記事一覧

瑞浪SLシリーズ第3戦

今日から瑞浪です。

午前中は何とかドライで走れましたが、午後には雨になって、その後は雨練習です。

明日の予報も雨なので、良いテストが出来ました。

予報では終日、雨となっていますが、レインでも、ドライでも、状況に追い付いていきたいと思います。

今回も僕とヘルプのタッキーは、朝から大忙しです。しかし、午後にはトラブルも出尽くして、何とか無事に前日練習を終えることが出来ました。明日もこの調子でトラブルなく乗りきりたいと思います。最後まで集中!です!

まだまだです。

昨日は鈴鹿に行ってきました。メンバーは僕とナオさんにヤスダ君とマコちゃんです。

次の鈴鹿の参加メンバーです。

梅雨時ですが、天候に恵まれて路面は悪かったですが、良いテストが出来ました。

KT組のみんなは各自がもう一歩って感じでレースウイークにしっかりと仕上げて行きたいと思います。

僕はMAXエンジンのテストがメインで、色々と変更した結果、新たに解った事もありました。これは進歩ですが、解決策が無ければ意味がないので、来週末の鈴鹿までに対策を考えたいと思います。

しかし、MAXエンジン。次から次へと問題が持ち上がって、なかなかまともに走れません。もっと精進して、どんな状況になってもすぐに答えを導き出せるようになりたいと思います。

さて、今週末は瑞浪シリーズです。今回の参加台数は9台です。また忙しくなりそうです。頑張るぞー!

7月も忙しい!

最近、忙しさを理由にブログの更新も怠りがちでしたが、本当に一日があっという間に過ぎていってしまっています。

今週末から連続で遠征かレースになっていますが、今週末は鈴鹿に練習走行です。来週は瑞浪のSLレースですし、その次は鈴鹿シリーズです。その翌週が白糸シリーズで、その次が瑞浪MAXシリーズです。

途中に平日ですが、瑞浪ツアーも組まれているので、ますます予定はパンパンです。

おかげさまで体調は良いので、何とか乗りきれると思うのですが、体調管理を万全にして、ベストを尽くしたいと思います。

明日ももちろんパンパンです!

有益に。。。

明日は瑞浪に行きます。参加メンバーがそこそこ増えたので、予定を変更して、僕はKTエンジンとアバンティを持って、SLタイヤで走る予定です。

本当はMAXエンジンのテストをするつもりだったのですが、次の瑞浪よりも先に、鈴鹿のレースがある事と、瑞浪SLシリーズがもうすぐそこまで来ているので、みんなのレベルアップとテストを兼ねた形です。

マスダ君は悩みに悩んで、僕がマズダ君のカートに乗って、オンボード映像を撮るのを条件に、参加することになりました。(なんだそりゃ♪)

なかなか常に面倒な男ですが、現状をなんとかしたいと思っているようなので、協力したいと思います。(本当に面倒な男です♪)

チームの中で、僕の言うことを一番聞かない男ですが、(グレンブルー始まって以来の頑固頭の持ち主です♪)それでもグレンブルーに所属して、レースで結果を出したいらしいので、やはり見捨てる事も出来ません。少しでも彼のレベルアップの助けになる事があれば、実施して行きたいと思います。

レースを始めるとコストが掛かります。一回の練習をいかに有益にすごすかで、1年間で達成できるレベルアップにも違いが出てきます。この辺りは、なんとなく解かっていても、実際に有益な動きになっていない人も多いです。

有益な一日を過ごすために、カートドライバーはメカニック的な部分も一緒に勉強して行けると、レベルアップに繋がりやすいです。ジュニアの内から、極力、自分のカートの整備やセットアップの変更を出来るようにして行けると良いと思います。

チームの中ではヤスダ君が、最初から自分でメカニックも頑張っていました。お父さんが海外赴任されていたので、それ以外の選択肢が無かったからですが、今では、ほとんどの事を自分で出来るようになっています。

グレンブルーでは、極力、プロメカニックさんの力を借りずに、お父さんやお母さん、そしてドライバー本人が頑張って、メカニカル的な事もこなしています。

先日のレースで、キクチ君親子にも、メカニカル的な部分のレベルアップの重要性を、ご説明しましたが、短い時間で作業を終えることが出来るかどうかは、レース結果をも左右することになりうるので、お休みの日に、カートをばらして、また組んで、その作業時間を計測して、確実な作業をしても、スピードがあるようなところまで、頑張ってもらいたいと思います。(これはお金が掛からないトレーニングです♪)

レースはお金が掛かります。でも、もっと有益な動きが常日頃から出来ると、少ない費用、少ない練習時間で、最大の成果を上げる事が出来ると思います。

「誰々君は、いくつものシリーズを追いかけていて、毎週のようにレースか練習で走っているのだから速くて当たり前。」と、ぼやいていても、そのライバル君と対戦する事が避けられないのであれば、自分たちに出来る事を模索して行くしかありません。出来る努力を全て頑張っても、届かない事も多いと思いますが、出来る努力を惜しんでいては、届くはずもありません。

そんな訳で、僕のドライバーとしての賞味期限ももう長くないので、今のうちに、みんなの役に立ちたいと思います。明日は天気も良さそうなので、充実した練習日にしたいと思います。

瑞浪SL決勝日

昨日は瑞浪SLシリーズ第2戦がありました。今回も天気予報は悪かったのですが、またしても気持ち良いくらい外れて、快晴の中での開催になりました。

まず、ジュニアクラスの4人ですが、比較的に好調なマヒト君とユウキ君に対して、オオモリ君とリヒト君はもう一歩、タイムが上がらないまま決勝日を迎える事となりました。

公式練習では、マヒト君が2位のユウキ君が3位でしたが、タイトラでは二人とも、トラフィックに引っかかって、ユウキ君が5位でマヒト君が8位です。リヒト君は11位でオオモリ君が12位です。

オオモリ君とリヒト君は予選までに、少しでもタイムアップが出来るようにセットを模索します。

予選ヒートでは、ユウキ君が4位でマヒト君が6位まで順位を回復します。タイム的にはトップと遜色なく走れているので、決勝での挽回を期待したいところです。

オオモリ君とリヒト君は、予選でも事態は好転せずに、11位、12位のままです。

そして決勝がスタートして、オープニングラップで2位に立つユウキ君です。そのままトップの背後に付いて、インを伺いますが、飛び込めるポイントは少なくて、やがて3位の選手とのバトルにもなって、トップは逃げていきます。

今回は後半にタイム落ちをしてしまう現象に、有効な対応策が見つけられずに、決勝も後半で思うようにタイムが上がらずに遂に3位に落ちてしまいます。

その後は踏ん張って、そのままの順位でフィニッシュです。

マヒト君も4位まで追い上げました。タイムも優勝のドライバーとほぼ同タイムで走れていましたので、次回はタイトラで良いアタックを完結させて、上位スタートを目指して欲しいと思います。

不調を引きずる形のオオモリ君とリヒト君は決勝でもパフォーマンスの向上は見られずに、オオモリ君が10位でリヒト君が11位でした。次回のレースまでに色々とテストが出来れば良いなと思います。

次に、マスダ君とキクチ君の二人ですが、タイトラから厳しい状況です。マスダ君が7位でキクチ君が6位です。タイム差は大きくはありませんが、見た限りではタイム差以上に厳しい感じです。

予選ヒートですが、マスダ君が6位でキクチ君が7位と二人の順位が入れ替わっただけで、思ったとおりにトップグループに付いていけません。

決勝までにセット変更をしますが、大きな変化は見られずに、キクチ君が6位でマスダ君が7位です。

キクチ君はこれが2レース目なので、仕方の無いところかもしれませんが、マスダ君は昨年のチャンピオンなので、次回までにしっかりとテストをする時間を作って、リベンジして欲しいと思います。

ヤマシタさんとサワダ君のKTエンジンコンビですが、まずサワダ君は公式練習こそ13位と中段にいたのですが、タイトラでは20位と重たい路面で上手に走れていない感じです。

ヤマシタさんは非常に僅差の中で、タイトラは11位です。

予選ヒートが始まって、サワダ君は16位でフィニッシュで、ヤマシタさんは12位です。

そして決勝です。サワダ君は予選までの状況から、キャブレーションの変更をしてグリッドに付きましたが、オープニングラップのヘアピンで多重クラッシュに巻き込まれて、その場でリタイヤとなってしまいました。中段からのスタートは危険が一杯です。

ヤマシタさんの決勝はスタートで最後尾まで落ちたところで追い上げ開始で、クラッシュやコースアウトで危ないシーンが続出する中で、上手く避けて、終盤には5位まで上がってきます。

そのままの順位でフィニッシュすれば、久しぶりの入賞か?と思いましたが、2コーナーで飛び出して、そのままリタイヤになりました。際どい瞬間を上手く切り抜けていたので惜しい結果となりました。次回のレースに期待したいと思います。

瑞浪シリーズはまだ開幕2レースが消化しただけなので、これからも頑張ってテストをする時間を捻出して、上位入賞を目指したいと思います。

コメント一覧

海父 (06/03 22:27) 編集・削除

瑞浪SLシリーズ参戦の皆様及びボス猿、お疲れ様でした。

ユウキ君、表彰おめでとう!!

今回も多くの事を学ぶ事が出来ました、有る程度走れる事がわかり
自信にもなりましたが、上位で戦うためにはまだまだ足りない事が
多く有ります。

次回は決勝に向けてのプロセスを持って挑みたいと思いますので
よろしくお願い致します。

ボス猿 (06/04 19:47) 編集・削除

海父さん、瑞浪お疲れ様でした。カートに乗り始めたばかりの頃は、まずはタイムアップを目指しますが、レースを始めるとレースが始まる以前の準備の段階が大事だったり、前日のテストが大事だったりと、タイム以外の部分が重要だったりします。

レースはお金が掛かるので、沢山練習したり、毎週のようにレースに出場したりするのは大変です。でも、自分のカートのメンテナンスをしっかりする事で、貴重な練習走行の時に、トラブルで時間を失うことなく走れます。こんなことも実際にレースに出始めて見ないと解らない事です。

この他にもまだまだレースを効率よく戦うために出来ること、しなければならないことが沢山あります。その辺りをしっかりと計画的に進めて行かないと、自分が目指すポジションにたどり着けないでレースから去らなければならなくなってしまいます。

限られた時間とお金をどれだけ有効に使うのかで、結果は大きく違って来ます。キクチ君のレースはこれからです。可能な限り効率よく伸びていって欲しいと思います。

瑞浪SLシリーズ

今日から瑞浪です。今回はチームから8台が参戦します。今日の瑞浪はとても暑くて路面温度も非常に高く、なかなか難しい1日でした。

路面も重いこともあってタイムは厳しいですが、それはみんなが同じ条件なので、その中でいかに上手く走らせるかで、大きな差が出たりします。明日も暑いと思うので、しっかりと状況に追い付いて行きたいと思います。ガンバロー!

噛み合わない週末

先週末はスズカ選手権がありました。チームからは僕とマスダ君、それに当日入りの強行軍で参加したヤスダ君の3人が参戦しました。

まずヤスダ君ですが、現状として、シャーシーの状態が思わしくなく、厳しい状況が続いていますが、今年は受験生と言う事もあり、まったくレースをしないよりは、体を慣らす程度に参戦するスタンスであるために、厳しい状況のままの参戦です。さらに今回は当日入りのぶっつけ本番なので、公式5分のタイトラ5分で、そこそこのキャブレーションとそこそこのシャーシセット模索しなければ、なりません。

しかし、意外にそこそこでは走れました。タイトラはA組の20位です。トップとは1秒のビハインドです。予選までに考えられるセット変更を施してグリッドに着きます。

20番スタートのヤスダ君は、なんとか14位まで上がらないと、敗者復活戦行きとなってしまいます。

予選がスタートして、緊張からか、バットスタートのヤスダ君は2コーナーを立ち上がって来た時には、最後尾に落ちていましたが、そこから徐々に抜いて上がって、ファイナルラップを15位で通過します。

見守る僕たちは「あと1台!」と応援にも力が入ります。

自分の順位が解っていたのかは分かりませんが、なんとかヘアピンで抜いて14位に上がって、フィニッシュラインを通過することが出来ました。

予選のラップタイムはトップグループのコンマ3秒落ちまで詰めることが出来ました。これは彼のシャーシーの状態を考えると、かなり頑張ったタイムと思われます。

そして、決勝ですが、今度も超が付くバットスタートでまたしても最後尾です。その後、少しずつ抜いて上がりましたが、重くなった決勝の路面では、よい状況では走れなくて、結果は26位でした。

今回はキャブレーションが状況に合っていたので、なんとか食い下がれました。次回も細かくテストをして、少しでも上位を目指してほしいと思います。

次にマスダ君ですが、決勝用のエンジンを土曜日に失って、2番基でのレースになってしまいます。

その2番基もライフ的に、かなりいっぱいいっぱいでスピードがありません。

彼もまた、厳しい状況での参戦になってしまいましたが、これもレースですので、与えられた環境で頑張るしかありません。

まずは、タイトラです。エントリー台数33台ですので、タイトラは重要です。しかし、いきなり躓いて26位です。

予選も振るわずに、23位フィニッシュと、なかなか上位進出は厳しそうです。

そして、決勝ですが、基本的に持ちタイムが悪すぎて、良い状況では走れることはなく、20位で終了です。

今回は、コース入りの段階から、予定が二転三転して、悪い方向への選択が重なって、その悪い流れを断ち切れないままレースが終了してしまった感じです。次回の教訓にして欲しいと思います。

最後に僕ですが、今年の僕を苦しめていた新型EVOエンジンのパーツに不具合がある事が確定したらしく、今回のスズカから暫定処置として旧型パーツが使用可能となったので、ひとまずは、ヤバい症状からは解放されました。

その甲斐あって週末を通じて、タイム的には上位の速い若手に、大きく離されることなく、走れていました。

しかし、新型パーツで今まで走っていたこともあって、タイムはまずまずでも、レースで必要な戦闘力では、一歩も二歩も足りない感じです。

これを、なんとかしたいと思いつくセットを試しましたが、どれも決まらずに、結局は、「もう一歩セッティング」でレースに臨むことになりました。

タイトラが始まって、コースインと共に、シャーシー的に厳しい事が解り、フロントタイヤの摩耗を意識して、早々にピットに戻りました。

僕のアタックが完結した時には、トップとコンマ2秒程だったので、なんとかシングルグリッドは確保出来たと思い、予選、決勝のために、ピットに戻ったのですが、意外なことに、タイム差は僅かで、コンマ1秒に大勢が犇めいていて、僕のグリッドは14位になってしまいます。

ちょっと予想外でしたが、シャーシーの方向性は見えたので、良さそうなセットで予選に向かいます。

しかし、オープニングラップのS字で、後方のドライバーに追突されて、スピンを喫して、最後尾まで落ちてしまいます。

その後また、抜いて上がりましたが、18位までで終了です。

思っていた通りに単独でのタイムは遅くなくて、スタート位置さえ悪くなければ、トップ争いに加われるタイムです。

決勝に向けて、ポジションも悪いこともあり、シャーシーセットで少しテスト的な事を施して、グリッドに着きます。

そして、決勝がスタートして、今度は2コーナーで、前の接触を避けて、またしても最後尾です。

そこからまた抜いて上がりましたが、今度は最終コーナーで激しく追突されて、今日、何度目かの最後尾に逆戻りです。

最後は、また少し抜いて、結局は20位でフィニッシュです。

テストと思って施した仕様は、ちょっとやりすぎて、序盤が苦し過ぎました。マッドクロックで、初めてのスズカだったので、データ取りと思って、今回は色々と試しました。良い勉強になりました。

しかし、鈴鹿は相変わらずに接触をしても、何もお咎めなしです。参加者のモラルの問題でもありますが、やはり危険な行為にはペナルティを課さなければ、参加者の安全は確保出来ないと思います。

今回も、怪我をしたドライバーさんがいたようですが、平均アベレージが高いスズカサーキットなので、大きな事故を未然に防ぐ意味でも、毅然とした対応で、ジャッジしてもらいたいと思います。

あとは、参加するドライバーが意識を高くもって、接触や事故のないレースを全員が目指してほしいと思います。周りのドライバーから「あいつ、いつも危ないことをするよな。」とか「あんなヤツ出なければ良いのにな。」等、思われているとしたら、悲しいはずなので、周囲のドライバーに一目置いてもらえるような、クリーンなドライバーを目指してほしいと思います。

しかし、5月のレースはしょぼかった、決定的にダメダメなレースではなくて、状況がちょっと違えば、全然違った結果になったと思うので、物事が噛み合わないと、こんなにも結果が悪くなるんだなと、改めて思いました。次のレースまでにしっかりとテストをして、どんな状況でも、対応出来るようにして行きたいと思います。

今週末は瑞浪SLシリーズです。5月最後のレースなので、終わり良ければ。。。になるように頑張って欲しいと思います。

コメント一覧

ヤスダ (05/28 16:57) 編集・削除

お疲れさまでした。

今回、当日入りで厳しい状況でしたが色々とサポート頂き、本当にありがとうございました。
予選、決勝共にスタートが決められなかったことが悔しいです。
そしてまた、予選落ちギリギリのラインを走っていたので次戦は余裕で予選を通過できるように頑張ります!。
次戦も宜しくお願いいたします。

ボス猿 (05/28 21:36) 編集・削除

ヤスダ君、鈴鹿お疲れ様でした。前日の夜に修学旅行から帰ってきて、そのまま鈴鹿に向かってくるという強行軍でしたが、それなりにレースを楽しめたようで良かったです。

今年は色々と厳しい状況での参戦ですが、レースに出れば学べることも多くあると思います。来年は無事に志望校に合格して、楽しい高校生活と楽しいレースの両方を満喫出来ると良いですね。何事にも全力でガンバレ!

うーん、なんとかしたい。。。

今日も鈴鹿です。今日はとてもタイトなクラス分けで、走行枠は10分間が4回です。今日からみんなフレッシュタイヤを装着してレースシュミレーションを行っていますが、僕はユーズドのまま走りました。

例の症状は完全に消せたのですが、新型パーツを利用しているドライバーの中には、症状も出ないしスピードもあるって人がいて、彼等は旧型パーツで症状を消した僕より中間加速に優れているようです。

せっかく症状が消せてもスピードが伴わないと、やはり厳しいので4回しかない走行枠の2回を使って往生際悪く、新型パーツの良いところを探しましたが、新型パーツを装着すると、面白いくらいに症状が出ます。相変わらず僕にだけ出るのが不思議ですが、速くて症状も出ないドライバーさん達とは何処かに違いがあるんだと思います。

さらに瑞浪では問題なかった僕のニューシャーシーも鈴鹿では今一歩で、こちらももう少し何とかしなければと思っています。旧型パーツを使用することでヤバイ症状は完全に消せたので、EVOエンジンに旧型パーツの組み合わせの美味しいところを、早く導きだしたいと思います。

でも、明日の前半は雨予報です。ある意味チャンスかもしれませんが、決勝がドライになるのなら、タイトラ、予選を使ってテストの時間が欲しいところです。

旧型パーツの使用が認められても、すぐに良いパフォーマンスを発揮できるとは思っていなかったので、ある意味予想通りです。取り合えず、症状が消えたので一歩前進です。

明日はさらにもう一歩前進して、パフォーマンスの向上に努めたいと思います。

さて、マスダ君ですが、まだまだ鈴鹿で良い状況に辿り着いていません。今日の4回では特に進歩するところまで行かずに終了です。もう少し練習時間を取ってしっかりと走り込んでパフォーマンスを上げないと、今のポジションから上がるのは厳しい感じです。

明日は彼も試練のレースになると思いますが、頑張って現状から抜け出して欲しいと思います。みなさん!明日のミラクルに期待して下さーい♪

やはり違います♪

今日から鈴鹿です。予定されていた走行枠は少なかったのですが、走行希望者がそんなに多くなかったのでクラス分けが緩和されて、当初の予定の倍の時間を走ることが出来ました。

これはラッキー!とばかりに若手に混じってじじいも頑張って走りました。まずは旧型のパーツが解禁になって、これで本当に僕を苦しめていたトラブルが顔を出さないのかが心配でしたが、まったく問題ありません。

タイム的にも体感的にも、あれだけ厳しい状況だったのが嘘みたいに普通に走ります。これで上位のドライバーとは基本的にタイム差はあまり感じられません。

今日も決して絶好調って訳ではありませんでしたが、その割りにはそんなに離される事もなく走れました。明日はもう少し煮詰めて、決勝で高いパフォーマンスが発揮できるようにしたいと思います。

こんな時にしっかりと結果を出しておかなければならないと思うので、メカニカルトラブルや接触に気を付けて、良い状況で決勝ヒートを走りきりたいと思います。

そんな訳で、明日も最善を尽くして、しっかりとテストをこなしたいと思います。頑張ります!

白糸レンタルシリーズ第3戦

先週末の白糸レンタルシリーズは気持ちの良い晴天の中で行うことが出来ました。

今回は耐久に8チーム、スプリント55とスプリント70に各10台が参戦してくれました。

まず耐久ですが、今回も最後まで同一周回で3チームが争う激戦になりました。そしてその激戦を制したのがショウとヤスダ君が組んだ「もう高校生」でした。2位に「桃園」さんで3位に「まだ俺」さんが入りました。

この結果、現段階でのシリーズリーダーは「桃園」さんで、2位に「まだ俺」さん、3位に今回は欠場となった「バンディーニ」です。

お馴染みのチームが続いていますが、注目はシリーズ4位の「Lazo」さんで、新しいチームですが、マメに練習にも来てくれて、着実に実力を上げてきているので最終戦の頃には優勝争いの中心にいるかもしれません。

さて、スプリントですが、55キロクラスはヤスダ君が制しました。予選、決勝とキクチ君とのバトルになりましたが、決勝はライバルから抜け出して、見事に優勝となりました。2位にキクチ君、3位にリヒト君がファイナルラップにマヒト君を抜いて、表彰台の一角をもぎ取りました。

この結果、シリーズリーダーに立ったのが昨年のチャンピオン、キクチ君で2位にリヒト君、3位にマヒト君と稲葉ブラザーズが続きます。今回優勝のヤスダ君は開幕戦を欠場している事と、前回のレースが4位だったので、シリーズも4位です。昨年もキクチ君と最後の最後までチャンピオンを争っただけに、実力はあります。後半戦の巻き返しに期待したいと思います。

スプリント70クラスですが、優勝は今回もケンタです。ケンタに関しては実力的にちょっと抜け出てしまっているので、多少の事ではひっくり返せない感じです。2位にはミッフーが入りました。最近のミッフーは大きなミスが減っているので着実に上位を走り続けています。

3位はハラグチ父が入りました。なかなかの熱い走りを披露してくれて、場内を沸かしてくれました。次回以降も大いに期待したいと思います。

これにより70クラスのランキングですが、シリーズリーダーがケンタで2位にミッフー、3位にリョウタ君です。

今回も楽しいレースが沢山見れました。白糸レンタルシリーズはグレンブルーRTに所属しているドライバーが多く参戦しています。彼等はレーシングカートのレースにも出ていますが、修行の一環として参戦しています。

今回も随所で彼等の成長が伺えるシーンを観ることが出来ました。例えばヤスダ君ですが、彼はスプリントの予選でトップを走っていて、キクチ君の追撃を受けていました。そして遂に1コーナーで並ばれるのですが、若干ですが、並び方が不完全で、「ガッチリと閉めれば、なんとかなるか?」なんて事も頭には浮かんだかもしれません。でも、キクチ君もあの位置まで並んだからには引くことは困難で、ヤスダ君が閉めれば接触は避けられないシーンだったと思います。

誰でもトップを明け渡したくはありません。でも、接触して後方に沈むのは無しなので、予選って事もあり、彼はラインをキクチ君に残してクリーンに2位に落ちました。さらにそのままアウトに残りそうなポジションでしたが、意識的に急いで下がり、3位を走るユウマ君が繋がってインに飛び込んでこようとしていたのを阻止しました。あのままアウトに残っていたら一気に3位に落ちていたところでした。

こんな風に白糸レンタルでも十分にレースのお勉強が出来ています。

70クラスのケンタですが、彼はどんなカートに乗っても上位を走ります。白糸レンタルは僕が極力、個体差を無くしていますが、それでもどうしてもコンマ数秒は差があると思います。それを最後に調整しているのがタイヤです。

速い車両はその分、タイヤは厳しい物を装着しています。だから、前を走るカートにコーナーで追い付いて直線で離されると、すぐに「○○号車は」エンジンが遅い!」とかって話になりますが、ケンタ辺りはそれでも、その車両の強みのインフィールドセクションで抜いて、上位を走れる訳です。

レーシングのレースでも、同じことが言えます。トップスピードが速ければピックアップが厳しかったりしますし、逆もあります。そもそも、完璧な状態で決勝のグリッドに付いているドライバーがどれだけいるのかを考えると、各自が足りない部分を足りている部分で補って戦っているはずです。

白糸レンタルはレーシングのレースを主戦場にしているドライバーには良い修行の場になっていると思いますし、白糸レンタルそのものでも十分に楽しめていると思います。

色々な人が楽しめてためになるレースとしてこれからも頑張って運営していきたいと思います。

さて、今週末は鈴鹿です。ヤスダ君とマスダ君、それに僕も参戦します。ヤスダ君は土曜日まで修学旅行なので、日曜日入りの強行軍です。さらに彼のクラスは45台のエントリー台数でバリバリに予選落ちがあります。皆さん!応援よろしくねー♪

コメント一覧

ハラグチ父 (05/20 22:43) 編集・削除

白糸レンタルシリーズ第3戦にご参加の皆さん
お疲れ様でした。今回は70キロスプリントで、たくさんの偶然な条件が重なって…重なりまくって、まさかの表彰台にたつことができて、とても嬉しい思い出になりました!
たぶん、2度とないかと…(笑)
自分からしたらほとんど偶然なながれで条件がそろっていった形でしたが、強いて自分なりの努力があったとしたら……
今回はちょっとだけ、身体を調整したことですね。その結果レース中に感じることや過去の経験からの頭の中に浮かぶイメージにすこしづつ反応できるようになっていた点かと思います。
よく、ドライビングは忘れてないよ!とか、走ればすぐに思い出す!って言葉がでてきますが……
個人的には、ドライビングテクニックを向上させていくためには、頭や知識にあった身体能力とそこに積み重ねた経験値…
それらを活かせるイメージ力とか創造力だとおもいます。
だれもが、いつもそれらのバランスのどこかが飛び出した利点をもっていて、バランスの足りてないところを探したり、気がついたりして速くて強くなっていくのかな?って思います。
若いドライバーは皆さん、常に自分の凸凹なバランスに悩んでチャレンジして、いつも成長していくので大好きです!
たまに、おじさんになっても知っていることが少しでもヤクに立ちそうなら…?
走りでチャレンジしてみたくなったりしますね(笑)
若いドライバーの前で(汗)
第4戦までにまた一歩、ヤクに立ちそうな何かを体現できそうなら、また走ってみたいかな?って思います^_^
あっそうそう。
最後にドライバーとしてあったら贅沢なのは勝ってあたり前になってもパッションですよね!
観てる人や応援してくれる人達にパッションのある走りやレースをみせる事だと思います。
ステップアップするほど、応援してくれる人に応える走りをみせることが大事だと思います。

いっぱんおじさんから現役カートレーシングドライバーまで一緒に走れる
白糸レンタルレースは勉強になりますね♪

海父 (05/20 23:56) 編集・削除

白糸レンタルシリーズ参戦の皆様、及びボス猿お疲れ様でした。

ヤスダ君、優勝おめでとう!!(●´∀`)ノ 完敗です。

ショウ君オンボード装着有難う、ヤスダ君の走りが見れて勉強に成ります。

いや~今回はポールだったので勉強の為に駆引きしてみれば~とか
遅くスタートしてみれば~なんて、私が悪知恵を与えてしまったので失敗
してしまいました。(´Д`。)
今回は7戦有るのでそろそろ勝っておかないと厳しいですね~

白糸レンタルシリーズは良い修行場になっております
又ケンタさんのような上手い人の走りやレースの組み立て方などをまじかで
見る事が出来るのは大変有り難いです。

あっ!!ハラグチ父、表彰おめでとう御座います
とても盛り上がりました~また楽しみが1つ増えました今後も期待してます。

ボス猿 (05/22 00:16) 編集・削除

ハラグチ父さん、海父さん、白糸レンタルお疲れ様でした。お二人とも、しっかりと楽しんでくれているようで良かったです。特にハラグチ父はユウマ君のレースを見つつ、ご自分も出場して表彰台まで登っているので、きっと間違いなく楽しい筈です(笑)

白糸レンタルはレーシングへのステップアッパーが多いのですが、それは通常のレンタルレースよりも、もうちょっとレースへの意識が高い人が集まってくれているからかもしれません。

白糸レンタルで皆さんに楽しんでもらいながら、もっとレースの世界に浸かりたい人には、レーシングカートのレースにもチャレンジしてもらえるようにバックアップしていければと思っています。

海父さんもハラグチ父に対抗して70クラスにエントリーしちゃいますか!きっと楽しいですよ♪