エントリー

2010年11月の記事は以下のとおりです。

タイミングが良いのも。。。。

明日から12月です。まったく月日が流れるのは早くて、この間、開幕戦とか言っていたのに、もう最終戦です。

チームグレンブルーは12日の白糸シリーズの最終戦と19日の鈴鹿最終戦が残っていますので、各自、一年を気持ち良く締め括るために準備を怠らないようにしてもらいたいと思います。

そんな訳で、5日の日曜日は鈴鹿に行く人、白糸で走る人と分かれると思います。僕は鈴鹿に行く事になると思いますが、最終調整で良い仕様を見つけてくれればと思います。

さて、毎年12月は来期のシャーシーが入荷する時期です。ホモロゲーションの関係で大きく変わる年とほとんど変わらない年がありますが、2011モデルがもう入ってきたようです。

現在、精力的にレース活動しているチーム員の多くがマラネロRS-10に乗っています。これは今年に乗り換えたドライバーが多いのですが、ここまで旧モデルで頑張ってきたオオキ君がいよいよニューシャーシーを投入します。

チームの先輩ドライバーに習ってRS-10を購入予定だったオオキ君ですが、来期モデルにちょっと新しいモデルが追加されました。

まだ誰もテストしていないので、良いか悪いか解りませんが、ちょっと前にニューシャーシーを降ろした先輩達には無かった選択肢が現れて、タイミング的には良い時期と思われました。まだ決定はしていませんが、選べる事は良い事です。

そんなオオキ君ですが、来期に向かってニューヘルメットもオーダーしていて、僕が発注するだけだったのですが、いざ、発注しようとしたら、なんと!アライさんからGP-6系のニューモデルが発表されました。もうちょっと前に発注していたら、旧モデルのGP5系だったのが、まったく素晴らしいタイミングでニューモデルが発売されました。(ちょっと前にGP-5系のヘルメットをお買い上げ頂いた方々には、申し訳ないのですが。。。。)

当然の事ですが、オオキ君はチームでまだ誰も被っていないGP-6系のヘルメットを一番乗りで購入する事になりました。

シャーシーの件と言い、ヘルメットの件と言い、見えない何かを味方につけている感じのオオキ君です。(それに引き換え、見えない何かに徹底的に良い結果を阻止されているドライバーを僕は知っている。誰とは言えませんよね?ナオさん♪)

  • 2010/11/30 12:10

ウェンズデイレース

今日は初めての平日レースを行いました。

平日なので、参加台数も厳しいと覚悟していたのですが、スプリントが19台で耐久が8台とそれなりに楽しめる台数が集まりました。

スプリントは2クラスに分かれて予選までを戦って、決勝は各組の上位5台がデビジョン1で、それ以降のドライバーさんがデビジョン2です。

今回のレースは日曜日に開催されているレギュラー戦の猛者も出てくれましたし、平日休みの初挑戦ドライバーさんも出てくれました。

したがって、2クラスに分かれられたので、全員が楽しめたようです。

遠くから遠征して来てくれた方もいて、次回の開催に自信が持てました。

今年は12月12日の最終戦が最後ですが、来年は1月から日曜日開催のレギュラー戦と平日開催レースの2本立てで行きたいと思います。

平日レースもシリーズ戦にする予定ですので、年末にはシリーズチャンピオンを決定したいと思います。

今回、参加されたみなさんも感じてくれたようですが、やはりレースが面白いですね。練習でタイムを削るために考えながら頑張るのも面白いですが、レースで味わえる興奮とはちょっと違います。レースは自分でも呆れちゃうほど緊張したり、熱くなったりと嫌な事もみんな忘れて没頭出来ます。普段の練習からレースで勝つ為に必要なトレーニングをしていると楽しさも倍増すると思います。

さて、今回の結果ですが、スプリントのデビ2の優勝がアキヤマ君のお友達のスズキ選手となりました。2位にはモリックのお友達のクロキ選手。3位には当日に一人で参加してくれたカモガワ選手でした。この3人はみんながデビュー戦と言うフレッシュな顔ぶれで、表彰台の上で、シャンパンを振ったからにはもう、面白さにヤラレちゃったのではないでしょうか。

そして、栄えあるデビ1の優勝はレギュラー戦でもタイトル獲得の最有力ドライバーのミッフーです。今日もスピードで頭一つ抜け出した感じでした。

2位には、これもレギュラー戦出場の猛者、ガクちゃんさんです。この方、白糸レンタルのコースレコードホルダーなんですよね。

そして、3位にはなんと白糸レーシングカートスプリントのスピードキングの王子が入りました。慣れないレンタルでしたが、決勝グリッド7位からの追い上げは流石です。レース後に「レンタルは難しい!!」と自分よりも上位に二人もいた事に驚いていました。

やはりデビ1はレースも見ごたえがありますし、参加ドライバーのレベルも高くて楽しめましたね。

午後から行われた耐久レースの優勝チームは午前中のスプリントで上位を占めた、ミッフーと王子、それにヤジロベエさんが組んだ無敵チームが優勝となりました。完全に空気の読めない感じの組み合わせで場内からブーイングが出そうでしたが、レベルの高いドライバーと一緒に走るのはとても勉強になります。次回はチーム編成も変わると思いますが、是非とも打ち負かしてもらいたいと思います。

2位には「チームNLS」が入りました。このチームもレギュラー戦の常連さんで、今回も手堅く走り、2位になりました。スピードではかなり優勝チームに肉薄していたので、あとはレースでパッシング等で、ロスのない走りが出来れば、優勝もあると思います。

そして、3位に初挑戦の「チームクロッキー」が入りました。これは大金星と言っても良いでしょう。モリックとクロキさんの二人で組んだチームなのですが、モリックもクロキさんもこの日がレンタルカートに初めて乗ったんだからたいしたもんです。特にクロキさんはレーシングカートをやっていた訳ではないので、とても短い時間で多くの事を吸収してしまったようです。次回のレースが楽しみですね。

さて、12月の最終戦はスプリントのチャンピオンが決定します。かなりハイレベルな戦いになると思いますので、今から楽しみですね♪

  • 2010/11/24 18:52

賞味期限切れ。。。。

昨日の鈴鹿も晴天で気温も高く、走った後は汗かいちゃうくらいでした。

王子とオオキ君のクラスを先頭にタイトラが始まります。王子は渋滞にはまって、思ったようなタイムが出せずにいたのですが、最後のラップでリーダーボードのトップに躍り出て、嬉しいポールポジションを獲得します。

オオキ君は上手いアタックを決めれませんでしたが、それでも9位に踏みとどまります。

王子&オオキ君の予選ですが、王子を先頭にレースが進みますが、ポールの緊張からかミスも出て、後続を引き離せずにバトルになります。2位に下がった王子が3コーナーで仕掛けたのですが、接触して、リタイヤになってしまいます。ここまでランキングトップの王子はまさかの決勝最後尾スタートとなってタイトル獲得に黄色信号です。

オオキ君はそんな上位陣の混乱にも助けられますが、自力でもバトルに打ち勝って、決勝グリッドは6位です。

二人の決勝がスタートして、スタートで下がるオオキ君です。王子はスタートダッシュを決めて、追い上げ開始です。

王子は決勝に向けたセット変更が決まり、別人のようなスピードで抜いて上がって残り2周で3位争いに追いつきます。

圧倒的なタイム差がありますが、残り周回も僅かなので、確実に仕留めなければなりません。王子は1コーナーで並び掛けますが、簡単には抜かせてくれません。そのままの順位でファイナルラップに突入して、3台でラインを交錯させながらの攻防が続いて、いよいよ最終コーナーです。3位の選手がインをブロックしたので、4位の選手がアウトに振ったそのインに王子が飛び込んで、そのままゴールです。結果は4位と場内を沸かせた追い上げ劇でした。

オオキ君も序盤に下がった順位を徐々に取り戻して、最後は8位でフィニッシュです。

ニシ君のクラスですが、前日まで絶不調のニシ君はタイトラでちょっとエンジンが復活します。それでも順位は12位です。

タイトラの状況からセットを変えて予選に臨み、さらにタイムアップして、トップグループとコンマ2秒以内まで来ます。順位も二つ上げて、10位です。

決勝に向けてさらにセットを進めて、これも良い方向に向いたようで、エンジンは完全に普通になります。しかし、前のカートに引き離されなくなった途端に「つっこみ番長」に変身して、パッシングには至りません。そのままの順位で終了です。急激に戦闘力を取り戻したもんだから、嬉しすぎてちょっとやらかしちゃったみたいです。

マコちゃんとヤマシタさんのクラスですが、タイトラでマコちゃんらしからぬメカトラが発生して好調のマコちゃんは200メートルくらいしか走れずにダートにカートを止めます。新品タイヤの皮むきも出来ずに予選を最後尾からスタートです。

ヤマシタさんもやはりフレッシュタイヤを攻略出来ずに後方に沈んでしまいます。

予選がスタートしますが、最初からテストが目的で参戦したマコちゃんは自主的に敗者復活戦に出る気のようで、なかなか順位を上げません。順位を数えながらの走行を続けて、最後は敗者復活戦のポールの位置でフィニッシュです。

ヤマシタさんは予選の前にセットを変更したところ、だいぶ走りやすくなったようで、別人のようにちゃんと乗れるようになります。しかし、敗者復活戦は激しいので、接近したバトルで揉みくちゃになって、3台くらいでクラッシュしてしまい、無念の予選落ちです。

マコちゃんの決勝ですが、28番グリッドから次々に順位を上げて、追いついたカートは全部抜きましたが、8位でフィニッシュです。20台抜きは気持ち良かったのではないでしょうか。

最後は僕のX30ですが、タイトラで有力ドライバーのスリップを使ってアタックして、序盤に3位を確保します。その後、タイム更新も無かったので、タイヤ温存で早めにピットに向かいます。

しかし、その後にみんながタイムを上げて、7位まで後退してしまいます。

予選までにセット変更して少しでも上位陣との差を詰めれればとスタートしますが、最初こそ4位まで上がりますが、すぐに抜き返されて、タイトラよりもますます走らなくなったマシンと格闘しながら8位でフィニッシュです。

打つ手のない僕は決勝のセットで今週末にテストしていない仕様に変更します。ギャンブルになりますが、仕方ありません。

決勝がスタートして、今回もスタートでジャンプアップを狙います。狙ったとおりに上手く抜いて行きますが、あと少しのところで、横のカートに押し出されてしまいます。鈴鹿のグラベルは深くて、抜け出せずに降りて引っ張り出して再スタートです。

当然の事ながら単独での走行となってぶっちぎりの最後尾ですが、変更したセットがどうだったのかを確認する意味でその後もしばらく走りました。しかし、予選よりもさらに悪化しただけでギャンブルは失敗に終わったようです。(ギャンブルしてあまり成功した事もありませんが。。。。)

僕のX30初挑戦はなんだか何が悪いのか解らないまま終了となりました。乗り物としてのX30はかなり面白いです。参加ドライバーのレベルも高く、それも楽しいですね。ただ最低重量だけがちょっと変で、トップ争いをしていた小柄なドライバー以外はみんなオーバーウエイトになると思います。設定変更が必要かもしれません。

いよいよ鈴鹿も来月の最終戦を残すのみとなりました。王子とマコちゃんの二人が現在、ランキングトップです。最終戦を無難に乗り切れば、鈴鹿選手権の二つのクラスを制することが出来ます。静岡からの遠征組としては良い結果と思います。

今回の鈴鹿で色々な方が僕のところに来てX30のアドバイスをしてくれました。苦戦する僕を見かねての事だと思います。みなさん、ありがとうございました。アドバイスの多くは、過去に体験された事が多く、「きっと○○が悪いんですよ」とか「X30はよく○○が壊れるんです。」とかなんですが、「僕が単純に遅いのかもしれません。」と答えるとみなさん、それはないでしょうとありがたい事を言ってくれるのですが、本当に賞味期限が切れたのかもしれません。

ただ、遅い事に対して、自分で原因が解ると思っていたのがちょっと不思議です。僕の現在のドライビングは年齢からくる衰えでパフォーマンスが落ちているのは自覚出来ていて、MAXで走りながら「あぁ~、3年前ならこのコーナーはこんな感じで走れていたのに。」って具合です。それでもMAXクラスに出ていて、タイムでそんなに負けてはいません。ですが、今回のレースはその辺りがよく解らなくて、ちょっと謎です。

でも、老化現象で感覚そのものも衰えていて、遅い原因が自分のドライビングにあるのにそれを自覚出来ないのかもしれません。もしそうだとすると、とてつもなく悲しいですね。

次の鈴鹿は何に出ましょう?

  • 2010/11/22 11:33

鈴鹿前日

今日の鈴鹿も暖かくて、カートに乗るには最高の一日でした。

しかし、残念ながら最高なのは天気だけで、僕の調子はあまり良くありません。

シャーシーはそれなりなのですが、上位陣とのタイム差はかなりあります。

何が悪いのかが、イマイチ解らないところが問題で、速いドライバーの後ろにも付きましたが、加速部分で負けている感じです。

X30はウエイト制限が厳しくて、かなり体重の軽いドライバーじゃないとオーバーウエイトになってしまいます。僕も常に5キロ以上、重い状況で走っているので、加速しないのはそのせいかもしれません。

減量の毎日を送ってきて、これ以上は無理なところで頑張っているのですが、設定そのものがちょっとおかしい気がします。

そんな事を言っていても仕方ないので、出来る限りの状況で頑張るつもりです。

しかし、ウエイト差以上に負けている気がするので、僕の走らせ方とセットアップにも問題があるのかもしれません。MAXとはまた違った難しさがあるX30です。

明日はドライバーがそのメカニズムを解明して、X30にあったドライビングとセットアップに辿り着けないと惨敗になりそうです。

さて、他のみんなの調子ですが、マコちゃんはまずまずみたいです。しかし、序盤は相当速かったのが、後半に進むつれてちょっと下降気味なのが気になるところで、路面の重さの影響を受け初めているのかもしれません。

ヤマシタさんは、練習タイヤが底を付いたので、午後からフレッシュタイヤを下ろしました。レースに向けて良いシュミレーションが出来たのですが、フレッシュを装着した途端に、上手く走れなくなりました。この状況を明日も引きずるようだと、レースで苦戦となります。フレッシュタイヤの走らせ方をアドバイスしましたが、簡単に体得出来れば苦労はしません。ヤマシタさんも僕と一緒に明日はお勉強です。

次に問題児のニシ君ですが、今日も色々と試しましたが、結論から言って、エンジンそのものを交換しないとダメそうです。彼もまた明日は厳しいレースになると思います。

最後に王子とオオキ君のアバンティですが、王子も練習タイヤが無くて、厳しいタイヤで走りました。やはり良いタイムは出ませんが、走りそのものは、このクラスで抜け出ているので、明日は大丈夫だと思います。

一方、オオキ君ですが、スピードはそれなりにあるのに走りにムラがあって、このままではレースで良いリザルトを取れそうにありません。ムラの原因は突っ込みすぎなのですが、何回説明しても走り出すとどこかに飛んでしまうらしく、同じ事を繰り返しています。みんなが通る道ですが、早く脱出して欲しいと思います。

さて、こうやって一通り書いてみると、明日はみんな課題があって、その課題をどうやってクリアするかでリザルトが大きく違ってきそうです。

難しい事にトライするのは楽しいです。明日はみんな自分への挑戦です。一番クリアが難しいのはひょっとして僕かもしれません。でも、頑張ります!

  • 2010/11/20 20:52

鈴鹿選手権

今日から鈴鹿に来ています。朝はかなり寒かったのですが、日中は暖かくて助かりました。

さて、今日もそれなりに走りましたが、相変わらずX30のドライバーは少なくて、ターゲットタイムがどの辺りなのか解りません。

今日もまたMAXドライバーのタイムを参考におよその目標を立てましたが、それにはたどり着く事が出来ました。

明日からはクラス分けです。X30も流石に現れると思うので、明日になれば、自分のポジションが解ると思います。

今回の鈴鹿は僕以外に5台が出場します。SSクラスにマコちゃんとヤマシタさん。アバンティクラスにオオキ君に王子。

そして、セルオープンにニシ君です。

ニシ君とオオキ君は今日から走りました。オオキ君はそこそこですが、ニシ君はエンジンが不調でちょっとまずいパターンです。明日も解決に向けて試行錯誤したいと思いますが、厳しそうです。今回はマジでヤバイかもしれません。

明日の今頃はなんとなく色々解ると思うので、良い情報を書き込めると良いのですが。。。。

  • 2010/11/19 19:57

地味に。。。。

瑞浪シリーズはナオさんが9位でタナーカは予選で押し出されて、決勝を最後尾からとなり、後方に沈んだままで終了してしまいました。

タナーカは公式練習こそ良さそうでしたが、タイトラで渋滞にはまり、予選で追突されて、決勝はシャーシーバランスが崩れて走りに精彩を欠く感じで、良いところなしでした。

レースの流れに乗れなかった感じですが、決勝の遅さが気になるので、なるべく早くテストで走ってもらいたいと思います。

ナオさんはシャーシーこそそれなりに、決まっていましたが、前日から懸念していたトルク不足に悩まされて、あと一歩ってところでした。

タイムはそんなに負けていませんでしたが、戦闘力が厳しくて、レースでトップグループについていくだけで精一杯でした。

こんなナオさんも珍しく、速いか遅いか二択みたいなドライバーなのに、今回は地味に遅かったです。このところあまりにまともに走っていないので、ここからまた煮詰めて行ければと思います。

さて、地味に遅かったのはナオさんだけではなくて、アロンソもウエバーも地味に遅かったですね。

みんなの注目は、アロンソがしぶとく上位でレースを終えて、チャンピオンに輝くか?またはウエバーが好調を維持して、チャンピオンに輝くか?と思っていたと思うのですが、そんな予想を覆して、ベッテルが圧倒的なスピードでタイトルをさらって行ってしまいましたね。

強さとか上手さとかレースを左右する能力は色々あると思うのですが、やっぱりベッテルの速さが最後は爆発して、シンプルにスピードナンバーワンがチャンピオンになりました。

これにより、レッドブルが2冠を達成して、ここでもやはりマシンに信頼性がなくても、またはドライバーがチャンピオン経験者じゃなくても、結局は速いマシンが一等賞になるって事ですね。

やはり速いって事は素晴らしい。僕は戦略とかセットアップとかで速い若手と対決したいと思っていますが、絶対的なスピードには勝てないのかもしれません。

でも、チームの若手にはスピードと戦略、両面で強いドライバーになってもらいたいので、あと少し、悪あがきをしたいと思います。

今週末の鈴鹿は初めてのカテゴリーに挑戦です。結構、聞いたことのある速い若手の名前もエントリーリストにありました。

初挑戦だからチャレンジャーですが、じじいなのでベテラン扱いですね、きっと。

初めての挑戦は楽しいので、なんでも良いです♪

  • 2010/11/16 19:40

瑞浪シリーズ

今日から瑞浪に来ています。ナオさんとタナーカが出場するのですが、トラブルメーカーのナオさんは今日は終日、まともに走りました。

まともに走ればやはり速いナオさんですが、今回は普通にそこそこです。

ストレートスピードは十分ですが、中速域でトルクが細く、これを解消するために試行錯誤しましたが、あまり良いところはなくて、仕方ないのでシャーシーセットで対応する事にします。

最終的に、悪くない仕様になりましたが、万全とは言えないので、あとはドライバーが競り勝つしかありません。

まぁ、まともなレースになれば良しです。そのくらい最近のナオさんはまともに走っていません。明日こそと思います。

タナーカはちょっと苦戦しています。マオちゃんが専属メカとして頑張っています。やはりタナーカも最終セクションでちょっと良い方向に向いたようです。

タナーカもスピードは見せるのですが、レースで結果が出ていないので、きちんと完走して少しでも良いリザルトを目指してもらいたいと思います。

今日の瑞浪は瑞浪としては暖かかったと思うのですが、静岡県人の僕には朝夕はかなり寒いです。来週の鈴鹿はもっと寒いのか??

  • 2010/11/13 20:15

最終戦の行方

F-1もいよいよ最終戦を残すのみになりましたね。アロンソがトップですが、ポイント差は僅かです。レッドブルの2台の結果次第ですが、最終戦のプレッシャーを考えると、アロンソ有利な気もします。

ですが,今年のウエバーは流れがありますし、ベッテルのスピードはピカイチです。

最後はやはり気持ちの強さが勝敗を決めるような気がします。

最後に笑うのは誰か?とても興味深いですね。

しかし、なんとか可夢偉君を3強のマシンに乗らせられないもんでしょうかね。昨日も10位に飛び込んでましたが、ポイントを獲得するためには、自分の乗っているマシンよりも速いマシンを打ち負かさなければならないのに、なんだかんだ言って、今年は何度もミラクルを起こしています。

そもそも3強で6台を占めて、メルセデスにルノー、ウイリアムズにF・インディア、それにトロロッソとかもいるので、ベスト10入りは容易くはありません。格上のメルセデス辺りを蹴散らしたりするのは痛快ですが、3強は無理でもメルセデスかルノー辺りに乗れると、間違って表彰台もありえますし、大間違いで優勝もありえます。(ベッテルはトロロッソで優勝していますし。。。。)

来年はザウバーに残留が決まっていますので、再来年辺りになんとか今よりも上位チームに移籍出来ると一気に3強入りも現実味を帯びてきます。

ゴルフの石川選手に野球の斉藤投手。ちょっと毛色は違うけれど、世界に通用する日本人って括りでは可夢偉君も彼らに負けていないと思います。早く、一般の人に可夢偉君の凄さを認知してもらって、日本中で応援して欲しいですね。

さて、今週は瑞浪です。またしてもナオさんが出場します。スピードと強さを兼ね備えたナオさんですが、このところまったくまともに走りません。もはや心霊現象で彼の事を良く思っていない悪霊さんが、イタズラしているとしか思えません。

したがって、ピットに僕が居てもなんの役にも立たないと思います。霊媒師さんとか陰陽師とかが、適任だと思います。

でも、なんだかそれでも来て欲しいらしいので、一応は行く予定です。でも、きっとする事もないと思うので、昼間はアウトレットでも行って、夕方に飛騨牛のお店に集合って事にしようかと思います♪

  • 2010/11/08 21:44

大丈夫??

水曜日に鈴鹿に行って来ました。僕以外にヤマシタさんにオオキ君、ニシ君に王子、それにアムロも遊びに来ました。

王子とオオキ君のアバンティ組はまずまずのタイムで走っていたので、順調かもしれません。

ニシ君は久しぶりの走行でしたが、やはりそれなりで悪く無さそうです。問題は決勝日までこの状態を維持する事です。

ヤマシタさんはタイヤが厳しくて、ちょっと解らないのですが、僕が乗ったところ、シャーシーもエンジンも悪く無さそうです。レースに期待したいと思います。

そんな訳でみんなはレースに向けて、いつも通りに練習ですが僕は初めてのX30に四苦八苦しながらの走行です。

初めて乗るX30はMAXとはかなり乗り味が違います。パワーの出方も違いますしタイヤも違うので、どんな感じがが良いのかイマイチ解りません。

タイムはMAXよりは遅いようなのですが、どの程度遅いのかも日によって違うと思うので、あまりあてになりません。

あいかわらず、MAXドライバーは大勢走っているのですが、X30のドライバーは少数です。その少数のドライバーの走りを見たのですが、あきらかに僕よりもだいぶ速そうです。

自分の状態を冷静に判断すると、シャーシーがもう一歩決まっていませんが、その辺りが改善されてもとても届きそうにありません。

エンジンは高速域は速いのですが、立ち上がりで遅れを取っているようです。こんなものなのか?それとももっと加速するものなのか?定かではありませんが、これが正常だとすると、僕のドライビングでは彼らに届きそうにありません。

そんな訳で、決まらないシャーシーを少しずつ仕上げて行きましたが、セット変更の時間以外は極力、コースに留まって、必死のリハビリです。

水曜日に鈴鹿で僕を見た人は「あのじじいはあんなに走って、どうかしちゃったの?」と思ったかもしれません。宣言どおりに帰りの道中のことはまったく考えずに全力を出し切って体を終わらせるように頑張りました。おかげでヘロヘロになりましたが、予定通り体を痛め付ける事が出来ました。あとはレースウイークに良いセットを見つけて、少しでも上位との差を詰めたいと思います。さてどうなるんでしょう?なんとなくどうにもならない感じもしますが。。。。

  • 2010/11/05 22:29

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed