記事一覧

微妙。。。

昨日のレースは気持ち良い秋晴れの中で開催されました。

MAXフェスティバルの直前のレースって事で各クラス、大盛況で僕のクラスは43台のエントリーです。

前日まではタイム以上に戦闘力の良さを感じていたのですが、タイムトライアルでは総合トップを獲得出来ました。

今回の参戦はフェスティバルのシュミレーションってドライバーが多いと思います。僕もここまであまり良いレースが無かったので、このレースの結果よりもフェスティバルでのパフォーマンスアップが目的です。そのためにタイトラがトップでも、予選ヒート1もテストのためにセット変更を行い実戦でのテストを敢行します。

週末を通じて序盤のシャーシバランスの良いところが見つけられなかったので、スタート直後は防戦一方です。

しかし、短い予選ヒートの周回数が終わる頃にパフォーマンスも向上し始めて、問題なくトップチェッカーを受けられました。

予選ヒート2も違う仕様をテストして、予選ヒート1よりも苦戦のなりましたが
これも何とかトップでフィニッシュ出来ました。

この結果により決勝のポールポジションも獲得出来ました。

決勝の前に、大いに悩みましたが、当初の予定通りに試したことのない仕様に変更をしてグリッドに着きます。

決勝がスタートして、今回も序盤のタイムが上がらないうちに、一気に順位を下げてしまいます。8番手くらいまで下がったところでバランスが向上しはじめて、追い上げ開始となる予定が、あまり変化が感じられずに、施した仕様変更が悪いのか?とあれこれ考えながら、何とか終盤に3位まで帰ってきましたが、ファイナルラップの前の周回でまた抜かれて6位でいよいよファイナルラップです。

まずは2コーナーで5位に立って11コーナーで4位に立って、そのままチェッカーを受けました。

レース終了後の審議により2位の選手にペナルティが課せられて、僕は繰り上げの3位でした。

車検が終わり、戻って来たカートからエンジンをおろしてクラッチのメンテナンスをしようとばらし始めたところクラッチが割れていることが解りました。これの影響がどの程度かは解りませんが少なからず、影響はあったと思うので、決勝の結果よりも、落ちたパフォーマンスの原因がセット変更の影響なのか、クラッチトラブルのせいなのかが不明になってしまった事の方が痛かったかなと思いました。

2週間後のフェスティバルに向けて、もうちょっと何かを掴めれば、優勝争いに絡めそうな雰囲気は今回のレースで味わえました。 あとは今回のようなメカニカルトラブルに気を付けて、MAXフェスティバル2連覇を狙って行きたいと思います。

うーん、しかし勝ちたかった。ここで勝てないのが僕ですね。レース終了後に動画を確認したのですが、パフォーマンスが落ちているのに、ブロックラインとかとらずに、どうぞとばかりにインががら空きで、そこに連なって入ってくるライバル達。レースですから、次回からはもうちょっと厳しい対応にしなければダメなんでしょうね。やっぱり。。。

コメント一覧

セバスチャン (09/25 23:45) 編集・削除

お疲れ様です。テストしたおしての表彰台ですからよしとしましょう!インが空いてしまったのは人がいいから?それとも体力のせい?アロンソ並みの首周りが欲しいですね。

ボス猿 (09/26 10:04) 編集・削除

セバスチャンさん、お疲れ様です。

今回のレース結果は、基本的には良かったと思っています。3位よりも優勝が良いに決まっていますが、優勝出来る時ばかりではないので、今回は優勝するレースじゃなかったんでしょうね。

でも、優勝の匂いがしたレースだったと思うので、この調子を維持していきたいと思います。

インががら空きだったのは、体力が落ちた訳でも、お人好しだからでもありません。通常であればインフィールドでは抜かれないって自惚れがあったんですね。反省しています。

と言うのも今まではインフィールドでタイムを稼いで、ストレートは遅いのが僕だったのですが、今回はストレートタイムが速くて、インフィールドが遅いレースでした。動画配信で後で確認したのですが、僕が2コーナーで誰かを抜くときには、既に1コーナーから2コーナーでラインを変えてインに入れるのですが、ライバルさん達が僕を抜くときには、2コーナーのブレーキングで、ギリギリ飛び込んでくる形でした。

今までは、こんなレースなら楽が出来ると思っていましたが、もうちょっとバランスの良いところをフェスティバルまでに探したいと思います。フェスタは気合いをいれて頑張ります!

さぁレースだ♪

今日も瑞浪です。今日の走行は4回です。

1回目は古タイヤのまま、試したかったテストを実施して、2回目にやっとフレッシュタイヤを履きました。

フレッシュでのタイムは、もう一歩ってところですが、エンジン、キャブレーション、シャーシ共に、本当にまずまずで、どこかを変えて、あと少しを狙えるような狙えないような微妙なところです。

3セクション目からは2番基に積み換えて引き続きテストを実施しましたが、ほとんど得るものはなくて、明日は基本的には今日のフレッシュを装着した時の仕様でいく予定です。

今回はタイム的にはもう一歩、抜け出せていませんが、戦闘力は比較的に高く、レースではタイムの割には争えるかもしれません。

しかし、MAXはやっぱり難しいです。狙ったところにどうしても来てくれませ
ん。今回はシャーシももう一歩なので、もう一歩だらけです。もうちょっと修行が要るようです。(まだまだ修行中♪)

良い感じ。

今日から瑞浪です。(このところ毎週のように週末は瑞浪にいるなぁ。)

今日の走行は、セクションのほとんどを上位で終えられたので、調子はまずまずです。

今までとはまったく違う感覚ですが、とりあえずストレートタイムが良いので、そんなに頑張らなくても良いタイムが出ているようです。

そうは言っても、頑張ってさらに良いところを狙いたいところですが、ちょっと頑張った仕様を試すと、やはりタイムに反映されません。まずまずですが、そこから上は、簡単ではないようです。

今日の後半はタイヤが厳しくなってしまったので、明日の何処かでフレッシュタイヤを装着しようと思います。

そこそこのタイムで終わるのか?そこから上が見えるのか?明日になるとイメージが出来ると思うので、ちょっと楽しみにしたいと思います。ガンバろっと!

ここから♪

今週末は瑞浪MAXシリーズです。僕のクラスは相変わらず盛況で、エントリー台数は40台です。

今週末のレースが終わると、比較的に短いインターバルでいよいよMAXフェスティバルです。

1年は早いもので、あっという間に10月のフェスティバルなんだから、ビックリです。思えば昨年も、あまりスピードを見せられることなく、フェスティバル直前の9月のレースになって、そこでやっと良い方向性を見つけることが出来て優勝することが出来ました。

そして、そのままの勢いでフェスティバルも優勝と、良いシーズンの締めくくりになりました。

今年もその流れで良いシーズンになると思っていましたが、今シーズンから導入されたMAXの新型エンジンのEVOにすっかりやられっぱなしで、ここまで来ちゃいました。

基本的に他のドライバーのセッティングでは、まったく走れない僕は、新しいものが登場すると、独自にテストを繰り返して、恐らく僕しか使わないだろうヘンテコリンな仕様を見つけ出さなければなりません。

そんなわけで、試行錯誤している間にシーズンも終盤です。しかし、昨年同様にこのフェスティバル直前の9月のレースから上向いて行って、良い状態でフェスティバルに挑みたいと思います。

フェスティバルには招待選手で世界チャンピオンが出場するらしいですし、日本からヨーロッパに遠征して、そのチャンピオンを打ち破って優勝した若くて速いドライバーも出場します。

昨年よりもさらに一つじじいになった僕は、かなりの頑張りを見せないと、2連覇は難しいと思いますが、この1年間、自分なりに厳しく節制して、常に全力を尽くして来たつもりなので、目一杯、頑張るだけです。

まずはこのレースで加速をつけたいと思います。じじいの挑戦は続くです!

良かった事とダメな事

昨日も瑞浪でした。土曜日に引き続きドライ路面でのテストが出来ました。

昨日も問題の症状は現れなかったので、とりあえずはシャーシのセットのバリエーションを確認して、それなりの仕上がりになりました。

昨日はシニアクラスの若手たちと混走だったのですが、5キロ重いマスターズ仕様の割には若手相手に良い感じで走れました。午後になって、やりたいテストも思い浮かばなかったので、筋力強化のロングランに切り替えて、残りの体力を使い果たす事にします。

ピットに戻り、良い感じの疲労感に包まれながら、ちょっと早めの撤収に入ろうかと思っていると、違ったテストを思い付いて、ロングランの後で体力は残っていませんでしたが、もうワンセクション走ることにします。

そうして、今度こそ最後と思って、本日2度目のロングランを敢行して、それはそれは素晴らしい疲労感に包まれながら、今度こそ撤収と思っていたら、またしても先程のテストから波及した別のテストを思い付いてしまい、結局、もうワンセクション走り、走り出したからには、やはり3度目のロングランをかまして、本当にぐったりしながら撤収に入りました。

お陰で思いほか仕上がって、良い感じですが、反面、自分の衰えを思いっきり感じた1日になりました。せっかく仕上がったマシンに乗っているのに乗り手がそれを生かせないのは、精神的にかなり厳しいです。

走行中にどうすれば速く走れるのかが解っているだけに、そのタイミングで体が動かない苛立ちは半端ないです。

旋回Gに対抗できていない情けなさに、ヘルメットの中で大声で怒鳴りながらの走行でした。どう頑張っても、昨日は納得の領域には程遠く、これをどうしたら上向けられるのかを真剣に考えて行きたいと思います。

あ〜、カートが仕上がって速くなると、ドライバーに求められるハードルが上がるなぁ。筋力アップには励んでいますが、とても追い付いていません。

痛んでしまった箇所が多すぎて、そこを労りながらの筋トレに問題があるんだろうと思うのですが、あまり頑張りすぎると、「ピキ!」とか大きな音と共に、腕が動かなくなったりするのも怖いので、がむしゃらに筋トレに没頭する事も出来ません。

さて、それでも出来る限りの努力をして、思い通りに走れていた頃に少しでも近づきたいと思います。くそー老化が止まらない。。。

トラブルフリー

今日から瑞浪です。瑞浪MAXシリーズを翌週に控えているのでMAXエンジン搭載車両が多いです。

僕は前回のテストで、新しい排気バルブのシステムを試しましたが、比較的に好調で、今まで苦しめられていた症状は現れませんでした。しかし、前回はレインでのテストだったので、レース前までにはドライのテストをしたいと思っていたので、今日は良いテストdayになりました。

今日も排気バルブの状況を確認しながら細かな変更をしましたが、やはり問題の症状は現れずに、とても普通に走りました。トラブルフリーって言うのもたまには良いですね。

そしてやはり問題の症状が出ないと、パフォーマンス的には悪い感じはなくて、タイム的にも戦闘力的にも問題なさそうです。このまま好調を維持しながらレースに突入出来れば良いのですが、まだまだ安心できません。(何せ僕ですから♪)

明日も引き続きテストをしたいと思います。

さて、僕以外のチーム員ですが、今回はナオさんとマコちゃん、ヤスダ君とセナ君です。今が最高の季節なので、楽しみながら、レベルアップに努めたいと思います。

レインレース

週末の瑞浪SLは予報通りのレインレースになりました。

まずジュニア勢ですが、タイトラ、予選とリヒト君が好調で、決勝のグリッドは2番手です。

ユウキ君も予選で3位争いをして、最後に4位になりましたが、スピードはあります。

マヒト君は二人に比べるとグリッドは後方ですが、持ちタイム的にはほとんど遜色はないので、あとは上手く抜いて上がれればと思います。

決勝に向けて雨の量がかなり増えたので、予選とは違うセットでみんなを送り出しましたが、それが裏目に出てしまい、苦戦を強いられる事になってしまいます。

決勝がスタートして、序盤にポールの選手がスピンをしてリヒト君がトップにたちますが、周回が重なると厳しい展開になってリヒト君は順位を下げてしまいます。

ユウキ君も後方から追突されてスピンを喫してしまい、一気に後方まで落ちてしまいます。マヒト君のペースも上がらずに、残念ながら上位進出は叶いませんでした。

予選までは互角に戦えていただけに、決勝が悔やまれました。攻めたセットが外れた形になりましたが、次のレースではよりテストを重ねて、良い状態で決勝のグリッドに着きたいと思います。

マスダ君のレースは予選までにダメだしを終えて、決勝は良い形で向かえられるはずだったのですが、トラブルが起きて、上位まで戻る事は出来ませんでした。

スタート直後は明らかに周囲のドライバーよりもスピードがあって次々に抜いて行きましたが、クラッチにトラブルが発生して、最後まで走りきりましたが、ペースは一気にダウンしてしまい、ただ走るだけになってしまいました。

最後にサワダ君ですが、彼もまた予選までで良い方向性を見つけられたので、決勝に期待が掛かりました。しかし、かなり上向いたのは事実でしたが、もう一歩スピードが延びませんでした。決勝の仕様を予選で試せていれば、そこからさらに進めたと思うのですが、ちょっと仕上がるのに時間が掛かってしまいました。

今回のレースは良い流れを掴む事が出来ずに終わってしまいました。何処かで流れを変えたいと思うので、今週末もみんなで瑞浪に行ってきます。そしてさらに翌週には瑞浪MAXレースがあります。僕も良い流れから外れているので次で掴みたいと思っています。頑張ります!

コメント一覧

マヒト (09/09 16:30) 編集・削除

瑞浪第5戦お疲れ様でした。
久々のレインレースで難しかったです。
練習は良かったのにレースになるとガクンと落ちるのはなぜなんでしょうか?少し悔いの残るレースになってしまいました。マシンはナラシも終わり、レースの前の週は良かったので、本番のセッティングにあると思うので、次回のレースは慎重に検証して、今回みたいなことが無いように頑張りたいと思います!次のレースもよろしくお願いします!

ボス猿 (09/10 20:27) 編集・削除

マヒちゃんの今回の瑞浪は、雨になってからもう一歩、良い状況にならなかったね。公式練習はある意味テストでダメだしが出来たので、順位に関係なくリヒちゃんとも同等に走れていた点を考えると雨になってからのキャブセットに違いがあるのかなと思います。

今度、リヒちゃんが前に使った秘密兵器で(大げさ?)原因を突き止めたいと思います。

良い季節

今日から瑞浪です。

暑かった夏が終わり、秋がやって来ました。日中は陽射しもありますが、空気が冷たいので過ごしやすいです。カートに乗るには本当に良い季節になりました。

今回の瑞浪SLは5台が参加しています。ジュニアに稲葉兄弟とユウキ君、アバンティにマスダ君。そしてSSクラスにサワダ君です。

今日の走行はクラス分けでしたが3クラス分けなので、それなりに走れました。ジュニアはみんな僅差です。誰かが突出して速いって事はなく、セクション事に上位が入れ替わっていて、明日が楽しみです。

マスダ君はもう一歩ですが、ユーズドタイヤのタイムは前からあまり良くないので明日に期待したいと思います。

サワダ君は比較的に好調です。有名人の多い激戦区のSSで時折、上位タイムでセクションを終えることが出来ました。彼もまた、明日が楽しみです。

しかし、明日は今日と違って雨が絡みそうです。それはそれで楽しそうですが、僕を含めた裏方は忙しくなりそうです♪

レイン走行

昨日は瑞浪に行ってきました。予報通りに終日、雨でしたが、僕は新しい排気バルブのシステムのテストで走りました。

昨日はSLレースの1週間前でしたが、コースはとても空いていて、ちょっとびっくりです。僕がカートを始めた頃は雨でも晴れでも関係なくレース1週間前にはコースはびっしりでした。そういえば最近は雨になると走らない人が多いですね。初心者のうちは特に雨練習が有効で、雨が降ると仕事を休んででも走りに行ったのですが、時代の流れでしょうか。

そんな訳で昨日はクラス分けもなく、ひたすら走れたので、かなり走り込めました。稲葉兄弟はフレッシュに近いレインタイヤを装着して、走り始めたのですが、夕方には見事なくらいすり減って、山じゃなくて模様になっていました。

クラス分けもないので、彼らを見つけると走行ラインのチェックで、僕が前を走ったり、後ろから追走したりも出来ました。レインのラインはドライと違ってみんな思い思いのところを走っていますが、やはり速く走るためには理屈にあったラインをトレースする必要があるので、1セクション走ったあとは、「どうしてそこを走れていないのか?」とかの質疑応答の時間も持てました。

そんな訳で、昨日は充実した1日になりました。今週末のレースで良い結果を期待したいと思います。

さて、僕のテストですが、前回のレースで苦しめられた序盤の症状は、まったく現れずに、ゼロ発進も問題ありません。これが持続するのであれば、レースでも期待が持てそうです。

しかし昨日はレイン路面だったので、出来ればドライでもテストをしたいと思います。

うーん、普通はこれで全面解決で、大喜びのはずですが、何せ僕はヘンテコなので、1度くらい普通に走っても、まったく油断なりません。今回も「きっとまだまだこんなもんじゃないはず!」って強く思っています。なので、次のレースウイークにどんなに好調でも、決勝のチェッカーをトップで潜り抜けるまでは、気が抜けません!(笑)

コメント一覧

稲葉兄弟・兄 (09/03 19:46) 編集・削除

先週は、たくさんの事を教えていただき、有り難う御座いました。
第2戦以来の、久々の雨で感覚が鈍ってしまっているところが多々あったので、良い意味で初心にかえって練習することができました。
明後日からの練習、レースでも宜しくお願いします。

頑張って勝つぞー!^^

マヒト (09/04 17:09) 編集・削除

瑞浪遠征お疲れ様でした。
久々のレインで練習出来てよかったです!最後の方は溝が無いような状態でヘビーウェットできたので凄くいい練習になったと思います。
第五戦もよろしくお願いします

ボス猿 (09/04 18:42) 編集・削除

リヒちゃん、マヒちゃん、瑞浪雨練習、なかなか楽しかったね。今週末も雨が絡みそうな予報なので、頑張った分が報われると良いね。さぁレースだ!トップチェッカー目指して頑張ろう!

夏の鈴鹿決勝日

先週の鈴鹿はチームから3名が参加しました。

まずヤスダ君ですが、かねてから苦戦を強いられていた曲がったシャーシーが乗り換えとなり、今回から僕が使用していたマラネロになりました。

割と長い期間、曲がったシャーシーで格闘していましたので、これから本番ってところです。

ヤスダ君の参加クラスは激戦のSSクラスなので、参加台数も45台ですし、メンバーもツワモノ揃いです。

まずタイトラですが、B組の9位です。まだまだ乗りなれていない感じはあるので、仕方ないのですが、かなり速いセクターもあって、もう少し準備期間があればと思われました。

それでも、周りのドライバーは有名なドライバーが多く、それなりに楽しそうです。

しかし、予選のスタートで直前のドライバーがカブらせてしまい、加速出来ていません。ヤスダ君が後ろから押す形でスタートが切られて、反対列のドライバーに一気に抜かれて17~18番手までポジションを落としてしまいます。

予選通過ラインが14位までなので、いきなり黄色信号ですが、そこから冷静に抜いて上がって、ファイナルラップでも1台抜いて11位でフィニッシュです。

決勝のグリッドは22位です。

決勝がスタートして、オープニングラップでポジションを守れずに、一気に順位を下げてしまいます。一度、劣勢に立つと、一気に順位を下げてしまうので、この辺りもレースを上位で戦う上で大事な部分です。

厳しい序盤が過ぎると、ヤスダ君のペースも上がって来ますが、1台抜く間に前の選手が逃げて行くので、最後は19位まで順位を上げましたが、そこで終了です。

今回は、チェンジしたカートに慣れる時間が足らなかった部分も大きかったので、次回までにはもう少し走れると思います。次も楽しみにしたいと思います。

ナオさんとヤマシタさんのクラスも参加台数こそSSほどではないのですが、実力のあるドライバーが上位には多数いるので、簡単ではありません。

ナオさんは、比較的に好調な土曜日を終えましたが、やはり決勝日の路面とフレッシュタイヤの攻略が課題で、疲弊してきているシャーシーも手伝って、もう一歩の出来です。それでも予選ヒートでトップグループでレースを進めて、5位でフィニッシュしますが、まさかの重量失格です。決勝は最後尾スタートです。

決勝がスタートして、オープニングラップに中盤以降のドライバーがスタートディレイと勘違いして、スローダウンです。ナオさんも仕切り直しと判断したようですが、実はスタートは切られていて、この一件で、上位陣と中段以降のドライバーとの差が決定的になってしまいました。

最後は2周を残して自主的にピットに戻り、次に決勝を走るヤスダ君に路面状況を伝えてくれました。その結果、限られた時間ではありましたが、ヤスダ君のシャーシーを再調整して決勝のグリッドに着きました。

ヤマシタさんは予選ヒートまで、決して良い仕上がりとは言えませんでしたが、決勝で追い上げて10位フィニッシュです。次回はさらに上位フィニッシュを目指して欲しいと思います。

なかなか思うような結果に繋がらないレースが続きますが、みんなのレベルも上がって来ているので、あともう少しのプラスアルファで、良い結果も訪れると思います。次のレースも頑張りたいと思います。