エントリー

2010年09月の記事は以下のとおりです。

レーシングレンタル

最近、当店のレーシングレンタルをご利用してくれる方が増えて来ました。現在のところ、レーシングレンタル利用からマイカートにステップアップされるパターンも出始めているので、冬真っ盛りのカート界を少しでも良くする為に頑張ってもらいたいと思います。

レーシングレンタルと言えば、関東のコースでレーシングレンタルだけのレースが組まれているようです。4ストのレンタルカートと違って、スピードも出ますし、危険度も高いと思うのですが、クラッシュして弁償とか出そうで怖いですね。白糸では当分、レンタルカートになりそうです。

さて、当店のレンタルカートはサイドバーが装着されているので、かなりのクラッシュでも損傷が少なく、未だにお客様に弁償して頂いた事はありません。これがサイドバーの無いタイプのレンタルカートだったらそれなりに損害が出たと思うので、丈夫で速い白糸レンタルは今のところ大正解だったと思っています。

いよいよ今週末からレンタルカートレースのエントリーが開始されます。毎回、エントリー台数が増え続けて来ているので、今回も期待したいと思います。日曜日が貸切走行でレンタルカートの営業が出来ませんので、エントリー希望の方はショップの方にお越し下さい。現金書留を郵送の方は日曜日必着、お振込みの方は月曜日必着でお願いします。お振込みの方が不利にならないように、月曜日の段階でエントリー台数が超過した場合はそこまでの台数で抽選となります。どちらにしても確実にエントリーしたい方は早めのエントリーをお願い致します。

さて、雨で流れた瑞浪練習会ですが、またしても予定している日が雨予報です。誰が雨男なの?

  • 2010/09/30 21:03

チャンピオンって。

昨日のF-1もなかなか面白かったですね。可夢偉君は残念でしたが、攻めての結果なので、チェレンジャーの彼としては、出来る限りのアピールが必要ですから、仕方ないところかもしれません。

光ったのはアロンソでしたね。追いかけるベッテルの方がミスが目立って、やはりスピードではベッテルも素晴らしいですが、総合力でアロンソの方がまだだいぶ上ですね。

ハミルトンのリタイヤはちょっと可哀想でしたが、コースレイアウト的に綺麗なオーバーテイクが難しい事で起きてしまった不幸なアクシデントでした。若干、ウエバーの方がハミルトンが残してくれたラインに留まりきれなかった感じもしましたが、競技役員の裁定はお咎めなしだったので、レーシングアクシデントの範疇だったのかもしれません。

しかし、しぶといのはウエバーですね。今回もハミルトンと接触したのに、走りきって3位に滑り込んだ事でランキングトップを守っています。残りのレースはレッドブルに比較的有利なコースが多いので、タイトル争いの最有力候補はやはりウエバーですね。

今年のレギュレーションで優勝ポイントが25ポイントになって、1レースで大きく順位が変わってしまうので、タイトルを争う5人は最後までチャンスがありそうです。

みんなが落としているレースがあると思うのですが、シーズンが終わった後に、「あぁ~、あの時のあれが無ければ~。」なんて事がありますね。僕もランキング2位のシーズンが何回かありますが、1年を一生懸命に戦って来て、僅かの差でタイトル獲得を逃がすのは、本当に悔しいです。自分では集中しているつもりでも、何処かに心の緩みがあるのかもしれません。あとはやはり運ですね。1年を振り返って、どうして自分がチャンピオンになれなかったのか?と思うと、あと少しの運があればと思う事が多いです。今年のウエバーのように、流れと言うか、運と言うか解りませんが、なんとなくそうなったみたいな感覚ですね。

僕の中では今年のタイトルはウエバーが持ってくような気が早くからしていたのですが、みなさんはどうでしょう?終わってみなければ解りませんが、間違いなく最終戦まで楽しめそうな今年のF-1です。

白糸はすっかり涼しいです。夏が長かったので、秋をすっとばして冬が来ちゃいそうです。暑くて辛いレースが続いたので、早く涼しいレースがしたいですね。何処に出ようかなぁ???

  • 2010/09/27 13:07

秋です。

今日は気温も低く、雨も降ったりして、やっと秋が到来したようです。

天気予報が一日中、雨だったのと、自動車販売部門の仕事が山積みだったので、今日はレンタルカートの営業は中止にしてしまったのですが、午後から雨が止んでしまったので、もしかしたら天気予報が外れる事に賭けたお客様が遊びに来てくれていないか心配でしたが、白糸さんから電話が無かったので、大丈夫だったのかなと思っています。

明日も、コース貸切なのでレンタルカートの営業はありません。僕は早朝から千葉に車の買い付けに新幹線で向かうのですが、あまり電車を利用しないので、無事に駅で切符が買えるか心配です。

明後日の日曜日はレンタルカートの営業を行います。すでにレースパックのお客様のご予約が2組入っていて、他にも多人数のグループが走りに来てくれるようです。10月は週末の貸切が多くて、営業日が少ないので、営業出来る日には沢山の方に走ってもらえればと思います。来月早々に次のレースのエントリー受付開始となりますが、今回はまたエントリー予定者がかなり多いので、瞬殺で枠が埋まりそうです。ランキング上位の方は遅れる事のないようにエントリーをお持ちしています。

さて、予定していた瑞浪練習会は雨のために延期になりました。来月早々に行きたいと思いますので、多数の参加をお持ちしております。

暑い夏が終わって、寒い冬が来るまでの短い秋ですが、カートに乗るには最高の季節です。ここで連続走行をカマして、一気に上達しちゃいましょう。毎週続けて走れると本当に違います。試してみて下さいね~。

  • 2010/09/24 18:53

情けないったらありゃしない。。。。

今日で3連休が終わりました。白糸は土曜日が貸切だったので、昨日と今日しかレンタルカートの営業は出来ませんでした。

昨日がかなりの盛況だったので、今日も期待したいところです。

そんな訳で、朝から営業準備をしていた時なのですが、外の看板の準備をするために、側溝を跳び越して看板に辿りつき、支度を終えて、再び側溝を飛び越えようとしたら、草のつるが足に絡まって、ジャンプを阻まれて、側溝にダイブしてしまいました。

高さがそこそこあったために、もう少しで顔面強打の大ピンチだったのですが、辛うじて手がつけたので、最悪の顔面着地は避けられました。しかし、右足のひざとすね、それに足首を思いっきりコンクリートに叩き付けてしまいます。

ひざもすねも、足首も擦過傷を負って、さらにあっという間にありえないくらい腫れて来て、ゴルフボールを半分にしたくらいになっちゃいました。

しばらくはその場所にうずくまっていたのですが、誰かに見られたら恥ずかしいので、根性で立ち上がって、平然を装って歩き始めようとしたのですが、尋常じゃない痛みに、とても普通には歩けずに、白糸さんでシップとバンソーコーをもらって、冷やしながらの営業となりました。

まったく情けないのを通り越して、悲しくなりました。この年になって、側溝に落ちて、足がパンパンに腫れるって、なんてカッコ悪いんでしょう。さらに、自分では足が引っかかってもまだ飛べるつもりでいたのに、実際は側溝に一直線でした。

確実に年を取って、衰えているのに気持ちだけ若いつもりでした。今回は咄嗟に手をつけたので、それだけが救いでした。あれで顔面から落ちていたら、救急車のお世話になるところでした。

そんなブルーなスタートだった今日ですが、それでもお客様は来てくれたので、痛い足を引きづりながら必死に今日を終えました。

明日は平日なので、そんなに忙しくはないと思うのですが、スクールのご予約が入っています。生徒さんよりも遅いインストラクターもどうかと思うので、気合と根性で乗り切るつもりです。

情けなさと痛さを堪えながら、このブログを書いています。明日はきっと良い事があるに違いないと言い聞かせて早めに寝ちゃう予定です。

あぁ。。。。きっとお風呂は沁みるんだろうなぁ。。。。

  • 2010/09/20 20:55

順調♪順調♪

先日、レンタルカートからレーシングカートにステップアップした方が無事にシェイクダウンしました。彼はすでにグレンブルーチーム員となって、これからレースにも早期に参加する予定です。

初体験のレーシングカートですが、エンジンの慣らしが終了してすぐに、38秒台で走れたので、かなりのセンスだと思います。

今後、エンジンも仕上げて、走りも仕上げれば、レースデビューでいきなりの好成績も期待出来そうです。

レースの面白さはすでに解っている人なので、やはり良い結果がすぐに欲しいところですが、カートはカートのレースがありますので、慣れが必要かもしれません。

いいですよね~これから楽しいレースが始まるんですよ~。まったく羨ましいですね。

僕にもレースデビューはあったのですが、次々にレースに出場して行って、上のクラスに上がって行く内に、レースに出場する事自体には慣れてしまって、優勝とか良い成績はもちろん嬉しいですが、レースに出る事そのものにはそんなに嬉しい感覚が無くなってしまって来ちゃいます。

昔はレースに出るとか遠征で泊りがけとか楽しかったのを憶えています。それが、何時の頃からか、何処に遠征に行っても、コースとホテルの往復で、観光に行くわけでもないので、鈴鹿だろうが、海外だろうが、大して変わらなく感じてしまって、今思えばもっと楽しめば良かったなと思います。

この現象はレースそのものが好き過ぎて、その他の部分に気が回らなくなっているからかもしれません。今でもレースは楽しいですが、これからはレースのリザルトがどうであれ、レースに出る事自体を楽しみたいと思います。

今年の僕のレースは残り何レースか解りませんが、ちょっとスタンスを変えて、1レース、1レースをもっと楽しみたいなと思います。まずは、来週に瑞浪に練習会で行こうと思います。楽しみです♪

  • 2010/09/16 21:54

本当に面白い今年のF-1

昨日のモンツァはアロンソが久しぶりのポールtoウインで真っ赤かの観客を大いに喜ばせましたね。フェラーリドライバーにとって、イタリアでの優勝は本当に特別なんですね。アロンソのレースキャリアの中でも、思いで深い優勝なんでしょうね

さて、今回は前戦でノーポイントだった、3人が揃って活躍したために、トータルポイントはまたして僅差に戻り、本当に誰がタイトルを獲得するのかまったく解らなくなりましたね。

しかし、ハミルトンはムラがありますね。この大事な局面でリタイヤしてノーポイントは絶対にやってはいけない事だったはずなのに、気がはやってしまって、シケインでノーズを被せたまま旋回して、マッサのリヤタイヤに接触って、あまりにも不用意で呆れちゃいますね。ベッテルと同じで気持ちのコントロールが出来ていないんですね。

バトンとアロンソのトップ争いは見ごたえがありましたね。バトンがピットに入ってからのアロンソの走りは凄かったですし、バトンとピットアウト直後の攻防もきわどくてシビレました。

しかし、またしてもスタートで出遅れたウエバーはそれでも最後は6位に飛び込んで、ランキングトップに返り咲きました。途中でシューミーを抜かなければならなくて、最近、危険なドライバーに成り下がったシューミーを選手権を争っているウエバーとしては、かなりのリスクを覚悟して飛びこみました。その勇気と覚悟が無ければ、チェンピオンの資格は無いんですよね。

次はシンガポールです。アロンソもまだまだやってくれそうですし、バトンもハミルトンもベッテルもここまで来たら絶対に自分がタイトルを獲得するんだと強く思っていると思います。

でも、今年はなんとなくウエバーが獲るような気がします。現時点でトップにいるウエバーはここまでに、一気に崩れそうなレースもありました。それでも崩れずに、タイトル争いの中心でい続けています。唯一、彼にはタイトル獲得の経験がありません。この辺りがいよいよタイトル確定が決まる瞬間に悪い方向に気持ちが行かなければ良いなと思います。何があるか最後まで解らないのがレースです。ここまで、とても面白いレースが続いているので、最後までもつれにもつれた展開も面白いですね。

今年の最後に笑っているのは誰でしょう?楽しみです。

  • 2010/09/13 13:00

レベルが上がってます♪

昨日は白糸でレンタルカート3時間耐久とレンタルカートスプリントレースを開催しました。

土曜日と言う事とシリーズポイントに関係しない事。さらには3時間のエントリー費も通常よりは高額になる事など、懸念される事が山積みだったのですが、お蔭様でなかなか盛り上がったレースとなりました。

まず、スプリントレースは僕の甥っ子のショウがレース参戦3レース目で嬉しい初優勝となりました。前回もトップグループにはいましたが、パッシングが上手く出来ませんでした。今回はポールから逃げ切って優勝でした。

2位にはミッフーが入り、レンタルカートの極意を掴みつつあるようです。3位はショウの兄のユウでした。

そして3時間耐久ですが、今回はいつもの倍の時間を走ったのにも関わらずに、終盤まで僅差が続いた、とても白熱したレースになりました。

特に、2位争いは7チームが同一周回で続き、最後まで、大いに盛り上がりました。

そんな3時間の長丁場を制したのは、グレンブルーJrチームでした。

このチームはスプリントでも優勝したショウと最年少のコウタ君、それに先日、スクールを受けてくれたスバル君の3人で編成された、まさにジュニアチームです。スプリントで優勝したショウもそうだったのですが、体重が軽いので10キロのウエイトを装着しています。これにより、軽めの男性くらいの重量はクリアしています。

タイトラ、予選と他チームを寄せ付けない走りで決勝もピット戦略を含めて、パーフェクトなレースでした。暑い時間帯もあったので、唯一の心配事は体力でしたが、それも問題なくクリアして、混戦の中で、唯一、優勝だけは揺るぎそうも無いと観戦しているみんなが思っていたようです。

3人共、スタート直後よりもレースが進むにつれて、バックマーカーの処理や走りそのものも進化していったのが印象的でした。やはりレベルアップには耐久は最適ですね。

優勝は、ジュニア達に持っていかれましたが、2位争いは熾烈です。しかし、徐々にNLSが抜け出して、トップを追うまでは行かないけれど、2位は確保した形になって、みんなの注目は3位争いになります。

3位を争うチームは6チームです。この6チームは終盤まで同一周回でしたので、ピットワークやバックマーカーの処理が明暗を分けそうでした。

3位争いの先頭は長野カート部さんでしたが、最後のピットインで痛恨のタイムロスとなって、後退してしまいます。これは不運もあるので、仕方ないのですが、ここまで順調だっただけに惜しい結果になりました。

長野カート部さんの脱落に助けられたのが、GB1です。ケンタ、アキヤマ君、タクヤ君の3人で組んでいますので、表彰台から降りたら正座が決まっています。それなのに、序盤からあまりスピードがありません。必死の走りで3位争いの先頭に立ったって感じです。結局、そのままGB1が3位に入りました。

そう言えば、グレンブルーからもう1チーム出ていました。それは後藤+2です。このチームは王子とヤマシタさん、それにオオキ君が組んだチームで当然、優勝候補です。しかし。GB1と同様にスピードがありません。接触などもあって、3位争いでも下位の方です。このままでは正座が決定なのですが、終盤に怒涛の追い上げをかまして、4位に滑り込みました。その見事な追い上げに免じて、正座はなしとなりました。本当は表彰台の前に正座して、シャンパンシャワーを掛けられるはずだったのだから、嬉しい4位かもしれません。

今回のレースを見ていて思ったのですが、参加メンバーのレベルが上がって来ていると思います。毎回、数チームがペナルティを受けていたパイロンタッチも1チームも無かったですし、コースでのスピン、接触、コースアウトも激減しました。

タイムギャップもとても少なくて、みんなにチャンスがあり、見ていてとても面白かったです。次回は10月24日にシリーズ第6戦があります。さらなるレベルアップを期待したいと思います。みなさん、沢山のエントリーが予想されますので、お早目のエントリーお待ちしております。

  • 2010/09/12 18:39

病院に行って来ました。

今日は朝からショップ近郊も白糸も豪雨でした。ツボリンは今週末の3時間耐久に向けて、豪雨の中、カートの整備に追われていました。

僕は昨日から、右の耳が急に痛くなってしまって、今日も痛かったらどうしようと思っていたのですが、朝からハンパじゃない痛みで目が覚めて、「これはイカン!」と流石の病院嫌いの僕も耳鼻科に直行します。

右耳も痛いのですが、喉も痛くて、さらには頭皮に近い部分の頭も痛いと言うフルコースです。「これは絶対に重症だ。」と確信していたのですが、先生に診察してもらって、レントゲンも撮影したところ、喉の痛みは風邪で、熱までありました。

頭が痛いのは、不明なのですが、耳が痛いのは炎症を起こしているだけみたいです。

1週間分ほどのお薬をもらって、帰って来たのですが、風邪で熱まであるのに、まったく気が付かない僕はどうなんだろうか?

昔から集中した毎日を送っていると、風邪を引いていても気が付かない事がよくありました。しかし、今は年齢も重ねて来ましたので、風邪引いていても気づかないようでは、ヤバイですね。体が資本なので、これからはちょっと気を付けなければと思います。

そんな訳で、今日はもう寝ます。今週末の3時間耐久の時までに体調を戻したいと思います、おやすみなさ~い♪

  • 2010/09/08 22:16

意外な事ですが。

今日は平日なのに、お客様が沢山来てくれました。初めてのグループもお見えになりましたし、常連さんもいます。一度に沢山で走っていたので、僕がオンボードカメラを装着して乱入します。

後ろから、一人一人を撮影しながら走って、後で鑑賞会です。

初めての方達は当然の事ながら、ラインもまちまちですし、スピンもします。そこから周回を重ねるうちに常連さんと同じように走れるようになるので、心配はいりません。

ですがある程度からはタイムアップが厳しくなって来ます。それは当たり前で、そこからが本当の勝負です。

常連さんが走っているのを見ると、なかなか綺麗に走っているように見えます。しかし、真後ろから撮影すると細かいポイントが目に付きます。コーナーのアプローチポイントでアウトに寄り切れていなかったり、クリッピングポイントでも、縁石に完全に付けていなかったりと、些細な事なのですが、1周回ってくる間にそれが積み重なると、それなりのタイム差になってしまいます。

これって、自分では出来ていると感じているので映像として突きつけられて初めて、「本当ですね~」となります。

そうなんですよね、意外と細かい点は見過ごしてしまうのですが、実はとても大事な事です。

やはり、緻密に走るのが大事です。速いドライバーになるために、ブレーキングで誰にも真似が出来ないスーパーレイトブレーキを完成させる。またはリアタイヤをスライドさせても回転を下げないスペシャルな技を開発する。なんて事は実は必要ありません。基本を徹底的に磨きこめば、誰にも負けないタイムが出るんです。

そう考えると、速いドライバーは実は才能があるのではなくて、地道に基本を貫いてきた苦労人なのかもしれません。

速さの秘密は、全ての作業を緻密にこなす事です。これが意外と難しい。。。。

  • 2010/09/07 21:19

無力を感じます。

昨日の瑞浪は結果から言えば、まったくの惨敗でした。

特に、ナオさんはまったくレースになりませんでした。タイトラで前日まで彼を苦しめていた、ブレーキトラブルが遂に影を潜めます。周回を重ねても、フェードする事なく、タッチも安定しています。

これで、問題は解決したので、やっと久しぶりにナオさんのまともなレースが観れると思ったのですが、今度はエンジンがまったく走りません。

彼のレースはこんな事の連続なのですが、土曜日の午後こそ、ブレーキトラブルでまともに走れませんでしたが、午前中はかなりのスピードを見せていました。

エンジンはあきらかにマージンがあって、午後から細かいポイントを詰めれば、誰も寄せ付けない速さに到達出来そうでした。

それが、いったいどうなってるの?って感じですが、僕も彼の不思議ワールドには慣れっこです。そもそも前日まで苦しめられていたブレーキトラブルももう一度、当たり前の事を最初からやり直しただけで、すっかり直ってしまいました。いや、トラブルその物が、原因不明なので、直ったと言うのも違うかもしれません。症状が出ないってだけかもしれません。

ともかく、ブレーキは解決したのに、ナオさんの決勝は2周で終了です。始めから、「エンジンの症状が回復しなかったら2周で帰ってきます。」と言って、ナオさんは決勝のグリッドに付きました。

これは、予選ヒートで思いっきり後方から、2周で10台以上抜いて上がって、その後に、2コーナーで後ろから抜きに来たドライバーがスピンしながらインに飛び込んできて、思いっきりナオさんを押し出してしまいます。あれがトップグループで起きたのならあきらかにコントロールタワーに呼び出しだったと思うのですが、10位近辺での出来事だったので、お咎めなしでした。

これは、エンジンが不調なために高速域がまったく伸びなくて、そんれなのに、インフィールドで抜いてくるものだから、全部、2コーナーで抜かされます。予選のような事が決勝でも起きそうだったので、決勝リタイヤの判断になりました。

今回は僕は走りませんでしたので、ひたすらナオさんをまともに走らす事に集中していたのですが、こんな結果になりました。まったく無力を感じます。ナオさんの負のパワーはハンパではなくて、僕の力ではとても太刀打ち出来ませんでした。まったく恐るべしナオさんです。

さて、好調だったタナ~カも決勝日の路面にやられて思うような走りが出来ずに、良い順位を走れません。決勝も中段からスタートだったために、前のドライバーを抜きに行ったら、もの凄いブロックにあって弾き飛ばされてしまいます。スピードが乗っているコーナーだったので、ドライバーとシャーシーにダメージが無かったのが不思議なくらいでした。まったく中段以降のドライバーの精神状態には困ったもんです。ハイスピードコースの瑞浪は過去には重大事故も起きています。誰かを生命の危険に晒すようなブロックはありえませんね。

そんな訳で、期待のタナ~カも撃沈して、みんなでドナドナを歌いながら帰ってきました。次の瑞浪はもっと大勢で出ないとダメですね。そうです。保険です。今回はまともに走るかどうかギャンブルみたいなナオさんとブランクから復活を目指すタナ~カの二人でしたが、二人ともアラフォーレーサーです。本来ならスーパーSSのドライバーです。そんなおじい二人に全てを任せるのは酷ってもんです。だから、次回は王子かケンタ、もしくはアムロ辺りの若いイケイケドライバーも連れて行きたいですね。

今回は僕の前日の書き込みを読んで、ヤマシタさんが、ナオさんのために自分のシャーシーを車に積んで、駆けつけてくれました。もしもナオさんのブレーキトラブルが解決していなかったら、自分のブレーキを使わせるつもりだったようです。まったくチーム員ってありがたいですよね。

そのヤマシタさんもあっけに取られたトラブル大魔王のナオさんでした。僕も不思議なトラブルにやられる事がありますが、ナオさんには負けると今回は思いました。しかし、このままでは終われないので、懲りずにまた行きます。次はしっかりとテストに行って、データを採りたいと思います。僕もKTで走る予定です♪

  • 2010/09/06 21:31

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

新着エントリー

新着コメント

Re:カートレースIN suzuka
2018/08/21 from ボス猿
Re:カートレースIN suzuka
2018/08/19 from 元祖 伝説の男!!
Re:白糸レンタルカートシリーズ2018
2018/02/16 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from ボス猿
Re:2018年スタートです!
2018/01/08 from 海父

過去ログ

Feed