記事一覧

化けましたね~

昨日も瑞浪に行ってきました。白糸スピードランドがイベントで使えない時は遠征してでもみんなを走らせて上げたいと思っています。今回のメンバーはマスダ君にヤスダ君、稲葉兄弟にユウキ君、イワサキさんと僕です。

ヤスダ君と稲葉兄弟は瑞浪初挑戦です。

ユウキ君はTIAジュニアクラスに参戦する事になって、新車をシェイクダウンです。

僕は、先週のオイルのテストであまり良い物が無かったので、今回も違うオイルをテストします。

そのためのエンジンをフルオーバーホールして、万全の体制でしたが、症状は先週と同じで、「これは、もしかしてオイルじゃないかも?」と一気に不安になっちゃいました。

今週末の鈴鹿は、ご臨終してしまったシャーシーの替わりに、まったく違うレイアウトのシャーシーを使います。ちょっと前のモデルですが、まずまずな程度の中古シャーシーが眠っていたので、それを叩き起こしての参戦です。シャーシーもどんな感じか解らないので、せめてエンジンは速くて、壊れない仕様を探しておかないといけません。

本当にオイルじゃなかったら、またメカトラとか、劇的に遅いとかは勘弁して欲しいところです。

しかし、昨日もエンジン君のご機嫌は麗しくなく、良い感じとは言えません。シャーシーの件と合わせて、思いっきり不安材料てんこ盛りの鈴鹿ですが、テストでどんだけ良くても、レースで良くない事はしょっちゅうなので、なるようにしかならないと開き直る事にしました。レースは今週末なので、なんとか楽しみたいと思います。

さて、タイトルの「化けましたね~」はジュニア達の事です。

ヤスダ君と稲葉兄弟は、レーシングカートに乗り始めて間もないので、白糸でもまだまだ思いっきりはアクセルを踏めませんでした。

ところが初挑戦の瑞浪を、アクセル全開でみんなとても気持ち良さそうに走っていました。特にヤスダ君はマスダ君のタイムにかなり近づいていましたので、流石はジュニアって感じです。化けると一気にブレイクしちゃいますね。

さて、そんな中、マスダ君が遂にレーシングカートのレースに参戦する事になりました。レンタルカートのコースレコードホルダーの彼は、とにかくスピードセンスが抜群です。瑞浪もだいぶ攻略してきていますので、早くレーシングカートのレースに出て欲しいと思っていました。

レンタルカートからレーシングカートのレース参戦は、高い壁ですが、自分の可能性を試す意味でも、是非、沢山の人にチャレンジして欲しいですね。

ユウキ君とマスダ君のデビューレースは同じ頃になる予定です。今から楽しみですね。

コメント一覧

最速の男 2013年04月22日(月)21時10分 編集・削除

ボス猿さん、話が早~い(汗)
あの時は、勢いで口が勝手に・・・(~o~)
・・・と言っても、レースに出たい気持ちは高まる一方です。
さて、少~しずつ準備を進めるか!?

ボス猿 2013年04月22日(月)23時31分 編集・削除

あれあれ~?
一夜あけたらトーンダウンしちゃいました?でも、もう書いちゃいましたから、あとは頑張っちゃいましょう!慎重派のマスダ君は誰かに背中を押された方が飛び込みやすいでしょうから、思いっきり僕が押しちゃいました。

でも、過去を振り返って見て下さい。レンタルのレースに初参加した時も、瑞浪に初遠征した時も、僕が面白いって誘って、ハズレだった事は無かったと思いませんか?

今回もそうです。マスダ君のセンスなら間違いなくレーシングのレースに出ても思いっきり楽しめると思います。きっとマスダ君を知っている白糸レンタルレースのみんなもそう思ってるんじゃないでしょうか。

前にも話したかも知れませんが、僕が初めてカートレースに
出たときには、[あー、何でこんなに面白いものがあったのに、僕は知らなかったんだろう?誰か僕の周りに教えてくれる人が居てくれても良かったのに!」と強烈に思いました。

1日でも早く始めればそれだけ長く遊べます。僕みたいなのがまだレースから離れられないでいるんだから良い証拠です。

ユウキ君も同じ日にレーシングのレースにデビュー出来ると思ってるので頑張っちゃって下さいね♪

小4の母 2013年04月23日(火)06時40分 編集・削除

ボス猿さん瑞浪にご一緒させていただいた皆さんありがとうございました(^-^)/

まさかの2週連続アンドシェイクダウン!無事にできてよかったです。・・・アクセルペダルの部品が飛び去り、サイドカウルにタイヤ痕が!っていうのも厄除けと思ってありがたくそのままにする模様・・・(笑。
いつもみんなに見守ってもらえて、幸せな子だなと思います。

学校では話が合わないユウキもグレンブルーのジュニア君達とは本当に楽しそうで、修学旅行みたいにご飯を食べていて微笑ましかったです。

そして昨日も白糸で140週近く走って、ボス猿さんからのノルマもクリアできて一安心・・・という顔つきでした。
帰宅してからも疲れたとか眠いとか言わずにカートのメンテナンスをしていました。
また少し成長しているなと嬉しいです。

最速の男さんこれも何かの縁ですね。一緒にレースデビューできるなんて中々ない事ですからとても嬉しいです。ユウキはレース参戦が決まってから1週間でシェイクダウンです。これからもタイトなスケジュールになると思いますが仲間がいてくれたら尚更頑張れると思います。最速の男さんからしたらチビっこいチームメイトですが今後ともよろしくお願いします(^_−)−☆

すべては勢いとタイミング!私はマッサージの勉強でもしようかな( ´ ▽ ` )ノ

ボス猿 2013年04月23日(火)15時06分 編集・削除

小4の母さん、瑞浪遠征お疲れ様でした。

昨日のユウキ君は前日の疲れを感じさせない頑張りで、僕の出した課題をまたまたクリアしてしまいました。

僕のアドバイスがきちんと伝わる事が、とても不思議なのですが、僕の言葉と身振りで伝えたい内容のほとんどを理解してくれているようです。

この能力はこれからのレースでとても有効です。

誰でも沢山走り込めば、良いタイムはやがて出るでしょう。でも短い時間でトップレベルのタイムを出すとなると、本人の吸収力と共に、他からの視点で得られるアドバイスで走りの変更が出来る事が大事です。外から見ている第三者の助言が自分の力にプラスされて、仕上がるスピードは格段に上がります。

昨日も、ある程度のタイムで頭打ちしていたのですが、アドバイスを聞き入れてからは、面白いくらいタイムアップして僕が想定していたタイムよりも0,5秒ほどアップして終了しました。

次の瑞浪遠征までにエンジンを仕上げてしまえれば、いよいよ瑞浪に出場している上位陣とのタイム比較も出来ます。レースはタイムではないので、あくまでも参考にですが、タイムトライアルで良いタイムで走れれば、初めからレベルの高いドライバーのそばでレースが出来ます。レースの中で学べる内容が、上位を走るのと、下位を走るのとでは大きな違いになります。

お勉強する事は山のようにあるので、そんなに簡単にはとても行かないと思いますが、それでも期待を持ってレースに臨める事はレースで頑張るモチベーションを高く持ち続けられるので、とても良い事だと思います。

しかし、本当に難しいのはこれからです。今のところ、本当に順調過ぎるくらい順調ですが、怖いのは慢心してしまって、壁に当った時に挫けちゃわないかって事です。ユウキ君はまだまだ幼いので、あまりに順調過ぎると、壁に当った時に通常よりも凹んでしまって、壁の越え方が解らなくなってしまう不安があります。

挫折もまた、一流になるには必要な事なので、早めに壁に当るのも良いかもしれません。

まぁ、世に出るドライバーはどんな形でも世に出ると僕は思っています。ユウキ君の今後がとても楽しみです♪

安田 航 2013年04月23日(火)16時11分 編集・削除

瑞浪で走行できて本当に楽しかったです^ ^。
瑞浪での初の走行が雨で、ちょっと怖かったですが
午後はドライで体がついていけないくらいスピードを出せて超気持ち良かったです!

五月の初めには、父も帰ってくるので
その時にレーシングカートをねだってみようかと…笑
また、父が帰ってきたら白糸で走らせて下さ〜い!

またよろしくお願いします^ ^

ボス猿 2013年04月23日(火)19時58分 編集・削除

ヤスダ君は今回の瑞浪ブレイクの一人だよね。そうですか、瑞浪、楽しかったですか。楽しんでもらえて良かったです。

お父さんがレーシングカート挑戦を理解してくれると良いですね。でも、お父さんが理解してくれるかは、ヤスダ君の情熱次第だと思うので、自分が本当にレーシングカートに挑戦したいんだって事をきちんと伝える事が出来れば、もしかしたら応援してくれるかもしれません。

そして、もしレーシングカート挑戦を応援してくれる事になったら、ご両親に感謝の気持ちを忘れてはいけません。誰でも始められる訳ではないので、その有り難みが解る人間になって下さいね。

さて、お父さんが日本に帰ってきたら白糸で速くなった君を見てもらえるね。きっと喜んでくれると思うよ♪

小4の母 2013年04月23日(火)21時11分 編集・削除

ボス猿さんありがとうございます。
ユウキは順調なんですね。ありがたいことです。
本人も今のところ壁と感じる事はなかったようです。

慢心するという意味を説明したところ、そんなことにはならないと断言しました。本当に~?って思っちゃう所だったんですが、よく聞いてみると、常に自分と戦っているのでてっぺんがないっていう事みたいです。

どんなに速くてもうまいと褒めてもらっても、まだ先がある。
もちろん今は底辺ですから上を見たら限りない空みたいなもんです。

今の気持ちを持ち続けていれば腐らずに走り続ける事ができるかもしれませんね。

ボス猿 2013年04月23日(火)22時12分 編集・削除

小4の母さん、ユウキ君は本当に面白いですね。

小学4年生が自分と戦っているって発想を持っているってのが不思議です。

これからも常にその気持ちを持ち続けてもらいたいですね。

ジュニアドライバーがレース参戦して、上の世界を目指す時に、その過程で結果を求めるあまりに、人間としてこれで大丈夫なの?って思える行動をしているのをよく見かけます。

チームの方針なのか、親御さんの教育なのかは解りませんが、誰かを弾き飛ばしても自分が良ければそれで良しみたいなジュニアはその瞬間は、弾き飛ばしたジュニアよりも良いリザルトが得られても、将来的には大成するとは思えません。

夢破れて、他の道に進む事になった時に、そんな考え方では、どんな道でも一流にはなれません。後で苦労するのは、自分の可愛いお子さんなんだと言う事をもっと理解してほしいと思います。

グレンブルーでは、そんな戦法を良しとはしません。綺麗事だけでは一流になれないと思う親御さんもいるかもしれませんが、レギュレーションに抵触するようなエンジンや燃料も使いませんし、誰かを弾き飛ばしてでも自分が生き残る様な戦略もやらせません。

抜きに行く時は、そのパッシングでラップタイムが落ちないような完璧なパッシングも目指して欲しいですし、接触は厳禁です。カートでは軽い接触もフォーミュラーでは、ありえない接触になってしまいます。

走り方を含めて、常に上のカテゴリーで通用するような走り方をして欲しいと思っています。

目先の結果よりも先々の事に重点を置いていますので、つぐに結果が出ない場合もありますが、将来を掛けて自分をレベルアップさせたいのであれば、目先の結果に囚われることなく、精進して欲しいと思います。

ジュニアにはこれがなかなか難しいので、ちょっと頑張っても結果がすぐに出ないと諦めてトライしなくなってしまいます。ユウキ君が思うように自分との戦いって気持ちをいつまでも持ち続けて、ボス猿を信頼してもらえるならば、頑張った結果は何時か大きな結果となって、長いレース人生で助けになってくれると思います。

これからも、常に謙虚で、向上心のあるドライバーでいて欲しいと思います。頑張れ!そしてまずはナオさんからチームナンバーワンドライバーの称号を奪取して下さい。期待しています♪(でも、彼はなかなか手ごわいですけどね♪)

デコボコ兄弟の父 2013年04月25日(木)19時36分 編集・削除

 遅くなりましたが、先の瑞浪遠征では塚本様はじめ、チームの皆様には大変お世話になりました。ありがとうございます。

 息子達もマイペースではありますが、彼らなりに色んな事を考えながら走っているようです。とにかく楽しくて仕方が無いと言ったところでしょうか。瑞浪も満喫したようです。

 学校で出会う友達、教えてくれる先生。水泳で出会う友達、教えてくれるコーチ、そしてカートで出会う友達、教えてくれる監督。彼らは幸せです。

 向上心を失ったら容赦しませんが、それまではのびのびとチャレンジさせようと思います。監督はじめ皆様、今後ともご指導のほど宜しくお願いいたします。