記事一覧

suzuka 決勝日

昨日の鈴鹿の速報を書きましたが、ナオさんの結果だけが抜けてしまっていました。決して忘れてしまいたかったわけではなくて、単純に僕が忘れただけです。すみません。

昔、速報ではなくて、しっかりと一日のみんなの事を書いたのですが、ニシ君のレース内容だけがすっぽりと抜け落ちた事がありました。決してわざとではありません。

さて、ナオさんの鈴鹿ですが、カートを変更してから初めての鈴鹿で、エンジンも新品のため、前日からなかなか良いタイムが出せません。タイトラも33台中の16位です。

予選で巻き返したいところですが、9位が精一杯で決勝でどこまで上がれるかがちょっと心配です。

決勝がスタートして、7位くらいまで来ますが、1コーナーでスリーワイドの一番イン側に飛び込んで接触、その後、隊列から大きく遅れて単独走行になって終了です。

決まっていないカートで上位に上がるためにリスキーなパッシングに行った結果が悪い方に転んだわけですが、もう一度キッチリと仕上げてリベンジして欲しいと思います。

そして、マコちゃんとミッフー、ヤマシタさんのクラスですが、タイトラでヤマシタさんが、スーパーラップを決めて、なんと3位を獲得します。オーバー60歳として、大満足のタイトラだったと思います。

マコちゃんが6位のミッフーが16位です。

予選で期待のヤマシタさんは、ローリングでエンジンがかぶり気味になってしまって大きく後退、その後接触もあって、16位まで順位を落としてしまいます。マコちゃんはトップまで上がりますが、バトルも激化して、最後は2位です。ミッフーは10位まで、上がります。

いよいよ決勝です。マコちゃんは予選同様にトップを走ったりもしますが、最後は重くなってしまった路面に仕様が合わずに、6位でゴールです。スピードがあっただけに惜しいレースでした。

ヤマシタさんは、怒涛の追い上げを掛けましたが、途中で接触して大きく後退、無念の23位フィニッシュです。

最後にミッフーですが、スタートもバッチリ決めて、8位まで順位を上げますが、そこからは上がる事が出来ずに、一度抜いたドライバーとバトルになり、最後は体力不足で後退して(僕と同年代ですからねぇ。。。)9位フィニッシュです。今回の鈴鹿は土曜日の段階から非常にズムーズに走れて、沢山のドライバーとバトルが出来る状態でレースに臨みました。鈴鹿の走行経験を考えると、かなり頑張った結果だったと思います。次のレースに期待したいと思います。

最後に僕ですが、タイトラでは決まってないながらもタイムは出せそうなのにアタックが引っかかり4位です。今回は34台フルグリッドなので、クリアラップを獲るのが難しいんです。

前回の鈴鹿も、タイム自体は悪くないのにアタックが決まらずに4位となんだか同じような展開で、ちょっと不安になります。

そして、予選です。スタートは無難に決めて、すぐにトップに立ちます。このまま逃げれるかと思えましたが、1コーナーのブレーキングでアクセルが戻らなくなって、そのままスピン!後続のドライバーが上手く避けてくれたので、シャーシーにダメージはなくて、再スタート後も2~3回くらいアクセルは戻らなくなりましたが、なんとか8位まで戻して終了です。

またしてもダメそうな流れに、一瞬は「こりゃ、今回もダメか?」と不安になりますが、アクセルが戻らなくなるトラブルは以前もあって、前回まで使用していたカートでは出なくなっていたので、忘れていたのが、今回のカートでシートポジションとかをどんどんと変更している間に、いつの間にか昔と同じように事になってしまっていました。

昨日の最終セクションで出なかったのが、大事なレースで出る辺りが僕のレースですが、過去を思い出して対策を施していると、何処かで僕のトラブルを聞きつけて親分がパドックまで来てくれました。「ボス猿さん~、これはなぁ、ここをこうしたらええねん。」と目から鱗のアドバイスを頂いて、「えっ?こんな事で解決?親分、昔から僕これ、物凄く悩んでいたのに?」とあっさりと解決した事に拍子抜けです。。でもこれで、「なんだか、今日はいけるかも?」と俄然やる気になります。

しかし、僕が歩いていると、「ボス猿さん~スピン見ましたよ~、トップで単独スピンはあきませんわ~」と沢山の人に言われました。

すれ違いざまに会釈してくれるような、あまり親しくない人の視線にも、なんだか、「ボス猿もいよいよ終わりか?単独スピンって!」って思われているような感じです。

極めつけは、レースアナウンサーさんにも話しかけられちゃって、アナウンサーさんは大変綺麗な女性なのですが、その方にも、「ボス猿さん、どうしちゃったんですか?」と「ボス猿終了説」を心配してくれる眼差しです。

「実はアクセルが。。。。」と説明はしましたが、なんだか、「そうですか。。。。お大事に。。。。」って感じです。

「これは、イカン!!なんとか決勝で快走して、ボス猿終了説を打ち破らなければ!」と強く思いました。

そして決勝です。鬼門のスタートで慎重に行きすぎて、9位に下がりますが、すぐに挽回開始です。徐々に抜いて行きます。いつもよりもより確実に抜いて、終盤にトップに立ちます。

残り2周ですが、2位の選手にヘアピンでかなり強引に仕掛けられて、後部に追突されてヒヤリとした以外は、特に危なげなくファイナルラップを迎え、2秒近く引き離してトップチェッカーを受ける事が出来ました。

今回の鈴鹿は、いつものように途中までは悪い流れの中にいたのですが、途中から流れが変わり、最後は上手く行きました。路面がとても重たかったのですが、重たい路面には走り方があって、そこで全日本時代の経験が役に立ったようです。

シャーシーの変更で最後まで苦しみましたが、結果は優勝と、ベストな状態で、「今日勝てなければ、何時勝つの?」ってレースでダメだったりするのに、こんな時に勝てたりするのがレースの難しさです。

表彰式も終わり、片付けも終わって、みんなでコンビニで買い物していると、他のショップオーナーと会って、「ボス猿さん、おめでとうございます!でも、単独スピンはあきませんわ~」って、お前もかい!と強く思いましたが、笑顔は崩さずに、「アクセルがね。。。。」とこの日、何度目かの言い訳をするのでした。

こりゃ、「ボス猿終了説」、鈴鹿で僕のスピンを目撃した人達全員には説明しきれないので、このまま尾ひれが付いて、「ボス猿引退」ってなって行くかもしれません。(笑)

コメント一覧

とくさん 2013年04月29日(月)23時09分 編集・削除

今回は、おめでとうございます。

次回も、この良い流れを持って臨みましょう。

そして、次回も優勝で2連勝と行きましょう(^_^)v

ヤマシタ 2013年04月29日(月)23時40分 編集・削除

塚本さんには、ドンピシャなセッティングと速いエンジン・キャブレター、走り方の指示をありがとうございました。おかげをもちましてあり得ない世界まで行ってしまいました。

タイトラですが、ポジション取りは偶然とはいえこれ以上ないところに入ってしまいました。前方にマコちゃん、次に知らない選手、そして私。計測中のボードが出されて必至に走りましたが、前の選手との間隔が詰まりません。遅いのかなと思いながらアルファノを確認するとしっかりタイムは出ているものの、リーダーポードにゼッケン47の表示はありませんでした。このタイムでもだめかと思いながら車検場へ戻りました。車検場の出口で待っていてくれたかおりさんから3位と知らされました。"知らない選手"とは、いつもの私のポジションよりはるか前方でマコちゃんと表彰台を争っている超速い選手でした。ちなみにこの選手が今回のポールでした。

予選レース、決勝レースは気が抜けたショボイレースをしてしまいましたが、7月のレースまでには修正して結果を残せるようにします。

61歳になった今、ドライバーとしてもうだめかと思うことが何回かありましたが、まだ止められそうにありません。

ボス猿 2013年04月29日(月)23時55分 編集・削除

とくさん、コメントありがとう。今回も途中まではいつものダメな流れでしたが、親分が現れてくれた辺りから、良い流れになったような気がします。レースの流れって面白いね。次回も勝って連勝と行きたいですね。

ヤマシタさんもコメントを書いてくれました。

今回は僕のタイトラが先にあって、僕の状態をヤマシタさんにすぐに伝えて最終決定をしていましたが、タイトラは僕の仕様があまり良くなかったので、ヤマシタさんのタイトラ直前での変更が功を奏した形になりました。同じ日、同じ路面を走る僕との情報交換が有効に作用して良かったです。

でも、どんなにカートが速くても、それで上位のタイムが出せる訳ではありません。ヤマシタさんの努力がきちんとタイムに反映したからの結果ですので、これからも自信を持って頑張って下さい。次は予選も決勝も気を抜かずに最終リザルトでのミラクルを期待しています。まだまだこれからですよ♪

ミッフー 2013年04月30日(火)08時07分 編集・削除

ボス猿さん、優勝おめでとうございます。
そして、土曜のセット変更やエアーの数値等も教えてもらいありがとうございます。
かなりスムーズに走れる様になりました。

それからメカをやってくれた、元祖伝説の男さん、この場を借りて、ありがとうございます。

TT、予選と進んで、周りの人(テント内で)からシングル行けますよと言われて、9位フィニッシュ出来た事に嬉しく思っています。
が、後半、腕がバテ気味だった事とミスを連発していた事は
今後の反省点だと思っています。

次回、鈴鹿参戦する時は、ミスを連発しない様に頑張りま~す。

デコボコ兄弟の父 2013年04月30日(火)10時52分 編集・削除

監督、優勝おめでとうございます! また参戦された皆様も素晴らしいレースをありがとうございます。
直面した課題を、限られた時間の中で対処し、ベストを尽くす。本当に勉強になります。
息子達にも皆様の功績をお伝えし、ますます精進するよう伝えます。本当にお疲れさまです。

ボス猿 2013年04月30日(火)12時35分 編集・削除

ミッフー、お疲れ様でした。今回は練習の段階で、かなり期待が持てそうだったので、接触やメカトラが出なければ良いなと思っていました。鈴鹿のコースもだいぶ慣れたようですが、まだまだ決定的に走行時間が足りないと思います。一気に練習量を増やすのは金銭的に大変だと思うので、少しずつ練習して行きましょう。ヤマシタさんの年齢までには、かなりの練習が出来ます。ヤマシタさんの現在のパフォーマンスはチーム員全員が見習うべきところだと思うので、目指せヤマシタさんで頑張って下さい。

デコボコ兄弟の父さんも書き込みしてくれました。ありがとうございます。

レースはスピードに目が行きがちですが、デコボコ兄弟の父さんが仰るように、直面する問題にどう対処するかが重要です。

乗り易い仕様だったり、一発のタイムを狙ってしまうと、長い決勝レースの後半で失速してしまったりするので、序盤に苦しい仕様で自分がどこまで対応出来るかが大切ですし、それを見越した戦略も大事です。

モーターレーシングが単純ではないのは、この辺りが複雑に絡み合うからですが、ジュニアにとっては精神修養にもってこいです。より厳しい場に身を置く事で、メンタルの強いドライバーが誕生します。デコボコ兄弟君にも期待しています♪

セバスチャン 2013年04月30日(火)13時37分 編集・削除

参戦されたチーム員の皆様、神ラップやシングルなど好成績おめでとうございます。重ねてボス様今季初優勝おめでとうございます。
いつも夢や希望をありがとうございます。
ボス様はアクセルトラブルが解決できて何よりでしたね。鈴鹿ではグロージャン扱いのやばいドライバーになるところでしたね。次回速くてやばい、復活されてやばい、と期待しちゃいます。

ふーみん 2013年04月30日(火)16時06分 編集・削除

ボス猿さん優勝おめでとうございます!!
確かに予選のトップにたったあとの1コーナーは「!?・・・????」とびっくりしましたが、決勝はさすがの一言です!!次も応援してますよぉ~(^O^)/

ボス猿 2013年04月30日(火)21時02分 編集・削除

セバスチャンさんとフーミンさんからも書き込みがありました。いつもありがとうございます。

セバスチャンさんが書いてくれたように、次回もキッチリと速く走って、「ボス猿、ちょっと速すぎじゃね?」と同じクラスのドライバーに煙たがれるくらいまで頑張りたいですね。

そして、フーミンさん、同じく優勝おめでとうございます。次回もお互いに連勝目指して頑張りましょう!

元祖 伝説の男!! 2013年05月02日(木)00時27分 編集・削除

あらためて、優勝おめでとうございます!!
今頃は、もう聞き飽きた頃ではないでしょうか?(笑)
まるで、自分の事のようにうれしいです。

そして、白糸レンタルを代表して出場したミッフーさん、おつかれさまでした。ねっ、僕の言ったとおりになったでしょ?(笑)

ボス猿さんの激走や、ミッフーさんのガンバリを間近で見て、ここ一日二日、いろんな意味で悩んでいます。

僕の場合は、鈴鹿のコースを攻略する前に、家族を攻略する必要があるので…。
まあ、少しずつがんばっていきます。

ボス猿 2013年05月02日(木)11時05分 編集・削除

ヤマグチ君、鈴鹿ではお疲れ様でした。ミッフーと一緒に眠い目をこすりながら夜中に移動して、ほとんど一睡もしないでメカニックを頑張ってくれてありがとうね。

ヤマグチ君は今回はドライバーじゃなかったけど、みんなで遠征して、昔を思い出したんではないでしょうか。

ドライバーとしてレーシングカートのレースに復帰するのは、簡単ではないかもしれません。ミッフーも10年以上、ショップに顔を見せるたびに復活計画を練っていましたが、なかなか実現しませんでした。

何が復活のきっかけになったのはか解りませんが、彼もまた相当の頑張りで、復活したんだと思います。

ヤマグチ君も、色々とクリアしなければならない問題が沢山あると思いますが、一度しかない人生なので、是非、頑張って下さい。

ヤマシタさんも、年齢的な事をかなり気にしていて、ドライバーとしての賞味期限が切れない内にもっとレベルアップしたいと貪欲に思っているようです。

でも、ヤマシタさんのガッツがあれば、まだまだ行けそうですけどね。だって、今回のタイトラ、5キロ軽い10代のイケイケのSSクラスでも33台中の5番手くらいのタイムでした。まさにスーパーラップでしたね。

だから、ヤマグチ君も頭をひねって、そして奥様の肩でももみながら、ちょっとずつ攻略していって下さい♪