記事一覧

瑞浪SLシリーズ

先週末に瑞浪SLシリーズがありました。今回はアバンティに初挑戦のタシロッチと高橋名人、それにサワダ君の3名が参加して、ジュニアに稲葉兄弟とセナ君の3名が参加しました。

ジュニアクラスは常にタイム差も少なく、実力が拮抗した中でのレースが多く、今回も接戦となりました。

セナ君は最近、MAXエンジンでのトレーニングで、着実に伸びてきています。まだ安定度でもうひとつですが、レース序盤で上位陣と互角に戦えるようになってきました。

レースが安定してからは、やはり引き離されてしまいますが、この調子で伸びていってくれればと思います。

稲葉兄弟は前回のレースから、練習走行の時間が取れなかったので、土曜日の走行が重要でしたが、雨となったので、ぶっつけ本番の決勝日になりました。

タイトラ、予選とテストをしながらのレースでしたが、決勝ではどのセクターをとっても大きな問題点はなく、最高速も互角でしたが、勝負所のパフォーマンス不足があって、二人とも頑張りましたが、表彰台には届きませんでした。

細かな点の煮詰めがなかなか進まない現状を打開して、また表彰台に立ってもらいたいと思います。

アバンティ組は、謎のパフォーマンス不足に悩むサワダ君と、それとは対照的に絶好調なタシロッチです。

名人は初参加と言う事と、瑞浪の走行経験そのものが大幅に足りていないので、今回はお試し参戦の色が濃く、まずはキャブレーションの良いところを模索するところから始まって、順調にレースを楽しめていましたが、決勝はクラッチトラブルでリタイヤとなりました。

次回はより準備も頑張ってもらって、上位進出を目指してほしいと思います。

さて、サワダ君ですが、初めての1周タイトラで苦戦も覚悟していましたが、それ以前にキャブが上手く合わなくて、劇的に遅いです。予選、決勝と諸々のトライをしましたが、どうしてもエンジンに力がなくて、上位には届きませんでした。

タシロッチは前日に僕が走行して、ある程度の状態にしてあったのと、1周タイトラは慣れたもんなので、上出来の2番手を獲得します。

しかし、予選からはレース感の鈍さが露呈して、決勝もタイムは良いものの持続せずに、残念な5位フニッシュでした。体力も厳しかったようなので、彼が昔の実力を発揮するには、もう少し掛かりそうです。

今回は残念なリザルトとなりましたが、実力的に大きな差はないと思われるので、引き続きテスト&トレーニングを続けて行きたいと思います。

さて、今週末は鈴鹿です。今回は僕とナオさん、ヤマシタさんにヤスダ君の4台が参戦します。僕が出場するMAXクラスは59台のエントリーです。前回同様にデビジョン制となるので、タイトラ、予選が重要です。スピードを出しつつ、若いドライバーにぶつけられないように、しっかりとデビジョン1に生き残りたいと思います。

またみんなで頑張って来ます!

たまには良いかも。。。

先週末は瑞浪に行ってきました。今週末が瑞浪SLなので、トレーニングとテストが目的です。

今回はタシロッチがアバンティに出場します。前回の瑞浪MAXで復活した彼ですが、レース感を取り戻すためにリハビリ感覚での参戦です。

水曜チームの高橋名人もアバンティにレースデビューです。

稲葉兄弟にセナ君、それにサワダ君の6名が参戦します。

僕はみんなのサポートが目的だったので、自分のカートは持ち込みませんでしたが、タシロッチのカートや、サワダ君のカートに乗って、諸々のチェックです。

そんなことをしていたら、同じクラスに出場している他チームの人から、カートのチェックで乗って欲しいと頼まれたので、他銘柄のカートに興味もあった事から、たまには良いかもと走ることになりました。

僕のカートとはかなり乗り味の違うカートに戸惑いながらも、そのカートの状況を説明して、テスト走行は終了です。

昔だったらコーナーを3つも過ぎれば、すぐにそのカートのコツを掴んで、その状況で出せるベストなタイムを出せたのですが、そんなところにも衰えが及んでいて、コーナー3つどころか数周は走りましたが、なかなか思ったようなところにはこれませんでした。

そんなことから、もう一人の他チームの方のカートにも乗って、セットの確認をしましたが、そのカートは僕のカートと親戚みたいなメーカーなので、違和感なく乗れました。

うーん、しかし、どんどんとショボくなっています。でも、じたばたしてもどうにもならないので、残っている能力でベストを尽くすのみです。

さて、今週末の瑞浪SLで、チームのみんなが良いレースを戦えるように全力を尽くしたいと思います。

コメント一覧

元祖 伝説の男!! (07/07 20:59) 編集・削除

遅ればせながら、キクチ君優勝おめでとうございます!動画を拝見させてもらいましたが、安定した素晴らしい走りでしたね!!

今週末の瑞浪SLに参戦されるチーム員のみなさま、ビミョーな天気予報ですが、急なセット変更によるメカトラに十分注意して、キクチ君に続いて、グレンブルー旋風を吹かせてくださいね!
(1周タイトラ、楽しみですね♪)

そして、先週末の白糸を走行されていた薩摩関東軍のみなさま、暑いなか、おつかれさまでした。初対面なのに、声を掛けてもらってうれしかったです!


あれから、チームメイトに連絡して来月の白糸レンタルに参戦することにしましたので、お手柔らかにお願いしますね。。

ボス猿 (07/09 05:07) 編集・削除

ぐっちゃん、久しぶりのレンタル参戦ね。チームメイトって事は君と一緒で最近はすっかり「伝説の男」になってる彼かな?

さて、今日から瑞浪SLです。雨がどんな感じなのかが気になるが、頑張って来るよ!

海父 (07/09 16:59) 編集・削除

元祖 伝説の男さん応援有難う御座います。

今回のSLは参戦出来ませんでしたが、みんなグレンブルー旋風を巻き起こしてくれると思います、とても楽しみにしています。

1週タイトラ難しそうですね~練習走行もより重要になりそうですし、出走順も心理的に影響しそうです、いや~やってみたかったな~

タイトラは映像が無いのが残念ですね、自己紹介のアナウンスがされ音楽とともにアタックラップが始まったりするとゾクゾクしそうです(流石に音楽は流れないか)

映像でグレンブルーが連呼されるのを楽しみに応援しています。

瑞浪MAXシリーズ

先週末は瑞浪MAXシリーズ第3戦がありました。今回は僕とキクチ君、それにタシロッチが出場しました。

キクチ君とタシロッチですが、土曜日の段階で、二人の走り方が違っていて、同じ仕様ではタシロッチのストレートスピードが伸びません。

そもそも新品エンジンなので、まだまだ回したりていないのが一番の理由なのですが、何となくそれだけでも無さそうです。

タイトラが始まって、キクチ君は最終アタックでトップに立ちましたが、直後のドライバーが僅かにキクチ君のタイムを塗り替えて、キクチ君は2番手です。

タシロッチは9番手とやはりエンジンが伸びません。

予選ではキクチ君のスピードがトップのドライバーよりもだいぶ良さそうですが、1周目からひたすらブロックラインを走るトップの攻略が出来ません。

ブロックラインをひた走るのでペースがさらに遅くなって、後続は渋滞ぎみです。何度も仕掛けては、失敗するを繰り返しているうちに、後ろのドライバーに抜かれて4番手まで落ちます。

一方、タシロッチはスピードはありませんがバトルをうまく切り抜けて、気がつけばキクチ君のすぐ後ろの5番手まで順位を上げてきます。

予選の最終結果はキクチ君が3番手のタシロッチが7番手です。

決勝の前に最後のセット変更を施して、グリッドに着きます。

そして決勝がスタートして、キクチ君はすぐに2番手に上がり、そして予選同様にトップのドライバーに仕掛けます。

今回は予選よりもさらにペースが上がっていて、トップのドライバーの攻略に成功して、そのままセーフティマージンを築きます。

レース終盤に別のドライバーの猛追を受けましたが、120%で走るそのドライバーは単独スピンを喫してしまい、結局、かなりの大差でキクチ君がトップチェッカーを受けました。昨年からレースに出始めたキクチ君ですが、なかなかフル参戦とはいかず、まだまだ初心者の域を抜けていませんが、まずは1勝することが出来て、少し自信が付いたかもしれません。

やはり優勝は気持ち良さそうでした。次も期待したいと思います。

さて、タシロッチですが、もう一歩走らないエンジンで必死に走りましたが、途中で密集した場面に遭遇して接触、そのままスピンして、残りの周回を単独走行となってしまいました。彼もこのままでは終われないと思うので、もう少しエンジンを回して、次に備えたいと思います。

さて、僕ですが、土曜日の段階で、どうにも決まりません。そのままタイトラです。

もともと速くないのにアタックも遮られたりで、結果は8位です。

遅いとは思っていましたが、これはなかなか本格的です。

予選ヒートがスタートして、ちょっと危ない場面も辛うじてクリアしながら順位を上げ続けて、ファイナルラップに2位に立ちましたが、なんとこれが黄旗無視です。裁定は5秒プラスのペナルティでファイナルのグリッドは10番手です。

昨年のレースでレース人生初のプッシングのペナルティを受けて、自分のショボさを痛感した僕ですが、今度は黄旗無視です。黄旗無視は大昔の雨の茂木で1回経験があります。その時はウオータースクリーンで何も見えなかったので、自分でもまだ理解出来たのですが、今回はドライですので、黄旗が見えないってのは本格的にヤバイです。

この1年でプッシングするは、黄旗無視はするはで、いよいよドライバーとして、ダメダメになって来ました。

物凄くガッカリしながらも決勝の時間です。遅いのは仕方ないのですが、戦闘力も低いので、思い切って、ちょっと片寄った仕様に変更します。これによって狙うは1コーナーからの伸びと、2コーナーからヘアピンまでの伸びの向上です。

決勝がスタートして、今度もスタートでジャンプアップです。2コーナーまでに6番手に上がり、そのままヘアピンで5位に立って、戻ってきたホームストレートで並んで1コーナーまでに4位に立ちました。

セット変更により狙った部分の伸びを確保出来たので、そこを武器にして、順位を上げましたが、デメリットはインフィールドセクションのピックアップです。

序盤はかなりハイペースで走れましたが、タイヤに熱が入ってからはデメリットも大きくなって、全体のペースも下がります。

それでも3位までは問題なく順位を上げましたが、2位に立つのに1回のパッシングで決められずに、抜かし返されたりしている間にトップのドライバーは逃げていってしまいました。

仕切り直して何とか2位に立った時には、トップのドライバーは完全に単独になっていました。残り周回は上がらないペースに「さて、正解はどうだったんだろう?」とセットの方向性を思い描きながら、何とか2位でフィニッシュです。

トップのドライバーはこれで3連勝です。今回も完全にアンタッチャブルでした。次の瑞浪ではもう少し善戦したいと思います。

さて、相変わらず難しいMAXと格闘しています。さらに落ちてきた能力とも格闘です。対策はありませんが、出来る努力は惜しまない!頑張るのみです!

コメント一覧

海父 (06/30 23:57) 編集・削除

瑞浪MAXシリーズお疲れ様でした。

ついに天辺に立つ事が出来ました。 \(^◇^*)

まだ自分達だけの力では走り出す事が出来ないダメダメ親子ではありますが、今回はレースの女神が微笑んでくれました。

そして今回も良い勉強に成りました、勝った事もそうですが二人のすごいドライバーと同じフィールドにいれた事は幸せな時間でした、走り方やレースに向かう準備の仕方等学ぶ事が沢山有りました、もうそろそろ自分達だけでスタート出来ないと・・・(ノд-。)

しかしボス猿のあの抜きっぷりはどうなっているのでしょう?何手先まで予測しているのでしょうか?う~ん見た目より難しいですよね~ジャブ・ジャブ・ストレート・フックみたいなコンビネーション、息子はストレート1つで決めようとして当たらない感じかな?

次はAVANTIで天辺狙っていきます、がんばるぞ~!!

ボス猿 (07/01 12:44) 編集・削除

海父さん、瑞浪MAXお疲れ様でした!そして初優勝おめでとうございます‼

キクチ君はスピードはあるので、細かな部分の引き出しが増えれば、もっと勝ち星をあげられると思います。

レースはスピードを競うものだと思われがちですが、実は自分や他者との戦いです。

この辺りが理解出来ると、レースに取り組む姿勢ももっと変わってくると思います。

せっかくのスピードを生かすも殺すもドライバー次第なので、次のレースも飛躍するために、スピード以外の部分の向上に努めてもらいたいと思います。

さてパッシングですが、これはイメージです。自分とライバルの位置関係から、実際にインに飛び込んで、抜き去るまでの動きをイメージすることが大事です。このイメージ通りにパッシングが決まるのが理想的ですので、どれだけそのイメージの精度が高いかがパッシングの上手さに直結していると思います。

また、コースで一緒に走りながらレクチャーしますね♪

白糸レンタルカートシリーズ第4戦

週末に白糸レンタルレースがありました。今回も耐久レースはちょっと寂しく5チームでした。

今回の優勝は「テニス部男子」でした。前回も復活組のタシロちゃんとコウタ君が組んで優勝をかっさらって行きましたが、今回もきっちりと優勝しちゃいました。

2位には「桃園」さんが入ったのですが、まさかのダブルチェッカーで降格です。そして繰り上げで「薩摩」さん達が2位です。

3位には「FFカート同好会」さんが入りました。今回の「FF」さんはスピードがあって、ファースティストラップは「FF」さんとなりました。

4戦が終了して、ランキングトップは「テニス部男子」です。手堅くポイントを重ねているのでちょっと抜け出ていますが、まだまだ分かりません。ちょっと参加台数が増えるとさらに楽しめると思うので8月の第5戦に期待したいと思います。

スプリントクラスですが、55クラスは決勝ポールポジションのマヒトが順調なスタートを切って、後続を引き離し始めましたが、マフラーが脱落してオレンジボールです。ピットで修理して、戻りましたが、上位陣からは大きく遅れてしまいました。レース中盤に降りだした雨の中でも素晴らしいタイムで走っていたので、マシントラブルが悔やまれたレースでした。

マヒトの脱落で優勝はコウタ君となりました。リヒト、ミッフーと三つ巴のレースでしたが、2位にリヒト、3位にミッフーでした。これでランキングはリヒト、ミッフー、マヒトが1ポイント差の僅差となっています。実力的にも拮抗しているのでやはりスプリントは楽しめます。

70クラスの優勝はまたまたヤスダ君でした。決勝は雨が降って、難しい局面でしたが、ドライもウエットも安定のスピードで、ちょっとライバルがいない感じです。マサヤとかケンタとかごっちゃんとかに参戦してもらわないと独走になっちゃいそうです。

2位にはタシロちゃんが入りました。カートが不調でタイトラは最後尾でしたが、予選、決勝と順位を上げ続けて、雨が降ってからは流石のスピードを見せて2位に滑り込みました。

3位にはクニトモさんが入りました。この結果、70クラスのランキングトップはヤスダ君、2位にフジガヤさん、3位にアキヤマ君です。

第5戦は8月です。暑い中でのレースとなりますが、沢山のチーム、ドライバーの参加を期待しています❗

久しぶりに。

このところ毎週、鈴鹿か瑞浪に行っていたので、なかなか店にいられなかったのですが、本当に久しぶりに明日はお店にいます。

来週末も白糸レンタルレースなので、日中は店にいられませんが、それでも遠征よりは体が楽です。

でも、その翌週からはまた連続で遠征となるので、今週末と来週で体調を整えたいと思います。

さて、6月になってMAXシリーズも佳境となってきました。今年はMAXシリーズの最終戦にあたるMAXフェスティバルが9月なので、フェスティバル前に残るは2レース程です。

MAXシリーズは、1年間をかけて各地のシリーズを戦ってきたドライバーが、各々のシリーズポイントを集計して、そこにフェスティバルのポイントを合計する事で代表選手を決めるのですが、フェスティバル前には上位陣のポイント差はかなり僅差となって、やはり最終戦のフェスティバルで勝ったドライバーが代表に選ばれる事が多いです。

僕も今年はまずまずのポイントを持ってフェスティバルに臨めそうです。しかし、今年は鈴鹿開催なので、まったく読めません。レースそのものもフェスティバルとなると、いったいどうなってしまうのかがさっぱりです。

MAXの世界選手権にあたるグランドファイナルには、行けるものならみんなが行きたいと思っているはずなので、ぶらさがった人参が大きいだけに、荒れたレースにならなければ良いなと思います。

特に鈴鹿はコースは良いけどペナルティを一切取らない、世界の七不思議みたいなコースなので、大きなクラッシュとかで大怪我するドライバーが出ないかとても心配です。

フェスティバルの前に参加ドライバーや、エントラントが要望書を出して、みんなが鈴鹿のレース運営に不満を持ってると、鈴鹿の首脳陣に解ってもらう必要があるかもしれませんね。本当に誰かが大怪我をしないために、是非、栄光さんに声かけをしてもらって、署名運動を実現して欲しいと思います。

鈴鹿MAXユーザー占有日!

昨日は鈴鹿に行ってきました。昨日の鈴鹿はMAXユーザーだけの走行日です。

今回は僕とヤマシタさん、ヤスダ君とセナ君が走りました。

ヤマシタさんとヤスダ君はMAXの最終戦に当たるMAXフェスティバルのノービスクラスに出場するために、テストを兼ねて走りました。

鈴鹿でノービスクラスは初開催なので、何秒あたりがターゲットタイムなのかが分かりませんが、瑞浪で換算するとSSクラスの1秒落ちが妥当なところでしょうか。

まずは、そんなぼんやりとした目標で走り始めた二人でしたが、なかなか好調で、ほぼSSクラスと同等のタイムまで来ました。

瑞浪での換算なので、鈴鹿では当てはまるかが分かりませんが、他のカテゴリーで考えても、瑞浪と鈴鹿はなんとなくイメージが出来るので、まぁ昨日の出来としては、まずまずではあると思います。

セナ君もジュニアMAX仕様で、初めての鈴鹿に挑戦です。

自分よりも速いカテゴリーと混走だったので、なかなか自分のラインを走れなかったと思いますが、それでも頑張って走っていました。また鈴鹿にも一緒に行ければと思います。

僕は前回の鈴鹿でリタイヤしたので、シャーシーの確認と暑くなってきた事でのキャブレーションのテストです。

相変わらず、難しいMAXエンジンですが、このところのテストでなんとなく方向性が見つかったので、そんなに劇的に遅い事は、これからはあまり無さそうです。

レースは鈴鹿の前に瑞浪ですが、鈴鹿用、瑞浪用とキャブレターの特性の違う仕様のベースが出来たと思うので、あとは変わって行くコンデションに追いついていくだけです。(それもなかなか難しい♪)引き続き頑張るのみです!

どこかで打開しなくては。。。

先週末は瑞浪SLシリーズがありました。

今回のメンバーはアバンティにキクチ君とウエハラさん、ジュニアに稲葉兄弟とセナ君、そして1年ぶりのレースになるケンタが激戦のSSクラスに出場しました。

ウエハラさんも1年以上瑞浪を走っていませんし、レースも出ていない上に、日曜日にぶっつけ本番でレースに臨むので、結果よりもまずはリハビリってところです。

土曜日は好調だった稲葉兄弟です。まずは公式練習でリヒトがトップです。僅差ですが、まだ好調を維持していそうです。

タイトラはマヒトが百分の3秒差で2位です。リヒトが5位です。

予選ヒートが始まって、スタートで5位まで落ちるマヒトです。リヒトと二人で順位の挽回を狙いますが、リヒトが5位でマヒトが6位です。

決勝がスタートして、マヒトが3位まで順位を回復して2位にも仕掛けますが、もう一歩、決まらずに逆に4位に下がってゴールです。リヒトも良いパッシングが決まらずに、最後は6位でフィニッシュです。

二人のレースは確かにバトルももう一歩ですが、レース日に戦闘力が下がってしまっていて、そこに問題がありそうです。

一番の課題は、レース路面でのキャブレーションにあって、その辺りのデータと収集する必要がありそうです。

単独での走行では速いタイムを刻めるのですが、誰かを抜いて置き去りにするようなパフォーマンスがないので、レースになると苦戦を強いられてしまいます。次回までにはしっかりと対策を立てたいと思います。

セナ君は、今回もまだまだお勉強といったところでしょうか。全体のタイムに追いつくにはもう少し掛かりそうですが、少しづつスピードも上がって来ているので、次回までのインターバルでもう少し上位陣とのタイム差を減らして行きたいと思います。

アバンティの二人ですが、当日入りのウエハラさんはグリップの高い路面に翻弄されて、思うように走れないまま、レースが終了してしまった感じです。お仕事が忙しく、なかなか練習も出来ませんが、当日入りでも何でも、レースに出ていれば、だんだんと慣れてくれると思います。また出れるレースがあったら、頑張って出場してほしいと思います。

キクチ君もグリップする路面を攻略出来ずに、なかなか彼本来のスピードを出せないままレースが進んでしまいました。さらに決勝ではスタート直後にエンジンの調子がおかしくなって、スピードが上がりません。トップとはラップタイムで秒単位で遅いので、トラブルと諦めて、ピットに戻れば良かったのですが、そのまま最後まで走り続けて、最終的にはエンジンがロックして止まったようです。

最後は上位陣の3秒落ちまでタイムダウンしていたのに何故、走り続けてしまたのかが残念ですが、最後はエンジンブローという残念な形で終了です。

レースはメンタルスポーツなので、焦りや緊張で、当たり前のことが出来なくなってしまったりします。こうした事も経験なので、また頑張って欲しいと思います。

最後はケンタですが、彼は普段はレーシングカートに乗っていないので、1年ぶりのカートですし、レースです。「練習が出来ないんだから、しっかりとカートの整備をして来なよ!」と言ってあったのですが、土曜日に登場したケンタのカートは色々なところに不具合があって、タイヤも1年前のものですし、タイムは恐ろしく遅いです。

エンジンを3基、キャブもいくつも試しましたが、どれも変わりがありません。考えられるところは全て変えましたが、根本的に遅すぎて、どうにもなりません。

フレッシュタイヤを履いたところでそんなに大きなタイムアップをするとも思えないので、今回はかなりヤバいと思って臨んだレースでしたが、タイトラでもやはり前日のままで、圧倒的な遅さです。

予選ヒートまでにさらに大幅な変更をしましたが、スタート直後の2コーナーで接触後、コースアウトを喫してそのままリタイヤです。施したセット変更がどうだったのかも解らないまま、もう決勝です。

決勝がスタートして、今度は普通にスタート出来ました。タイトラまでのタイム差も無く、みんなと一緒に走れていますが、すぐに大きく遅れ始めます。その頃からキャブの辺りを押さえながら走るケンタです。そしてスローダウン。なにやらもぞもぞとキャブの辺りを触って、また走り出します。

しかし、すぐにまたキャブの辺りを押さえながらの走行になって、片手で運転しているからか、ヘアピンでスピンを喫して、今度は押し掛けで再スタートを試みますが、エンジンは掛からずに、そこでリタイヤとなりました。

ピットに戻り、「何をしてたの?」と聞いてみると、「キャブの負圧のホースが抜けちゃうんです!」との事。これも整備不良って事ですね。

今回は本当に厳しいレースでした。先々週の鈴鹿もそうでしたが、悪い流れを断ち切れていないので、ここから気持ちを切り替えて、なんとか打開して行きたいと思います。

コメント一覧

ハラグチ父 (05/25 23:21) 編集・削除

皆さまご無沙汰です!瑞浪SL第三戦お疲れ様です!
最近は鈴鹿も瑞浪もracing kartウェブで皆さんのファイトが応援できるようになったのでしあわせです♪
今シーズンの瑞浪SLはTiaJrが実力均衡で迫力ありますね!
こんなレースで毎回しのぎを削り。勝ち上がっていけたら、走り続ける限り、絶対によい結果が待っているな〜って感じます。
レース中のアナウンスで、稲葉ブラザーズ!
マヒト!リヒト!とたくさん名前を呼ばれる…ずっと中心で映る。
それって、注目の走りやレースの基本ができてる証拠でしょうね。
うらやましい事です。
あとは、いろいろなタイミングとか、それが難しいんですが、他を寄せ付けないスピードを手に入れるだけですかね?

真剣に走ってるから、当たり前に必ず結果は欲しいですが、オーバーテイクまでの組み立てとか、たくさんいろいろと試みてる姿とかとにかく見ている人を引きつけますし、それでいてクリーンでミスロスの少ない攻め方はJr.なのに好印象ですね。

動画みての感想でしたが、このまま成長して行ったら、すごいだろーなー♪ってワクワクしました。

次の皆さんのレースも楽しみに応援してます‼︎

ボス猿 (05/26 21:40) 編集・削除

ハラグチ父さん、おひさしぶりです!
そうなんです。瑞浪のTIAジュニアは実力が拮抗した、良いクラスです。今回もトップ6は本当にタイム差もなくて、見ていて楽しめるレースでした。

止まりきれずに突き飛ばしたり、飛び込んで来ているのにピシャリと閉めてぶつかったりもなくて、クリーンなレースで、頑張っています。

もちろん、バトルの精度など、ジュニアならではの部分もありますが、年々、良いカテゴリーになっています。

特に今年は、本当に僅差なので、まだまだこれからグレンブルージュニア勢も巻き返して行きたいと思います。

また応援よろしくお願い致します!

海父 (05/28 19:09) 編集・削除

ハラグチ父さん、おひさしぶりです!

映像が配信されるようになってレース後の楽しみが増えました、有難や有難や。

息子の映像以外も他の選手や他のカテゴリーも見れるので勉強になるし楽しいですよね~

TIAジュニアはすごくワクワクしますよね、チームから出てる台数も多いですし、みんな良い子ですからね~今後もワクワクさせてくれると思いますので、応援よろしくお願い致します!

うちも映像の中心になれるようにがんばるぞ~

ボス猿 (05/30 08:13) 編集・削除

海父さん、お疲れ様です。キクチ君は良いところは沢山持っていますが、まだ決定的にレース数が足りていないので、段々に色々な事を吸収して、バランスの良いドライバーになってくれると思います。

映像の中心。今は映像があるので、本当に良いですね。前の方を走って映像の中心で居続けたいですね♪

稲葉兄弟・兄 (05/31 18:41) 編集・削除

返信が遅れてすいません。
前回のレースでは、ありがとうございました。
練習が良かっただけに、レースで良い結果が残せなくて悔しいです。しっかりと映像を見て、データを分析していきたいです。

応援していただいた皆様、そして監督、応援有り難うございました。次回こそは、良い結果を残します!

まひと (05/31 18:49) 編集・削除

ハラグチ父さん、海父さん、ありがとうございます!

この間の第3戦は、思い残すところがあってまだまだ課題は残っているので頑張って直したいです
レースは難しいこと、次は勝つぞ、というのは毎回思うことですが、まだ実現できていないので、ホンモノにして返したいです。
第3戦お疲れ様でした!ありがとうございました!

ボス猿 (06/02 06:20) 編集・削除

リヒちゃん、マヒちゃん、瑞浪SLは、もう一歩だったけど、決してタイム的に厳しい事はなかったので、本当にもうちょっとが違っていたらと思えたレースでしたね。

レース後に説明したロガーのデータは、やはりもうちょっとが足らなかった理由を裏付けていましたので、逆に考えれば、良かったデータに揃えられればレース日にも頭ひとつ抜け出せると思います。次こそ狙って行こう‼

流れが無さすぎです。

今回の鈴鹿は、良さそうな空気のヤスダ君と対照的に厳しい仕上がりの僕って感じで土曜日を終えました。

ヤスダ君は日曜日のタイトラで、決して上手いタイトラではありませんでしたが、それでもやはりスピードがあって、30台中の11位で終えます。

予選ヒートのスタートで7位までジャンプアップしますが、格上のドライバー相手にバトルで敗れて9位でフィニッシュです。

決勝グリッドの9位は、まずまずのポジションですので、ここからさらに順位を上げられれば、目標の6位入賞も充分に射程距離です。

決勝がスタートして、1コーナーから2コーナーで多重クラッシュが発生、ギリギリのタイミングで接触だけは避けられたヤスダ君でしたが、残念ながらエンジンが止まってしまいました。

その後再スタートしましたが、エンジンが急に走らなくなって、上位進出は叶わずに13位でフィニッシュです。

今回はスピードがありましたが、以前にはなかったコーナーリングの問題点が露呈して、その修正に取り組みましたが、簡単にはいきませんでした。次のレースまでの課題になりました。

ヤスダ君は、鈴鹿を走ったのが久しぶりなので、こんな事もあります。次までに修正してくれると思います。

さて、日曜日のタイトラで、なかなかの冒険したセットで臨んだ僕は、ちょっとした突破口が見えました。

タイトラはB組の12位と、参加台数55台って事を考えると、マスターズの僕は健闘しているって事かもしれませんが、総合の6位以内を目指す僕には、すでに黄色信号です。

予選ヒートがスタートして、上手く9位まで上がりますが、S字コーナーでぶつけられながら抜かれて、10位に落ちます。その後、抜いて上がれそうな瞬間もありましたが、今回は予選で接触とかすると、そのままデビ2に行く事になるため、セット的にも厳しかったので、とりあえずそのままの順位でフィニッシュしました。

その結果、決勝のグリッドは19位です。

決勝を前に、予選ヒートで感じたパフォーマンス不足の対策を施して、グリッドに着きます。

決勝がスタートして、1コーナーを通過したところで物凄い多重クラッシュが発生しています。なんと!ポールポジションの選手もスピンしています。どうやら1列目、2列目、3列目と上位の選手が大勢、クラッシュしています。

あまりの台数に僕が通過出来るラインは残されていなくて、ハーフスピンしながら右に避けましたが、後方から来たドライバーが僕を避けきれずに、激しく接触。エンジンも止まってしまって、再スタートをしましたが、真っ直ぐ走りません。

走りながら、右のナックルを見ましたが、凄い角度を向いていて、ブレーキを掛けると、激しくフレームが擦れて、さらに一気に横を向こうとするので、スリル満点です。

とても走れそうになかったので、車検場に戻ろうとしましたが、決勝の前に施したセット変更の確認がしたかったので、そのまま我慢して走りました。

物凄く走りにくいカートに変貌した僕のワニ君ですが、わりとすぐにコツを掴めたので、頑張って走った結果、変更したキャブレーションは狙い通りで、低速から高速まで良い感じです。

セットが上向いたのを確認できたところで車検場に戻りました。ピットに戻って、よくよくカートを見ると、やはり損傷が激しくて、その割りにはタイムも上位陣のコンマ5~6落ちで、元気な状態で決勝を走れればと強く思いました。

しかし、このクラッシュで誰にもペナルティが出ない鈴鹿は本当にダメダメですね。スタートのコリドー違反しかペナルティを課さないんだからまったく意味不明です。誰かが大怪我しないと変わらないんですかね。

それと、何であんなクラッシュが起きるんでしょう?スタート直後の1~2コーナーは危険な場所です。そこにまったくマージンを持たずに他人にぶつけながらでも順位を上げようとするドライバーが多すぎます。

誰にも当たらずに、そして他人のラインを残す技術をみんなが持って欲しいですね。まぁ技術よりも頭の中ですかね。レース中のテンションのコントロールが出来ないと、いつまでもすぐにぶつける危険なドライバーのままです。

あー、しかし、つまらないレースでした。唯一の収穫は決勝のセットが良い方向に向いたことです。貴重なレース路面でのデータが取れました。次に繋げて行きたいと思います。

今回は。。。

今日の鈴鹿は完全に夏でした。自分の走行時間は走っているので大丈夫ですが、ヤスダ君の走行時間は、コンクリートウオールで、彼の走りをチェックしていますので、日焼けが厳しいです。こうしていつもの黒いボス猿が出来上がる訳です。

今日の状況ですが、僕は正直、かなり厳しいです。参加台数が多い事と晴天が続いている事、そして路面温度が高い事で路面に載っているラバーの影響が大きいです。どうにもシャーシが決まらないので、エンジンのテストも信憑性がないですし、ともかく乗りづらいです。

きっと他のみんなも同じかもしれませんが、上位陣はやはりきちんとタイムを出していますので、僕ももっと仕上げなければ、デビ2に行く事になりそうです。

明日は今日の走行後に思い付いた仕様を試す予定です。当然、外れる可能性も大きいですが、現状が良くない以上は、やれる事はトライしたいと思います。

うーん、少しは上向いてくれないと、体力が持ちません。乗りにくいカートに乗っていると疲れも倍増です。最低限、決勝の周回を走りきれるようにしたいと思います。

ヤスダ君も難しい路面に悩まされています。夕食を食べながら今回のような路面の攻略ポイントを説明しましたが、簡単ではありません。若い吸収力に期待したいと思います。

明日も晴天のようです。どうなることやら。。。

鈴鹿第3戦

今週末は鈴鹿です。今回は僕とケンタとヤスダ君が出場する予定でしたが、ケンタが仕事で欠場したので、僕とヤスダ君の二人です。

最近、瑞浪の練習日にはとても速く走れているのですが、レース日にはトーンダウンしています。これをレース日にも持続させたいと思っていますが、鈴鹿に関しては練習日もレース日も、どちらももう一歩の仕上がりにしか辿り着けていないので、そろそろ良いところを探り当てたいと思います。

今回の鈴鹿のMAXクラスは参加台数が55台です。この台数だとデビジョン制が適用されるので敗者復活戦が無くて、予選の結果でそのままデビ1とデビ2に分けられます。予選で接触とかすると、そのままデビ2行きとなってしまうので、なんとか当たらずに生き残りたいと思います。

そんな訳で、デビ1に進出するためにはやはりタイトラが重要です。しかし、タイトラはなかなか決まりませんね。単独でのアタックを選択しても、ピットアウトしてくるドライバーがいたり、スローダウンしているドライバーがいたりします。

上位タイムを狙うとなると誰かのスリップに付きたいところですが、そうなるとますます難しいです。速いと思っていたドライバーが思いの外スピードに乗ってなくて詰まってしまったりすると単独の方がよっぽど良かった!って事になったりします。

そんなことから、昔ながらの1周タイトラが良いですね。時間的な問題で難しいと思いますが、1周タイトラの頃はスリップを使う事は出来なかったし、誰かに詰まるって事もまず無かったですので、本当にドライバーの実力が試されました。

1周で出来るだけタイヤを温めて、キャブレーションも合わせる。アタックに入ってからは、タイヤの限界を探りながら、ギリギリのプッシュをする。スキルもさることながらメンタルも大いに試されたのが1周タイトラでした。

この1周タイトラの技術はレースがスタートしてからの序盤のタイムアップにも応用が出来て、タイトラが速いドライバーはレースでも、冷えているタイヤで序盤に凄いタイムで逃げて行きます。今でも1周タイトラの経験者はアウトラップが速いのではないでしょうか。

そう言えば1周タイトラの経験者っていったい、いくつぐらいなんだろう?

5分タイトラが始まった最初のコースは確かつま恋でした。何故、5分タイトラが採用されたのかと言うと、つま恋は当時、危険な接触が多くて、1周タイトラだと、速いドライバーがタイトラで失敗すると後方からの追い上げとなります。

本来は速いので前を走るドライバーを抜いて行く事になるのですが、そうなると接触の危険が増える。だから5分タイトラにすれば、ほぼほぼ速い順に並ぶので、後ろのドライバーが抜いて上がるシーンが減る。そんな説明を受けたのを覚えています。

当時の僕は「なんじゃ、そりゃ!」って感じでした。速いもん順に並べて、パッシングが起きないようにするって、もうレースじゃないじゃん!ってところです。

それから月日は流れて、時間的に短縮も出来る5分タイトラが全国的に広がって、現在に至ります。

時代は流れて行って、色々なものが変わって行きますね。時代が違うって言えば、先日、速くて有名なジュニアドライバー君が、押し掛けカートに乗ろうとしていたのですが、上手く行かない様子です。どうやら押し掛けは経験が無いようです。あれだけ速くて結果も出してきたドライバー君が押し掛けが出来ないのはなんとも奇妙な光景でした。これも時代の違いなんでしょうね。

僕がカートに乗り始めた頃はもちろん押し掛けでした。KTエンジンなどは押し掛けも楽チンでしたが、全日本のエンジンみたいにハイスペックエンジンになると押し掛けも、とても難しくて、一発で掛けられないとすぐにカブってしまってスタート出来なかったりしました。なので押し掛けを補佐してくれる押し屋さんと二人で掛けるのが多かったですね。それでもやはり押し掛けにも技術があって、押し掛けの時に適切なアクセル開度と適切なキャブレーション。それを音と感覚で合わせると、ひと転がりでエンジンが掛かります。これも最適な燃焼を感覚で合わせる立派な技術で、これが走行中のキャブレーションにも活きてきます。

そう言えば、ワールドカップのモテギの時に外人ドライバーは押し掛けの時に前のドライバーの押し屋さんをわざと跳ねている節があって、多くの日本人ドライバーの押し屋さんが跳ねられていました。これも技術と言わんばかりでしたが、押し屋を無くしたドライバーは一人ではエンジンを掛けられなくて、労せずして、ワンポジションアップとなる訳です。

その時の僕の押し屋さんは、チーム員の佐野くんだったのですが、モテギに到着後にすぐにぎっくり腰の軽いのをやってしまって、押し掛けもやっとこさって感じでした。

レースが始まって、グリッドで僕の後ろのドライバーの押し屋がレスラーのようなパワフルそうな大男で、怯えるような声で佐野くんが「ボス。。。ボスが押し掛けが上手いのは知ってますが、後ろの押し屋はハンパないっす。本当に頼みます!俺、轢かれたくないっす!」なんて会話をしたのを覚えています。

押し掛けは、まだKTエンジンとかでは見られますが、それでもセル付きKTも増えました。1周タイトラはほぼ絶滅したかもしれません。

また、データロガーも普及したので、セットアップの方向性も見つけやすい。 昔は感覚が頼りって部分が多かった。でも、感覚が今よりも重要だったので、感じる力が養われたような気がします。

時代が流れて、昔よりも便利になった事も多いけど、昔なら自然に身に付いた感覚や技術が、自分の物にならなくなる。なんだか不思議な気持ちです。

じじいの僕は押し掛けも1周タイトラも経験して来ました。今回の鈴鹿に出てくるドライバーの多くは10代のドライバーなので、この辺りの経験値で対抗して行きたいと思います♪

でも。。。根本的な能力が落ちすぎていますが。。。

コメント一覧

ミッフー (05/12 07:28) 編集・削除

お疲れさまです。

押し掛けに1周タイトラ、懐かしいですね。
僕がカートに乗り始めた頃は、押してくれる人はいましたが、押し掛けヘルパー(握るとアクセルワイヤーを引っ張ってくれるレバー)などなく、エンジンを掛けるのに苦労した事や、タイヤをしっかり温める事が出来ず、下位に沈んでいたタイトラの事を思い出しました。

1周タイトラは、特に雨の日や寒い時などにタイヤの温め方次第で差が出ますよね。

そこで提案なんですが、時間の問題などがあると思いますが、いつか白糸レンタルで、1周タイトラをやってみるのも面白いかもしれませんね。
検討してみて下さい。

ちょっと話はそれましたが、今週末の鈴鹿、頑張って下さい。

元祖 伝説の男!! (05/12 20:35) 編集・削除

押し掛けだの1周タイトラだのって話になると、じじいが集いますね、ミッフーさん(笑)。まあ、僕もその一人ですが…。

押し掛けも、たしかに技術の一つで、マシンの右側から飛び乗ったほうが速やかにアクセルに足をのせる事が出来てよい、とかいろんな研究がなされました。たしか、ボス猿さんは右乗りスタイルでしたよね?

当時、体重が50キロなかった僕は、17キロくらいウェイトを積んでいて、押し掛けが大変でした。また、押し掛けヘルパートラブルというものも存在し、細心の注意を払っていたのを思い出しました。

そして1周タイトラの話ですが、タイトラ職人みたいなドライバーがいて、セカンドポジションのドライバーをコンマ2秒くらいぶっちぎってのポール獲得という事がありました。また、そういうドライバーは、タイトラタイムが決勝日の自己ベストタイムだったりしましたね。

こんな話で一泊二日くらいいけますが、これくらいにしますね。今週末は、ヤスダ君のメカとして鈴鹿選手権に参加します。応援お願いしますね!

ボス猿 (05/13 18:12) 編集・削除

本当に昔の話題を出すと、じじいの反応が良いね。

白糸レンタルレースで1周タイトラ?面白そうだけど、時間がなぁ。でも、やってみたい気もするね。

1周タイトラやったら、レーシング組のトレーニングにはなるね。検討します❗