記事一覧

マスダ君完全復活?

先週末は瑞浪Slシリーズでした。

今回はマスダ君が半年ぶりに復帰しました。そしてキクチ君とジュニアにはオオモリ君とセナ君が出場しました。

ジュニアの二人ですが、まずセナ君は毎回、少しずつですがレベルアップしていて、今回もスピード的には他のドライバーにまた近づいたと思います。

しかし、今回はスピードで近づいた事で、頑張りすぎて飛び出したりスピンしたりと、焦りみたいなものも見えて、その部分ではまた新たな課題が見えたかもしれません。

しかし、決勝はスタートと共にジャンプアップして2位まで上がります。しかし、翌周には3位になり、4位まで下がりましたが、そこからは頑張って上位を追いかけて、そのまま4位でフィニッシュとなりました。まだまだ伸びしろがタップリあるので、次も期待したいと思います。

オオモリ君は、キャブの良いところがなかなか出ないようで、終始キャブレーションに悩まされて終了してしまいました。

決勝もオープニングラップにスピンしてしまって、大きく遅れてしまい単独での走行になってしまいました。次回までにキャブを含めた動力系を煮詰めて行きたいと思います。

マスダ君とキクチ君ですが、順調な土曜日を終えたマスダ君とは対照的にトラブルだらけのキクチ君は、ほとんどまともに走れないまま土曜日を終えてしまいました。

その影響から、決勝日の朝のタイトラで、キャブレーションを合わせる事が出来ずに、マスダ君に大きく引き離されてしまいます。

しかし、それでもキクチ君は2番手を獲得したので、グレンブルー勢のワンツーでタイトラを終える事が出来ました。

マスダ君のスピードはちょっと抜けていたので、予選もマスダ君がトップチェッカーかなと思っていたのですが、マスダ君は、スタートでもたついて、最後尾スタートとなり、さらにスピード差の割には抜きに行けなくて、終盤には大きなミスもあって決勝のスターティンググリッドは7位です。

マスダ君がいなくなった穴をきっちりとキクチ君が埋めて、決勝のポールはキクチ君となります。

タイトラから予選とキャブレーションを変更して、臨みましたが決勝でもさらに変更して、かなり良いだろう仕様で決勝のグリッドに着く、キクチ君です。

そして、決勝がスタートして、順調にトップをキープするキクチ君と、オープニングラップの混乱に乗じて、マスダ君も2位にジャンプアップしてきます。

2台はそのまま後続を振り切って、完全マッチレースになります。

逃げるキクチ君を終盤に追いついたマスダ君が11コーナーで抜きに行きます。そのままマスダ君が逃げてしまうかと思いましたが、キクチ君も踏ん張って、ファイナルラップの2コーナーで再びトップを奪還します。

その後、ヘアピンで飛び込むマスダ君ですが、クロスで返されて、タコツボを先頭で立ち上がってきたのは、キクチ君です。当然、最後の抜きどころの11コーナーはガッチリとブロックして、キクチ君の優勝と思いましたが、インから来るのか?アウトから来るのか?と判断に悩むキクチ君の狭いイン側にマスダ君が飛び込んで、かなり際どいシーンとなりましたが、大きな接触はなく、そのままマスダ君がトップチェッカーを受けました。

最後まで諦めなかったマスダ君と、最後の最後で、詰め切らなかったキクチ君。まさに明暗を分けた形になりましたが、絶好調だった今回のマスダ君に対して、ダメダメな土曜日を過ごして、それをタイトラ、予選と引きずってしまったキクチ君は結果は2位でしたが、ナイスリカバリーと言えるのかもしれません。

決勝のスピードは互角だったと思うので、次のレースが楽しみな二人です。

さて、気が付けばもうすぐ9月です。9月はMAXフェスティバルがあります。今回は4台が参戦します。日本を代表するビックレースなので、精一杯戦ってきたいと思います!

コメント一覧

海父 (08/26 19:07) 編集・削除

ボス猿及び瑞浪SLシリーズ参戦の皆様お疲れ様でした。

いや~8月の悪夢再び!!またしてもファイナルラップを制する事が出来ず、非常にくやし~ “o(><)o”くう~! でも楽しい~ \(゚▽゚*)

前日の状態から一転徐々に調子が上がって来ているなか、周りがかってにいなくなる展開に心の中ではメッチャ女神が微笑んでるやん!って思っておりましたがゴールラインを割るまではわからないものですね~

11コーナーは完全に迷ってましたね、いやいやそこは迷うとこじゃないからって言いたいが…抜かれた後の踏ん張りを見せたのでよしとします、まあ今回は抜かれたのが最速の兄貴だったのでまだまだ甘いぞと教えて頂きました、そしてGren Blueのワンツーで終われてよかったです。

去年はタコツボ、今回は11コーナーもう次は大丈夫!!

今度こそ表彰台をGren Blueで独占しその頂点に立つぞ~!!

ボス猿 (08/26 23:22) 編集・削除

海父さん、今回は残念でしたが、レース自体は楽しめたのではないでしょうか。やはりレースは事前準備も大事だし、テストも大事です。前日にどんなテストが出来るのかで優位にレースを進める事が出来たりします。

マスダ君は歴代のグレンブルー所属ドライバーの中でかなり上位にランクインする不思議ちゃんなので、今回の快走は僕も予期しなかったものですが、キクチ君の今回の仕上がりは前回のレースで、タシロッチがアバンティに出場した時に僕がテストして出来上がっていたので、あとはトラブルなく普通に走ってくれれば、速いはずが、トラブルの嵐でドキドキしちゃいました。

ファイナルラップの11コーナーはメンタルの部分で弱さが出てしまいました。前日の慣らし走行も同じく、走行枠が減って行く焦りから、「どうしてそうなっちゃうの?」とびっくりさせられました。

今後の課題としては平常心で戦えるようになるって事ですかね。トップを走るって事は精神的にタフじゃないと厳しいので、これからも精進して欲しいと思います。次のレースも期待しています!

夏の鈴鹿は。。。

今回の鈴鹿は9月に開催されるMAXフェスティバルの前哨戦の意味合いもあって、盛況な大会となりました。

ヤスダ君は週末を通じて、かなりのスピードを発揮していたので、タイトラに期待が掛かります。

今回は40台のエントリーがあったので、2クラス分けとなり、抽選によるクラス分けが行われました。

ヤスダ君はA組ですが、鈴鹿のランキング上位選手とその他の有名どころが揃ってA組に集中して、せっかく好調なヤスダ君ですが、A組にいる有名人を数えると、どんなに頑張ってもシングルで終えられれば、良しとするしかないかなと思いました。

ヤスダ君のタイトラが始まって、序盤から上位に居続けるヤスダ君です。雨上がりで始まったタイトラは周回を重ねれば重ねるほどに、タイムはぐんぐんと上がって行きます。
8
途中にヤスダ君がトップに立った周回もありましたが、最後のラップで3位に立ってヤスダ君のタイトラは終わります。その後にアタックを完結したドライバーが順位を上げてきて、ヤスダ君の最終結果は5位でした。

タイトラのリザルトを確認したところ、当初、どうにもならないと思っていた有名人達を何人も撃破していました。

予選ヒートのグリッドに着くと、周りはランキング上位選手と優勝経験者がぐるりと固めていて、ヤスダ君の緊張はなかなかのものでした。

それが災いしたのか、予選ヒートのコースインで、エンジンの始動に手間取り、隊列から遅れてしまいます。さらに焦ったヤスダ君は隊列復帰禁止区間に差し掛かった地点で隊列復帰をしてしまって、せっかくの上位ポジションでしたが失格の裁定を受けてしまいます。

気を取り直して、敗者復活戦の最後尾からなんとか決勝進出を目指します。

しかし、オープニングラップの最終コーナーで発生した多重クラッシュに巻き込まれて、リアシャフトを曲げてリタイヤになってしまいました。

今回はエンジンも速かったですし、シャーシも決まっていたので、スピード的には素晴らしい状態でした。ヤスダ君を抜くのは有名ドライバー君のみんなが苦労をしていましたし、ヤスダ君が抜く側に回った場合はあっさりと抜いていましたので、本人的にもかなり手応えがあったと思います。でも、これがレースです。

スピードが身に付いて来たので、これからは周りの有名ドライバーに臆することなく、平常心で戦えるようになってもらいたいと思います。

さて、僕ですが、スピード的にはまずまずでしたが、流れがもう一歩で2回の予選と決勝、いずれもスタートが悪く、それがレースを左右する結果になりました。前回の瑞浪でも、スタートの加速不良があってスタートで下がるレースでした。

今回も加速不良は改善されずに最終結果は2位でしたが、優勝したドライバーとは予選1ヒートこそ、少し争いましたが、あとはまったく近くにいられてなくて、戦う以前のレースでした。

スピード差は僅かですが、タイム差以上にレースになっていなかったのは大きな反省点です。

フェスティバルまでにもう一歩スピードを付ける事と、スタートの加速不良を改善しなければならないと思います。

しかし、今回は根本的な部分で進歩できた部分もあって、明るい材料もあります。フェスティバルでは細かな点も精査して、もう少し全てを絞り出したいと思います。

コメント一覧

ヤスダ (08/18 20:17) 編集・削除

お疲れ様でした。

流れが良かっただけに、とても残念な事をしてしまいました。。。
この予選のミスを反省して、二度と同じミスが起こらないように努めます。

いよいよ、次回はフェスティバル。今回のレースを生かして、しっかりと上位で終われるように頑張りたいと思います。

ボス猿 (08/19 22:02) 編集・削除

ヤスダ君、鈴鹿は残念でしたが、君のレースはこれからです。次のレースもその次のレースも、まだまだチャンスは沢山あるので、同じミスをしないように頑張って行ければ、トップグループにいる事が当たり前のドライバーになれると思います。

でも、分かっていると思うけど課題は山積みです。レースはタイムじゃないので、どうやったら上位フィニッシュが出来るのか?

足らない部分をしっかりと身につけて、単身、中国でお仕事を頑張ってくれているお父さんに良い結果報告が出来ると良いですね。

フェスティバルは期待していますよ♪

夏の鈴鹿はやっぱり暑い!

今週末は鈴鹿です。今回は台数が半端ないので2DAYです。

今日は僕のタイトラと予選ヒート1がありました。結果はどちらも2位でした。

仕上がりは悪くないのですが、それ以上にトップの選手のスピードは素晴らしくて、明日までに対策を練って、もう少し上向きたいと思います。

ヤスダ君は最近、続けて走れています。その結果、大きくジャンプアップに成功して、今日もかなりのスピードで走れていました。

当然、明日のレースに期待が掛かりますが、まずはタイトラできちんと実力通りのポジションに着けて、しっかりと上位で戦うレースを経験して欲しいと思います。

明日も暑いようですが、二人でベストを尽くしたいと思います。

瑞浪

先週末は瑞浪MAXシリーズがありました。今回はキクチ君とタシロッチ、そしてこれが初レースのクニトモさんが参加しました。

土曜日の最終セクションで5番手まで調子を上げてきていたクニトモさんですが、初レースの緊張と、5分間でタイムを出さなければならないタイトラの難しさで、思うようなタイムが出せません。

それでも16番手とクニトモさんの後ろにはかなりのドライバーがいるので、まだまだこれからってところです。

予選でもう少し挽回したいところですが、前のドライバーを抜きに行って接触してしまって、人生初レースで初ペナルティと、厳しい展開です。

そして決勝は、どこまでがセーフでどこからがペナルティなのかの線引きが解らずに、思うようなレースにならなくて、18位で終了しました。次のレースまでにもっと走りこんで、レースを楽しんでもらいたいと思います。

キクチ君は前回優勝なので、3キロのハンデウエイトを搭載してのレースです。3キロの影響か、単純に仕上げきれていないのか不明ですが、タイトラで8位と、優勝を狙うには少し厳しいスタートです。

しかし、予選で挽回して決勝のグリッドは4番手です。

そして決勝です。オープニングラップで5位に下がりますが、なんとかトップグループで食い下がっています。しかし、徐々に引き離されて最後は6位に順位を落として終了です。

何かと忙しいらしく、前回のレースが終わって、そのまま今回のレースを迎えた事で、練習不足、準備不足、それらによるメカトラも多く、優勝を狙えるようなレースにはなりませんでした。次までにしっかりと立て直したいところです。

キクチ君とは対照的に、前回のレースで苦汁を飲まされたタシロッチはとにかくこのインターバルで走りこみました。本人もかなり昔の感覚を取り戻しつつありますし、走行データも取れたので、なかなか良い仕上がりです。好調を生かして、タイトラでポールを獲得します。

予選ヒートではやはりレース感が鈍く、3位に下げて終了です。

しかし決勝では、スタートで2位に上がり、その後、トップのインにも飛び込みましたが、パッシングには至らずに、終始トップのドライバーの直後につけて、隙を伺い続けましたが、好機は訪れずに、2位で終了です。

トップのドライバーとはスピードで互角だったと思うので、2位は残念ですが、前回よりは大きくジャンプアップ出来たので、もうちょっとリハビリを続ければ、レースが楽しめそうです。これからのタシロッチに期待したいと思います。

最後に僕のレースですが、公式練習、タイトラ、予選とトップで通過しましたが、決勝ではバトルとなって、残念ながら2位となりました。敗因は、優勝したドライバーの方が貪欲に勝ちに拘ったのに対して、僕は綺麗に抜く事に注視しすぎて、アタックも中途半端だったのかもしれません。

ブロックラインもほとんど取りませんでしたし、残り2周の段階で先頭で通過したのに、2コーナーでインを抑えずに飛び込まれた事は、少々、甘いレースをしたといえるのかもしれません。さらにはタコツボで、相手のブロックを崩せずに、僕のライン上に戻ってきたトップのドライバーを避けきれずに接触してしまい、先頭には出ましたが、すぐに譲って元のポジションに戻りました。ブロックのさらにインに飛び込むのか?それとも諦めて、次のチャンスを待つのか?躊躇があってはダメですね。

今回は路面温度が60度近くて、みんなが上手に走れない難しいレースでした。僕の厳しい状況でしたが、それでもみんなとは同等以上に走れていたので、最後はやはり勝利への執念でしょうか。

まだ、30代の後半の頃に、佐野和志さんが「ボス猿さん、僕らくらいの年齢になると、何が何でも勝ちたいって気持ちが薄くなるよね。」って言っていたのを思い出します。

もちろん当時の僕は、「あなたは世界の佐野和志だから、そうかもしれないけど、僕は年齢はいってるけどまだキャリアは浅いから、当分は勝ちたい気持ちはあると思うよ!」と反論しました。

でも、僕ももう50代になりましたので、昔、佐野選手が言った気持ちが少し解るようなきがします。

確かに優勝はしたいのですが、そこには勝ち方みたいなものも意識してしまって、でも、シンプルにもっと行かなければならないのかもしれません。

レースを長く戦っていると色々な事がありますね。今回は良い勉強になりました。次のレースもより頑張りたいと思います。

コメント一覧

海父 (08/06 13:34) 編集・削除

ボス猿及び瑞浪MAXシリーズ参戦の皆様お疲れ様でした。

ミッフーさん応援有難う御座います、今回は残念でしたが今度一緒に走れるタイミングが有ると良いですね。

いや~今回はダメでした、重りでは無く重馬場時の巧拙の問題ですね、もっと走りのバリエーションが無いと今後も厳しいですね。

しかし今回は色々と課題が見えてとても貴重な1日でした、捻くれものの我がGOPROは今まで決勝がちゃんと撮れていませんでしたが、今回は撮れていたのでそこから見えてきた問題点とボス猿やタシロッチさんに頂いた座学を元に奮励努力して参ります。

そしてボス猿!! なんかブログの後半が淋しいですぞ!!
まるで引退前の選手のような発言…ダメですぞ!!
まだ見ぬ未来にグレンブルーの門を叩くであろう少年少女やおじさまおばさま方の為、又カートの楽しさを伝えて行く為にも背骨が曲がってでも乗って頂かないと、老いは止められませんが情熱に歳は関係有りません、情熱が有れば人は前に進みます。

ボス猿は不本意だったかもしれませんが私と息子はレースをみてやっぱボス猿はすごいなーって感動しておりました、あっそうそう、最初観客席の方で見ていたのですがそこにカート好きであろうおじいさんが両手を上げて拍手しながら喜んでいました、それぐらい素晴らしいレースでした、勝利への執念は確かに大事ですが、執念のあまりずっとブロックラインを通ったり跳ね飛ばしてでも順位を上げるのはボス猿の教えでは無いような…

このチームは現在のシャーシやタイヤの特性、レース展開やコース状況をボス猿がレースに出場する事でより正確に教えて頂く事が出来るのが強みであって他には無い特徴かと私は思います。

表彰台に上がったボス猿は疲労困憊しておりました、レースに出続けるのは想像以上に大変だと思いますがあえて言わせて下さい、背骨が曲がっても乗り続けて下さい!!

長文に成りましたが生意気言ってすいません、まあ私の勘違いならいいのですが?次も楽しみにしています。

よーし次もがんばるぞ~!!

ボス猿 (08/08 09:13) 編集・削除

海父さん、いつも応援ありがとうございます!

今回のキクチ君は、もう一歩仕上がりませんでしたが、レースはほんの些細な事でも結果が大きく違ってしまうものなので、次のレースでは、より集中した週末を過ごして欲しいと思います。

僕のレースですが、前回のレースのように、なかなか思うようなものになりませんが、まだ諦めていません。もっと上手く今のシャーシーを乗りこなして、納得のいく走りを目指したいと思います。

まずは今週末の夏の鈴鹿で39台の先頭で帰って来たいと思います‼

海父 (08/08 21:10) 編集・削除

おっそれを聞いて安心しました。

次もご活躍を楽しみにしています。

暑いです。。。

今週末は瑞浪MAXです。とてもとても暑いです。

今回はクニトモさんがMAXレースにデビューです。

クニトモさんはレースに慣れてもらうのが目標なので、順位は二の次ですが、諸々と仕上がっていって、今日の最終セクションには5番手まで上がって来ました。

まだまだ走り足りていませんが、それゆえに明日もまだまだ延び白があるので、更なるパフォーマンスアップに期待したいと思います。

キクチ君は前回優勝なのでハンデウエイトを3キロ積んでの参戦です。

3キロがそれなりに効いているのと、前回のレースから一度も走っていないので、明日にはもう少し上がると思います。

タシロッチは前回の瑞浪MAXで20年ぶり位のレース復帰だったので、このインターバルに頑張って走ったので、まずまずの仕上がりです。明日はこの3人に期待したいと思います。

さて、僕ですが、可もなく不可もないってところです。今日の4回の走行は2回がトップで2回が2位でした。

安定して上位を走れていますので、悪いとは言えませんが、もう少し頑張りたいところです。

明日も暑いと思いますが、死なない程度に頑張ります‼

コメント一覧

ミッフー (07/30 21:44) 編集・削除

お疲れさまです。

梅雨明けして、連日暑い日が続いてますが、皆さん、熱中症には気をつけて頑張って下さい!!

鈴鹿選手権第4戦

先週末は鈴鹿選手権でした。

金曜日の段階で、ちょっと面白い発見をして、KTエンジンの3人は揃ってペースアップを果たしました。ストレートエンドも伸びますし、ピックアップも良くて、とても良い感じです。

しかし、土曜日の午後辺りからナオさんのペースが少し落ちて来ました。どうやらエンジンのライフが終了して崖を越したようです。

ヤマシタさんとヤスダ君は好調なまま決勝日を迎える事が出来ました。

タイトラでヤスダ君はもう一歩決まらずに中段です。実はヤスダ君、ちょっとスランプで、幾つかのコーナーの走り方が分からなくなってしまっていて、週末を通じて、色々とアドバイスしましたが、なかなか良い方向に向かないままレースになってしまいました。

ストレートは速いので、抜きに行けるのですが、インフィールドセクションはパッシングに行けません。逆に失うタイムが大きくて、コーナーで抜かれる感じです。

予選、決勝と前を走るドライバーのスピンに巻き込まれる不運もあって、最終的に中段を抜け出せずに終了です。エンジンは終始、速かったので、このままの調子を持続しつつ、スランプを早めに抜け出して欲しいと思います。

ナオさんとヤマシタさんも厳しいレースでした。ナオさんは力のないエンジンで頑張りましたが、トップグループはいるものの、抜け出す力がなくて、前を走るドライバーの執拗なブロックを打ち破れずに、7位フィニッシュでした。

ヤマシタさんは、タイトラで鈴鹿のオフィシャルのミスでコースイン出来ずに、抗議してやっとコースに入った時には、残り時間も僅かで、残念なタイトラになりました。鈴鹿のオフィシャルさんの教育を徹底してもらって、さらに悪質なブロックや接触にペナルティを課して欲しいと強く思いました。

ヤマシタさんは焦りからか予選のスタートで接触して、大きく出遅れて単独走行になりました。でも相変わらずスピードはあって、単独走行のタイムがトップを独走するドライバーさんと同等のものでした。これにはとても驚かされました。

期待のかかる決勝です。今度は接触することなく、順位を上げ続けて、12位でフィニッシュです。タイトラ、予選が悔やまれたレースでしたが、決勝で気持ちよくパッシングを決め続けられたので、いくらかは慰めになったようです。

さて僕ですが、今回は参加台数が多いので、タイトラが重要です。しかし、今回も引っ掛かって、A組の16位とピンチです。

予選で挽回したいところでしたが、スタート直後の1コーナーで多重クラッシュを避けていたら、すっかり順位を落としてしまいます。さらに急に降りだした雨の影響で、直前のカートがスピンしたので、コースオフして避けましたが、僕もスピンです。

17位までに入らなければ、デビジョン2行きになってしまうのですが、再スタート後には、前には誰も走っていなくて、「これはデビ2行き決定だな。」と思ったのですが、雨スリックのレースで接触も多いですし、コントロールが出来ずに大幅にペースを落とすドライバーも多く、誰にも追い付かないと思っていたのが、どんどんと順位を回復します。

しかし、僕自信もバトルで接触もあって、せっかく回復した順位をまた失ったりしながら、結局は3回もストップしましたが、16位でフィニッシュ出来て、何とかデビ1進出となりました。

デビ1のスタートポジションは32位と思いっきり後方ですが、それでもまだジャンプアップして上位進出を目指します。

決勝がスタートして、今度はうまく1コーナーをクリアして3コーナーまでは順調でしたが、S字に入ろうとした時に後方のドライバーが止まりきれずに僕のリアバンパーに乗り上げて、そのままサイドボックスまで進行して、2台はコース脇に停止しました。そこから相手のカートを降ろすのに一苦労している間に今回も前には誰もいなくなってしまいました。

結局は、ファイナルラップの最終コーナーでやっと1台に追い付いて、抜いたところでチェッカーです。

今回は、まったくレースをさせてもらえずに終了して、フラストレーションが溜まる酷いレースでした。年齢の衰えと共に、こんなレースが増えてきました。だいぶ厳しくなりましたが、今年は精一杯頑張り続けると決めたので、諦めずに頑張りたいと思います。

瑞浪SLシリーズ

先週末に瑞浪SLシリーズがありました。今回はアバンティに初挑戦のタシロッチと高橋名人、それにサワダ君の3名が参加して、ジュニアに稲葉兄弟とセナ君の3名が参加しました。

ジュニアクラスは常にタイム差も少なく、実力が拮抗した中でのレースが多く、今回も接戦となりました。

セナ君は最近、MAXエンジンでのトレーニングで、着実に伸びてきています。まだ安定度でもうひとつですが、レース序盤で上位陣と互角に戦えるようになってきました。

レースが安定してからは、やはり引き離されてしまいますが、この調子で伸びていってくれればと思います。

稲葉兄弟は前回のレースから、練習走行の時間が取れなかったので、土曜日の走行が重要でしたが、雨となったので、ぶっつけ本番の決勝日になりました。

タイトラ、予選とテストをしながらのレースでしたが、決勝ではどのセクターをとっても大きな問題点はなく、最高速も互角でしたが、勝負所のパフォーマンス不足があって、二人とも頑張りましたが、表彰台には届きませんでした。

細かな点の煮詰めがなかなか進まない現状を打開して、また表彰台に立ってもらいたいと思います。

アバンティ組は、謎のパフォーマンス不足に悩むサワダ君と、それとは対照的に絶好調なタシロッチです。

名人は初参加と言う事と、瑞浪の走行経験そのものが大幅に足りていないので、今回はお試し参戦の色が濃く、まずはキャブレーションの良いところを模索するところから始まって、順調にレースを楽しめていましたが、決勝はクラッチトラブルでリタイヤとなりました。

次回はより準備も頑張ってもらって、上位進出を目指してほしいと思います。

さて、サワダ君ですが、初めての1周タイトラで苦戦も覚悟していましたが、それ以前にキャブが上手く合わなくて、劇的に遅いです。予選、決勝と諸々のトライをしましたが、どうしてもエンジンに力がなくて、上位には届きませんでした。

タシロッチは前日に僕が走行して、ある程度の状態にしてあったのと、1周タイトラは慣れたもんなので、上出来の2番手を獲得します。

しかし、予選からはレース感の鈍さが露呈して、決勝もタイムは良いものの持続せずに、残念な5位フニッシュでした。体力も厳しかったようなので、彼が昔の実力を発揮するには、もう少し掛かりそうです。

今回は残念なリザルトとなりましたが、実力的に大きな差はないと思われるので、引き続きテスト&トレーニングを続けて行きたいと思います。

さて、今週末は鈴鹿です。今回は僕とナオさん、ヤマシタさんにヤスダ君の4台が参戦します。僕が出場するMAXクラスは59台のエントリーです。前回同様にデビジョン制となるので、タイトラ、予選が重要です。スピードを出しつつ、若いドライバーにぶつけられないように、しっかりとデビジョン1に生き残りたいと思います。

またみんなで頑張って来ます!

たまには良いかも。。。

先週末は瑞浪に行ってきました。今週末が瑞浪SLなので、トレーニングとテストが目的です。

今回はタシロッチがアバンティに出場します。前回の瑞浪MAXで復活した彼ですが、レース感を取り戻すためにリハビリ感覚での参戦です。

水曜チームの高橋名人もアバンティにレースデビューです。

稲葉兄弟にセナ君、それにサワダ君の6名が参戦します。

僕はみんなのサポートが目的だったので、自分のカートは持ち込みませんでしたが、タシロッチのカートや、サワダ君のカートに乗って、諸々のチェックです。

そんなことをしていたら、同じクラスに出場している他チームの人から、カートのチェックで乗って欲しいと頼まれたので、他銘柄のカートに興味もあった事から、たまには良いかもと走ることになりました。

僕のカートとはかなり乗り味の違うカートに戸惑いながらも、そのカートの状況を説明して、テスト走行は終了です。

昔だったらコーナーを3つも過ぎれば、すぐにそのカートのコツを掴んで、その状況で出せるベストなタイムを出せたのですが、そんなところにも衰えが及んでいて、コーナー3つどころか数周は走りましたが、なかなか思ったようなところにはこれませんでした。

そんなことから、もう一人の他チームの方のカートにも乗って、セットの確認をしましたが、そのカートは僕のカートと親戚みたいなメーカーなので、違和感なく乗れました。

うーん、しかし、どんどんとショボくなっています。でも、じたばたしてもどうにもならないので、残っている能力でベストを尽くすのみです。

さて、今週末の瑞浪SLで、チームのみんなが良いレースを戦えるように全力を尽くしたいと思います。

コメント一覧

元祖 伝説の男!! (07/07 20:59) 編集・削除

遅ればせながら、キクチ君優勝おめでとうございます!動画を拝見させてもらいましたが、安定した素晴らしい走りでしたね!!

今週末の瑞浪SLに参戦されるチーム員のみなさま、ビミョーな天気予報ですが、急なセット変更によるメカトラに十分注意して、キクチ君に続いて、グレンブルー旋風を吹かせてくださいね!
(1周タイトラ、楽しみですね♪)

そして、先週末の白糸を走行されていた薩摩関東軍のみなさま、暑いなか、おつかれさまでした。初対面なのに、声を掛けてもらってうれしかったです!


あれから、チームメイトに連絡して来月の白糸レンタルに参戦することにしましたので、お手柔らかにお願いしますね。。

ボス猿 (07/09 05:07) 編集・削除

ぐっちゃん、久しぶりのレンタル参戦ね。チームメイトって事は君と一緒で最近はすっかり「伝説の男」になってる彼かな?

さて、今日から瑞浪SLです。雨がどんな感じなのかが気になるが、頑張って来るよ!

海父 (07/09 16:59) 編集・削除

元祖 伝説の男さん応援有難う御座います。

今回のSLは参戦出来ませんでしたが、みんなグレンブルー旋風を巻き起こしてくれると思います、とても楽しみにしています。

1週タイトラ難しそうですね~練習走行もより重要になりそうですし、出走順も心理的に影響しそうです、いや~やってみたかったな~

タイトラは映像が無いのが残念ですね、自己紹介のアナウンスがされ音楽とともにアタックラップが始まったりするとゾクゾクしそうです(流石に音楽は流れないか)

映像でグレンブルーが連呼されるのを楽しみに応援しています。

瑞浪MAXシリーズ

先週末は瑞浪MAXシリーズ第3戦がありました。今回は僕とキクチ君、それにタシロッチが出場しました。

キクチ君とタシロッチですが、土曜日の段階で、二人の走り方が違っていて、同じ仕様ではタシロッチのストレートスピードが伸びません。

そもそも新品エンジンなので、まだまだ回したりていないのが一番の理由なのですが、何となくそれだけでも無さそうです。

タイトラが始まって、キクチ君は最終アタックでトップに立ちましたが、直後のドライバーが僅かにキクチ君のタイムを塗り替えて、キクチ君は2番手です。

タシロッチは9番手とやはりエンジンが伸びません。

予選ではキクチ君のスピードがトップのドライバーよりもだいぶ良さそうですが、1周目からひたすらブロックラインを走るトップの攻略が出来ません。

ブロックラインをひた走るのでペースがさらに遅くなって、後続は渋滞ぎみです。何度も仕掛けては、失敗するを繰り返しているうちに、後ろのドライバーに抜かれて4番手まで落ちます。

一方、タシロッチはスピードはありませんがバトルをうまく切り抜けて、気がつけばキクチ君のすぐ後ろの5番手まで順位を上げてきます。

予選の最終結果はキクチ君が3番手のタシロッチが7番手です。

決勝の前に最後のセット変更を施して、グリッドに着きます。

そして決勝がスタートして、キクチ君はすぐに2番手に上がり、そして予選同様にトップのドライバーに仕掛けます。

今回は予選よりもさらにペースが上がっていて、トップのドライバーの攻略に成功して、そのままセーフティマージンを築きます。

レース終盤に別のドライバーの猛追を受けましたが、120%で走るそのドライバーは単独スピンを喫してしまい、結局、かなりの大差でキクチ君がトップチェッカーを受けました。昨年からレースに出始めたキクチ君ですが、なかなかフル参戦とはいかず、まだまだ初心者の域を抜けていませんが、まずは1勝することが出来て、少し自信が付いたかもしれません。

やはり優勝は気持ち良さそうでした。次も期待したいと思います。

さて、タシロッチですが、もう一歩走らないエンジンで必死に走りましたが、途中で密集した場面に遭遇して接触、そのままスピンして、残りの周回を単独走行となってしまいました。彼もこのままでは終われないと思うので、もう少しエンジンを回して、次に備えたいと思います。

さて、僕ですが、土曜日の段階で、どうにも決まりません。そのままタイトラです。

もともと速くないのにアタックも遮られたりで、結果は8位です。

遅いとは思っていましたが、これはなかなか本格的です。

予選ヒートがスタートして、ちょっと危ない場面も辛うじてクリアしながら順位を上げ続けて、ファイナルラップに2位に立ちましたが、なんとこれが黄旗無視です。裁定は5秒プラスのペナルティでファイナルのグリッドは10番手です。

昨年のレースでレース人生初のプッシングのペナルティを受けて、自分のショボさを痛感した僕ですが、今度は黄旗無視です。黄旗無視は大昔の雨の茂木で1回経験があります。その時はウオータースクリーンで何も見えなかったので、自分でもまだ理解出来たのですが、今回はドライですので、黄旗が見えないってのは本格的にヤバイです。

この1年でプッシングするは、黄旗無視はするはで、いよいよドライバーとして、ダメダメになって来ました。

物凄くガッカリしながらも決勝の時間です。遅いのは仕方ないのですが、戦闘力も低いので、思い切って、ちょっと片寄った仕様に変更します。これによって狙うは1コーナーからの伸びと、2コーナーからヘアピンまでの伸びの向上です。

決勝がスタートして、今度もスタートでジャンプアップです。2コーナーまでに6番手に上がり、そのままヘアピンで5位に立って、戻ってきたホームストレートで並んで1コーナーまでに4位に立ちました。

セット変更により狙った部分の伸びを確保出来たので、そこを武器にして、順位を上げましたが、デメリットはインフィールドセクションのピックアップです。

序盤はかなりハイペースで走れましたが、タイヤに熱が入ってからはデメリットも大きくなって、全体のペースも下がります。

それでも3位までは問題なく順位を上げましたが、2位に立つのに1回のパッシングで決められずに、抜かし返されたりしている間にトップのドライバーは逃げていってしまいました。

仕切り直して何とか2位に立った時には、トップのドライバーは完全に単独になっていました。残り周回は上がらないペースに「さて、正解はどうだったんだろう?」とセットの方向性を思い描きながら、何とか2位でフィニッシュです。

トップのドライバーはこれで3連勝です。今回も完全にアンタッチャブルでした。次の瑞浪ではもう少し善戦したいと思います。

さて、相変わらず難しいMAXと格闘しています。さらに落ちてきた能力とも格闘です。対策はありませんが、出来る努力は惜しまない!頑張るのみです!

コメント一覧

海父 (06/30 23:57) 編集・削除

瑞浪MAXシリーズお疲れ様でした。

ついに天辺に立つ事が出来ました。 \(^◇^*)

まだ自分達だけの力では走り出す事が出来ないダメダメ親子ではありますが、今回はレースの女神が微笑んでくれました。

そして今回も良い勉強に成りました、勝った事もそうですが二人のすごいドライバーと同じフィールドにいれた事は幸せな時間でした、走り方やレースに向かう準備の仕方等学ぶ事が沢山有りました、もうそろそろ自分達だけでスタート出来ないと・・・(ノд-。)

しかしボス猿のあの抜きっぷりはどうなっているのでしょう?何手先まで予測しているのでしょうか?う~ん見た目より難しいですよね~ジャブ・ジャブ・ストレート・フックみたいなコンビネーション、息子はストレート1つで決めようとして当たらない感じかな?

次はAVANTIで天辺狙っていきます、がんばるぞ~!!

ボス猿 (07/01 12:44) 編集・削除

海父さん、瑞浪MAXお疲れ様でした!そして初優勝おめでとうございます‼

キクチ君はスピードはあるので、細かな部分の引き出しが増えれば、もっと勝ち星をあげられると思います。

レースはスピードを競うものだと思われがちですが、実は自分や他者との戦いです。

この辺りが理解出来ると、レースに取り組む姿勢ももっと変わってくると思います。

せっかくのスピードを生かすも殺すもドライバー次第なので、次のレースも飛躍するために、スピード以外の部分の向上に努めてもらいたいと思います。

さてパッシングですが、これはイメージです。自分とライバルの位置関係から、実際にインに飛び込んで、抜き去るまでの動きをイメージすることが大事です。このイメージ通りにパッシングが決まるのが理想的ですので、どれだけそのイメージの精度が高いかがパッシングの上手さに直結していると思います。

また、コースで一緒に走りながらレクチャーしますね♪

白糸レンタルカートシリーズ第4戦

週末に白糸レンタルレースがありました。今回も耐久レースはちょっと寂しく5チームでした。

今回の優勝は「テニス部男子」でした。前回も復活組のタシロちゃんとコウタ君が組んで優勝をかっさらって行きましたが、今回もきっちりと優勝しちゃいました。

2位には「桃園」さんが入ったのですが、まさかのダブルチェッカーで降格です。そして繰り上げで「薩摩」さん達が2位です。

3位には「FFカート同好会」さんが入りました。今回の「FF」さんはスピードがあって、ファースティストラップは「FF」さんとなりました。

4戦が終了して、ランキングトップは「テニス部男子」です。手堅くポイントを重ねているのでちょっと抜け出ていますが、まだまだ分かりません。ちょっと参加台数が増えるとさらに楽しめると思うので8月の第5戦に期待したいと思います。

スプリントクラスですが、55クラスは決勝ポールポジションのマヒトが順調なスタートを切って、後続を引き離し始めましたが、マフラーが脱落してオレンジボールです。ピットで修理して、戻りましたが、上位陣からは大きく遅れてしまいました。レース中盤に降りだした雨の中でも素晴らしいタイムで走っていたので、マシントラブルが悔やまれたレースでした。

マヒトの脱落で優勝はコウタ君となりました。リヒト、ミッフーと三つ巴のレースでしたが、2位にリヒト、3位にミッフーでした。これでランキングはリヒト、ミッフー、マヒトが1ポイント差の僅差となっています。実力的にも拮抗しているのでやはりスプリントは楽しめます。

70クラスの優勝はまたまたヤスダ君でした。決勝は雨が降って、難しい局面でしたが、ドライもウエットも安定のスピードで、ちょっとライバルがいない感じです。マサヤとかケンタとかごっちゃんとかに参戦してもらわないと独走になっちゃいそうです。

2位にはタシロちゃんが入りました。カートが不調でタイトラは最後尾でしたが、予選、決勝と順位を上げ続けて、雨が降ってからは流石のスピードを見せて2位に滑り込みました。

3位にはクニトモさんが入りました。この結果、70クラスのランキングトップはヤスダ君、2位にフジガヤさん、3位にアキヤマ君です。

第5戦は8月です。暑い中でのレースとなりますが、沢山のチーム、ドライバーの参加を期待しています❗