネージメント能力をデータ化して、その日の路面状況なんかを加味しながら、最善の戦略を採った結果なんでしょうね。

優勝はべッテルでしたが、2位にハミルトンが入りました。3位にはルノーのペトロフが入りましたし、4位はアロンソでした。

上位の4人が全部違うチームでした。これは今年のF-1も混戦となる可能性を示唆しているのかもしれませんし、開幕戦なので、各チームがチャレンジングな作戦を採ったせいかもしれません。

それと、可夢偉君とペレスのザウバーが失格になった点はかなり残念ですが、上告してもまず、結果は覆らないと思うので、次のレースに集中した方が良いかもしれません。

違反がなくても、まず結果は変わらなかったと思うので、レースディスタンスを走りきれた信頼性に加えて、実力も昨年よりは上位チームに近づいているのかもしれません。

次はマレーシアです。やっとF-1が始まりました。また1年楽しめそうです。

  • 2011/03/30 23:11

鈴鹿第2戦決勝

昨日の鈴鹿は朝のブリ-フィングで震災でお亡くなりになった方々に黙祷を捧げてからのスタートとなりました。鈴鹿のコントロールタワーには災害支援のための義援金を入れられる募金箱も設けられていました。支援物資もスムーズに被災地に届かないようで、歯痒い思いがしますね。一刻も早く、被災された方がいつもの生活を取り戻せると良いですね。

さて、昨日の鈴鹿ですが、まず、ヤマシタさんは土曜日の後半の症状を改善するためにシャーシーセットを大幅に変更して、タイトラに臨みます。その甲斐あって、タイトラは3位と好位置に付けます。

予選がスタートして、前半のタイムが厳しいヤマシタさんは、順位を4位に下げますが、後半はスピードアップに成功して、抜くまでは行きませんでしたが、過去の自己ベストを塗り替える素晴らしいタイムを連発します。昨年の、このクラスのコースレコードにコンマ2秒差まで詰め寄る走りは本当に素晴らしかったと思います。今年から5キロのウエイト増がなされたので、それを考えると、十分すぎるタイムです。速くなったカートで良いラップを刻めるようになった事が走りの部分の開眼にも繋がったようです。

そして、決勝がスタートします。課題の序盤のタイムアップ対策と走りの課題を説明して、グリッドに付きます。

スタートが切られて、まずは鬼門の第1コーナーを無事に4位で通過するヤマシタさんです。その後、3コーナーでイン側に飛び込んで、3位に浮上。

トップが逃げない内にさらに仕掛けるヤマシタさんはホームストレートで2位に立ちます。目の前にはトップの選手がいます。本人的にはトップも捕らえられそうだったようですが、最終コーナーで3位の選手に入られて、繋がって入ってきた4位の選手と接触してしまいます。

ほとんどストップしてから再スタートを切りましたが、大きく遅れて、単独走行です。そして、残念ながら表彰台圏内から転げ落ちて終了です。

しかし、課題だったアウトラップも速かったですし、速いラップを維持する事も出来たので、この鈴鹿はヤマシタさんにとって得るものの多かったレースだったと思います。

「こうなると、もっとしっかりとテストしたくなっちゃうんですよね♪」と言っていたので、本人もかなりの手ごたえを感じたんだと思います。

次に、僕達4人のアバンティですが、タイトラで最終周まで僕がトップでしたが、最後で前回優勝のドライバーにひっくり返されてしまいます。でも、タイム差も僅かですし、単独で出したタイムなので、まずまずです。

当日入りのケンタは僕の仕様をフルコピーして臨みました。結果は5位です。王子は前日からの不調を引きずる形で9位と奮いません。ニシ君も同様で12位です。

王子とニシ君もちょっと厳しいですが、ケンタのタイムはそんなに悪くありません。予選に期待が掛かります。

予選がスタートして、フロントロー発進の僕はかなりのバットスタートで一気に6位に落ちます。ケンタにも抜かれてしまいますが、3コーナーで1台、25Rで1台と抜いて上がって、3位にはすぐに戻ります。トップ2台よりも速いラップを刻めていたので、追いついて、1台ずつ抜いてあげるつもりでしたが、インを伺いながら向かった最終コーナーで直前の2台が接触して、インが空いて、そこに飛び込んで、あっさりとトップに立ってしまいます。

棚ぼたみたいで、がっかりですが、そのままゴールです。ケンタも終盤まで2位にいましたが、後方のドライバーに乗り上げられて、最後は4位でフィニッシュです。王子が7位、ニシ君が11位と各自順位を上げれたので、みんなで6位までの表彰式を目指します。

決勝がスタートして、ポールスタートの僕は無事にトップでコントロールラインに帰ってくる事が出来ましたが、スリップが効かない距離まで逃げる事は出来ずに、これから長い決勝をピッタリと張り付いた後続の選手を背負いながらのレースとなります。

しばらくして、ストレートエンドで並びかけられて、2位に落ちますが、すぐにトップに返り咲けます。またしばらくすると、今度は違う選手がやはりスリップから抜け出して来ますが、今度もすぐに抜き返せます。どうやらポテンシャル的には僕がトップグループの中でも良さそうです。

そして、僕を先頭にファイナルラップに突入して、コーナーではブロックしないと決めていた僕は背後にエンジン音が常に聞こえていましたが、パッシングポイントのヘアピンも最終コーナーも通常のラインを通過します。

しかし、直後のドライバーにインに並びかけられる事なく、そのまま無事にトップチェッカーを受ける事に成功しました。

後方ではやはりファイナルラップを3位で通過したケンタが最終コーナーでイン側を厳しくブロックして、アウト側に流れたところを前回優勝のドライバーにクロスラインで並ばれて、4位に落ちてしまいます。

王子も同様に表彰式に出られる6位でファイナルラップに突入しますが、7位の選手との攻防に敗れて7位フィニッシュです。ニシ君10位フィニッシュでした。

僕は前回のリベンジに成功しましたが、グレンブルーチームで表彰台を独占する野望は、またしても達成出来ませんでした。今回は王子の不調が激しく、原因は5年も乗り続けたシャーシーがその寿命を全うしたせいかもしれません。次回のレースで王子の復活を願いたいと思います。

表彰台独占、なかなか難しいです。開幕戦よりも全体のレベルが上がったみたいで、速いラップを刻めるドライバーが増えました。ですが、王子やケンタ、ニシ君も順調にレースウイークを過ごせれば、間違いなく、表彰台に立てる力があるので、懲りずに狙って行きたいと思います。

  • 2011/03/21 10:27

鈴鹿第2戦

今日から鈴鹿に来ています。やはり震災の影響でエントリーは少なくなっています。僕を含めて、参加を決めたドライバーさん達も複雑な気持ちです。レースに出場するために頑張ってきたドライバーが多いので、早く日本が今回の災害から立ち直って、また、いつもの活気溢れる鈴鹿に戻ってくれればと思います。

さて、少しは上向いていると良いなと思って鈴鹿に来た僕ですが、前回優勝のドライバーにかなり近づいている気がします。

前回は完敗だったので、今回はもうちょっとレースらしくなれば良いなと思っています。

しかし、テストで上向いた僕の仕様を王子やニシ君で試したのですが、あまり上向く感じがありません。やはり、個別に細かく煮詰めないといけないようです。

ケンタはぶっつけ本番で明日入りなので、かなり心配です。でも、前回のケンタは好調だったので、なんとかなるんじゃないかと思います。

ヤマシタさんも今日から走りましたが、ちょっと難しい路面になった午後からリズムを崩してしまいました。明日は天候も変わるので、明日に期待したいと思います。

鈴鹿は相変わらず花粉が厳しく、走行中はフェイスマスクをしっかり付けて、走行が終わったら間髪入れずにマスクを装着する事で
、だましだまし過ごしました。早く花粉の時期が終わってくれればと思います。

明日は天気が崩れるようなので、決勝辺りで波乱があるかもしれません。とりあえず、みんなで表彰式を目指したいと思います。

  • 2011/03/19 20:02

白糸シリーズ第2戦

今日は白糸シリーズの第2戦がありました。震災の影響で渋滞等、
辿り着けなかったドライバーさんもいて、参加台数が減ってしまいましたが、レースはなかなか盛り上がりました。

まず、耐久レースですが、開幕戦を制したAMTがやはり好調を維持していて、予選までまったく危なげない感じです。2位にはチーム天さんでこちらも良い感じです。

ちょっと抜け出た感じのAMTは決勝ヒートのグリッドを最後尾から出る余裕を見せます。

決勝がスタートして、順調に順位を回復するAMTですが、3位辺りまで来たところで、なんと痛恨のスピンを喫します。スピード差があったので、じっくりと行ける位置まで来ていたのに、何で?って感じですが、この辺りがレースの面白いところです。

やはり最後尾からのレースですので、一気にトップまで帰りたいって気持ちが焦りを生むんですよね。

しかし、その後も順調に順位を回復して、遂にはトップに返り咲きます。

チーム天さんとは最後まで熾烈な争いを演じましたが、最後はAMTが僅差で逃げ切ります。

2位にチーム天さんで、3位がチームJulyさんでした。3位に入賞したチームJulyさんは昨年も違うチーム名で出場してくれていましたが、今年は心機一転、チーム名を変更してシリーズを追いかけるようです。

さて、耐久以上に盛り上がったのが、スプリントです。打倒!ミッフーに燃えるドライバーが多いのですが、負け知らずのミッフーに白糸のレーシングカートのスピードキングの王子が挑戦状を叩きつけます。

その他にも、白糸レンタルのコ-スレコードホルダーのガクちゃんさん、それに開幕戦でファースティストラップを記録して、スピードを上げて来ているアキヤマ君、それに僕の甥っ子のシュンも参戦しました。

2クラスに分かれて争われた予選ですが、ミッフーを含めた実力のある上位陣は接触等で順位を下げる事なく、デビ1決勝の上位グリッドを確保します。

今回のミッフーはみんなの殺意の混ざった、熱視線に耐えられずに、自分からハンデウエイト搭載を提案します。それでもB組の予選2位、決勝グリッド3位を獲得して、確かにタイムは落ちているようですが、十分にトップ争いに参加出来そうです。

そして、いよいよ決勝です。まずはデビ2の決勝ですが、いつものデビ2と違って、比較的に終盤まで隊列が分断する事なく、1列でレースが進みます。

何度かトップも入れ替わりますが、最後は初出場のマエジマ選手が逃げ切って、デビ2とは言え、嬉しいデビューウインを飾ります。

2位にはオカモトさん、3位には開幕戦のデビ2ウイナーのタムラさんが最後尾スタートを跳ね返して、表彰台の一角に滑り込みます。

デビ2もかなりレベルが上がって来ているようです。

デビ2のレベルが上がって来ているんですから、もちろんデビ1もレベルアップしています。

デビ1決勝がスタートして、ポールスタートの王子とセカンドグリッドのアキヤマ君は、スタートに失敗して順位を下げます。激しく順位を入れ替えながら、1周目のコントロールラインにトップで戻ってきたのは、5番グリッドのガクちゃんさんです。この方、レースが実に上手いんです。際どいラインを上手くトレースして、スルスルとトップに上がって来るんです。

しかし、デビ1は逃げる事が難しいので、その後も激しいバトルで、目まぐるしくトップが入れ替わり、いよいよレースも終盤を迎える頃に下がっていた王子が一気にスパートしてトップに立ちます。

その後は2位争いが激化して、王子は若干のマージンを築く事に成功します。そして、王子を先頭にチェッカーが振り下ろされ、打倒!ミッフーに一番乗りはやはり、白糸キングの王子でした。

2位に、ガクちゃんさんです。ミッフーとのバトルは見ごたえがありました。

3位にミッフーです。アキヤマ君はまたしてもファースティストを獲得しますが、序盤にスピンをして、トップ争いから脱落してしまいます。スピードが身に付いても、レースですぐに結果が出る訳ではないので、腐らずに修行してもらいたいと思います。この部分はレースに出た事のない人に説明しても、なかなか解ってもらえない部分で、練習で良いタイムが出るまではレースに出ないと決めている方は、結局は遠回りになってしまうって事です。

今回のデビ1決勝は、今までのレースの中でも間違いなく、ベストレースのひとつでした。

ガクちゃんさんに、ミッフー、そして王子と、みんながトップに立ちましたが、すぐに引き摺り下ろされる激しいレースで、見ていたギャラリーを大いに楽しませてくれました。白糸レンタルは本当に見ごたえがあるレースが多くて、冗談ですが、入場料を取っても良いんじゃないかとさえ、思います。

次のレースは4月4日のマンデーレースで、レギュラー戦は4月17日です。そろそろ暖かくなりますし、沢山の方の参加をお待ちしております。

  • 2011/03/13 22:11

親知らずってこうですか?

今日、歯医者さんで親知らず?を抜きました。歯医者さん曰く、「抜かなくても良いんですけど、残してもあまりメリットがないですし、虫歯が進むと、歯が脆くなって抜きづらくなりますので、抜きやすいうちに抜いたほうが良いですよ。」との事でした。

でも、親知らずを抜いたら、酷く痛んだり、血が止まらなかったり、腫れちゃって大変だったりと、あまり良いイメージが無いのと、歯医者さんがとっても苦手な僕は、「うん~と、来週までに考えてきます。」とか言って引き伸ばしてきました。

抜かなくても良いんですけど、と前置きをしていたはずの歯医者さんですか、やはり本音は「抜いたほうが良いのに。」と思っているみたいなので、一大決心して、今日、抜いてきました。

もう1週間、引き伸ばそうかと思ったのですが、来週は鈴鹿です。万が一にも腫れたりしたら困るので、今日にしました。

さて、麻酔の注射の前に塗り薬で簡単な麻酔をして、それから痛い注射。ある程度塗り薬が効いていたので、なんとか我慢が出来るレベルです。

僕が診療をお願いしたのは、まだ新しい歯医者さんでしたので、設備もなかなか近代的です。僕の視界には綺麗な海の中の映像が写ったモニターがあって、少しでも気持ちが和らぐように配慮されているようです。さらに麻酔注射の最中も癒し系のBGMが流れて、徹底的に、痛みを緩和させるように頑張ってくれています。

抜歯にビビって、何週間も逃げていた、僕への配慮かもしれません。

しかし、綺麗な海の中の映像も、癒しのBGMも、僕の心拍数を下げる事は出来ずに、すっかりガチガチの僕に、綺麗な看護婦さんが「大丈夫ですか?気分が悪くなったら言ってくださいね。」と優しいお言葉。

自分でも情けないと思うのですが、どうしても歯医者さんは嫌ですね。

やがて、麻酔が効いてきて、いよいよ抜歯の時がやって来ます。

先生は「今なら簡単に抜けますよ~」とまたしても僕に気を使ってくれています。

麻酔が効いているので、痛みはほとんど無いのですが、ミシミシと歯が歯茎から剥がれる音はなんと言えずに嫌な感じです。

簡単に抜けると事でしたが、それなりに苦労している感じです。

「あまり、力を入れちゃって、歯が割れちゃうと困るから慎重にやってますよ~」とか、言われると、「やっぱり、苦戦なのか?」と汗がどっと!噴出してきます。

手術を執刀するドクターの横で、看護婦さんが先生の汗を拭くシーンがドラマ等で見ますが、汗を噴出しているのは患者なので、当然ですが、看護婦さんは拭いてくれません。

自分でも拭けないので、ダラダラと額から汗を流しながら、必死に耐える僕です。

やがて、先生が「もうちょっとで、抜けますよ~」と蕎麦屋の出前のような事を言いましたが、僕の中では「完全に抜けました!と聞くまでは信じられん!」となってしまっています。

そして、僕の中では本当にやっと、その時がやってきて、「ハイ!抜けましたよ。」とのお言葉です。

先生は「今日は、飲酒と激しい運動はしないようにして下さい。」と仰いましたが、かなりのエネルギーを消耗してしまった僕は(何で?)「誰がこんななってるのに、酒なんか飲むんだ?ましてや激しい運動って、ありえないし。」とか思っていました。

痛み止めと化膿止めの薬をもらって、すごすごと帰ってきましたが、麻酔が切れた今は、キリキリと激しく痛んでおります。でも、薬が嫌いな僕は、化膿止めは飲みましたが、痛み止めは飲まずに我慢しています。

今日は眠れそうにありません。

ところで、親知らずってこれで書き方はあってるんでしょうか?なんで、親知らず?

  • 2011/03/10 20:42

一歩前進

昨日は鈴鹿にいました。アバンティの美味しいところを何か掴もうと思っていましたが、朝から、電話が鳴り続けて、ちっともカートが組みたたりません。

前回のレースで使用したエンジンは凄まじいくらい、終わっていたので、オーバーホールしました。そのため、慣らしをしなければなりません。

みんなから大きく遅れて、慣らしを始めたので、慣らしが終わったら午前中が終了してしまいました。

午後からの3時間で、ある程度のテストは出来ましたが、もっと細かく色々と仕上げたかったので、ちょっと時間が足りませんでした。

昨日は不調のオオキ君のカートに乗ってみたり、もう一歩、マイエンジンが回らないニシ君のカートに乗ったりもしましたので、午後も、あっという間に終了です。

それでも、かなり戦闘力は増しました。前回よりは一歩前進です。レースウイークにもう少し、前進したいと思います。

そう言えば、前回の鈴鹿はニュータイプのマラネロを土曜日にシャイクダウンして、そのままレースに出場しました。そのために、土曜日の少ないセクションはデータのない、そのニューモデルのシャーシーセットに時間を割いていたので、エンジンのテストはほとんど、出来ていませんでした。

そんな訳で、前回よりは少しは前進したので、もうちょと面白いレースが出来そうです。やっぱりレースはこの「次のレースはもしかしたら、この前よりも速く走れるかも♪」なんて思っている時から楽しいんですよね。なかなかいざ、当日になると予定外の事態に悩まされる事も多いんで、あまり期待しないようにしてますけどね♪

  • 2011/03/06 19:30

マジでキツイ。

このところ、花粉がハンパなくて、マスクで防護していますが、それでもかなり厳しいです。

目も鼻もバリバリに症状が出ていて、客商売なのに、酷い顔をしながら、激しいくしゃみの連続で、接客になっていません。

幸い、花粉症は市民権を得ているので、皆さん、同情的で助かりますが、この時期は本当に泣きそうです。

今年は昨年の10倍とか20倍とか言われていますが、確かに去年よりも格段に厳しいですね。

まだ3月が始まったばかりなので、あと2ヶ月以上も苦しめられるかと思うと、げんなりしてしまいますね。

しまし、まったく花粉の影響を受けない人がいるのは、どう言う事なんでしょうか?あまりにも不公平だと思いませんか?

羨まし過ぎてだんだんと怒りがこみ上げて来ちゃいそうです。

明日も鈴鹿です。鈴鹿も花粉がキツイです。次の鈴鹿も気持ち良くぶっちぎられたら、花粉のせいにしょう♪

  • 2011/03/04 21:28

結構近いです。

完敗に終わった鈴鹿ですが、リベンジしなければと思っています。ですが、次の鈴鹿はなんと!今月の20日です。

あまりインターバルがありませんし、1週間前の鈴鹿練習日は白糸シリーズなので、鈴鹿にはいけません。

しっかりとテストを繰り返したいところですが、たいした事は出来そうにありません。(このレースでそこそこ頑張らないと、第3戦もアバンティに出る事いなってしまいそうです。。。。)

レースですから、ビリよりも前のほうが良いですし、2位よりも優勝が良いです。でも、僕はチームのみんなと楽しく走れるので、順位よりも内容に拘りたいと思います。

ケンタや王子、ニシ君には、もちろん前でレースを戦えるようになってもらいたいので、そのためには頑張って仕上げて行きたいと思います。

第2戦も今のところ、チームからのエントリーは7台の予定です。開幕戦のようにコケちゃうチーム員をゼロにしたいので、今回、メカトラや重量失格に終わったチーム員は、次は同じ結果にならないようにくれぐれも集中した週末を過ごしてもらいたいと思います。とりあえず、ナオさんや王子のように貴重な土曜日にトラブルのフルコースで、ちっともまともに走らない何て事はやめましょう。そんな事をしていたら、どんなに凄いドライバーでも結果に響くのは当たり前です。

第2戦はナオさんが出ないようです。そうなるとやはり王子の独壇場です。あの男はつわものなので、簡単ではありませんが、彼への見張りをより強化して、少しでもまともに走れるようにしたいと思います。(どんだけ、問題児なんだ?)

  • 2011/03/02 22:22

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed